~おうちで和食編~

Friday, August 08, 2014

伊勢海老さん、いらっしゃい!

今朝、花園のお池からえっちらおっちら伊勢海老さんが泳いでおいでなすった。

Dsc02201


そこはかとなく、虫の息なカンジだったので、メインのお献立はこんな時でもないと絶対にしないであろう“えびふりゃあ”に決定

そのムカシ、名古屋のヒトにとって“えびふりゃあ”というモノは伊勢海老のエビフライであって、たとえ活き車海老のエビフライであっても、それを“えびふりゃあ”と呼ぶことは無いのだ、という話を聞いた時は、そりゃ~衝撃だったさ。

ある種、宝くじで100万円当たったら食べてみたいモノ的憧れがあるよね、“えびふりゃあ”

と、いうワケで、宝くじは当たってないけど、泳いで来たから“えびふりゃあ”になりました

Dsc02224

もちろん、タルタルソースをたっぷりでいただきます。

Dsc02216

脂肪0のヨーグルトを使ったので、罪悪感なくたっぷりつけられるのがシヤワセです…。

Dsc02217

頭は焼いて、脳みそを堪能。
こればっかりは、身体に悪かろうがナンだろうが、すすらんならんざます

Dsc02223

足はお味噌汁に。

なんでもここいらの岩場には、伊勢海老さんがお住まいでいらっしゃって、ときどきあちこちへ泳いでいらっしゃるらしいのだが、中には魚屋さんに持ち込んで、「半身あげるから料理して!」とおっしゃる方もいらっしゃるとか…。

なんというお嬢さまな所業
ありえんやろ…

今日も包丁とキッチンばさみを駆使して、バリバリと力技でねじ伏せました

| | Comments (0)

Monday, July 28, 2014

アナタはトウキビ派?トウモロコシ派?

産直市で買って来た唐黍で唐黍ご飯。

Dsc02150

ちょっとイイお塩だけでシンプルに炊き上げます。

ついつい食べ過ぎてしまう、夏太りの大敵…。

そういえば、常々思っているのですが…。
夏痩せって、ホントに夏痩せするヒトって、いらっしゃるんですか?

いえ、経験的に理解不能なモノで…

| | Comments (0)

Friday, November 01, 2013

食の安心と安全を考えさせられたコト。

とある結婚式のクイズ大会で、全国特産品カタログなんていただいちゃって、そこから選んだ仙台みそがたいそうな美味しさだった。

なので、お取り寄せしようとネットの海を泳いでいたら、同じメーカーの国産大豆・国産米使用の無添加ヴァージョン発見

お店のオンラインショップだと送料がかかるが、そこはほら、○天さんの特産品セレクトショップに3個買ったら送料無料になるところがあったので、それで注文。

Dsc08319

前回のお味噌よりもちょっと色が…白い。

けど、やっぱり国産とか無添加とか書いてあったら、そちらの方を選びたくなろうというもの…。

早速お味噌汁にしてみる。

Dsc08321

う~ん、やっぱり前の廉価版のお味噌の方が、美味しい気がするから困ったモノだ

今日は秋刀魚ご飯といっしょにいただいたのだが、このご飯…というか、お米に最近ものすんごい感慨を抱く出来事が。。。

Dsc08333

いつも自家製の山田のお米を送ってくれるT嬢。
今年は天候がイマイチ稲作に不向きだったにも拘らず、小粒だが大層甘くて美味しい新米をいただいて、大感激で「美味しい 美味しい」を連発していたら、だ。

「あの米はもうないぞ!」

ワタシがあんまし美味しいを連発しているとおとーさんに伝えたところ、ワタシのココロのヒダを十二分に汲み取ったお返事…

ナンでもそのお米、ほとんど無農薬無肥料の、自力で育った自然の恵み・お米の力のお米だったのだそうな。

そんなワケで生産量も極少。

とにかく、今までこんなに美味しいお米食べたことない!くらいの美味しいお米だったのだ。

365日こんな美味しいお米食べたいよね…。

そう思っていた矢先…。

常温で置いておいたお米の中に、ナニやらクロイモノが…

今時のお米、何年たっても虫なんかわかへんで~

オソロシイと思いません
無農薬だと虫がわくんです

つまり、虫もわかないようなお米を普段ありがたがって食べていると、そういうことなんですね。。。

虫も気持ちはよくないけど、でも、虫がわかないというコトの方が数倍コワいような気がします。。。


皆さんは、どちらのお米を食べたいですか?

| | Comments (2)

Monday, October 28, 2013

ゼンゴの甘露煮

5センチから13センチまでの鯵のことを、ここいらではゼンゴと呼ぶ。

で、そのゼンゴが今ちょうどここいらに回遊してきているらしく、花園にも泳いでくるのだ、よっちらと…。

お肉を食べるぞと思っている時に、突然こんにちは~!と泳いでこられても、如何ともナンとも…という時に便利なのが、この甘露煮。

Dsc08466

パックしておいたら保存食にもなるし、重宝するのだがのだが、アレだ…。

サンマの方が脂もあって美味しいな、っと…。。。


| | Comments (0)

Thursday, October 03, 2013

サンマの季節です!ご飯を食べましょう!

美味しいサンマは、黒いネコちゃんが運んでくる…。

今回は宮城からお取り寄せしたのだが、前回北海道からお取り寄せしたものより鮮度が良かったのだ、これが。
届く日数や配達時間にはあんまし違いは無いのだが、何故?

今回は、そのサンマでご飯のお供を作成。

Dsc08111

醤油・酒・中ザラ糖・生姜を入れて、クツクツ煮込む。

クツクツクツクツクツクツクツクツクツクツクツクツクツクツクツクツクツクツクツクツクツ……

Dsc08120

3時間くらい煮込んだところ。
このくらい火を入れると、骨までホロリの煮込み加減。

これを一晩おいて味をなじませ食卓へ。

Dsc08144

白いご飯が眩しい今日この頃です

| | Comments (2)

Monday, September 30, 2013

どーや市場で美味しいモノを探そう!~シロコズナ~

2013092910170002

その日の水揚げや行く時間によって空振りに終わることも多いどーや市場。
今日は9時半ごろに、アナゴでもいないかしら…的に行ってみた。

2013092910170000

一番目を引いたクエ。
ここいらでも天然のクエが揚がるのね。

2013092910070001

アナゴはいないわね…とプラプラ歩いていて見つけたのが、↑コレ

「シロコズナ

おっちゃんの声がそこはかとなくはずんで聞こえるのは、気のせい?

2匹のうち1000円の値札が付いてる方が件のシロコズナ
もう一匹はそれよりもちょろんと大きかったのだが800円。
値段の違いは、シロとアカ。

そう、コズナというのはここいらの地方名で甘鯛サマのコト。
シロアマっちゃ~アナタ、おいそれとはお口に入らない高級魚サマでいらっしゃいますがな

「シロは美味しいですよねぇ~

「そう、身がねっとりとしてね! もっと大きかったらそりゃ美味しいけど、高い

ナンでも、キロ14000円からするらしい。
河豚より高い…

で、この1000円の大きさはというと、3人では少ないけど2人だったら足りるやろ、なカンジ。

と、いうことで、連れて帰って焼いてみた。

Dsc08061

「ここいらでは食べたことないくらいの美味しさぢゃぞぇ~

まさにそんな気がする、めったないおゴチソウ。

いやいや、真昼間っからエエモンいただきました

甘鯛は繊細なお魚なので、これを晩ご飯まで置いておくとなると、また味が違って来ると思われる。
シロウト仕事で美味しく食べるコツは、一にも二にも鮮度。
あとはオーブンにお任せで上手に焼いてもらうだけ

今日は焼いたが、蒸しても美味しいこの魚。
甘鯛の旬は秋から冬。

1つ、お楽しみが増えたキブン…

そうそう、エビちゃんも買って来たのだ。

Dsc08063

本日は美味しゅうございました

| | Comments (2)

Tuesday, July 30, 2013

お手軽うに丼470円

炊きたてご飯の上に、うにをのっけて海苔をプラス。

Dsc01326

ここいらのウニは、質がイマイチ…ザラザラして今一つコクのない甘味の足りないウニなのだが、あれだ。

Dsc01323

ウニ板1枚470円なのだから、北浦のウニと比べて味を論じても、せんないことなのだ。

というか、ワンコインで地物のうに丼にありつけるって、よくない

なんたって、お米もお海苔もいただきもの

いやいや、ありがたいことです


| | Comments (6)

Sunday, January 20, 2013

さて、この目の前の牛スジを…。

そもそも、花園には牛スジを買って来てナニかを作るという文化?が存在しなかった。
なので、それが年末に牛さん福袋の中に入ってやって来た時には、正直どうしたもんだか…

と、思ったものだが、ナンと言ってもそれは、松阪牛の牛スジだったのだ。
なので、誰も「お幸ちゃまに召し上がっていただいたらいいぢゃない!」とは言わず…。

で、結局、アレだ。

Dsc08069

焦げ色が付くぐらいにしっかりと表面を焼き…

Dsc08073


香味野菜と一緒に煮込んで…

Dsc08171

スープをとる。

本当は、オニオングラタンスープを作ろう!と思っていたのだが、やはりスジ肉だけでは今一つ、味に深みが出ない。
でも、せっかく松阪牛のスープなのに、そこいら牛のひき肉で仕上げるのもなぁ…という気がして、結局はシチューとかカレーとかのお出汁になるのだろう。

そうそう、カレーと言えば!

Dsc08182

スープを取った出涸らしのスジ肉で作ったカレー。
出涸らしでもコラーゲンたっぷり
カロリーも高そう…

そして、もう一品。

Dsc08113

牛スジ煮込み。

そもそもが、牛スジを食べる習慣そのものがなかったので、あれだ。

牛筋って、意外に美味しいのね…


| | Comments (0)

Saturday, October 20, 2012

秋刀魚ウィークでした。

Dsc07340

一週間の間に届いた秋刀魚が30匹。
特大の15×2。

5匹はいつもお野菜やらおみかんやら仰山くれるちぃちゃんにおすそ分け。

それでもまだまだたっぷりあるある25匹。

Dsc07341

昆布で〆たり…。

Dsc07352

お塩と砂糖で〆て…

Dsc07353

お酢に漬けたり…。

ここいら的には、海から上がってまるまる3日経ったような魚を生で食べるなんて、想像だに出来ないことのはずなのだが、こと秋刀魚となると、ここいらでは取れないこともあって、三陸沖からはるばる2日と半日かけてやって来た秋刀魚ですら有難かったりするのだな、これが…。

さすがにそのまま生で…というのもどうかしら、ということで、小細工を弄したりしているわけではあるのだが、美味しいか美味しくないかって聞かれたら、それは美味しゅうございますとも!

もちろん、焼いても美味しかったし竜田揚げにしても美味しかったし、秋刀魚ご飯に炊いても美味しかった。

しかし、だ。

1週間の間に15匹づつ2回届いたら、たとえ5匹おすそ分けしても25匹なのだ。

さすがに毎日秋刀魚秋刀魚秋刀魚というのは…

もうすっかり、今年1年分の秋刀魚を食べてしまった気分…

| | Comments (4)

Wednesday, May 23, 2012

和風ロールキャベツにはまる。

最近、和風のロールキャベツにはまっている。

ドコいらが和風かというと、牛肉練って塩・酒・玉ねぎのみじん切り・おろしにんにくを混ぜ混ぜ、そこへコショーくらいまでは普通なのだが、これを太白胡麻油で焼いて、お魚の出汁で煮る。

仕上げに砂糖と醤油か味噌。

Dsc00949

今日のロールキャベツは本田味噌のあさげ風味。

醤油にコショーは結構相性がいいのだが、味噌にエディアールの粗挽き黒コショーはちょっとミスマッチだった。

このロールキャベツ、包んで焼いてお出汁で煮込むところまで調理して冷凍しておけば、食べる分だけその日の気分で味付け出来て超便利。

春キャベツをたっくさんいただいた時に作りましょう

| | Comments (2)

その他のカテゴリー

爛漫日記/リフォーム編 爛漫日記/日常編 爛漫日記/買い物編 爛漫日記/ピアス・アクセサリー編 爛漫日記/おでかけ編 ~もくじ編~ ~国内中国編~ ~国内九州編~ ~国内四国編~ ~国内東北編~ ~国内沖縄編~ ~国内関東編~ ~国内関西編~ ~旅館・ホテル編~ ~海外アジア編~ ~海外ヨーロッパ編~ ~速報編~ ~おまいり日記・西国三十三観音編~ 爛漫日記/ありえん!ネタ編 爛漫日記/おケイコ編 爛漫日記/お写真編 爛漫日記/たわごと編 爛漫日記/イベント編 爛漫日記/園芸編 爛漫日記/芸能娯楽編 爛漫日記/観賞編 ~《放羊的星星》編~ ~ドラマ編~ ~映画編~ ~演劇編~ ~音楽編~ 爛漫日記/読書編 爛漫日記/Wii編 飽食日記/おうちでゴチソウ! ~スチームロースター編~ ~ホームベーカリー編~ ~おうちでうどん・そうめん編~ ~おうちでおやつ編~ ~おうちでカレー編~ ~おうちでパスタ編~ ~おうちで中華編~ ~おうちで亜食編~ ~おうちで和食編~ ~おうちで洋食編~ ~おうちで韓食編~ 飽食日記/おそとでゴチソウ! ~おそとでB級編~ ~おそとでお弁当編~ ~おそとでアジア料理編~ ~おそとでカレー編~ ~おそとでラーメン・ちゃんぽん編~ ~おそとで中華編~ ~おそとで和食編~ ~おそとで喫茶・スイーツ編~ ~おそとで居酒屋編~ ~おそとで洋食編~ ~おそとで焼き肉編~ ~おそとで粉モノ編~ ~おそとで蕎麦・うどん編~ 飽食日記/たべものあれこれ ~ここいらの食事情編~ ~Drink編~ ~Fruits編~ ~Häagen-Dazs編~ ~Sweets編~ ~おみやげ編~ ~お取り寄せ・いただきもの編~ ~パン編~ 女王さまとワタシ 女王さまのお人形 女王さまのお犬 (2つの)中国伝統芸能鑑賞記