飽食日記/おそとでゴチソウ!

Wednesday, January 20, 2016

ピリピリしない中華屋さん

この間からず~っと気になっていた、化学調味料を使っていないという中華屋さん。

P1000994

期待値を上げて行ってガッカリ…だったら寂しいので、取り敢えずランチで偵察。

P1000996

ミニ担担麺と天津飯のセットは数量限定で880円。
こういうハーフ&ハーフ、大好きなのだが、担担麺をガッツリ食べておいても良かった…。
いや、天津飯も悪くないのだが、担担麺の香りが…ここいら最強sign03

P1001000

カルトは、お昼だとランチメニューの中のものしか出来ない模様。
エビチリは辛うじて注文可でメデタシメデタシsmile

基本、四川らしいが、ガッツリ四川というワケでもなくて、お年寄りからお子ちゃままで食べやすいカンジ。
なんでんかんでん、ピリピリしないのが貴重sign03

香港のご飯屋さんと比べてどうとか、そういう野暮なことは言いっこなしで、中華が食べたくなったときに行けるお店が出来ましたhappy01

メデタシメデタシnote

| | Comments (0)

Wednesday, November 18, 2015

京都土産にお弁当~京趣味 菱岩~

菱岩さんのお弁当が、タナボタ式に花園へやって来た。

1118

天保初年創業というこのお店。
辻留さんと並んで、京都でも屈指の仕出し屋さんなのだが、前日までに予約しておいたら、1個からでも注文できるし、伊勢丹の地下とか高島屋の地下とかでも受け取れるので、使いようによっては超便利に使えたりする。

でも、暑い時期にはお持ち帰りできないので要注意。

晩ご飯ガッツリ食べた後だったけど、しっかり完食してしまいました。
かなり、苦しい…sweat01

| | Comments (0)

Friday, July 31, 2015

食べていいもの、わるいもの。

昨夜のお泊りは、本日ご用先に一番近いホテル。
……遅刻したらイカんからさcoldsweats01

Sp1000703

以前、朝食の印象が良かったので、朝食付きにしたのだが…。
果物が、オレンジとグレープフルーツ以外、パイナップルしかなかったのと、ヨーグルトがお砂糖入りだったのが、ワタシ的にちょっといただけなかった…。

みかんの国のヒトは、オレンジとかグレープフルーツとかは食べないのだ。
パイナップルは…食べたらお口の中がガサガサになってしまうのだ…weep
大好きだったのに…crying

Sp1000705

お昼は、手っ取り早く近くの担担麺屋さんへ。
初めてのお店だったのだが、そこそこ人も入っていたし、800円だし、大丈夫かな、と・・・。

あれ、だ。
担担麺ってピリッと辛いから、ナニでお口がイタいんだかよく分らないのだ。
なので、まぁ、こんなもんね…とおもっていたら…。

食後、猛烈に胃がやけてきたbearing
やっぱり、毒が仕込んであったか・・・weep

「さっき38℃でしたsign01
でも、温度計は高いところにあるので、地上だともっとありますよsign01

そうでしょうとも…。
暑さに耐え兼ね、タクシーでホテルを移動。

Sp1000706

本日から2泊は、水道橋近くのホテル。
ほどほどのお値段で、そこそこのクラス感があるので、最近は結構ココが多い。

なんたって、アレだ。

Sp1000710

松翁まで徒歩5分run

Sp1000716

合いもり天ざる2450円。

Sp1000726_2

ちょっといいお値段だが、1050円の合いもりに、+1400円で活えび1・活穴子1・小茄子1・万願寺1が付いている。

えびと穴子は水槽から引き揚げられて、ごま油経由で食卓へ直行便。
コスパは、決して悪くない。

ヘンな天ぷら屋さんへ行くよりも、お蕎麦屋さんのほうがよっぽど満足度高いのが、お江戸の天ぷら事情。

え?
ワタシの胃ですか?

Sp1000731

ちゃんと、飲んどきましたがなsmile

これが350円。
お昼の800円に350円足したら1150円。

・・・昨日の森のでお蕎麦が食べられますやん・・・。
ちょっと遠くても、お昼もお蕎麦屋さんまで足を延ばしといたら、身体を痛めなくってもすんだのに…weep

いや、行ってたらトマト蕎麦だか鮎ひたし蕎麦だかにしたと思うから、絶対に1150円では収まらないとは思うんですけど…。

それにしても、最近はますます外で迂闊にものが食べられなくなって来た。
ワタシには、世界で一番美味しいラーメン探しの使命があるというのに…noodle

| | Comments (0)

Friday, June 19, 2015

紺碧海岸へ行ってみよう!~ここいらのレストラン考~

と、いっても、マイルを貯めてフランクフルト乗り換えでニースへ、とか、そういう話ではなく、この頃ここいらに出来た紺碧海岸という名前のフレンチレストランへ行ってみよう!と、そういうわけで、行ってみた。

まだプレオープン?な状態らしく、今厨房1人なので…ということで、メニューもおまかせコース1つだけ。

しかし、厨房に1人は言い訳にならない。
何故ならば、ワタシは知っているからだ。

紆余曲折を経て、今、徹頭徹尾すべて自分の手で作ったものだけを提供するという信念を貫き、デセールはもちろん天然酵母パンまでとりどりに揃え、提供している驚異のIron Chef、 Monsieur Miyamotoを…。

Iron Chefって、しばらく忘れていた言葉だったけど、近頃の連ドラで思い出しちゃって使ってみました(笑)

そう、だから、1人でどこまでやろうとしているのか、それが大事なんぢゃないかしら、と斯様に思っていたりする。

Dsc08259

結論から言うと、このお店、どちらにも転ぶ要素がある。
アミューズにしても、この間京都で行ったミシュランガイド掲載店より、味は良いと思うのだ。

しかし。。。

これで良いと思ってるわけぢゃないでしょ?
それって、1人を言い訳にして手を抜いてるんぢゃない?

というところが、無きにしもあらず。

Dsc08289

しかし、塊の和牛サーロインを備長炭でじっくり火を入れて出せる辺りは、期待が持てそう…。

というか、この一皿で随分とお店の印象が変わったというか、それまでは、ぶっちゃけどうしようか…と思っちゃってたところもあったのだが、この一皿で、もうちょっと様子をみてみようかな。。。と思ったというのが正直なところ。

はじめ、コースの値段6000円~、その日の仕入れによって多少変わると聞いていたので、お肉を焼き始めた時点で「国産牛は…」とか思ったものだが、でも、どうも国産牛ではないような…ということで、それは6000円では出せないでしょ!とか、料理を待っている時間、勝手にイロイロと気をもんであげたり(笑)したのだが、結局は8000円×消費税+サービス料なカンジで、まぁ、そんなもん…というか、それならもっとあのあたりも頑張ろうよ!で落ち着いたというか、そんなカンジで、もう少しお店の形が出来たくらいにもう一度行ってみても良い気がする…。

けど、良いお店に育つには、今一段の意識改革が必要だとおもいまふ。

そもそも、フランス産のフォアグラとだけ言っておけば、客が有難がると思っているとしたら、客層が悪いと評判の、ピザ屋さんがやってる三ツ星レストランと一緒ぢゃない。

レストランは、客を育ててなんぼ。

ワタシの記憶がただしければ…(笑)、言葉が通じてないと、ココロのなかで分かっていても、もう二度と来ない客だと、ココロのなかで思っていても、食材とそれを生み出した土地に対する愛情を滲ませ、滔々と料理の情景を語って聞かせるレストランに美味しくなかったところはない。

それを受け止める客の好奇心と知識欲が、今度はそのレストランを育てるハズ…。

そういうのが見えるレストランが、楽しいレストランではなかろうかと、最近思っている次第の今日この頃。
そして、ここいらには、イマイチそういう食文化≠地産地消が根付いてない気がしていまふ。。。

なので、作り手としては、時にヌカに釘というか、暖簾に腕押しというか、馬の耳に念仏というか、豚に真珠というか、はっきり言って「ここまでしてもどうせ分からないでしょ!」と思うことがあるかもしれない。
しかし、それでも諦めないで、出し惜しみしないで、手を抜かないで、ビシビシとワタシを鍛えていただきたいと思います。

…経営も大事だけど、ねcoldsweats01

| | Comments (0)

Thursday, November 27, 2014

紅葉狩りで食べ放題のワナ

ここいらで最もお手近な紅葉狩りスポットと言えば稲荷山。

20141127dsc04130

この時期だけ駐車場に関所が設けら、関銭300円徴収されると分かっていても、それを承知でやって来る人は後を絶たない。

20141127dsc04176

今年はもう盛りを過ぎてしまった感じだったが、こうして切り取ってみると、エラいこときれいに見えたりするから、写真って不思議だ…。

この稲荷山まで来たら、もうちょっと足を延ばしてKARARIでお食事が定番コース。
定番メニューは内子豚のもろみ味噌焼き1200円のハズなのだが…なにを間違ったかロースカツ1400円なんぞをたのんでしまった…coldsweats01

20141127dsc04121

KARARIの定食には、前菜・サラダバイキングがもれなくついて来る。

20141127dsc04125

こんなカンジで、注文したメインのお料理以外にもイロイロいただけるということで、結構人気のランチスポットなのだが、如何せん、お味がちょい濃い目。
なので、塩分が気になる人は食べ過ぎ注意なのだが、あまりきにしていらっさらないヒト率高しcoldsweats01

しかし、お口がイタイタになることもなく、腹を立てずにお店を後にすることが出来るという意味では、なかなか貴重。

20141127dsc04126

おまけに、この橋の向こうにも紅葉スポットあり。
…もう二週間ほど早ければ。。。

| | Comments (0)

Monday, November 24, 2014

ナゾの山菜定食

山菜と聞いてイメージするものと言えば…ワラビ、ゼンマイ、ノビル、ツクシ、ウド、タラの芽、フキノトウなどかしら。

そう言う、山で摘んで来たかのような、そこはかとなく野趣あふれるものを想像したり…しませんか?

P1000352

なのに、本日いただいたこの山菜定食1000円には、畑とかハウスの中で栽培されたものしか使われていないような気がするのは気のせいsign02

最近、化学調味料過敏症気味なので、外食の際にはよっぽど注意が必要。
ベロベロがイタイタになって、さらに胃も痛い気がしてくるという…。

なので、滅多なトコロではご飯が食べられないというこの悲しさ。。。weep
特に、ここいらではうどん屋さんとか要注意。

なので、お隣の御城下にあるこの老舗料亭…というかご飯屋さんは、いざという時の強い味方good

P1000354

オプションでご飯に鰻をトッピングすることも出来るので、満足度も鰻上りsmile

| | Comments (0)

Wednesday, November 19, 2014

柳井で食べよう!Part2

柳井で一人で晩ご飯が食べられるところってドコかしら…。

と、考えて、ココしか思いつきませんでした。

P1000336

たかがトンカツ屋さん、されどそこは人気のトンカツ屋さん。
6時までなら予約なしでもまぁフツーに着席できる…かもしれないが、6時半を過ぎるころにはお待合もいっぱいに…pig

恐るべし、TONTON…。

これは黒豚ロースカツ。
オススメはお塩で。

けっこう分厚くて、かなりボリューミーpig

| | Comments (0)

Sunday, September 07, 2014

庶民派?通好み?さて…なお蕎麦屋さん

ちょっと前に、新しく出来たらしいと聞いて気になっっていた、コミセン近くのお蕎麦屋さん。
やっと行けました。

Dsc02775

お店の周りに漂っていた胡麻油の香りに惹かれて、つい、上天丼付きのもりそばにしてしまったのですが…。

Dsc02776

このところ、〇〇翁の一枚で足りるかぁ~sign03cryingな量に慣れてしまっていて、気が付けば、件のお蕎麦屋さんの倍くらい入ったもりそばに、がっつり天丼。

はっきり言って、計算間違えましたcoldsweats01

Dsc02777

これに、デザートが付いて1280円
決してお高くはございません。

天丼も、ピーマン・カボチャ・きす・アナゴ・ごぼう・海老と、盛りだくさん。

しかも、胡麻油使用なので、けっこうコックリな仕上がり。

いやいや、蕎麦屋さんなんだから、蕎麦が肝心。

薬味は白ネギと辛味大根。

なんかこう…通っぽい。

新そばの前の、ちょろんと香りも味も穏やか…といえば聞こえはいいが、新米が出る前の去年のお米…みたいな、時期的なもので、ワサビぢゃなくって辛味大根を合わせてあるのか、店主の好みか、それともコストか…。

蕎麦に甘みや香りがないのは、やっぱり時期の問題か…。

打ってから時間の経った蕎麦なのは、やっぱり場所柄短時間で数を出すための苦肉の策か…。

冷凍エビの質がよろしくないのは…お値段なりと言えばお値段なりだよね。

そばつゆは、ちょっと物足りない。
もう少ししっかりとお出汁が効いてる方が、ワタシ的には好み。

という具合に、このお店、ちょっと掴みどころが難しい…。

コストカット出来るところはかなり大胆にコストカットして、効率化するところは効率化して、拘るところには妙にこだわっているカンジ。

お昼よりも夜の方が楽しめるお店なのかしら…という気がしないでもない。

どうなんだろう…。

そこそこのお値段でそこそこのお蕎麦がいただける、という意味では重宝なお店。
そこから先は、好みの問題ではなかろうか、と…。

新そばの季節、夜にでももう一度行ってみようと思います。


| | Comments (0)

Friday, August 22, 2014

本日は、川べりのお城を見ながら鮎でした。

そういえば、今年はまだここいらの鮎をいただいてなかったので…。

P1000248

肱川の川べりに立つお城を見ながら鮎をいただけるお店へ。

今年の鮎も…ちっちゃい。

ここの鮎は、天然の鮎で間違いないのだが、ジツは大きな問題がある…。

生かしてある鮎がある時には問題ないのだが、アレだ。

冷凍になった鮎しかなかった場合、ハラワタがじゃりじゃりするのだannoy

凍らせるときに、ちゃんと出すもの出してから凍らせてないんだな…。
しばらく泳がせておいてから凍らせるくらいなら、活かした状態でお店に持ち込むよな…。

つまりは、その辺りの処理がちゃんとできないところから仕入れているというワケなのだが、逆に天然モノへのこだわりがあるからこそ、そこいらの仕入れ事情でそうならざるを得ない、というトコロなのかもしれないが…。

P1000242

やっぱりじゃりじゃりしていては、鮎の香りを楽しむどころではない…。

かなり、ザンネン…。

やっぱりココは、うなぎにしておくのが正解ということか。

P1000245

今日のウナギは鹿児島から仕入れた養殖モノを、肱川に20日程つけて脂を落としたものだとか…。

ウナギは、水が変われば味が変わる。
それはもう、ビックリするくらいベツモノになる。

今日び、2600円でこのふっくら柔らかなうな重肝吸い付は、かなりコスパ高し、と言えるのではなかろうか。

たれに醤油のカドが残っているのはご愛嬌…というか、ここいらではうなぎの骨をじっくり炊き込んで作るたれというのに滅多に出会えないのが悲しいかな、というトコロ。

やっぱり、ここいらで鮎と言えば、あの店で面河の鮎を狙うべきか…。
そう言えば、今年最後らしい天然ウナギが入荷したともいっとったし…。

と、そういう結論に達した今日の鮎だった。。。

| | Comments (0)

Sunday, July 27, 2014

進化するここいらのフランス料理店

ピュルゴー家の窒息シャラン鴨と言えば、音に聞こえたブランド鴨。

20140727dsc02135

その鴨を、7500円のコースの中でいただけるとは、ナンと幸せなご時世になったものか…(ホロリ。。。)
しかも、今回はアスペルジュ・ソバージュが添えてあるsign01

ジツは半年ぶりだったのだが、この半年の間にますます良いお店になっていたLe Violon d'Ingres
使う食材が通好みになっている。

「分かってくれる人がなかなかいなくて…。」

なんたって、洋食不毛の地と言われて久しいところやから、ね。

しかし、先日某所で聞いた噂によると、このレストランは既に「四国一」と言われるようになっているらしい。
ここいらフレンチだからとそれほど期待していなかったのに、行ってみたら驚いたsign03という話を聞いて、そうでしょそうでしょsmileと、嬉しくなる。

楽しいなぁ…。

美味しいモノ好きのお客さんが、遠方からこのお店を目指してそこへ行くようになり、その期待に応えるために、お店がどんどん良くなっていく。

こうしてお店もお客も育っていくのだ…。

お星さまに胡坐をかいてるおマチの有名店に、爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい気分だわ。

前回のことがあったので、つい、ここでも「このフランス産のフォアグラというのは何処のフォアグラですか?」というのをやってしまったのだが、至極まっとうな対応で非常に好感が持てた。

やっぱり、ナニか聞かれて即答できなかったら知識を総動員してイイワケ…というのは、誠実ではないよね…。

とにかく、行くのに1時間以上かかっても、やっぱり良いお店は良い。

「今日は、これからどちらへ行かれるんですか?」
「いえいえ、今日はこちらでお昼をいただくためだけに来たんです。言ったら三ツ星みたいなもんですよね。」

こんくらい言うといたら、ますます良いお店になってくれるに違いない…smile

| | Comments (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

爛漫日記/日常編 | 爛漫日記/買い物編 | 爛漫日記/ピアス・アクセサリー編 | 爛漫日記/おでかけ編 | ~もくじ編~ | ~国内中国編~ | ~国内九州編~ | ~国内四国編~ | ~国内東北編~ | ~国内沖縄編~ | ~国内関東編~ | ~国内関西編~ | ~旅館・ホテル編~ | ~海外アジア編~ | ~海外ヨーロッパ編~ | ~速報編~ | ~おまいり日記・西国三十三観音編~ | 爛漫日記/ありえん!ネタ編 | 爛漫日記/おケイコ編 | 爛漫日記/お写真編 | 爛漫日記/たわごと編 | 爛漫日記/イベント編 | 爛漫日記/園芸編 | 爛漫日記/芸能娯楽編 | 爛漫日記/観賞編 | ~《放羊的星星》編~ | ~ドラマ編~ | ~映画編~ | ~演劇編~ | ~音楽編~ | 爛漫日記/読書編 | 爛漫日記/Wii編 | 飽食日記/おうちでゴチソウ! | ~スチームロースター編~ | ~ホームベーカリー編~ | ~おうちでうどん・そうめん編~ | ~おうちでおやつ編~ | ~おうちでカレー編~ | ~おうちでパスタ編~ | ~おうちで中華編~ | ~おうちで亜食編~ | ~おうちで和食編~ | ~おうちで洋食編~ | ~おうちで韓食編~ | 飽食日記/おそとでゴチソウ! | ~おそとでB級編~ | ~おそとでお弁当編~ | ~おそとでアジア料理編~ | ~おそとでカレー編~ | ~おそとでラーメン・ちゃんぽん編~ | ~おそとで中華編~ | ~おそとで和食編~ | ~おそとで喫茶・スイーツ編~ | ~おそとで居酒屋編~ | ~おそとで洋食編~ | ~おそとで焼き肉編~ | ~おそとで粉モノ編~ | ~おそとで蕎麦・うどん編~ | 飽食日記/たべものあれこれ | ~ここいらの食事情編~ | ~Drink編~ | ~Fruits編~ | ~Häagen-Dazs編~ | ~Sweets編~ | ~おみやげ編~ | ~お取り寄せ・いただきもの編~ | ~パン編~ | 女王さまとワタシ | 女王さまのお人形 | 女王さまのお犬 | (2つの)中国伝統芸能鑑賞記