~演劇編~

Wednesday, February 05, 2014

まんさいまつり、開催中~オイディプス王 アテネ公演~

ギリシャ悲劇。

そのムカシ、ガッコの宿題で、ナンでもイイから1作品を選び、それに関するレポートを出せというのがあった。

レポートと言われても、だ。
ギリシャ悲劇に全く興味のないコムスメに、感想文以上のものが書けようか?
いや、書けるわけがないではないか!

ということで、とにかくなにか書くことになったわけだが、ナンでその感想文を書くか?

そりゃ、オイディプス王でしょう。

だって、一番分かりやすくない?

アポロンの神託に翻弄されるテーバイの王ライオスとオイディプス。
尊属殺人に近親相姦、火曜サスペンス劇場もマッサオの神の陰謀。

これも何かの縁に違いない…。

Dsc09813

と、言うことで、つい、ポチッっとやってしまいました、2004年7月3日アテネのヘロデス・アティコス劇場で録画された蜷川幸雄演出の『オイディプス王』。

「かわいそうに…。
自分が誰なのか、決して知らなければいいのに…。

かわいそうに…。
かわいそうに…。
お前には、もう、この言葉しか言ってやれない…。」

母にして妻であるイオカステが、我が子にしてその父を殺した夫たるオイディプスに向けて発する悲痛な呻き。

しかしそれは、決してオイディプスにのみ向けられたものではなく、人類に等しく突きつけられた、残酷な真理でもあるのだ。

麻実れい、素晴らしい。

母であり妻であるその両方の情愛を、見事に表現して実に気高く美しい…。

でも、ね。
いかにアポロンの神託が下ったとはいえ、生まれたばかりの我が子の踝を刺し貫いて足を縛り、キタイロンの山の中で殺せと命じる親も親だと思いません?
そんな鬼畜な親の所業の果てに、それと知らずに父を殺して母を妻にしたとして、いったい誰がオイディプスを責められよう…。

しかし、責めているのはオイディプス自身なのだ。
コトの起こりはアポロンの神託。
それがためにオイディプスは漂泊し、自身が知らねばよかった自身の出生の秘密に衝撃を受け、その運命を呪い苦しみ、それでもなお、妹にして娘でもある2人の子らに神に祈れと言い遺す。

ナニモンやねん、アポロンて…。

ギリシャの神というのも、相当に胡散臭い。

それよりも、死んだ夫とよく似た若い息子を夫にして違和感ない母って…shock

このオイディプス王の物語、フロイトにエディプスコンプレックスなる概念用語を提供してしまったが、問題はどう考えても両親の顔を知らない不幸な身の上のオイディプスにあるのではなく、夫を殺されてまだ日も浅いというのに、スフィンクスを倒してテーバイを救った、亡き夫と面差しの似た若い英雄を夫に迎えたイオカステやろ。

オイディプスは、ちょいと短気なトコロがあって、激情に任せてやり過ぎてしまうという性格的欠陥もあるが、その性格が災いして実は殺人犯というトコロは取り敢えず措いておいて、両親や妻、子供たちに対しては、今の時代においても天下万民ご尤もな倫理観を持ち合わせた、普通の男なのだ。

なのに何故、その普通の男が斯くも浅ましき畜生にも悖る大罪を犯さねばならなかったのか。
誰が彼にそうさせたのか。

それもこれも、全てはアポロンの神託のせい…。
アポロンの神託に惑わされ、我が子に斯くも苛酷な運命を背負わせた親の因果がその子に報い…。

その罪をポリスの市民たちにチクって白日の下に引きずり出すのも、またアポロンの神託ときている。

なんて悪趣味な神さまなんでしょう…。

萬斎は、相変わらず振れの大きい演技が目立っている気がする。
威厳に満ちた英雄的な王と下卑たチンピラの間を行ったり来たりするカンジ。

メリハリがあるといえばそうだが、その振れ幅があまりにも大きいので、その演技をどう解釈するべきなのか悩んでしまう。
それはまるで、2つの人格が宿っているかのようにも見える。

隠している本質的な人間の汚さ・脆さ、それを覆う装いとしての尊厳、そうしたものの間を往き来することで、オイディプスの人格は形作られている…とか?(←かなり好意的解釈coldsweats01)

…ハムレットも見てみよっかな。。。catface

| | Comments (0)

Thursday, November 26, 2009

傾城反魂香…ホントにこれでタイトルええの?

11月22日はここいらの昔懐かしい芝居小屋で歌舞伎鑑賞。

11221

いわゆる桝席というヤツで見たのだが、あれだ。
これは…結構腰が辛いゾ。。。

舞台までは3メートル、役者さんの滴る汗からピンクのマニキュアまでくっきり分かる距離です。
…笑也さんの皺なんて、見えなくっても良かったのに…。

11222

で、あれだ。
《傾城反魂香》というタイトルだが、ワタシは初めてこのお題目を見たとき思ったものだ。
きっと吉原だか島原だかで、花魁だか太夫だかとあんましお金のない番頭さんかなんかの純愛物語で、デブでハゲのお大名かなんかがその花魁だか太夫だかをナニがナンでも身請けしよおってんで、そこで二人は純愛を貫こうと心中なんかしちゃったりするのが、運悪く1人だけ生き残って、そんで夜な夜な死んでしまった相方を思い涙にくれて、魂を反す方法はないものか…、で、そこに怪しげな薬売りが登場し、と…こんなストーリーなのかな~、と。。。

でも、ぜんぜん違うのだ。
どこが傾城でどこが反魂香なんだか全く訳がわからないまま、右近サマの滴り落ちる汗に釘づけになりつつ、で、お姫様と絵描きさんはどうなったの?というところで幕だった。

なんというか、最近?見たドラマで言うと、太王四神記並みの不完全燃焼(笑)
古典芸能ってお約束の世界だから、平気でこーいうことをやってくれちゃうのよねcoldsweats01

しかし、ワタシの本当のイベントは昼の部の観劇を終えて帰宅してからだった。
ええ、昨日のジミーちゃんのコンサートの録画が続々とネットに上って来るのだ。
去年のコンサートを見たときも思ったのだが、これだけ踊ってそれなりに歌えるって、あなた若しかしてバケモノsign02
このダンスは、なにがなんでもいっぺんは生で見たいぞsign03

それにしても、コンサート中動画やら写真やらを一生懸命撮ってる人は、木を見て森を見ずにならんのやろうか。
いえ、おかげでこうしてワタシも見れるわけですが…。

にしても、大画面で見たいぞ!

ということで、やっぱりDVD化実現運動続行中smile
日本のジミー・リンファンの皆さんも、是非とも投票にご協力を!>>>投票所へGo!

Continue reading "傾城反魂香…ホントにこれでタイトルええの?"

| | Comments (6)

Tuesday, September 05, 2006

いがみのゴンタ

276というコトで、見てきました勘三郎。
道路がかなり混んでいそうだったので、1000円もかかる迂回路を通っていったのだが、会場に近づくにつれひどい渋滞で、2キロの距離を行くのに30分かかってしまった。
車も“コツン!”とか言わせることなく置けて、めでたしめでたし。

口上は、面白かった。
いや、今日いちばん面白かったかも(笑)
「S南市の皆さまには初お目見え…とご挨拶しようと思いましたら、新幹線を降りてびっくり! T山ではございませんか。」
なんでも、何とか会という後援会の初代会長さんはT山の人で、30年前にもT山市民会館での公演に参加したことがあるんだとかで、いろいろとそのあたりのことをお話していたのだが、いや、楽しかった。
277今日はこ~んな後ろの席だったので、オペラグラスを買っちゃおうかとも思ったのだが…なんか、スゴいぼられてる気がして止めてしまった。
モチロン、表情なんてほとんど見えない。
後ろのほうの席で京劇を見るのも、これほどつまらないことは無いが、歌舞伎もしかり。
目玉がぐりぐり動くのがちゃんと見えないと、アジアの演劇は面白くないと思うのだ。

そんでもってこの権太編、ストーリーがいただけない。
平家滅亡後、密かに生き延びていた維盛をかくまい、その慰みに、何にも知らない我が娘を結婚とたばかって差し出す鬼畜の父、その子が権太なワケだが、こっちは維盛を探してやってきた本妻と息子の身代わりに、自分の妻子を差し出すのだ。
ジツに“この親にしてこの子有り”なのだが、この権太、親父のさらに上を行くワルで勘当の身。
それでも母親をだまして金をせびり取り、行きずりのお侍に難癖つけて路銀をゆすり取る。
ま~、見ていてホントに気分が悪くなるくらいのワルなのだ。
ホントウに、もう、心の底から「天道は是か非か!」と叫びたいくらいのワルなのだ。
最後に改心して維盛一家を逃がすために自分の家族を犠牲にしたと告白したらしいのたが、どう見たって、最後の最後にまた親をダマくらかしているようにしか見えなかった。
ホントウに、ここまで憎憎しい役を演れるというのは、やっぱり勘三郎だから?
…と、元禄繚乱でA達裕美にちょっかいを出す大石が、ホントのホントにただのエロエロオヤジにしか見えなかったことを思い出し、勘三郎ってスゴいのかも…と思ったりして。

しかし、ホントウにこの筋書きは理不尽なのだ。
男ドモがふりかざす、大義とか忠義とかいう名の利己心の下に犠牲になる女子供…江戸の情念の世界も理解出来ないが、この身内を犠牲にしての理不尽な大団円?の忠義物というのも、まったくもって理解不能である。
こういう女性を理想としてストーリーを創作した男性作家の屈折した表現といえばそれまでだが、しかし、こりゃ~今の世にはウケんぢゃろう…。
ムカシのこういうお話の中に散りばめられた大和撫子幻想には、すんごくキブンが悪くなることがあったりして…。

しかししかし、主の若葉の典侍と若君を守って討ち死にした小金吾(七之助)は良かった~。
やっぱ前髪の少年が、髪を振り乱して刀を杖に…というのは、華宵の絵ぢゃないけど絵になるのね~♪
その今わの際に、ケータイを鳴らしたバ●モノがいたのだ。
ちょっと、タイガイにしてよね!である。

なにはともあれ、帰りの車を運転しながら、なんとなく頭がイタいような気がした今日の観劇…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, September 10, 2005

ebi-zoo

ここからコイチジカン離れたトコロへ、松竹大歌舞伎を見に行った。
今頃海老蔵の襲名披露だが、思えばこの前歌舞伎を見たのが、團十郎の毛抜・・・だかだったことを思えば、これも何かの因縁であろう・・・。
27
この周南文化会館というところ、隣は動物園でお向かいさんに美術博物館と、なかなか趣き深い環境である。

28今日のお席は前から4列目のど真ん中と、国立劇場では絶対にありえない(笑)サイコーなポジション!
しかも、6500円なのだから、笑いが止まらない、わはははは~!!!
この距離だと、オペラグラスなどなくとも、海老蔵のくっきり二重のまぶたの線だの、眉を寄せた時に出来る眉間のシワだの、手を打ったときに立ち上る白い粉まで見える。
ハタチそこそこのおジョーさんが、どう見ても齢50の坂を転がり落ちたような容貌であったその目元のシワまで見えるのだ。
目福目福♪
やっぱり、歌舞伎は表情を見るものである。

29で、今日は実盛物語。
忠義モノというのは、江戸の情念の世界に比べると、まだ幾分わかりやすい。
とはいえ、そこはそれ、お侍の世界の話なので、今ひとつ今の感覚では計りかねるところもあるのだが、ワタシはすっかり太郎吉のボーイソプラノに魅せられてしまって、合点がいかぬところもなんのその、ナミダナミダで思わず途中、ハンケチーフをしぼってしまった。
そんでもって、歌舞伎が娯楽演劇であることを再認識。
そんでもって、歌舞伎ファンのおくさまパワーも目の当たりにした。
なかなか、実り多い舞台だった・・・。

舞台といえば、去年デーモン閣下の安徳天皇を見に行った下関市民ホール、アスベストが飛散してるということで現在使用禁止になっている。
もしかして、ワタシはデーモン閣下登場の時に炊かれたスモークとともに、静かな時限爆弾を吸い込んでしまったのだろうか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, March 11, 2005

昨日の文楽

05.3.11昨日は、文楽を見に行った。
文楽を見たのは初めてだったのだが、眉毛が動くのだ~!
演目は、「艶容女舞衣 酒屋の段」「義経千本桜 道行初音旅」
この間の義太夫も、あまりの理不尽さにキブンが悪くなったが、今回の世話物もまた、キブンが悪くなるようなハナシだった。
この、江戸の情念の世界というのは、ワタシにとっては全くもって理解不能である。
これにくらべたら、女王さまがいつもご覧になっていらっしゃる台湾の文楽?(でも、眉毛は動かないわね・・・)のほうが、まだ随分と理解できるゾ!ってカンジだった。
しかし、一緒に行ったT嬢の、「三勝のヒトがきれいな顔しちょったから、人形見んとその顔ばっかりみちょった」というコトバに、そうか~!誰しもそうなのね~!と納得(←おいおい^^;)

今日は、何ヶ月ぶりかで電気香炉が復活を見た!
接着剤を買いに行ったホームセンターで、この間からいくつも薬局を回って見つからなかったライオンのウエットフィルターを見つけた。
・・・買い占めた。
といっても、そこにあった詰め替え用6個と、マスク付2個を買っただけだが・・・。
ホカにも探しているヒトがいるかもしれないから、一つくらいは残しておこうという仏心は、とうになくなっていた。しかも、298円とこれまでのなかで一番安かった。
でもちょっと、ココロが痛まないでもないかも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, February 05, 2005

清経

05.2.5-1

宇部市と楠町というところの合併記念公演があるというので、シルヴィと一緒に出かけてきた。
そこは、渡辺翁記念会館というホールで、なんでもこの渡辺翁という人は炭鉱王なのだそうだ。
そこでは、普通の舞台にちょっと上げ底して能舞台が設けられていた。

花園別園のあるトコロは原発成金の町なのだが、そこに町民ホールが完成したときの町長の挨拶を思い出す。

「イロイロな人に意見を聞きましたところ、せっかくだから能が上演できるくらいのスペースを取ってはどうかという人も中にはおりまして(笑)、それではサスガに、客席の半分がなくなってしまいますので・・・」

もしかして、この能舞台が仮設できる舞台か否かが、その自治体の文化水準を計るバロメーター?

しかし、観客は決して能楽鑑賞には慣れていなかったモヨウ・・・。
今日の演目は・・・

仕舞 山姥   平野元章
仕舞 井筒   梅若六郎

狂言 萩大名  大名 茂山千作 太郎冠者 茂山千三郎
         庭の亭主 茂山千之丞

能  清経   平清経 大槻文蔵 清経の妻 武富康之 淡津三郎
         大鼓 大倉慶之助 小鼓 横山幸彦 笛 藤田六郎兵衛

仕舞が始まって5分が過ぎたあたりで、右隣のオジさんのイビキが聞こえてきた。
左隣のおねーちゃんも、目をつぶっている・・・。

茂山千作は、ちょっと、枯れ過ぎ?
今日は、なんとなく声がかすれていた。
人間国宝にだって、セリフをとちることはあるらしい。
来月の「人間国宝の会」というのでも、萩大名を演ることになっていて、これも見に行くことにしているのだが・・・。

清経は・・・なんともイロっぽい清経であった・・・ホロリ。
立ち姿が、なんとも哀愁を帯びて、なるほど平家の公達であれば、戦に赴いたとはいえ、かくも麗しく・・・。
ボーレイになって妻のもとに帰ってくるというのも、なんともかんともホロリホロリ・・・。
なんと唄っているのかはさっぱりさっぱり、京劇を字幕ナシで聞くのとどっちがわからんやろ~(^^;の世界だったが、清経が、神仏にも見放された有様を語るくだりあたり、ツツーっとナミダが頬を伝うのだった・・・。

いいわいいわ、お能もいいわ♪

そう思って炭鉱王記念会館を後にしようと思ったそのとき、はっとわが目を疑った。

05.2.5-3

清経って、清経がタイトルロールなんじゃ・・・(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Saturday, September 18, 2004

マンサクの会

中国山地を越えた日本海べりに、長門市というところがある。
そういえばムカシ、新幹線と美祢線・仙崎線を乗り継いで、ながいなが~い旅をしたわね・・・。
今回はT嬢と一緒、彼女が慈悲深くも車を出してくれるので、ワタシはとっても楽チンだわ♪

まず長門へ行くと、萩焼きを見なければならない。
陶兵衛さんのところは、一隅にギャラリーが設けてあって、ちょっと勉強させてくださいと言い易い。
ちょっとステキな沓型の茶碗があった。お値段は28万円。
ここから、ちっとはお値引きがあるらしい・・・。
ステキなお茶碗だった・・・。

04.9.18-1.JPG

一時間ほどで深川を出発、美味しいモノを求めて一路海っぺたへ!
さて、何をいただきましょうか・・・と言いつつ、目に入ったのは浜屋の看板。
そういえば、ムカシもこの浜屋でうに釜飯とサザエ釜飯だったわ~。
外に思い当たらず、やっぱり今日も浜屋へ。

04.9.18-2.JPG

相変わらず、すごい混みっぷりである。
やっぱりうに釜飯ははずせまい。それに、この、目の前で取れた穴子の穴子釜飯というのが気になる・・・というコトで、この二つを注文。
お味は悪くはないのだが、ちと塩っ辛い。もう少し上品に仕上げてくれると、もっと美味しいのだが・・・。
ここの水槽には、生きたイカが泳いでいる。
料理のお値段も、決してお安くは無いと思う。
しかし、お茶・お水はセルフサービスで、店員もそこいらの“おばちゃん”といった風情。
それでも、すんごいコト人が入っていた。

さて、お昼も済んで、次!である。
なにも今日ワタシは、萩焼きを見てうに釜飯を食べるために、山越えをして日本海くんだりまで来たわけではない。今日は、この3ヶ月ほどず~っと楽しみにしていた“万作の会”なのである。
この“万作”とは、モチロン剣菱万作ではなく、野村万作である。
お席は前から5列目の舞台正面、能楽堂では絶対取れない席である(笑)
演目は、万斎が蚊相撲で、万作が千切木、どっちも面白かったが、小心者でカライバリンボ、妻にお尻をたたかれ、その日の遺恨を晴らしてゆく太郎を演じた万作が、素晴らしかった!!!
間違いなくだらしない、ちっともかっこよくない男の役なのだが、少しも下卑たところがない。
そもそも狂言なのだから、そんな取り澄ましたものではないのだが、滑稽な男を演じながらも、そこに凛とした品格がある。その点万斎は、もっと人間くさい。

公演の後、さらに3000円の追加料金を払って交流会なるものにも出てみた。
実際に狂言師が臨席したのはホンの30分程。その内5分程はは長門市長やらだれやらの挨拶だった。万作さんも挨拶に立たれたが、今日は興が乗って、やらなくてもいい、万斎もビックリの大立ち回りを演じたらしい。
そうだったのか・・・。

老いも若きも万斎に群がるなか、万斎はちょっと“ち~か~づ~く~な~”モード。万作さんは、その点ジツに練れていて、にっこり談笑していらした。なんでも昆劇がお好きだとか。けっこう、お話が出来て、嬉しかった。
それでは、でみなさん退席のとき、みんなが手を出していたので、ワタシも手を出してみた。
万斎と握手・・・。

会場には、ちょっとしたオードブル盛り合わせと、殆んど空いてない抜栓済ビール瓶の林が残された。
ど~せぇ、ちゅうねん・・・。
そんなもんイランから、参加費を1000円くらいにして欲しい・・・。

今日は朝から遊んだので、女王さまのご機嫌を取るために、お土産を買って帰る。
ここいらでは、ちょっとこジャレタたカンジのお菓子屋さん。

04.9.18-3.JPG

ケーキは、そんなに美味しいワケではないが、不味くはなかったように思う。何より、ツヤツヤテカテカの生クリームもどきを塗り上げた、バターの代わりにショートニング使用が一般的なここいらのケーキではなく、まっとうな材料を使っているところに好感が持てる。
ケーキとしての素材の組み合わせだとか、技術的なものだとか、造形のセンスといったモノを厳しく追及して及第点を付けるというレヴェルではないが、前を通りかかることがあったら、また買ってみてもいいケーキである。(車で1時間半かけて買いに行くホドではない。)
思えば、ここに移って間もなく半年になりなんとするが、最初はイロイロチャレンジしてみたものの、この3ヶ月ケーキというものを全く買っていなかった。
T京では、少なくとも一週間に一回はケーキの日があったコトを思えば・・・涙が出てきそう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, July 23, 2004

怪談狂言

女王さま、ワタクシ、本日、デーモン小暮閣下を拝見するため、ちょっとおでかけして参ります。
シルヴィと一緒に参りますので、ご心配なさらないでください。
女王さまのことは、のらと薔子さんにくれぐれも、と頼んでおきました。
お夕食は、今日T嬢にいただいたお茄子の芥子漬け(美味です!)と、きょみずの鰻、そして瓜・胡瓜・茄子・生姜を昆布と鷹の爪、そしてちこっと土佐醤油を入れて漬けたものをご用意しております。のらに、お吸い物くらい作るよう、申しておきましたので、恐らくは大丈夫かと存じます。
では、いって参ります。         さくらこ

そう書置きを残して、今日はシルヴィと二人、ちょっと命がけのどらいぶ~に出かけた。途中、関所があって通行料を払わなければ通してくれない道を通り、いくつもの山をウネウネと越え走ること約1時間、突然視界が開けたかと思うと、そこにはおマチが出現した!

そこは、島のハズレの海峡の街だった。
その市民会館大ホールが、今日のデーモン小暮閣下の舞台である。お題は耳なし芳一。野村万之丞プロデュースのハズだったのだが、あんなことになったので、その後はどうなったことやら・・・。

デーモン小暮閣下のお役は、8歳の安徳天皇。終わることのない時間の中で、退屈をもてあましておいでになる。で、余興として琵琶の名手芳一を呼んで来て、平家の悲しい物語を語らせようとするのである。

琵琶といえば、女王さまの大叔母さまも琵琶の名手であられた。中でも平家は白眉であったそうな・・・。今となっては、古いテープしか残っていないが、なんとかすれば、聞けるようになるものかしら・・・。

公演は一時間半ほどだったが、いろんな国のヒトがけっこうコミカルに亡霊を演じていた。後半、というか、後ろ三分の二がつまんなかったのだが、ま、デーモン小暮閣下のお歌が聞けたからいっか。
それに、大叔母さまの平家も、もう一度ちゃんと拝聴してみたいという気になったし・・・。

ところでこの海峡の街には、大丸があったりする。
時間がなくってジックリ見てまわる時間はなかったのだが、シビラも入っていた。何より、デパ地下らしきモノが一応あるのだ。T京から引っ越して以来、ついぞ見ることのなかったヨックモックに、久しぶりにお目にかかる。T京にいるときには、ヨックモックなんて・・・だったのに、ココではそれがどんなに有り難いか・・・。
ということで、女王さまのお土産はヨックモックの詰め合わせに決定!

「隣にゴディバとかもあったのではないのかぇ~?」

なんと、女王さまったら、見てきたようなことを仰せになるのね・・・。でも、今の花園の歳入のでは、ヨックモックが精一杯だということを、女王さまにもご理解いただかねば・・・。入るを量りて出すを為さねば、花園存続の危機を招いてしまう・・・。

「ところでSAKURAKO、ここにちと見覚えのあるようなおむつ(入れにちょうどいい大きさの)バッグがあるのは、どうしたことだぞえ~?」
「えっ? ・・・そ、それは・・・(しまった・・・)」
「たしかこれは、福岡空港の免税店で、散々悩んで買わなかったハズのLONCCHAMPのバック。何時買うて来たんだぞえ~?」

・・・だって、バーゲンだったんですもの・・・。
免税店より若干高いような気もしたが、バーゲンだから・・・。

「で、ワラワのは、どれぞえ~?」

いえ、実は、女王さまがいつもお好みでいらっしゃるようなモノは、○関大丸には置いてなかったのでございますよ・・・。この間、京都でちょっと立寄った伊勢丹なら、イロイロとあったのでございますが、その時は時間がございませんで・・・。

この後、女王さまのご機嫌がなおるまでに相当の時間を要するであろうことは、想像に難くない・・・。
ちょっと、気を緩めていたばっかりにみつかってしまったのが身の不幸・・・。 

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

爛漫日記/日常編 | 爛漫日記/買い物編 | 爛漫日記/ピアス・アクセサリー編 | 爛漫日記/おでかけ編 | ~もくじ編~ | ~国内中国編~ | ~国内九州編~ | ~国内四国編~ | ~国内東北編~ | ~国内沖縄編~ | ~国内関東編~ | ~国内関西編~ | ~旅館・ホテル編~ | ~海外アジア編~ | ~海外ヨーロッパ編~ | ~速報編~ | ~おまいり日記・西国三十三観音編~ | 爛漫日記/ありえん!ネタ編 | 爛漫日記/おケイコ編 | 爛漫日記/お写真編 | 爛漫日記/たわごと編 | 爛漫日記/イベント編 | 爛漫日記/園芸編 | 爛漫日記/芸能娯楽編 | 爛漫日記/観賞編 | ~《放羊的星星》編~ | ~ドラマ編~ | ~映画編~ | ~演劇編~ | ~音楽編~ | 爛漫日記/読書編 | 爛漫日記/Wii編 | 飽食日記/おうちでゴチソウ! | ~スチームロースター編~ | ~ホームベーカリー編~ | ~おうちでうどん・そうめん編~ | ~おうちでおやつ編~ | ~おうちでカレー編~ | ~おうちでパスタ編~ | ~おうちで中華編~ | ~おうちで亜食編~ | ~おうちで和食編~ | ~おうちで洋食編~ | ~おうちで韓食編~ | 飽食日記/おそとでゴチソウ! | ~おそとでB級編~ | ~おそとでお弁当編~ | ~おそとでアジア料理編~ | ~おそとでカレー編~ | ~おそとでラーメン・ちゃんぽん編~ | ~おそとで中華編~ | ~おそとで和食編~ | ~おそとで喫茶・スイーツ編~ | ~おそとで居酒屋編~ | ~おそとで洋食編~ | ~おそとで焼き肉編~ | ~おそとで粉モノ編~ | ~おそとで蕎麦・うどん編~ | 飽食日記/たべものあれこれ | ~ここいらの食事情編~ | ~Drink編~ | ~Fruits編~ | ~Häagen-Dazs編~ | ~Sweets編~ | ~おみやげ編~ | ~お取り寄せ・いただきもの編~ | ~パン編~ | 女王さまとワタシ | 女王さまのお人形 | 女王さまのお犬 | (2つの)中国伝統芸能鑑賞記