~おそとで蕎麦・うどん編~

Friday, July 31, 2015

食べていいもの、わるいもの。

昨夜のお泊りは、本日ご用先に一番近いホテル。
……遅刻したらイカんからさcoldsweats01

Sp1000703

以前、朝食の印象が良かったので、朝食付きにしたのだが…。
果物が、オレンジとグレープフルーツ以外、パイナップルしかなかったのと、ヨーグルトがお砂糖入りだったのが、ワタシ的にちょっといただけなかった…。

みかんの国のヒトは、オレンジとかグレープフルーツとかは食べないのだ。
パイナップルは…食べたらお口の中がガサガサになってしまうのだ…weep
大好きだったのに…crying

Sp1000705

お昼は、手っ取り早く近くの担担麺屋さんへ。
初めてのお店だったのだが、そこそこ人も入っていたし、800円だし、大丈夫かな、と・・・。

あれ、だ。
担担麺ってピリッと辛いから、ナニでお口がイタいんだかよく分らないのだ。
なので、まぁ、こんなもんね…とおもっていたら…。

食後、猛烈に胃がやけてきたbearing
やっぱり、毒が仕込んであったか・・・weep

「さっき38℃でしたsign01
でも、温度計は高いところにあるので、地上だともっとありますよsign01

そうでしょうとも…。
暑さに耐え兼ね、タクシーでホテルを移動。

Sp1000706

本日から2泊は、水道橋近くのホテル。
ほどほどのお値段で、そこそこのクラス感があるので、最近は結構ココが多い。

なんたって、アレだ。

Sp1000710

松翁まで徒歩5分run

Sp1000716

合いもり天ざる2450円。

Sp1000726_2

ちょっといいお値段だが、1050円の合いもりに、+1400円で活えび1・活穴子1・小茄子1・万願寺1が付いている。

えびと穴子は水槽から引き揚げられて、ごま油経由で食卓へ直行便。
コスパは、決して悪くない。

ヘンな天ぷら屋さんへ行くよりも、お蕎麦屋さんのほうがよっぽど満足度高いのが、お江戸の天ぷら事情。

え?
ワタシの胃ですか?

Sp1000731

ちゃんと、飲んどきましたがなsmile

これが350円。
お昼の800円に350円足したら1150円。

・・・昨日の森のでお蕎麦が食べられますやん・・・。
ちょっと遠くても、お昼もお蕎麦屋さんまで足を延ばしといたら、身体を痛めなくってもすんだのに…weep

いや、行ってたらトマト蕎麦だか鮎ひたし蕎麦だかにしたと思うから、絶対に1150円では収まらないとは思うんですけど…。

それにしても、最近はますます外で迂闊にものが食べられなくなって来た。
ワタシには、世界で一番美味しいラーメン探しの使命があるというのに…noodle

| | Comments (0)

Saturday, February 21, 2015

ちからおろしうどん540 円

ちからおろしうどん540<br />
 円
お茶の水辺へ行くので、お昼は松翁だ!と意気込んで行ったら、お店前の行列にあえなく撤退。

辺りをさ迷って結局うどんでした。

ちゃんと手打ちです。
お餅も揚げたてです。

ここいらだと○亀製麺ばっかなので、食券を買うのに慣れてなくてかなりドキドキしてしまいましたが、なかなか良かったデス。

| | Comments (0)

Sunday, September 07, 2014

庶民派?通好み?さて…なお蕎麦屋さん

ちょっと前に、新しく出来たらしいと聞いて気になっっていた、コミセン近くのお蕎麦屋さん。
やっと行けました。

Dsc02775

お店の周りに漂っていた胡麻油の香りに惹かれて、つい、上天丼付きのもりそばにしてしまったのですが…。

Dsc02776

このところ、〇〇翁の一枚で足りるかぁ~sign03cryingな量に慣れてしまっていて、気が付けば、件のお蕎麦屋さんの倍くらい入ったもりそばに、がっつり天丼。

はっきり言って、計算間違えましたcoldsweats01

Dsc02777

これに、デザートが付いて1280円
決してお高くはございません。

天丼も、ピーマン・カボチャ・きす・アナゴ・ごぼう・海老と、盛りだくさん。

しかも、胡麻油使用なので、けっこうコックリな仕上がり。

いやいや、蕎麦屋さんなんだから、蕎麦が肝心。

薬味は白ネギと辛味大根。

なんかこう…通っぽい。

新そばの前の、ちょろんと香りも味も穏やか…といえば聞こえはいいが、新米が出る前の去年のお米…みたいな、時期的なもので、ワサビぢゃなくって辛味大根を合わせてあるのか、店主の好みか、それともコストか…。

蕎麦に甘みや香りがないのは、やっぱり時期の問題か…。

打ってから時間の経った蕎麦なのは、やっぱり場所柄短時間で数を出すための苦肉の策か…。

冷凍エビの質がよろしくないのは…お値段なりと言えばお値段なりだよね。

そばつゆは、ちょっと物足りない。
もう少ししっかりとお出汁が効いてる方が、ワタシ的には好み。

という具合に、このお店、ちょっと掴みどころが難しい…。

コストカット出来るところはかなり大胆にコストカットして、効率化するところは効率化して、拘るところには妙にこだわっているカンジ。

お昼よりも夜の方が楽しめるお店なのかしら…という気がしないでもない。

どうなんだろう…。

そこそこのお値段でそこそこのお蕎麦がいただける、という意味では重宝なお店。
そこから先は、好みの問題ではなかろうか、と…。

新そばの季節、夜にでももう一度行ってみようと思います。


| | Comments (0)

Thursday, June 26, 2014

イロイロあるけど、やっぱり鮎で!

本郷三丁目付近の森のdeお蕎麦、最終日は予告通り鮎そば。

P1000168400

冷たいお蕎麦の上にのっかった鮎の焼き浸しは、ほんのり温められてお供の生姜と一緒に鎮座まします。

頭からお尻尾まで、全部いけます!
柔らかくて美味しゅうございます。

お蕎麦でお酒を飲むという、粋なお江戸の文化が育むおステキ蕎麦屋さん。

次は…とりあえずまた来週行っちゃおうかしらcatface

| | Comments (0)

Wednesday, June 25, 2014

食べ物選びの重要性を改めて知った1060円

昨日の昼食後、そこはかとなく胃もたれ…。

やっぱり、あの、カタカタになったパサパサでスジスジなハヤシソースの中の肉がそのまま残っているカンジ…。

良質なものを食べた時って、どんなにこってりしててもどんなに大量に食べても、翌日はすっきりさわやかにお腹が空くものだが…。

身体は正直なのだわ…。

と、いうことで、今日のお昼は軽い目にお蕎麦。

って、予定通り2回目のお気に入り蕎麦屋さん。

Kakisoba400

この、岩牡蠣を使った牡蠣そばというのが、昨日からとっても気になっていたのだ。

おっきいプリッとした岩牡蠣には、あらかじめほんのり熱が加えられているのだが、ほんのりなもんで、まず一口牡蠣をほおばると、お口の中にとろ~り広がるレアレア加減。

温かいお出汁の中にしばらく泳がせていると、これがもう少し固まって旨みが前面に出てくるカンジ。

ゆずの香りが心憎い、これも大満足な贅沢蕎麦。

明日は鮎の焼き浸し蕎麦にしてみよっかな~smile

そして、夜はパン屋さんでパンを買ってホテルでつつましく…。

P1000157

なんて、そうそううまいこと行くはずもなく…coldsweats01

P1000161

おほほほほ、胃が痛いとか言いつつ、つい、食べ過ぎざますcoldsweats01

だって、美味しそうだったんだもん…coldsweats01

いや、昨日の後遺症であまりに胃が気持ち悪かったもんで、胃薬買って飲んだのだが、好奇心には勝てずというか、つい…というか…coldsweats01

その胃薬の値段が1060円だったと、そういうワケなのだが、ちゃんとしたものを食べていたら…というか、せめてニンジンを除けるみたいにそのお肉をぜ~んぶ除けてさえいたら、この1060円は使わなくって済んだのに…と思うと、なんとも複雑な…というか、後悔の念に駆られる今日この頃…。

| | Comments (0)

Tuesday, June 24, 2014

ぶらぶらお散歩のちご飯~本郷三丁目界隈~

本郷辺りでお散歩にうってつけスポットといえばsign03

P1000143

ステキな藤棚があったり・・・。

P1000140

ロマネスク様式っぽい建築物があったり…。

P1000136

あったり…。

P1000144

ジツは、こんなお店もあったり…。

P1000138

そんななかに、松本楼の出店なんかもあったり…。

P1000135

と、いうことで、お昼はココでオムライスでしょう、やっぱりsmile

P1000128

懐かしい昭和モダンの香り漂うオムライス…。

P1000131

卵もトロフワで…えっと…。。。

ハヤシソースに入っているお肉がですね…。
胃の中に入ってもなかなか消化しないくらいに繊維質というかカタカタというか、どうやったらこんなになるかなぁ・・・くらいなカンジだったのだが、それをよけてしまえば、松本楼というブランドでOKsign01

…なのか。。。think

続きのお散歩は、日が落ちてから。

P1000147

本三辺のケーキ屋さん。
和栗のモンブランを買ってみたのだが、一口食べて、そういえばココのケーキはムカシ一回だけ買って、それから一度も買ってなかったコトを思い出した。

そうだったよなぁ~。

懐かしさとホロ苦さが交錯する瞬間…。

さて。

この辺りを徘徊する時、必ず一度ならず二度三度と行ってしまうお蕎麦屋さん。

P1000149

お蕎麦も美味しいのだが、ココの創作変わり蕎麦が秀逸なのだ。

P1000152

今日は揚げ茄子蕎麦。

きりりと冷やした蕎麦に冷たい白だしをはって、温かい揚げて皮を剥いたお茄子と鴨団子。
付け合せの薬味の取り合わせに、タダモノでないセンスを感じる。

1600円と結構なお値段なのだが、きっちりと仕事をしているうえに、心憎いばかりの食材の取り合わせで、たかが蕎麦、されど蕎麦。

ここ、明日も行っちゃうかも…catface

さてさて。

前回の上映事故(というのちら?)のおかげでGetしたテアトル新宿のご招待券。

Photo

今回大森南朋の『捨てがたき人々』でも見てこよっかなぁ~と思っていたのだがsign03

来週から2週間、アンコール上映が決定したということで、予定表を見たら、最終日に滑り込み見れまんがなhappy02sign01

Poster

やっぱ、こっちぢゃろsmile

| | Comments (0)

Monday, November 21, 2011

お蕎麦屋さんの蕎麦プリン

最近、韃靼そば茶を飲むと、なんとなくお口の中が痒いくなる。
若しかして、蕎麦アレルギーの兆候かしらshock
こんなに蕎麦好きなのに…bearing

と、言うことで、食べられるうちに食べておかねば!と、本日のお昼は鴨せいろ大盛りcatface
そして、トドメの蕎麦プリン

2011112014320000

この蕎麦プリン、羅漢果ソース350円と季節の果物ソース400円の2種類があったのだが、季節の果物はイチジクのコンポートがで~んと鎮座ましましてお出ましになられた。

このイチジクのコンポートもなかなか秀逸だが、蕎麦プリンというのがなんとも不思議なプリンで、そこはかとなく粘りがあり、蕎麦の香りもしっかり。

ちょっと、ハマってしまったかもしれない蕎麦プリンcatface
また一つ、お蕎麦屋さんへ行く楽しみが出来てしまった。

蕎麦アレルギーは…お蕎麦を食べてもお口は痒くならんかったから、きっと韃靼そば限定ねwinkshine

| | Comments (2)

Friday, May 13, 2011

アレは何屋? 兎屋! で?

その昔、天神さまの門前町、山陽道の宿場として栄えた面影を残す宮市に、ナニやらお店が出来たと聞いて久しく経った。

ちょっと気になっていたので、教えてくれた友人に突然メールを入れて呼び出し成功catface

Dsc06494

なんとなく、千と千尋の神隠し的外観。

Dsc06464

なんとも摩訶不思議な内装。

で、ナニ屋さんかというというと、あれだ。

Dsc06465

蕎麦屋さん。

この、箸袋がなんとも可愛らしく思わず歓声を上げてしまった。
箸袋に感動したのは初めてだ。

しかし、蕎麦屋さんなのだから、箸袋で喜んでいちゃ~いけない。

ということで、鴨せいろ。

Dsc06485

気が利いているのは、普通の麺つゆが付いていること。
それと、生卵が付いてきた鴨せいろは初めてだわ。。。

まず、蕎麦を一口。
香りの強い蕎麦。
しかし、打ってからちょっと時間が経っていたのか、ちと柔らかめ。

つゆはかなりしっかり味。
なので、蕎麦の先っぽをほんのちょっこしつけるだけという、粋な江戸っ子風食べ方に自然となる。

が、そのしっかりのつゆでやらかくなるまで煮込みましたか…coldsweats01という風情の鴨汁は、辛くてちょっと、いただけない。

この場合のいただけないは、イマイチではなくあからさまに食べられないだったりする。
モモ肉とおぼしき肉も、しっかり味がしみ込んで、ええもう、血圧一気に180まで上昇しそう。

悪くは無いけど、ちょっとワタシのお好み系からは外れるかしら?という気がしないでもないが、ちょっとお蕎麦が食べたくなったし、この辺でどっかなかったっけ?という時には十分役に立つお蕎麦屋さん。

とかいいつつ、蕎麦の香りが強いところだけはとってもワタシ好みなので、そのうちまた行きたくなるかも?

| | Comments (0)

Tuesday, December 07, 2010

ウソつきな写真メニュー

この間のことなのだが、おうどん屋さんへ行った。

1261

ちょっとゴーセイに、天ぷら鍋焼きうどんにしてみた。

……。

1262

なんか、メニューに載ってるお写真とえらく違うんですけど…。

「天ぷらがのってるんですから、トリニクなんて入ってませんよ~。」

鶏肉をお召し上がりにならない女王さまにワタシはそんなことを申し上げたのだが…。

だって、良識的なトッピングの量ぢゃないよね、ここまでくると…coldsweats01

| | Comments (6)

Wednesday, December 01, 2010

見てはならなかったモノ…。

そこは、M山の御城下にあるちょっと小粋な蕎麦屋さん。

ナニが小粋って、黒龍酒造のお酒を置いているのも小粋だが、冷蔵庫の中にペリエが冷えているのも小粋。

そしてナニよりこのお店、十割蕎麦が美味しいのだ。

二八蕎麦が美味しいお店はホドホドあるが、十割蕎麦が美味しいお店というのは貴重だ。
今日もその十割蕎麦の“かまあげ”をいただく。

121

つけ汁は、地鳥卵を溶いて青ネギがたっぷり。
その青ネギの香りに負けず自己主張する蕎麦に、やっぱりここいらで十割はココやね…と、感慨を深くする。

御機嫌で会計を済ませてお店の外へ出ると、女王さまがこうのたまった。

「一つ気に入らんモノを見たぞよ~。」

「ナニを御覧になりました?」

「御蕎麦を載せて来る御膳、あれをお客さんが使ったお手拭きで拭いておったぞえ。。。
あれは、後でもう一度拭きなおすのであろうか…。
しかし、そのまま棚にしまっておったのぢゃ。。。」

それは…。

ちょっと、考えさせて下さいcoldsweats01

| | Comments (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

爛漫日記/日常編 | 爛漫日記/買い物編 | 爛漫日記/ピアス・アクセサリー編 | 爛漫日記/おでかけ編 | ~もくじ編~ | ~国内中国編~ | ~国内九州編~ | ~国内四国編~ | ~国内東北編~ | ~国内沖縄編~ | ~国内関東編~ | ~国内関西編~ | ~旅館・ホテル編~ | ~海外アジア編~ | ~海外ヨーロッパ編~ | ~速報編~ | ~おまいり日記・西国三十三観音編~ | 爛漫日記/ありえん!ネタ編 | 爛漫日記/おケイコ編 | 爛漫日記/お写真編 | 爛漫日記/たわごと編 | 爛漫日記/イベント編 | 爛漫日記/園芸編 | 爛漫日記/芸能娯楽編 | 爛漫日記/観賞編 | ~《放羊的星星》編~ | ~ドラマ編~ | ~映画編~ | ~演劇編~ | ~音楽編~ | 爛漫日記/読書編 | 爛漫日記/Wii編 | 飽食日記/おうちでゴチソウ! | ~スチームロースター編~ | ~ホームベーカリー編~ | ~おうちでうどん・そうめん編~ | ~おうちでおやつ編~ | ~おうちでカレー編~ | ~おうちでパスタ編~ | ~おうちで中華編~ | ~おうちで亜食編~ | ~おうちで和食編~ | ~おうちで洋食編~ | ~おうちで韓食編~ | 飽食日記/おそとでゴチソウ! | ~おそとでB級編~ | ~おそとでお弁当編~ | ~おそとでアジア料理編~ | ~おそとでカレー編~ | ~おそとでラーメン・ちゃんぽん編~ | ~おそとで中華編~ | ~おそとで和食編~ | ~おそとで喫茶・スイーツ編~ | ~おそとで居酒屋編~ | ~おそとで洋食編~ | ~おそとで焼き肉編~ | ~おそとで粉モノ編~ | ~おそとで蕎麦・うどん編~ | 飽食日記/たべものあれこれ | ~ここいらの食事情編~ | ~Drink編~ | ~Fruits編~ | ~Häagen-Dazs編~ | ~Sweets編~ | ~おみやげ編~ | ~お取り寄せ・いただきもの編~ | ~パン編~ | 女王さまとワタシ | 女王さまのお人形 | 女王さまのお犬 | (2つの)中国伝統芸能鑑賞記