~映画編~

Sunday, July 05, 2015

がんばった大賞をあげたくなっちゃう~るろうに剣心~

Kumamonn

某衛星放送で、『るろうに剣心』の京都大火編と伝説の最後編鑑賞。


…あら?

なんか、このポスター違う…かも?

確か主演は…くまモンぢゃないよね…。
うん、なんかそんな気がする…。

Kyoutotaika_2

そうそう、これこれ、こっちこっち。

主演は、NHK大河ドラマ『龍馬伝』で、びっくらこいた殺陣を披露した佐藤健。
カンドーのあまり、いつもは見ない大河を10分ほども長い目に見てしまったという、いわく付の俳優さん。
過去記事感動と絶望のはざまで~龍馬伝~

ちらと見たワタシでさえ、こんだけ強い印象を受けたんだから、そりゃチャンバラ撮りたい監督さんにとっては垂涎ものでしょう。

と、いうわけで、幕末の人斬り役で『るろうに剣心』3作に出演、という流れらしいのだが、あれだ。

そこはほら、お話ですから、ギチギチ言うたらイカンことはいっぱいあるさ。
しかし、なんかこう、違和感が拭えないのは、何故???

内務卿大久保利通が内務省直轄の東京警視本署の川路利良大警視を派遣して、人斬り抜刀斎を呼び出すというのは、ああ、なるほどな…なのだが、あれだ。

西南戦争あったこと、忘れてない?

いっちゃあなんだが、あの大規模反乱に比べたら、シシオさんが持ってる兵力って、強大な軍事力と言いつつタカがしれてるというか、所詮軍艦一艘でナニが出来るん?っていうか、陸海軍が動くまでもなく東京警視本署のオシゴトというか、そーでないなら、この国の未来を一人に託すよりも、鎮台兵出せよ!という話で終わりません?

そもそも、個人技が戦闘を左右する時代は、小倉城攻めに際して奮戦する女武者を、高杉晋作が「撃って取れ」とのたまったという伝説が残ってしまった時点で、既に終わっているのだ。
(いくら男が束になってもかなわんとはいえ、だからって鉄砲で撃っちゃえ!というのは、高杉晋作にとってはあまり自慢できんというか、それでえ~んかsign02という問題とは別次元のこととして)

ほかにも、だ。

ナンで薫殿は、扇子を帯の右に指すの?
一作目では普通に左に指してたのに。

いや、こういう作品で普通とか言うこと自体が間違ってるのかもしれないけれど、でも、「飛天御剣流は自由の剣」と言った時の「自由」って、「liberty」の意味で使ってない?
いくら師匠が開明的で西洋思想に精通していたとしても、15年前に“リベルチ”を論じてガキンチョ相手に通じるとは…。
アメリカから帰って来た後の福沢くんなら、分かってくれるかもしれないケド…。
それよりなにより、師匠がドコでその概念を仕入れて来て、どういう思惟を経て「自由」の語を当てたのか、大いなるナゾ。。。

というよりナニより、ボートで沖へ漕ぎ出すときの舵取り役が、どんなに若く見積もっても78歳以下には見えんのですけど、それってどうなん?

そもそも京都大火というタイトルは詐称のレベルぢゃないの?

とか言いつつ、この映画の秀逸なところは、緋村剣心のカツラの出来の良さではないだろうか。

あと、逆刃刀を鞘に納める時、ちゃんと指を切らないように、鞘を反転させる動作が入っているところは評価していいと思う。それを含めて抜刀術を一連の動作で見せる場面があるのだけれど、そこはよく出来ていると素直に関心。

ウリのアクションシーンは、あれだ。

最後の乱闘場面、無駄な動きが多すぎ!
あんたたちそれ、おもいっきし同士討ちになっとるやろsign01

とか、

藤原クンの腰が心配。。。

とか、いろいろあったが、公開から一年遅れで見たことにより、なんというか、佐藤健が見てて気の毒になって来たというか…。

それは、あれだ。

去年の賞レース、佐藤健これだけ頑張って、函館で飲んだくれて撮影してた綾野剛に主演男優賞ごっそり持ってかれたのかと思うと、感慨ひとしおというか…カワイソウぢゃない?

一作目でも、アクション俳優としての評価は外印役の綾野剛にもってかれたというか、だって一番早かったの、綾野剛だもん。

しかし、続編2作は1作目の時よりもかなりパワーアップしてると思うゾ、佐藤健。
それは、無理無理感漂うおじさん組(除田中泯)が哀れに見えるほどに…。

なのに、国内ではベストアクション男優賞だけって…やっぱ気の毒なきがする佐藤健…。

Dennsetunosaigo_4

いろんな意味で楽しめた、がんばった大賞をあげたくなる映画でした。
お疲れさま。


| | Comments (0)

Wednesday, June 17, 2015

あれは誰だ!?白鳥龍彦だ!!~新宿スワン~

2日程ほとんど寝ないで資料作って、ヘロヘロになってなんとかお茶を濁した後、お楽しみお城見学会というのがあった。

…雨上がりの葉っぱなんかがけっこうたまっちゃったりしてる、危険極まりない、誰か一人はズルっといってしまいそうな…。
そのお城山で一番高い15mの石垣を見に行く、けっこう急斜面の下り坂で、そう思った瞬間、ワタシがいってしまうとは…。

人目もあるし、とにかく立ち上がって全身打撲でクラクラしながら、一番気になったコトというのが、「スカート破れてないsign02

それくらい、盛大にズルッとやってしまった日曜日。。。

その厄払いも兼ねて、女の子の日だったもんで本日映画鑑賞。

Sposter2

…あら?
ワタシ、綾野剛の映画見に来たのよね…。
綾野剛、いる?

何度もそう思ってしまうくらい、そこに綾野剛はいなかった。

え?
真ん中に立ってるキンパツのおにーちゃん?

あれは、綾野剛ちゃうで。
しらとりたちゅひこくんやで。

山田孝之は、どんな役をやっても山田孝之の顔をしているのだが、綾野剛は顔が変わるんよね…。
いやいや、綾野剛、恐るべし。。。

32歳が19歳の役を演るという、本人が“ファンタジー”と言い切った映画だったが、山田孝之も同級生の役ってことは、19歳ってコトで、ってコトは、ケーサツ沙汰になったとしても19歳の少年なのsign02

いややわぁ、あんな濃いぃ顔した19歳…coldsweats01

内容は、ハードゲイだっちゅ~話だったのだが、その辺りのことがさっぱりよく分からないワタシ的には、ソフトクリームのような任侠もの?というカンジ。
クローズZEROもさっぱり分からん世界だったけど、これもマジ、大金使って役者揃えて、何故園子温で撮らんならんか分からん…。

しらとりたちゅひこくん見てシアワセになれる人向きの映画でした。

| | Comments (0)

Wednesday, September 03, 2014

平凡な日常の崇高なラブストーリー~そこのみにて光輝く~

モントリオール世界映画祭で最優秀監督賞受賞ということで、まずはおめでとうございます。

…というか、この映画。
ワタシが今生はじめて映画館へ3回観に行ったという大好きな映画なので、とっても嬉しいんですけど…。

そう、わざわざ用事作って空飛んでおマチへ行って、朝一で爽やかにR15指定の映画を観たんです。

ここいらで初日の日は、たまたま用事で海越えの日だったものだから、その翌日帰りがけに観に行ったら、たまたま1100円の日だったりしてラッキ~

そんで、たまたま空飛んでおマチへ行くことになってたその日がアンコール上映の最終日って、マジそれ?で、これまたラッキ~

もっと恵まれた上映環境にいたら、少なくともあと2回は行った気がする…。

そして、BD・DVDの予約開始日に即行豪華版BDを予約し、モントリオールでいいことあったらいいな…で、ずっと楽しみにしていた今日この頃…。

受賞のニュースに予告編見直して、ヤバい…。
あまりにせんないストーリーだと分かっているが故に、溢れ出る涙を止めることが出来ない…。

予告編だけで感動できるこのクォリティ。
日本映画の「光」です。

モントリオールでは、主演がやっぱり不思議くんの通常運転で、質疑応答では何時ものように、日本語で聞いても良く分からないポエマーなお答えで…。
通訳さんタイヘン…とか真剣思っていたりしたのだが、いやいや、メデタシメデタシ。

受賞のニュースは、某大手配給の名だたるスポンサーがいっぱいついた門戸の広い映画に全部持って行かれた感があるが、宣伝広告費をカンパで一生懸命集めていた作品が、総勢29人の大所帯でモントリオールへ行けたのだ。
…感無量。

Continue reading "平凡な日常の崇高なラブストーリー~そこのみにて光輝く~"

| | Comments (0)

Tuesday, September 02, 2014

気になったので、行って来ました、るぱぁ~ん ざ さ~ど。

P1000305_2

ええもう、ワタシったら気が狂っているとしか思えません…shock

映画館へ行ったら、これがものごっつい気になりました。

P1000307

むっちゃおもしろそう…lovely

いえ、そうではなくて、るぱぁ~ん ざ さ~ど。

ナンでみんな、日本語しゃべっとんねん…。
予告編では英語やったのに…。

見てたらクラクラして来るこのコマとコマのつなぎの悪さは…船酔いしそうなカンジなんですけど…。

総じて、不二子ちゃんのbodyぢゃなくって演技力がちょっとザンネンだったかな。

それと剛エ門。

ザンネンというか気の毒というか…。

走る姿が市川雷蔵とかが活躍してたころの時代劇クォリティだったりしても、気付かないヒト多そう…。
殺陣も、もっと見せる撮り方もあったろうに…。

それでも記号と割り切って振り切ったのね…weep

と、いうことで、見てもそれほど腹は立たないと思います。

コドモからオトシヨリまで、ナンも考えずに楽しめるカンタンメイカイなストーリーなので、安心して?お出かけください。

しかし…。

女子トイレにとっつぁんは…ないわぁ…。

P1000308

中身が『私の男』のとっつぁんでも…ないわぁ…。

| | Comments (2)

Friday, August 08, 2014

速攻予約だトホホ…。

11月14日発売ということで、早速予約してしまいましたcoldsweats01

71i1god62gl__sl1500_

本作中では、ふすまを蹴飛ばして隣の部屋に飛び込むその瞬発力に、呉美保監督もビックリsign03の“岐阜の野生児”こと綾野剛の身体能力の高さを見ることが出来ます。

8月1日放送の『るろうに剣心』は、録画して某空手家をして「こいつ猿か!」と言わしめた野生児登場シーンだけ見ました。

なんというか…2のコマーシャルにくまモンとコラボしたのにはハート鷲掴みだったんですが…。
アクションシーンが…ねぇ。

予告30秒でなんぢゃこりゃ…sad

あれはいただけません。
ワイヤーとコマ送りでなんとかなると思ってらっさる?くらいの出来加減down
…な印象think

結果、撮影時カメラが着いていけなかったという件のシーンだけ見たわけですが…。

確かに、そこだけカメラが全然追いついてない。
シロウト目に見ても、主人公との違い…というか、差がしっかり分かってしまうオソロシサ…。

アクションの出来る演技派って、この国の映画界ぢゃ、どう使うかすんごいビミョ~think

しかし、困ったことに、アレだ。
もしかして、これはあの噂の『ガッチャマン』も見てみるべきsign02とか思ってしまったトホホ…。

いやいや、意外にお思いかもしれませんが、ジツはワタシ、ナンでもカンでも見てるワケぢゃないんですヨ。
ちゃんとワタシ基準で選んで見てるんです。

いや、たいがい見てるけど、やっぱりそっち系は…ねぇcoldsweats01

とっても勇気がいるというか…。

ルパン三世の石川剛エ門はお笑い担当だそうで…。
なんというか…coldsweats01

とってもコワいんですけど…think

で、この『そこのみ…』は、発売決定予約開始と同時に速攻予約入れたと、そーいうワケですが、綾野剛のBD買うのは2作品目なんデスよsign03

ちゃんと選んで買ってるんです、これでも…coldsweats01

えっと…、『そこのみ…』の前に買ったのは、アレです。
F15のボールペンがオマケに付いてるやつ…。

「あ、CH-47J!」

先頃から、めったテレビを見ないワタシでさえ何度か目にした自衛隊のCM。
見ながら、つい、つぶやいてしまう程に、ワタシをちょっと航空オタクっぽく?してしまったあのドラマなんですが…。

なんというか、あのドラマはもう歴史になってしまったのですね…。

アッキーナ起用であれほど苦労して低予算でPV作ったのに、美談をでっち上げて就職難の若者を搾取するように自衛官募集をしていると批判して、いよいよこれかららぶらぶheart01だったはずのリカぴょんと空井犬祐を引き裂いたシリーズ最大にして唯一の悪役、NPO法人はたらく市民の会代表小日向耕三。

そのクソおやじがNEWSピープルで言ってたコトがそっくりそのままニュースで流れるご時勢になってしまった今日この頃…。

『空飛ぶ広報室』。
古き良き時代の航空自衛隊を描いた、ノスタルジーに浸れる迷作です。
まだご覧になっていない方は、是非。

Ss

サイズ的に中型犬っぽい空井犬祐のワンワンdogぶりが、ツボるヒトにはツボるかも…coldsweats01

| | Comments (0)

Friday, July 04, 2014

本日最終日

ワタシ、映画館にこんなヒトがいるの見たの、小学校の頃に行った東映まんがまつり以来かも…。

P1000182_2

と、言っても、まぁ、平日16:00~の回なので、それほどなことはないのだが…。

途中で携帯をピコピコ鳴らすババァ3人組なんていて、かなりイラチになったりもしたが…。

ナンていいラブストーリーなんだろう…。

3回目にして、つぃっ…と、涙が出た。

なぜ、この映画で菅田将暉がイイのか、3回目にしてやっと理解できた。

3回見ても、綾野剛の演技に、スゲ~なこいつ…。

セリフなしで語ってる量が半端ない。

今、自分はこんな気持ちであんなことを思い出したりして、そしたらこういうことをしたい気になって、そうして今、ここにこうして居るんデス。

こんくらいのことを、ものの1分少々の沈黙のうちにすべて目で語ってくれちゃってたりするので、達夫の目から目を離しちゃいけない。
視線を切ったら置いてかれるゾ!

というか、セリフなしでもちゃんと説明出来ちゃう演者もすごいけど、それだけのお膳立てをちゃんとしてある脚本もすごいよね、というハナシ。

結局、アレだ。

分る人だけ、見ればいい。

そういう映画なのだと思う。

と、いうかこの映画、2時間という上映時間のなかで、ものすごい情報処理量が要求されてる気がする。
キャパが少ないと、まず消化不良でワケ分んなくなってしまいそう…。

リピーターが多いのも、そのあたりに理由があるのではないかしら…と。

3回見て、そう思った。

いやいや、わが人生で3回映画館へ行って見た映画は、これが初めてでございます…。

| | Comments (0)

Sunday, June 15, 2014

おかわり!

おかわり!
二回目のそこのみにて光輝く。

今回は、どっぷりストーリーに浸って見ようと思います。

しかし…スクリーンがちっちゃい。

観了。

二度目で思ったこと。

なんで、達夫は千夏なん?
性格的にも生活的にも、めんどくさすぎやろ千夏…。

わからん…。

「やめれや。
そんな女、やめれって!」

おにぃちゃん、おかしいよ!
目を覚まして!

ワタシが妹だったら、絶対にそう言う気がするワ…。

二度目もやっぱり、徹頭徹尾綾野剛の映画ぢゃった。

菅田将暉も確かに良いんだけど、綾野が菅田の演技を…というか、達夫が拓児をしっかり受け止めているから、あれだけ光って見えるんだな、アレは…。

| | Comments (0)

Monday, June 09, 2014

そこのみにて光輝く

ミニシアターの聖地、テアトル新宿.

P1000079

で、朝9時から爽やかにR15指定映画鑑賞。

途中で映写機が壊れるおまけ付き…。

しかし!

やっぱり、綾野剛は、良い役者です。
というか、あれだけ受けに徹して、尚且つしっかりと存在している演技がすごいです。
バケたとは、あのことでしょう。
「イヌゴエ」の大輝をやってたヒトとは思えません(笑)

P1000080_2

今回は、あんまし喋らないうえに、喋り達者ぢゃない設定だったもんで、滑舌の悪さも目立たないし。

滑舌の悪さが気にならないとなると、文字通り無敵ぢゃないか綾野剛!

夢も希望もない、ただ惰性だけで生きてるような、完全消化試合の日常の中で、達夫が見つけたささやかな光、千夏。
その光を受けたことで、達夫の放つようになった力強い輝きが、絶望と孤独な魂の邂逅を、若しかしたら信じていいかもしれない希望へと昇華していく。

千夏は、達夫に会えてよかった。

日本映画界に、綾野剛がいて良かった。

良い映画でした。

途中、強制休憩を挟んだので、帰りに次回の招待券をもらう。

これは…。

次、大森南朋を見に行けという、神の声!?

| | Comments (0)

Wednesday, May 21, 2014

大量消費娯楽映画とは…~闇金ウシジマくんPart2~

だから、ワタシは『そこのみにて光輝く』が見たいのだ…。

4月19日から全国で順次ロードショー。
ここいらでも1館だけ上映してくれるらしいのだが、6月14日から…と、まだまだ先のお話。。。

レビューの読み過ぎで、アンなシーンもコンなシーンもその他諸々ストーリーほとんどネタバレしてしまった感があるが、ワタシが見たいのは、しっとり余韻に浸って3年美味しいsign03と、そんなカンジの映画なのだ。

なのに…。

待ち時間が余りに長いもんで、綾野剛と菅田将暉がかぶってるウシジマくん見に行っちゃったcoldsweats01

P1000056

ウシジマくんらしいちょっとセツないシーンもあるにはあるが…。

こんだけ予告であおっておいて、そゆことですかsign02

…なカンジ。

正直、山田孝之は動いてナンボの役者だとワタシ的には思っているのだが、いや、イカんわけではないけれど、やっぱり深夜帯のドラマテイストというか、コレを見るために2度映画館へ行く、という選択肢はないわよね…的な映画だったなぁ、と。。。

いや、あのエンドロールは、もう一度リプレイで見せてよsign01とは思ったけど、ぶっちゃけそれはレンタル解禁になってからもう一度確認したらいいくらいのもんで、上映期間中何回見に行けるか勝負rockみたいな映画ではないと、そういうコトだ。

詳しくは劇場で…(笑)

あ、エンドロールは最後まで見てから席を立ちましょうsign01
今日も半数以上が最後までたとり着く前に離席してた。
あれだけ山田くんが最後まで…って言ってたのに。。。

最後にオマケの特典映像?がありマスよぉ~catface


| | Comments (4)

Tuesday, April 22, 2014

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~

フランス語に親しむのに、ワタシ的にもっとも使えるのではないかということで、見てみた。

いやいや、こういうのがフランス人の皮肉なんだろうかと思って、なかなかに楽しめはしたが、所詮、コメディですから…coldsweats01

この映画を見て一番思ったのは、これでOK!なんだったら、あのANAのCMだってゼンゼンOK!ぢゃんangry

いえ、ね。
最先端の分子料理を提供するハイテクレストランへ偵察に行く二人が日本人に化けるんですが、それがサムライとゲイシャなんですね。

多分、そんな恰好でフランスのレストランへ行く日本人はいないと思います…。

いえ、吉永小百合さんなんかは、パリでお着物の雑誌記事とかけっこうあって、そういうのもイイわぁ~って眺めてますけど、サムライとゲイシャのコスプレはさすがに…coldsweats01

でも、それに目くじら立ててどうこう言うのも野暮な話で、フフンと笑っておけばいいと思うんですが…。

食材の名前とか、★★★レストランへ行くときのお洋服とか、そういうのをおベンキョするにはうってつけの映画だと思います。

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

爛漫日記/日常編 | 爛漫日記/買い物編 | 爛漫日記/ピアス・アクセサリー編 | 爛漫日記/おでかけ編 | ~もくじ編~ | ~国内中国編~ | ~国内九州編~ | ~国内四国編~ | ~国内東北編~ | ~国内沖縄編~ | ~国内関東編~ | ~国内関西編~ | ~旅館・ホテル編~ | ~海外アジア編~ | ~海外ヨーロッパ編~ | ~速報編~ | ~おまいり日記・西国三十三観音編~ | 爛漫日記/ありえん!ネタ編 | 爛漫日記/おケイコ編 | 爛漫日記/お写真編 | 爛漫日記/たわごと編 | 爛漫日記/イベント編 | 爛漫日記/園芸編 | 爛漫日記/芸能娯楽編 | 爛漫日記/観賞編 | ~《放羊的星星》編~ | ~ドラマ編~ | ~映画編~ | ~演劇編~ | ~音楽編~ | 爛漫日記/読書編 | 爛漫日記/Wii編 | 飽食日記/おうちでゴチソウ! | ~スチームロースター編~ | ~ホームベーカリー編~ | ~おうちでうどん・そうめん編~ | ~おうちでおやつ編~ | ~おうちでカレー編~ | ~おうちでパスタ編~ | ~おうちで中華編~ | ~おうちで亜食編~ | ~おうちで和食編~ | ~おうちで洋食編~ | ~おうちで韓食編~ | 飽食日記/おそとでゴチソウ! | ~おそとでB級編~ | ~おそとでお弁当編~ | ~おそとでアジア料理編~ | ~おそとでカレー編~ | ~おそとでラーメン・ちゃんぽん編~ | ~おそとで中華編~ | ~おそとで和食編~ | ~おそとで喫茶・スイーツ編~ | ~おそとで居酒屋編~ | ~おそとで洋食編~ | ~おそとで焼き肉編~ | ~おそとで粉モノ編~ | ~おそとで蕎麦・うどん編~ | 飽食日記/たべものあれこれ | ~ここいらの食事情編~ | ~Drink編~ | ~Fruits編~ | ~Häagen-Dazs編~ | ~Sweets編~ | ~おみやげ編~ | ~お取り寄せ・いただきもの編~ | ~パン編~ | 女王さまとワタシ | 女王さまのお人形 | 女王さまのお犬 | (2つの)中国伝統芸能鑑賞記