~おうちでパスタ編~

Sunday, September 14, 2014

じっくり寝かせた(←重要!)ウニでカルボナーラ

なかなか自分から買うことはない瓶詰のウニ。

つまり、いただきものということなのだが…。
わりとつい…というか、うっかり…というか、その存在を容易に忘れてしまうというか…。

で、気が付いたらアレだ。
ご利用は自己責任で…な状態になっていることがママあったりするというか…。

Dsc02782

さすがにそうなると、そのままご飯の上にのっけて食べるのも気が引けるというか…。

Dsc02785

で、カルボナーラ風になることが多いのだが…。

エチルアルコール入りのウニの場合、瓶詰めしてから直ぐに食べるよりも、じっくり寝かせてこなれてから食べる方が、絶対に美味しいと思うのだ。

どのくらい寝かせるかというと、それはほら、結構ナンというか、ご利用は自己責任になるほど…


| | Comments (0)

Friday, April 25, 2014

春野菜のトマトソース、タイムの香りのフジッリ

Dsc01302

ズッキーニ・ナス・玉ねぎ・アスパラガス・しめじで野菜のラグーソース。
ナニかないかしら…と思って庭に出たら、育ち盛りのタイムが目に入り…。

タイム風味でも悪くはないケド、無難にイタリアンパセリでも良かったかしら…

| | Comments (5)

Monday, April 21, 2014

こいつは春から縁起がいいや^^

『そこのみにて光輝く』のここいら上映が決まった
モントリオールの後まで待たないといけないかと思っていたので、約2ヶ月遅れで映画館で見れるというのは非常に嬉しい。

もともとは、ベルリン国際映画祭狙いで製作されたらしいこの作品。
スクリーンで鑑賞できるその日が楽しみだワ。

あちこちから漏れ聞こえてくる情報に、やっぱり、バスタオルの用意が必要かしら。。。

そして、春と言えば、春キャベツ。

Dsc01248

キャベツの一番美味しい季節に、キャベツのパスタ。

アンチョビとベーコンでコックリと仕上げて、オマチへ行った時に成城石井から下げて帰った、ここいらに売ってるモノよりもちと…というか、お値段的に倍くらい上等なパルミジャーノをたっぷりと。

そこはかとなく、プチ贅沢なランチでした。

もちろんキャベツは産地…というか産畑直送
ナメクジくんも同伴だったりするので、ヌメヌメ注意なのがちょっとアレだが、採れたてのいただきもののお味は格別でございます

| | Comments (2)

Monday, September 16, 2013

うどんの国の新食感生パスタ

うどんの国からやって来た、新食感生パスタ。

Dsc07794

期待を込めて、カルボナーラでいただきます

Dsc07799

…なんというか。。。

やっぱり、うどんぢゃった


| | Comments (0)

Friday, August 09, 2013

花盛りの熱帯雨林迷彩的ありもの冷製カッペリーニ

今日のありものは、なかなかに豪勢。

お中元でいただいた京都の賀茂ナスに、畑直送いろいろトマト、しばらく放置で素晴らしい熟れ具合のアボカド、賞味期限の割には熟成が進んでる感のあるモッツァレラ。

これを塩・オリーブオイルとバルサミコで香りのバジルと一緒に和える。

Dsc01434

…やっぱり、色をきれいにあげようと思ったら、バルサミコじゃないほうがイイわね…

| | Comments (0)

Wednesday, July 17, 2013

蓮1号&2号、そして本日のパスタ。

Dsc01116

本日、やっぱり半開だけど開花一日目の蓮2号。

Dsc01121

全開した蓮1号。

一日で、めしべとおしべの形が面白いほど変化する。
生命の神秘

さて。
本日のパスタの基本素材。

Dsc01144

最近、ディチェコよりお気に入りのヴォイエロのスパゲッティーニ。
というか、本当はディチェコの有機ヴァージョンが好きなのだが、お値段が気に入らない…というのがモトにあって、それとちょっと似ている気がする表面がザラザラめで、ソースのからみが良いところがお気に入り。


トマトホール缶は、ムカシ使ってたんだけど、買ってたお店が扱わなくなって久しいのでしばらくご無沙汰だったのだが、楽天ポイント10倍を物色中に発見して、迷わず箱買い。

濃厚で一番好きなトマトホール缶だったりする。
有機だし。

オリーブオイルは、瓶の形と包装に心惹かれて買ってみたアルドイノのフルクトゥス。
わりと万人受けする癖のないフルーティなオイルだと思うが、その前がムラリアのガツンとパンチの利いたオリーブオイルを使っていたので、ちょっとお上品過ぎる気がしないでも…。
これは、完璧に好みの問題であって、パンにつけたりするにはイイかもしんない。

で、ここいら名産大長ナス。

Dsc01148

比較用のちっちゃいおナスは、ヘタの先からシッポまで18.7cm。
とにかく、ワタシの腕ほどもあろうかという大きさと、柔らかくて甘くジューシーな果肉?がご自慢。

Dsc01140

本日も美味しゅうございました

| | Comments (2)

Friday, December 28, 2012

最近の荒巻き?シャケはうす塩で使い勝手拡大中^^

某所からお歳暮にいただいた荒巻き?シャケは、2枚下ろしで切り身になった上で元の形に復元されていたのだが、それでもやっぱり冷凍庫の中でかなりかさばる

そのシャケで今日は新巻きシャケdeスパゲッティーニ  トマトクリームソース。

Dsc07922

サケといえばディルでしょう!
ということで、今年の寒さに耐えて花園菜園でしぶとく自生するディルで香りを添えて。

サーモンほど脂ノリノリというわけではないので、わりと蛋白な味わいに仕上がった。

塩が強かったら塩抜きしないと使えないが、今回いただいたシャケは程よい薄塩加減でそのままOK

クリームだけだとなんだかぬぼ~っとした味になってしまうが、トマトを加えるとそれだけで味が締まってかなりお店仕様

今日も美味しくいただきました


| | Comments (0)

Wednesday, June 13, 2012

天美卵特製カルボナーラ

卵の美味しさで味が変わる料理と言えば?

やっぱりカルボナーラでしょ

ということで、特製カルボナーラ。

Dsc01347

いつもは黄身だけ使うのだが、今日は白身も使ってみた。
はじめに炒めたベーコン・パルミジャーノ・生クリームを混ぜ混ぜ、そこへ茹で上がったスパゲッティーニを入れて混ぜ混ぜ。
ビジュアル重視で黄身はトッピング。
そしてそこへ黒胡椒をガリガリ。

Dsc01351

美味しくないワケがございません

驚いたのは、白身部分の粘り。
チーズ・生クリームと一緒に混ぜると、もっちりしてまるで大和イモ?なカンジになる。

でも、カルボナーラ的には黄身だけの方が濃厚な味わいになって好きかも…。

ということで、今度は黄身だけで作ってみましょう

| | Comments (0)

Sunday, May 20, 2012

そんなに美味しい?オークラ風フレンチトーストースで遅い目パスタランチ+α

死ぬほど美味しいというウワサのホテルオークラのフレンチトースト。

そのレシピが紹介されているので、ホームベーカリーで焼いた花園特製食パンでお試し。

Dsc00908

なんでもオリジナルは、虎ノ門のオークラで焼いたパンぢゃないと目指す味にならないという。。。
でも、たかがフレンチトーストに1750円も出す値打ちはあるのか?

なんといっても、アレだ。
フレンチトーストと言えば、期待に胸を膨らませて行ったラデュレでの失敗があるのだ。

…そんな、大したことないやん。。。

そこでラデュレには卒業宣言が出されたのだった…。

と、いうことで、オークラ風フレンチトースト。

やっぱり感想は、アレだ。

…そんな、大したことないやん。。。

24時間卵液に漬け込んで、それをゆっくりと焼き上げるのだが、バニラエッセンス少々のところをバニラビーンズで代用したのが悪かったのか?

それとも、バターとサラダ油で焼くと書いてあるのに、カルピスバターだけで焼いたのがいかんかったんだろうか…。

他は分量通りだったのに…。

いつものバゲットをさっと卵液にくぐらせて、表面にお砂糖ふってカリッカリに焼いた花園風フレンチトーストの方が、ワタシは好きかな。


いや、ちゃんとオーキッドルームで食べたら感動する美味しさなのかもしれないけど…。


このフレンチトーストがおっきかったせいで、お昼になってもお腹が空かず…結局2時前になってやっとお昼。

Dsc00912

サーモンを塩と砂糖でマリネしておいて、トマトやディル、えごま、玉ねぎビネガー、バルサミコ、オリーブオイルと和えたカッペリーニ。

そろそろ暑くなって来たので、冷たいパスタが美味しい季節。

…という割には、夜はイベリコ豚でしゃぶしゃぶお鍋だったのだが、アレだ。
お昼に茹ですぎたカッペリーニを最後にお鍋にいれてみたらば、だ。

まごうことなきそうめんの味だった…

| | Comments (0)

Tuesday, May 08, 2012

5月の花園食堂 天離る鄙1番地

5月になると、花園食堂が楽しくなる。

Dsc00599

ジャーマンカモミールとアップルミントでのんびりお茶を飲んでみたり。

Dsc00630

パスタにもシブレットとタイムの花を散らせてみたり。

まぁ、なんというか、おマチを開けたところと考える文明論からしたら、天離る鄙1番地のここいらは間違いなく未開も未開、大未開ということになるのだが、でも、ちょっとイケてるこのパスタ!と思うのは、気のせい?

ちなみにこれは、明太子にエゴマ・アボカド・トマトを入れてオリーブオイルと玉ねぎニンニクしょうゆ生姜入りで和え、冷たいディチェコのカッペリーニと混ぜ混ぜ、しかる後、上にベビーリーフのバルサミコ・オリーブオイル・塩サラダをのっけて、タイムとシブレットの花を散らしている。

タイムの花が、想像以上によく香ってアクセントになるのだ

Dsc00612

毎年この季節になると、タイムの花を攻略しようとするのだが、この花、超ちびっこくてお写真するのが難しいのだ…

ところで、女王さまがカモミールのことを“かもめ~る”と仰るのは、ウケを狙っておられるのだろうか?
それとも…

| | Comments (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

爛漫日記/リフォーム編 爛漫日記/日常編 爛漫日記/買い物編 爛漫日記/ピアス・アクセサリー編 爛漫日記/おでかけ編 ~もくじ編~ ~国内中国編~ ~国内九州編~ ~国内四国編~ ~国内東北編~ ~国内沖縄編~ ~国内関東編~ ~国内関西編~ ~旅館・ホテル編~ ~海外アジア編~ ~海外ヨーロッパ編~ ~速報編~ ~おまいり日記・西国三十三観音編~ 爛漫日記/ありえん!ネタ編 爛漫日記/おケイコ編 爛漫日記/お写真編 爛漫日記/たわごと編 爛漫日記/イベント編 爛漫日記/園芸編 爛漫日記/芸能娯楽編 爛漫日記/観賞編 ~《放羊的星星》編~ ~ドラマ編~ ~映画編~ ~演劇編~ ~音楽編~ 爛漫日記/読書編 爛漫日記/Wii編 飽食日記/おうちでゴチソウ! ~スチームロースター編~ ~ホームベーカリー編~ ~おうちでうどん・そうめん編~ ~おうちでおやつ編~ ~おうちでカレー編~ ~おうちでパスタ編~ ~おうちで中華編~ ~おうちで亜食編~ ~おうちで和食編~ ~おうちで洋食編~ ~おうちで韓食編~ 飽食日記/おそとでゴチソウ! ~おそとでB級編~ ~おそとでお弁当編~ ~おそとでアジア料理編~ ~おそとでカレー編~ ~おそとでラーメン・ちゃんぽん編~ ~おそとで中華編~ ~おそとで和食編~ ~おそとで喫茶・スイーツ編~ ~おそとで居酒屋編~ ~おそとで洋食編~ ~おそとで焼き肉編~ ~おそとで粉モノ編~ ~おそとで蕎麦・うどん編~ 飽食日記/たべものあれこれ ~ここいらの食事情編~ ~Drink編~ ~Fruits編~ ~Häagen-Dazs編~ ~Sweets編~ ~おみやげ編~ ~お取り寄せ・いただきもの編~ ~パン編~ 女王さまとワタシ 女王さまのお人形 女王さまのお犬 (2つの)中国伝統芸能鑑賞記