« October 2015 | Main | December 2015 »

November 2015

Wednesday, November 18, 2015

京都土産にお弁当~京趣味 菱岩~

菱岩さんのお弁当が、タナボタ式に花園へやって来た。

1118

天保初年創業というこのお店。
辻留さんと並んで、京都でも屈指の仕出し屋さんなのだが、前日までに予約しておいたら、1個からでも注文できるし、伊勢丹の地下とか高島屋の地下とかでも受け取れるので、使いようによっては超便利に使えたりする。

でも、暑い時期にはお持ち帰りできないので要注意。

晩ご飯ガッツリ食べた後だったけど、しっかり完食してしまいました。
かなり、苦しい…sweat01

| | Comments (0)

Tuesday, November 17, 2015

おとぼけ金魚、現る!

みかんの国の坊ちゃん市から海を渡ったところにある維新の国のきんぎょ市で、とぼけた金魚を捕獲。

1115

1匹380円。
スポンジ(敢えてビスキュイとは言わない)の上に、バニラムースと木苺のムース、そして、1.5㎜程もあるんぢゃないかと思うくらいに分厚いナパージュ。
デコレーションに使ってあるチョコレートも期待を裏切らず、あの口溶けが悪いチョコでした。。。

でも、ショーケースのなかにこいつがいたら、思わず捕獲しちゃうと思いませんかsign02

| | Comments (0)

Tuesday, November 10, 2015

パリ土産

女王さまから、パリのお土産が届く。
ご本人は、東京で途中下車して、スーツケースだけが送られてきて、そこにお土産が入っていたのだが…。

1110

ジャック・ジュナンのパート・オ・フリュイもキャラメルも、袋入りで荷物の中にキュウキュウに押し込まれて帰って来たら、そりゃ原型は留めておりませんわよ、トホホ・・・。

| | Comments (2)

Tuesday, November 03, 2015

女王さま、パリへ行く!

女王さまが、パリへお出かけになるというので、ワタシの替わりにお気に入りのハンカチをスーツケースに結んでいってらっしゃい。

113

お洋服をコーディネイトしたのも、荷造りしたのも、すべてワタシだったりする。
おまけに女王さまは、当たり前のようにワタシのバッグを持って行かれた。
靴も、ワタシがお幸ちゃまと陽ぼんちゃまのお散歩用に奮発したスニーカーを、だ。

「犬の散歩にはもったいないぞえ~!
わらわがおパリぃへ、履いて行くぞえ~!」

と、履いて行ってしまわれた。

ま、お洋服は基本サイズが違うのでとられることはない…と思っていたら、時々ワタシがざっくり着ているセーターなんかをパッツンパッツンでお召しになっておられたりして、ビックリ・・・coldsweats01

機内では、家政婦のミタを全部ご覧になったらしい女王さま。
ワタシにちゃんと、お土産買って来てくださるかしら…。

| | Comments (0)

Monday, November 02, 2015

コウノドリ~よみがえる記憶~

毎回、今日が最終回なんぢゃないかというくらいに、気が付いたら目からヨダレがだだもれになっているドラマ。

P2267369372

ナニが反則って、小さな赤さんが出てきたら、それだけで力いっぱい、頑張れ~sign01って思うって。

第一話、未受診妊婦のノラちゃんが、逆子の臍帯脱出で帝王切開の出産シーンなんて、アレだ。
ワタシが生まれた時も似たような状況だったと聞いていたもんで、感無量…というか、アレだ。

「あの時、息してなかったから足持って逆さにふったんよ。」

ひぃ~shock
そのせいで、ワタシのノウミソは、大方こぼれ落ちてしまったのね・・・sweat01

ワタシも南朋さんに優しく背中をさすってもらいたかった…think


こんなカンジで、いろいろと思うトコロの多いドラマなワケですが…。

第3話に、10歳の遥香ちゃんとコスプレピアニストが連弾するシーンというのがありまして。

これがまた、ピアノ演奏中に私語しまくりのバカップルがいて、隣に座っていたら椅子を蹴飛ばしたくなる衝動を必死でこらえないといけないような、そんな演出なんですが。

いかにもお金持ちな風の上品マダムを、なんとも昼メロチックに演じた石田ひかりに対して、白い杖を持った遥香ちゃんを演じた山田望叶ちゃんの上手さが光ったこのお話。

P2278826069

あ、マスターだsign01

この感動的なシーンを盛り上げたのは、ドッグカフェふぇありーのちょっと気弱でオトメなマスターの思い出。

マスター、髪の毛白髪になっちゃってるけど、苦労したのかしら・・・。
ペス、元気?

P2152487795

イヌ好きさんとガンダムオタにファンが多い(かも?)この作品。
まさか、あのマスターに主演男優賞とりまくる時代がやってこようとは…。


| | Comments (0)

« October 2015 | Main | December 2015 »