« June 2015 | Main | October 2015 »

July 2015

Friday, July 31, 2015

食べていいもの、わるいもの。

昨夜のお泊りは、本日ご用先に一番近いホテル。
……遅刻したらイカんからさcoldsweats01

Sp1000703

以前、朝食の印象が良かったので、朝食付きにしたのだが…。
果物が、オレンジとグレープフルーツ以外、パイナップルしかなかったのと、ヨーグルトがお砂糖入りだったのが、ワタシ的にちょっといただけなかった…。

みかんの国のヒトは、オレンジとかグレープフルーツとかは食べないのだ。
パイナップルは…食べたらお口の中がガサガサになってしまうのだ…weep
大好きだったのに…crying

Sp1000705

お昼は、手っ取り早く近くの担担麺屋さんへ。
初めてのお店だったのだが、そこそこ人も入っていたし、800円だし、大丈夫かな、と・・・。

あれ、だ。
担担麺ってピリッと辛いから、ナニでお口がイタいんだかよく分らないのだ。
なので、まぁ、こんなもんね…とおもっていたら…。

食後、猛烈に胃がやけてきたbearing
やっぱり、毒が仕込んであったか・・・weep

「さっき38℃でしたsign01
でも、温度計は高いところにあるので、地上だともっとありますよsign01

そうでしょうとも…。
暑さに耐え兼ね、タクシーでホテルを移動。

Sp1000706

本日から2泊は、水道橋近くのホテル。
ほどほどのお値段で、そこそこのクラス感があるので、最近は結構ココが多い。

なんたって、アレだ。

Sp1000710

松翁まで徒歩5分run

Sp1000716

合いもり天ざる2450円。

Sp1000726_2

ちょっといいお値段だが、1050円の合いもりに、+1400円で活えび1・活穴子1・小茄子1・万願寺1が付いている。

えびと穴子は水槽から引き揚げられて、ごま油経由で食卓へ直行便。
コスパは、決して悪くない。

ヘンな天ぷら屋さんへ行くよりも、お蕎麦屋さんのほうがよっぽど満足度高いのが、お江戸の天ぷら事情。

え?
ワタシの胃ですか?

Sp1000731

ちゃんと、飲んどきましたがなsmile

これが350円。
お昼の800円に350円足したら1150円。

・・・昨日の森のでお蕎麦が食べられますやん・・・。
ちょっと遠くても、お昼もお蕎麦屋さんまで足を延ばしといたら、身体を痛めなくってもすんだのに…weep

いや、行ってたらトマト蕎麦だか鮎ひたし蕎麦だかにしたと思うから、絶対に1150円では収まらないとは思うんですけど…。

それにしても、最近はますます外で迂闊にものが食べられなくなって来た。
ワタシには、世界で一番美味しいラーメン探しの使命があるというのに…noodle

| | Comments (0)

Thursday, July 30, 2015

東京のお気に入りお蕎麦屋さんとフレンチ屋さん

お風呂に入ってるよりもなお暑い気がする東京へやって来ました!

Sp1000695

東京駅のドーム。
山手線を降りて、出口方面へ降りていく階段をうっかり間違えると、この情緒あふれる空間に出ます。
外へ出たら、有名な赤レンガの東京駅です。

…地下鉄への乗り換えが、とっても面倒くさいです。。。

Sp1000698

目的地到着sign03

本郷三丁目駅で降りたら、必ず行かねばならぬお蕎麦屋さん。

Sp1000700

揚げ茄子の冷浸し1600円也。

正直言って、ナスやのにナンでこんなに高いんやろ…とも思いますが、美味しいので1600円でもつい、食べてしまいます。

ホントは岩牡蠣そばを狙っていったんですが、この日は入荷がなくってザンネン…。

夜は、今東京で一番好きなお店へ。

Sp1000701

「銀座という土地柄ですから、やっぱり“なんでもいいから!”というお客様もいらっしゃいます。」

そうなのだ。
一緒に食事に行くと、「面倒くさいし、これ(いっちゃん高いコース)でええやん!」とかいう人、いるのだ。

でも、そんなの、楽しくないよね。
と、思います。

メニューを眺めて、食べたいものを選ぶ過程で、そこにお店のヒトとのコミュニケーションがあったりして、それがとっても楽しいのに…。

最近は、採算重視…というか、経営が透けて見えるような、やりたい放題わがままを聞いてくれるような太っ腹なお店がめっきり少なく…というか、もはや絶滅危惧種と化しつつあるなかで、希望を言うと、嬉しそうにいろんな提案をしてくれるこのお店が、大好きhappy01

ワインもあんまし飲めないというと、臨機応変に対応してくれるし。

デセールも、迷ったら相談しちゃうのだsmile

「このスフレとサヴァランで迷ってるんですけど…。」

どうやらおススメしたいのは、フランボワーズたっぷりのサヴァランだったらしく、説明にも熱がこもっている。
そんな時にはお店のヒトのいうコトをきくもんだ。

そして、トーキョーの夜は更けていき・・・。

本日は、大変満足なお食事でございましたhappy01

| | Comments (0)

Tuesday, July 28, 2015

誰が呼んだかダッ〇ン小僧♪

昨夜は、ここいら合併10周年とかで、いつもよりセーダイな花火大会だった。
どのくらいせーだいだったかというと…。

例年通り、お幸ちゃまと陽ぼんも3階のベランダに上げ、準備万端怖くない!して差し上げながら、一緒に花火を見ようと思っていたのに、どーにもこーにもならんかったのだ、陽ぼん…。
なもんで、開始3分で陽ぼんはオウチに連れて帰って、ワタシが陽ぼんのケージに一緒に入って、ずっとお耳を押さえてても、滝のように流れるヨダレ、震えが止まらないカラダ…。

もちろん、開始3分の間に、ダッ〇ンすること2回…。

つまり、陽ぼんが怯えすぎてワタシが開始3分しか花火が見られなかったくらいに盛大な花火だった、と、そういうことだ。

P1000660

なので、今朝から陽ぼん改めダッ〇ン小僧。
なんだか今日は、何時にも増してお幸ちゃまのお顔をペロペロして甘えていた。

……陽ぼんも、なんだかだんだん「四国犬はこんな犬ぢゃない!」と言われそうな具合の成長加減・・・coldsweats01

やっぱ、花園のお犬さまだからかしら?


| | Comments (2)

Saturday, July 18, 2015

楽〇屋さんで良かった。。。

ここいらに住んでいると、お買い物に行くのはもっぱら楽〇屋さん、ということになる。
24時間いつでも開いているし、重いものも玄関先まで運んでくれる。
それに、ここいらでお買い物するよりも安かったりするから、けっこう便利に使えるのだ。

で、使えるついでに調子に乗って、つい、キラキラ光ったものとかまで注文しちゃったりしちゃったりしちゃったり・・・。

以前、楽〇屋さんでメメチコダイヤのピアスを買ったのだが、そのダイヤが結構きれいで、それでいてお値段控え目だったりしたものだから、もちっと大き目ダイヤのフープピアスを、つい、注文してしまったのだ。

そしたらば、納期約一ヶ月のはずが、待っても待っても商品届かず…。

何度か催促し、何度かあとちょっと…と待たされて、注文から1年も経とうかという頃…。

そんなことないよね、と思いつつ、お店が無くなってたりすると困るので、時々ちゃんと営業してるか確認に行ってたそのお店が、いきなり店内全品10%OFFセールを始めたのだ。
しかも、注文品に限って10%OFFだって。

…ナンか、やばいかも。。。

そう思っていたところ、予感的中というか、ある日突然楽〇屋さんのお店が閉店になっていた…。

そりゃ、電話くらいするでしょう。

「はぁ? 花園さん?
担当のものが出張中で、分かりませんから、帰って来たら連絡させます。」

これが何度も続くのだ。
しかも、明らかにこれまでと電話の応対が違う。
なんたって、一年待ってるんだから、その間には何回も電話くらいするでしょフツー。

電話で埒が明かないもんで、メールも送信。
一応返信はあるものの、こちらも担当者不在で云々。

もちろん、楽〇店閉店のお知らせメールなんて来てないヨ。
閉店したってのに、連絡もないなんて、どゆことsign02と文句を言って、はじめて閉店のお知らせと、現在他のネットショッピングモールに出店を計画中だという返事。

ゼッタイ、オカシイ。。。

そうこうするうちに電話は通じなくなり、メールも届かなくなる。

やっぱり…。

ジツはワタシ、楽〇店の閉店を知った時点で、楽〇屋さんのお客さまサポートセンターというところにこの件を持ち込んでいた。
規約を読んで、ワタシの場合注文から結構時間が経っているので、振り込んだ額を返金してもらえるかビミョ~だとは思ったのだが、、なんたって、メメチコダイヤのピアスよりももちっと大き目のフープピアス代なもんで、前金半額といえど、これが結構大きな金額なのだ、ワタシ的に。

なので、黙って泣き寝入りとか、出来んやろsign03

なので、閉店前に即納できない注文品に限って10%OFFとか、悪質なお金の集め方してたんぢゃないの?というタレコミ付きで、モトジメの楽〇屋さんに調査をお願いしたのだ。

この調査というのが、ジツはまぁ、ナニをしてるんだか長いコトかかるのだが、要するに、注文先のお店がどうなってこうなったという調査報告が来るわけではなく、ある日突然、返金しますので返金方法を指定してくださいメールが届くのだ。

てっきり、劇的夜逃げ報告とかが来ると思っていたりしたもんで、ちょっと肩透かしを食らった気がしないでもないが、ポイントで支払った分もちゃんと返金してくれるっていうし、まっ、いっかcatface

最初の返金メールでは、注文した商品の金額全額返金してあげますとあったのだが、さすがにそれはイカんでしょ…coldsweats01

ということで、支払い済み金額を申告して、その分だけはきっちり返金してもらったと、そういうわけなのだが、アレだ。

キラキラ屋さんとかだと、結構金額が大きいだけに、楽〇屋さんも大変だぁ…。

楽〇屋さんは、結構出店料が高いらしいのだが、こういうことがあるから損しないだけの店賃納めてもらわんと、困るよね…。

というか、自社サイト経由の注文だったら、今回の楽〇屋さんみたいなセーフティネットがないわけで…。

ネット屋さんでお買い物をなさる際には、万一注文品が届かなかった時のコトも考えて、気前よく保証してくれるトコロを選んでおかないとイカんということですね。

いやいや、今回のことはホント勉強になりました。

取り敢えず、楽〇屋さんで良かった、ということで。

| | Comments (0)

Sunday, July 05, 2015

がんばった大賞をあげたくなっちゃう~るろうに剣心~

Kumamonn

某衛星放送で、『るろうに剣心』の京都大火編と伝説の最後編鑑賞。


…あら?

なんか、このポスター違う…かも?

確か主演は…くまモンぢゃないよね…。
うん、なんかそんな気がする…。

Kyoutotaika_2

そうそう、これこれ、こっちこっち。

主演は、NHK大河ドラマ『龍馬伝』で、びっくらこいた殺陣を披露した佐藤健。
カンドーのあまり、いつもは見ない大河を10分ほども長い目に見てしまったという、いわく付の俳優さん。
過去記事感動と絶望のはざまで~龍馬伝~

ちらと見たワタシでさえ、こんだけ強い印象を受けたんだから、そりゃチャンバラ撮りたい監督さんにとっては垂涎ものでしょう。

と、いうわけで、幕末の人斬り役で『るろうに剣心』3作に出演、という流れらしいのだが、あれだ。

そこはほら、お話ですから、ギチギチ言うたらイカンことはいっぱいあるさ。
しかし、なんかこう、違和感が拭えないのは、何故???

内務卿大久保利通が内務省直轄の東京警視本署の川路利良大警視を派遣して、人斬り抜刀斎を呼び出すというのは、ああ、なるほどな…なのだが、あれだ。

西南戦争あったこと、忘れてない?

いっちゃあなんだが、あの大規模反乱に比べたら、シシオさんが持ってる兵力って、強大な軍事力と言いつつタカがしれてるというか、所詮軍艦一艘でナニが出来るん?っていうか、陸海軍が動くまでもなく東京警視本署のオシゴトというか、そーでないなら、この国の未来を一人に託すよりも、鎮台兵出せよ!という話で終わりません?

そもそも、個人技が戦闘を左右する時代は、小倉城攻めに際して奮戦する女武者を、高杉晋作が「撃って取れ」とのたまったという伝説が残ってしまった時点で、既に終わっているのだ。
(いくら男が束になってもかなわんとはいえ、だからって鉄砲で撃っちゃえ!というのは、高杉晋作にとってはあまり自慢できんというか、それでえ~んかsign02という問題とは別次元のこととして)

ほかにも、だ。

ナンで薫殿は、扇子を帯の右に指すの?
一作目では普通に左に指してたのに。

いや、こういう作品で普通とか言うこと自体が間違ってるのかもしれないけれど、でも、「飛天御剣流は自由の剣」と言った時の「自由」って、「liberty」の意味で使ってない?
いくら師匠が開明的で西洋思想に精通していたとしても、15年前に“リベルチ”を論じてガキンチョ相手に通じるとは…。
アメリカから帰って来た後の福沢くんなら、分かってくれるかもしれないケド…。
それよりなにより、師匠がドコでその概念を仕入れて来て、どういう思惟を経て「自由」の語を当てたのか、大いなるナゾ。。。

というよりナニより、ボートで沖へ漕ぎ出すときの舵取り役が、どんなに若く見積もっても78歳以下には見えんのですけど、それってどうなん?

そもそも京都大火というタイトルは詐称のレベルぢゃないの?

とか言いつつ、この映画の秀逸なところは、緋村剣心のカツラの出来の良さではないだろうか。

あと、逆刃刀を鞘に納める時、ちゃんと指を切らないように、鞘を反転させる動作が入っているところは評価していいと思う。それを含めて抜刀術を一連の動作で見せる場面があるのだけれど、そこはよく出来ていると素直に関心。

ウリのアクションシーンは、あれだ。

最後の乱闘場面、無駄な動きが多すぎ!
あんたたちそれ、おもいっきし同士討ちになっとるやろsign01

とか、

藤原クンの腰が心配。。。

とか、いろいろあったが、公開から一年遅れで見たことにより、なんというか、佐藤健が見てて気の毒になって来たというか…。

それは、あれだ。

去年の賞レース、佐藤健これだけ頑張って、函館で飲んだくれて撮影してた綾野剛に主演男優賞ごっそり持ってかれたのかと思うと、感慨ひとしおというか…カワイソウぢゃない?

一作目でも、アクション俳優としての評価は外印役の綾野剛にもってかれたというか、だって一番早かったの、綾野剛だもん。

しかし、続編2作は1作目の時よりもかなりパワーアップしてると思うゾ、佐藤健。
それは、無理無理感漂うおじさん組(除田中泯)が哀れに見えるほどに…。

なのに、国内ではベストアクション男優賞だけって…やっぱ気の毒なきがする佐藤健…。

Dennsetunosaigo_4

いろんな意味で楽しめた、がんばった大賞をあげたくなる映画でした。
お疲れさま。


| | Comments (0)

Saturday, July 04, 2015

お幸ちゃま逃走事件顛末記

本日、雨の中お幸ちゃまがまさかsign01の逃走。
傘をさしリードを持って追いかけ捕獲するも、お幸ちゃま帰るそぶりナシ。

なので、お幸ちゃまの逃走を見て、「ボクも連れてけ!」とギャン鳴きしているハルぼんちゃまを尻目に、仕方なく雨の中をご一緒に歩いていた。
もちろん、ハルぼんちゃまは、お幸ちゃまが帰ってからちょろんとご一緒に歩いて差し上げようと思っておりましたともsign01

ハルぼんちゃまのギャン鳴きの声が止み、若しくは雨の音で消されたかと思っていたところ・・・。
ずぶ濡れになりながら、ハルぼんちゃまが全速力で駆けて来るではないか・・・。

しかも、ハルぼんちゃまは、雨の日はケージの中なので、そこからの逃走だもんで首輪してないし・・・。

そして、ハルぼんちゃま、お幸ちゃまに「なんでボクを置いてくんだよう!」体当たりをぶちかまし、そのままプロレスごっこに突入・・・。

ワタシ、もう傘なんて、させないし・・・。

お幸ちゃまとハルぼんちゃまを必死で分けて、ココはお幸ちゃまよりもハルぼんちゃまにリードが必要と判断・・・というか、ちゃんと牽いてないとお幸ちゃまへのプロレスごっこのおねだりが制止できないし、お幸ちゃまお年寄りだし。

で、お幸ちゃまの首輪を外して、ハルぼんちゃまがご用をしてらっしゃる間にめでたくハルぼんちゃまご用。

と、その隙にお幸ちゃまがまたしても逃走・・・。
普段は、呼んだら帰って来てくれるのに・・・(涙)

当然ハルぼんちゃま、全速でお幸ちゃまを後追い。
雨の中、ずるずる滑る山道を、ハルぼんちゃまのリードを必死で引きながら、というか、ワタシも引きずられながら、お里方面に向かうも、もう限界・・・。

どう考えたって、お二犬一緒に連れて帰ることは不可能だし、ここはいったんハルぼんちゃまだけでも連れて帰って、ちゃんと捕獲できる体制でお幸ちゃまをお迎えに行かねば・・・。

お幸ちゃまのことだから、お里への山道を降りて行ったところで、お里の手前でひっくり返して来るはずなのだ。
車が通るお道にさえ出なければ、この雨の中、この山道を歩いて来る人もいないだろうし・・・。

・・・指がチョキのヒトは、歩いてるかもしれないケド・・・。

とにかく、一刻も早くハルぼんちゃまを連れて帰って引き返さねば・・・。

雨の中、まぁ、ナンと申しますか、三年分くらい一気に運動した気がするくらい、一生懸命走らせていただいた次第でございます。

で、バックアップ体制を整えて、首輪とリードを握りしめ、お幸ちゃまをお迎えに走り出すと、カーブを曲がったところでテケテケと嬉しそうに駆け足で帰って来ているお幸ちゃまが目に入り・・・。

もう、カンベンしてくださいsign03

今回のお幸ちゃまの逃走&ハルぼんちゃまの脱走は、恐らくは花園山だけで外界を巻き込むことなく処理できたと思うのだが、でも、ナニがどうなってナニが起こるか分からない・・・。

何より、ハルぼんちゃまがどうやってかケージ破りする術を発見してしまったとしたら、ゆゆしき事態・・・。

そういうことで、本日はジツにタイヘンな日でした。

ちなみに、ワタシがこれほど雨に打たれたのは、中学校1年生のキャンプの時、雷雨襲来にもかかわらずテント設営させられ、上から下までビッチャんこになり、結局テントは床上浸水で使えず、着替えもお風呂もなく、体育館みたいなところで雑魚寝させられた、あの日以来だと思うのだ。

ワタシは、あの雷雨のなかでのテント設営は、明らかに中学校教諭陣の判断ミスであり、落雷およびその後の健康管理上、重大なリスクを伴っていたことを、今でも声を大にして言いたいsign03くらい、根に持っている。

しかし、今日のことは、お二犬がよそ様にご迷惑をかけるでもなく、ご無事にご帰還してくださって、よかった・・・weep

| | Comments (4)

« June 2015 | Main | October 2015 »