« January 2015 | Main | March 2015 »

February 2015

Thursday, February 26, 2015

メーダイチャ

お茶のほかにも、スポーツドリンク様のものとかお水もあるらしい…。

P1000424

メーダイチャなるものをいただいてみましたが、無着色・無香料らしいお茶でした。
リピは…メーダイに行った時ならの条件付きでsmile

| | Comments (0)

Saturday, February 21, 2015

ちからおろしうどん540 円

ちからおろしうどん540<br />
 円
お茶の水辺へ行くので、お昼は松翁だ!と意気込んで行ったら、お店前の行列にあえなく撤退。

辺りをさ迷って結局うどんでした。

ちゃんと手打ちです。
お餅も揚げたてです。

ここいらだと○亀製麺ばっかなので、食券を買うのに慣れてなくてかなりドキドキしてしまいましたが、なかなか良かったデス。

| | Comments (0)

Wednesday, February 18, 2015

100日目の陽ぼんちゃん

本日、陽ぼんちゃんめでたく100日目をお迎えになった。
そして、お幸ちゃま忍耐の日々55日…coldsweats01

Dsc06359_2

こうしてみると、お幸ちゃまと陽ぼんはよく似ている。
陽ぼんのお父さんというヒト(←この場合、犬と書いてヒトと読みます!)は、古武士を絵に描いたようなしぶ~いいぶし銀の風貌で、知る人ぞ知るお犬さまなのだ。

Dsc06386

その陽ぼんのおとーさんのじーさまというのが、ジツはお幸ちゃまと腹違いの兄弟だったりする。
なので、あながち他人というわけではないのだが…。

それでもお幸ちゃまは、よく耐えよく面倒を見ていらっしゃる・・・。

その結果、陽ぼんはすっかり“にぃちゃまっコ”になってしまって、いっつもかっつも幸にぃちゃまにべったりの甘えん坊になってしまって…coldsweats01

忍耐と言えば、女王さまも今回はワリと忍耐強く陽ぼんに接していらっしゃる。

Dsc06365

今までだと、↑の場合、La guillotineが声高らかに宣告されていたものだが、陽ぼんのこのテのオイタには、寛大なご処置というか、わりと見て見ぬふりをしておいでになるというか…。

Dsc06374

それはやはり、陽ぼんがこ~いうキャラだからなのかしら…sign02

| | Comments (4)

Sunday, February 15, 2015

大誤算だよ、陽ぼん。。。

このコはいいsign01 素晴らしいsign01

Dsc06262

そう言われて、ジツは陽ぼんに“胸はり”の練習もさせてたワタシ…。

あら?
ちょっと待って?

最初にそう思ったのは、2度目のワクチンの時…。

この時は、午前中の診療時間に最終で滑り込んだもんで、けっこうお待合が混んでいたのだ。
で、ワタシが陽ぼんを抱っこしてそのお待合に入って行って、だ。

「ほら見て!うちのコ、かわいいでしょ~catface

と、口に出しては言わないケド、みんなココロの中ではそう思ってるモンぢゃございませんこと?

そうでなくても、陽ぼんはまだ3か月になったばかりのかいらしい(四国犬比)仔犬ちゃんなんだから、お待合の皆さんが、口をそろえて言ってくれると思うぢゃない。

「まぁかわいい~heart04

それが、アレだ。

「あらっsign01 おしっこしちゃったsign03

一斉にそう言われた日にゃ、トホホ…weep

っていうか、ワタシ、抱っこしてたんでございますよ、陽ぼんをsweat01

…なんてこったい…sweat02

前回待合室でもヘーキのヘーザで、お立ち台の上でもお尻尾上がりっぱなしだったのは、ナンにも分かってヘンかっただけかいsign02

Dsc06258

そして今日。

柴ちゃん一家が遊びに来てくれたのだ。

まずはじめに、柴ちゃん一家のおかーさんが、ご挨拶に来てくれた。

陽ぼん、まずは一犬だけ(+ワタシ)でご対面。

ナンと、凶悪声でギャン鳴きしつつ、チョロチョロとなにか落ちてマスよ、陽ぼん…sweat02
もちろん、お尻尾があがってるなんてコトないないcoldsweats01

やさしくやさしくあやしてもらって、やっとのことでナデナデしてもらえて、さて、柴ちゃん3匹とご対面sign03ってなったら、アレだ。

ギャンギャン鳴きながらガクガク震えてるもんで、もう、しかたないなぁ~って抱っこしたら、だ。

ココでもまたお漏らしでしゅか、ハルちゃん…weep

それも、かなりしっかりと…sweat02

仕方がないから、お幸ちゃまにもお出ましを願った。
お幸ちゃま、オトモダチの柴ちゃん一家を前に、お尻尾を高く上げて貫録のワンワンfuji(やらせ?)

その後ろで陽ぼんは、今度はお尻尾を下げるでもなく、お漏らしもなく、お幸ちゃまの雄姿を頼もしげに見上げていらっしゃった…。

言っておきますが、その柴ちゃん一家、お父さんもお母さんもお嬢さんも、決して規格外に大きい柴ちゃんってワケぢゃないんですよ。

陽ぼんだって、大きさでは負けてない…まだちょっと小さいか、くらいなモンなのに…think

生後50日で、「このコは、お父さんの逃した内閣総理大臣賞をとるために生まれて来たsign03」と思ったのは、どうやら花園一家の大きな勘違いだったらしい…coldsweats01

Dsc06332

牡丹の新芽をかじる現行犯↑。

こういうトコロは強気なのに…sweat02


| | Comments (4)

Saturday, February 07, 2015

陽ぼんの新しいお座敷

今日、陽ぼんは、新しいお座敷を手に入れた。

Dsc05955

お座敷をあげても、どーせその上で大人しくおネンネとかするわけなくって、直ぐに噛みさがしてくちゅくちゅにしてしまうだろうと思っていたら、意外や意外sign03

Dsc05957

お座敷の使い方間違ってないヨsign03

何より、お座敷をもらってから、陽ぼんはスゴいことおりこうさんになった。
今までは、ヒトの姿が目に入ろうものならギャン鳴きして何事か訴えていたのだが、そういうことがなくなった。

そこはかとなく、表情も柔らかくなっているような…。

Dsc05970

Dsc05971

Dsc05975

よっぽど嬉しかったのね、陽ぼん。

やっぱり、お幸ちゃまがあっちこっちのお座敷でお寛ぎになる姿を見てたもんだから、陽ぼんもお座敷が欲しかったのね…。

よかったね、陽ぼん。

Dsc05993

でも、あんまし調子に乗りすぎたら、お幸ちゃまにシメられちゃうからホドホドに…smile


そして…。

あれほど大好きだったお家は、早くも忘れ去られたかのように、今日一日、一回も中に入ってもらえなかったのだった…。

さらにもう一つ。

花園のお犬さまスペース、コンクリ部分はジツは傾斜が付けてあって、排水溝に向かって水が流れるようになっている。
なので、陽ぼんがホニャホニャしてもさっと水で流してカンタン後始末が出来るのだが…。

陽ぼん、一生懸命気を遣って端っこの方でちぃ~としても、その進行方向にお座敷があったりして、ちょっと困ったコトに…coldsweats01

| | Comments (4)

« January 2015 | Main | March 2015 »