« わが名は、ハル。 | Main | お幸ちゃまの新しいお首輪 »

Friday, January 09, 2015

お幸ちゃま、絶賛子育て中!&ハルぼん、初めてのお立ち台!

お幸ちゃまが花園へいらしたのは、3か月目くらいの時でございました。
ですから、かなりゆっくりと、お母ちゃまに甘えてお育ちになったおぼっちゃまだと申せましょう。

ですから、歯が立つほどに甘噛みなさるということもございませんでしたし、手から直接おやつを差し上げても、手に喰らいつくようなこともなさいませんでした。

花園へいらしてからも、身体はちっちゃいけれど、お幸ちゃまよりはるかにオトコらしいおきな丸くんがその頃はまだご健在でしたので、お幸ちゃまは後入りさんの坊ちゃん気分で、まぁ、お幸ちゃまはお幸ちゃまになるべくしてお幸ちゃまになったと申せましょう。

Dsc05188

なので、ご自身のお小さい時のご両親の教育的指導やらおきな丸くんのお躾けやら、経験値を総動員してハルぼんの御教育に当たられていると、斯様に拝察されるわけですが…。

Dsc05275

かなりお疲れのご様子…。
しかも、食べた後すぐに吐いたりなさるもんで、本日病院へお連れしたところ…。

「まぁ~ストレスでしょう!(笑)」

センセー、お幸ちゃまをよくご存知でいらっしゃる…coldsweats01

しかも、お可哀そうにお幸ちゃま、前回の体重測定よりも2キロほどダイエットしていらっしゃった…。
ちょい太めになりそうな勢いだったので、ベストな体重に戻ったといえばそうでいらっしゃるのですが…。

やっぱり、お気の毒な気がするお幸ちゃま…。

Dsc05217

ハルぼんも60日にしてお立ち台デビュー。
健康診断とワクチン。
本日ジャスト5キロ。

「骨格がしっかりしてますねぇ!」

看護師のおねぇちゃま、見るなりの一言。
60日齢ということで、もちっと小さ目を想像してらっしゃったと、斯様に思うワケでございますが…なんたってクイチロリンのハルぼんですもの。

5人兄弟のなかで、一番大きく毛並みが良かったのでございます、ハルぼん。
つまり…。

一番要領よく大量に食べてたということ。

つまり、それに相応しい性格でいらっしゃるということなワケでございます。

なので、お立ち台の上でもお尻尾下げたりなさらないでございますよ、60日齢にして…。

さすがに、お注射チクリの時はお尻尾を下げていらっしゃいましたが…。

その後がジツはタイヘンで…。

帰りの車の中で、ハルぼんぐったり…。
力抜けまくって横たわっていらっしゃるではありませんかshock

ワクチンのあとグッタリなんて…shock

何度病院へ引き返そうとしたことか…。

しかし、でございます。

しつけ用にポッケに入れてたおやつを鼻先へ持っていくと、狂ったように喰いついて来たのでございます…。

「…大丈夫やろ。」

つまり、完璧にリラックスモードでおやすみでいらっしゃった、と…。
小一時間ほどのドライブにも関わらず、行きは立ち上がって社会見学、帰りはお腹を出してくーすかぴーsleepy


しかも、花園へ帰った後、ナニが気に入らなかったのか、ハルぼんはおうちの中でかつてないほどの大暴れを演じていたのでございます…。

そんな副作用があるとは聞き及んでおりませなんだが…。

ともあれ、病院へ引き返していたら、とんだ笑いものになるところでございました…。

オオモノ…なんでございましょうかthink

|

« わが名は、ハル。 | Main | お幸ちゃまの新しいお首輪 »

女王さまのお犬」カテゴリの記事

Comments

これはいい・・・・・・・・!
このお子はスバラシイ!
皆が喉から手が出るほど望んでおる性格と体躯と毛質になりそうな予感でございますね。
まったく興味ないとは思われますが、一度笑いのネタにでもと、展覧会にお出になられてはいかがでございましょうか。
幼稚、幼犬の時だけ出ても楽しいですし、かわいらしゅうございますよ。
本来、四国犬は幸太郎さんのような温厚な子はめずらしく、むしろハルぼんが大多数なような^^
今年は何やら新しい世界が開けそうですね^^

Posted by: かあちゃん | Saturday, January 10, 2015 at 09:20

お幸ちゃまとハルぼん初対面の夜、お幸ちゃまの機先を制して唸り声を発しつつ、お尻尾を決して下ろさないハルぼんを見て、このコはお幸ちゃまが持っていなかった展覧会向きの性質を備えているのではないかと思いましたの。
それから2日ばっかりして、このコは展覧会に出るべくして生まれて来たコだろうと思いましたの。
ええ、花園のようにぬるい育て方ではなく、ギチギチ絞って内閣総理大臣賞を獲りに行くべく育てられるコではなかったのか、と…。
ココにいることは、ハルぼんの優れた資質に封印をすることになってしまうのではないかしら、と、それはそれは心を痛めたのでございます。

今は、ですね…。
それ以前に何でもかんでも拾い喰いしてしまうお口を直さないことには、展覧会どころか犬生を誤ってしまうのではないかと、それが気になって気になって夜も眠れません…よよ。
椎の実とか椿の花とか自然落下して良い具合に追熟したフェイジョアの実とか、あと、小屋に敷いてる段ボールも食べてる疑惑が…shock

あと、2度目のワクチンが終わって2週間まではお散歩に行けないことの意味が分かってないヒトが約一名…sweat02

ホントは庭で遊ばせるのもイイコトではないんでしょうが、ケージの中にはおっきなご用しようとしないんですの、ハルぼん。

Posted by: SAKURAKO | Sunday, January 11, 2015 at 01:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« わが名は、ハル。 | Main | お幸ちゃまの新しいお首輪 »