« 仁保の侍 | Main | 柳井で食べよう!Part2 »

Wednesday, November 19, 2014

柳井で食べよう!Part1

フェリーを降りて、大島大橋方向へちょっと走って行ったところに、前々から気になる幟があった。

あなごめし

そうよね。
宮島名物あなごめしのすぐ近くだもんね。

今回、ナンとこの気になるあなごめしゴチソーしていただくという、何ともありがたい機会に恵まれ、しめしめ…smile

P1000337

ちょい甘い目のタレに漬けて香ばしく焼いたあなごがけっこうたっぷり。

活かしあなごをその場でさばいて…というフワフワ感はないけど、近年、このナガい系がやたら高騰して、なんかこう、割にあわなくなって来た感満載のご時勢だけど、1560円でもそれほど腹が立たないのは、ゴチソーしていただいたから?

美味しく頂戴いたしました。
おゴチソーさまでした。

そのフェリーを降りて、ちょっと大島大橋方面へ行ったところにあるお菓子屋さんの岸根栗のモンブラン

P1000341

岸根栗と書いて、ガンネぐりと読むそうな。
岩国市の山奥地方の特産品で、通常の栗よりも大分大きいのが特徴。

と聞いてはいたものの、どの位大きいんだか、実はまだ、実物を見たことがないという…coldsweats01

このケーキ、モンブランクリームは栗のツブツブ感がお口に残るくらいの野趣あふれる…って、なによりロールケーキを輪切りにした上に栗のババロア風の内容物を置いてその上に栗クリームを絞って完成!という、ちょっとガッカリなくらいに野趣というか素朴というか芸がないというか…な、大味モンブラン。

しかし、季節モノなので、栗の季節にはやっぱりご当地栗のお菓子をいただいておきたいという衝動に駆られるものなのだから、仕方がないというかフカコウリョクというか…coldsweats01

栗部分はしっかり栗の味がして、そこだけ食べたらそんなに腹は立たない…とはいえ、ほぼ500円という価格的には…。
とはいえ、岸根栗はブランド品なので、そのようなお値段になるのも仕方がないのかなぁ…。

|

« 仁保の侍 | Main | 柳井で食べよう!Part2 »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~国内中国編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 仁保の侍 | Main | 柳井で食べよう!Part2 »