« ピクルスを漬けながら…。 | Main | 周防さんまつりだGo!連続テレビ小説カーネーション(89) »

Thursday, July 17, 2014

ガストロノミーの牙城、果たしてその実態は…?

オベルネの公爵さまのフォークで見せてもらったLES GRANDES TABLES DU MONDE 2014。
日本のレストランで紹介されていたのは、確か…ひらまつとミクニとロブション。。。

と、いうことで、三ツ星だろうがおひとりさまだろうが、思い立ったが吉日と予約を入れる。

ロブションの素晴らしいところは、三ツ星でも嫌がらずに一人客を受け入れてくれるところ。
美味しいモノを食べたいという欲求に、このレストランは大きく門戸を開いている。

しかも、香港の某三ツ星レストランのように、ドタキャンしたら1人H$450のキャンセルチャージなんて、そんな世知辛いことも言わない。

ナンてステキなレストラン…。

Sdsc00077

と、いうことで、ワクワクしながらテーブルに着く。

本当は、夜にカルト狙いで行きたかったのだが、急だったのでお昼しか席が空いておらず、ならばお昼のお得なムニュにしようかしら…、それともやっぱりカルトかしら…と悩みつつ…。

そんな時は、おそらくは日本で一番有名なメートル・ドテル氏にご相談してみよう!

と、思ったのだが…。

何故カルトとムニュで悩むかというところで、あまり意思の疎通が図れなかったように思う…。

ムニュと言ってもプリフィクスなので、ある程度選択の幅はあるのだが、一皿一皿の完成度という点では、やはりカルトの方が…などという了見で、お得なランチタイムに予約を入れたりするヒトは、そう多くはないらしい…。

コスパ重視なら断然ムニュなのだが、そこはかとなく物足りなさもあって、結局一番品数の少ないムニュにカルトで一品プラスという、少々セコいテに打って出たワタシ…coldsweats01

Sdsc00089

前菜には、ロブションのスぺシャリテ、ウニの入った甲殻類のジュレとカリフラワーのポタージュを+1000円でチョイス。

余りの量の少なさに、ちょっとクラクラしてしまった…coldsweats01
これだから、ムニュは侮れない…。

というか、ムニュのお値段がお値段なので、仕方がないことではあるのだが…。

やっぱり、滅多に来ないんだからスぺシャリテをガッツリsign01という気分の時には、ムニュではなくカルトにしておくべきなのだわ…。

Sdsc00086_2

パンはイロイロな種類が用意されていて、お好きなモノをお好きなだけ…というスタイル。
スペイン産3種類の品種をブレンドしたオリーブオイルにバルサミコを一滴とバターが用意される。

ナンと、このバター、ボルディエ氏のバターだと言うではないかsign01

ナニをそう驚いてるって、フランスでボルディエ氏のバターを食べて美味しいと思ったことなどついぞなかったワタシ…。

それが、このバターはしっかりとミルクの香りがして、エシレよりは若干重い目ではあるが、カルピス発酵バターや高千穂バターにはついぞ感じられないふんわり感もあり、美味しいのだ…

バターを生かすも殺すも、パンとの相性なのだと改めて感じ入った次第。

もっとも、件のバターがボルディエ氏のバターであることは、件のメートル氏に尋ねてはじめて分かったことであるのだが…。
こういうことは、質問しないと説明がないのは…みんな知ってることだから?

そして、バターとパンとの相性の話は、何時の間にかワインと料理の相性の話にすり替わってしまっていたcoldsweats01

なんにしろ、相性は大切と、そういうことなのね。

このレストラン、料理の説明は丁寧にしてくれるが、バターにしろ他の食材にしろ、その産地にまであれこれ言うことはしない。
お鯛さんだけは、長崎産である旨言及があったが、その他については特に説明を準備していないモヨウ。

Sdsc00100

この、フォアグラとグリオットという鉄板の組み合わせに抗えず、カルトで注文してしまった一皿についても、フォアグラの産地はどこですか?と尋ねてみたら、西南の方としか言えない、というお答えだった。

つまり、あれなのだろう。

そんなことをあれこれうるさく聞くようなヘンなヒトは、このお店にはあまりいらっしゃらないのだろう…と。

Sdsc00107

コーヒーに付いている小菓子は、ピスターシュのソースがかかったババロア様のもの。

手のかかるイロイロな小菓子を作るよりも、流し込んで固めて終りで、あとはお皿を洗う手間だけで済むから、経済効率いいよね…。
なんて、思わずそんなことを考えてしまったのだが…。

これって、価格設定を押さえたランチタイムだから?

やっぱり、ランチではその店の実力はイマイチよく分からないワ…という不完全燃焼気味に、今回のロブションは終わってしまった。

アルザスで好き放題やって超絶楽しかったその直ぐ後だったから、かなり辛口評になってしまっている気もしないでもないが…。

そんでもって、ワインリストがデータ化されているのには、ちょっとまだなじめない気が…coldsweats01

|

« ピクルスを漬けながら…。 | Main | 周防さんまつりだGo!連続テレビ小説カーネーション(89) »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~国内関東編~」カテゴリの記事

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おそとで洋食編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ピクルスを漬けながら…。 | Main | 周防さんまつりだGo!連続テレビ小説カーネーション(89) »