« June 2014 | Main | August 2014 »

July 2014

Thursday, July 31, 2014

今年のピクルス絶好調!中

この季節、主に京都方面からお漬物が遥々やって来たりして、有り難いことではあるのだが…。

お口…というか、ベロベロがイタイタになるんだな、これが…think

なので、ワタシはこちらをいただきましょう…smile

Sdsc02161

今年は、去年とちょっとレシピを変えて、さっさと食べ切り仕様でピクルス中。

ワインビネガー 100cc
水         600cc
塩         大さじ2
砂糖        大さじ2
ローリエ・にんにく・コリアンダー 適宜

Sdsc02166


ウズラの卵をピクルスにしたらぶち美味しい!と教えてもらったので、やってみた。

ぶち美味しいsign03

んでもって、玉ねぎと一緒にいただくと、美味しさ倍増でございますcatface

| | Comments (2)

Monday, July 28, 2014

アナタはトウキビ派?トウモロコシ派?

産直市で買って来た唐黍で唐黍ご飯。

Dsc02150

ちょっとイイお塩だけでシンプルに炊き上げます。

ついつい食べ過ぎてしまう、夏太りの大敵…。

そういえば、常々思っているのですが…。
夏痩せって、ホントに夏痩せするヒトって、いらっしゃるんですか?

いえ、経験的に理解不能なモノで…coldsweats01

| | Comments (0)

Sunday, July 27, 2014

進化するここいらのフランス料理店

ピュルゴー家の窒息シャラン鴨と言えば、音に聞こえたブランド鴨。

20140727dsc02135

その鴨を、7500円のコースの中でいただけるとは、ナンと幸せなご時世になったものか…(ホロリ。。。)
しかも、今回はアスペルジュ・ソバージュが添えてあるsign01

ジツは半年ぶりだったのだが、この半年の間にますます良いお店になっていたLe Violon d'Ingres
使う食材が通好みになっている。

「分かってくれる人がなかなかいなくて…。」

なんたって、洋食不毛の地と言われて久しいところやから、ね。

しかし、先日某所で聞いた噂によると、このレストランは既に「四国一」と言われるようになっているらしい。
ここいらフレンチだからとそれほど期待していなかったのに、行ってみたら驚いたsign03という話を聞いて、そうでしょそうでしょsmileと、嬉しくなる。

楽しいなぁ…。

美味しいモノ好きのお客さんが、遠方からこのお店を目指してそこへ行くようになり、その期待に応えるために、お店がどんどん良くなっていく。

こうしてお店もお客も育っていくのだ…。

お星さまに胡坐をかいてるおマチの有名店に、爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい気分だわ。

前回のことがあったので、つい、ここでも「このフランス産のフォアグラというのは何処のフォアグラですか?」というのをやってしまったのだが、至極まっとうな対応で非常に好感が持てた。

やっぱり、ナニか聞かれて即答できなかったら知識を総動員してイイワケ…というのは、誠実ではないよね…。

とにかく、行くのに1時間以上かかっても、やっぱり良いお店は良い。

「今日は、これからどちらへ行かれるんですか?」
「いえいえ、今日はこちらでお昼をいただくためだけに来たんです。言ったら三ツ星みたいなもんですよね。」

こんくらい言うといたら、ますます良いお店になってくれるに違いない…smile

| | Comments (2)

周防さんまつりだGo!連続テレビ小説カーネーション(95)(96)(97)

ぬる~い幸せに浸かりながら、それがいつまでもは続かへんことを暗示する糸ちゃんの不吉なモノローグで終わった(95)。

そんで、(96)はいきなりの修羅場。

15分やからな。
15分できっちり勝負付けんならんて、ここは脚本家の腕sign01いうか、力量がモロに出てしまうとこやな。
それが半年続くんやから…。

苛酷なシゴトやな、連続テレビ小説…。

せやけど、あれや。

ワタシが2回見いひんかった間に、アンタら何時の間にそんなナマナマしい関係になってもぉとんねんshock

いや、2日見なくてもちゃんと録画で見てるんだけど、さ…。

糸ちゃんが仕事中の周防さんの背後からいきなり抱きついて、それに動じることなく応える周防さんて…。

世間サマはともかく、周防さんの奥さんには顔向けでけへんトコまで行ってもうたなこの2人…。

この、さりげなぁ~い匂わし方。
本放送の時は気ぃ付かへんかったけど、上手いなぁ~。
演出も上手いけど、演者も上手い。

糸子が二階に上がって来て、開け放たれとったガラス戸を閉める。
密室の暗示や。
それも、初めてやない。
もう何回も繰り返されとんのや。
せやから、周防さんは糸子がなにしても動じひんねん。

そんでや。

きっちり距離を詰めた尾野真千子と綾野剛が、しっかりと醸しよんねん、エロスっちゅ~ヤツを。

スゴいわぁ…heart04

ナニがスゴいって、二人とも美男美女っちゅ~ワケでもないのに、ものごっつう綺麗に見えるっちゅ~んが、スゴいわgood
尾野真千子は糸ちゃんのホンマに一途な恋ごころを、綾野剛はそれを受け入れながらも背徳の罪悪感を匂わせて、なんともセピアンローズの異空間の出来上がりや。

ヒトの道に外れた恋や。
誰にも言えん、言うたらあかん恋や。
(みんな知ってるけど)

せやけど、ごっつきれいに見えんねん。
見てたらほんまに切ないねん。

神さんは、イケズや。
仏さんのワルサか?

2人のせいやない。
悪いのはぜ~んぶめぐり合わせや。
今はどんなに辛うてもじっと耐えとったら、何時かきれいな花咲く日が、きっときっと来るハズやsign03

あかんことやと分かっていても、思いっきし力いっぱい握りこぶしで応援したい気にさせる、そんなナニかがあんねん、あの二人には…。

せやから、糸ちゃんが親戚やら近所のおっちゃんややら店のもんやらに吊し上げくろうて、そんでも止めへんっちゅうくだりで、胸が締め付けられるような気になって、糸ちゃんと一緒に泣いてしまうねん…。

せやけど、な。糸ちゃん。

「周防さんとご家族の生活も、うちが守らさしてもらいます!」

かっこええよ。
そら、ごっつかっこええわ糸ちゃん。
女として憧れる。
ワタシかて言うてみたいわそのセリフsign01

周防さんにしてみたら、辛いわなぁ…。

そんなんの、積み重ねがあってんや…。
だんごの話かてそうや。
だんごだけやのうて、糸ちゃんは恋しい周防さんのために、あれやこれやいろいろしたんやろなぁ。
そらもう、糸ちゃんのほうが数倍好きやで、周防さんのコト。
そんなん、見てたら分かるやん。

せやから糸ちゃんは、周防さんのために、ほんまにあれこれいらん世話まで焼いて、尽くしたんやろなぁ…。

その集大成が(97)隣町でのテーラー周防開店や。

そんで、そこまで突き進んでしもてから、気が付いてしもたんやcrying

「うちは周防さんを、ほんまには幸せにでけへんのやな…。」
「おいもそうたい…。」

アホやな糸子…。
そんなん、気が付かんふりしてずっとそのままにしといてもええのに…。
もうちょっと曖昧に、ゆる~くなが~く関係を続けることかて出来たやろに…。

ほんまに周防さんのことが好きやってんなぁ…crying

そんな糸子の気持ちを知ってて受け止めて、それ以上のことはなんにもしいひん周防さんは、やっぱズルいわ。
糸ちゃんはずっと「周防さん」やけど、周防さんはいつの間にか「糸子さん」と呼ぶようになってるし、な。
そういうところも、よう心得たズルい男やで。
ズルいけど、あの目見てたら、やっぱり好きやて思うわなぁ…。

わかるで糸ちゃん…。

せやけど、それはやっぱ好いた相手が悪かったとしか言いようがないわ。
ナニ言うたかって、天然大魔王や。
糸ちゃんが、「店持たしたったら捨てられた!」と思わんで済んだことが、何よりの救いや…。

いや、よう考えたらそんくらいヒドいヤツやで、周防龍一いう男は。
そう思わへんsign02


| | Comments (0)

Friday, July 25, 2014

さらば!周防。

さらば!周防。
今朝のホテルでも、BS視聴出来ず。

結局、周防にいる間は一回も周防さんまつりにならなかったという、超弩級の大誤算…。

明日のフィナーレに向けて、帰ったら今までのオサライしておかなくっちゃ!

それにしても、ホテルでBS見れないなんて、皆さんやく暴れませんねぇ。

いえ、ワタシは、超弩級に内気なので、暴れたりとかとてもとても出来ませんが…。

| | Comments (0)

Wednesday, July 23, 2014

周防へGo!

周防さんまつり絶賛開催中のため、取り敢えず周防へGo!

P1000211

と、いうことで、左手に見えてる島が周防大島。
前方にちっちゃく大島大橋があって、右手は周防国です。

そのムカシ、周防の女性は夜な夜な機織りをして小銭を稼ぎ、そこいらの綿織物生産を支えていたそうな…。

いや、別に、ホントは周防さんとは関係ないんですケド…coldsweats01


今回のお泊りは、先様のご紹介の某ホテル。

接客は極めて親切でいいんですが…如何せんハード面で難あり。

どのくらい難ありかというと、お部屋を喫煙禁煙で分けてないんざます、このホテル…think

お部屋にある空気清浄器を点けたら、恐ろしいニオイのする風が出てきました…。

ヒトはいいんですけど、ね…。


追記

このホテル、BSが見れへんsign03
なんちゅ~こっちゃbearing

| | Comments (0)

周防さんまつりだGo!連続テレビ小説カーネーション(94)

ピアスホール、消してるsign03

アップになった時だけやけど、消してんでNHKfuji

今まで気が付かへんかったわ…coldsweats01

| | Comments (0)

Tuesday, July 22, 2014

周防さんまつりだGo!連続テレビ小説カーネーション(93)

「人の道ちゅうのはな、外れるためにあるもんや」

…そやったんか組合長think
糸ちゃんには言わへんかったけど、やっぱり外れたんや人の道…。
そっかそっか。
そらそやろな、明治生まれの男やもんなsmile

「命はな、燃やすためにあるんやど。」

原爆でなんでんかんでん燃えてもうて、妻は今もその後遺症に苦しんで、戦争の爪痕からどうしても抜け出せず、それを重荷として一生背負っていく覚悟を決めた男に、おっさん、なにぬかしよんねんsign02
それが、人生の先輩としての、男としてのアドヴァイスかいangry

今の感覚からしたらそうかもしらんけど…。

あのころの規範的イメージからしたら、まぁ、そんなもんやろ。
周防さんと糸ちゃんのケースやったら、旧刑法でも姦通罪は成立しぃひんかったしな。

周防さんが遊びやと割りきっとったら、そんで、糸ちゃんもそれでええとさえ思とったら、二人ともそんな悩むことなかったんちゃうん。

世間の目は別の話やけど、な。

それよりも、アレや。
周防さんには生活がかかっとるんや。
何したかって、妻と子を養わんならんからな。
怪我で日雇いの仕事も出来ひんようになったら、そっからの覚悟がスゴいで。

「小原さんとこで働かしてもらいたかけん…。
迷惑ばかけるかもしれんばってん…頼むけん。」

俯いて視線を切った時の目に、いろんな感情がこもっとる…。

単に糸ちゃんが好きやから、近くに居りたいいうだけやのうて、あれや。
それ以上に、生活のためにお金いるし。

僕が…妻と子に出来ることは…ほかにもう…ないんです…。

そんな悲壮感が、あるよなぁ…。

平とう言うたら、“身売り”やな。

色恋云々よりも、そっちの方が、分別がまだ残っとる(糸ちゃん比)男としては、辛いよなぁ…。
家族に対する罪悪感もあるやろし。
当然、糸ちゃんに対しても複雑なとこあるやろし。

まぁ、身売りの相手が相思相愛の糸ちゃんや、いうんが、周防さん的にはともかく、見てる方にはまだ救いやな。
なっちゃんは、パンパンになってもうてたから、な。

ようある話や。

せやけど、「頼むけん」で糸ちゃんの目をしっかと見た周防さんの目には、そういうことを全部覚悟した押しの強さがあんねん。
でもって、そういう“いやらしさ”は、ちっとも見せへんねん。
そんでそれが、あたかも美しい禁じられた恋であるかのような錯覚を、糸ちゃん含めて見るもんすべてに覚えさせんねん。

やっぱ、悪魔やわ…think

んで、糸ちゃんの着物の袖口に「ピアノこうて」リボンを見つけたところで、件の子犬のように無垢な瞳で糸ちゃんを見よんねん。

もう、完璧やろ。
いかな糸ちゃんといえど、魂売るわsign01
二束三文で叩き売ってまうわsign01この天然大魔王sign03

ほんま上手いわ、綾野剛。
さすがは、走って殴れる万能俳優、アナタの色に染まります!がキャッチコピーなだけあるわ。

と、いう訳で、今日の助演女優賞は昌ちゃんの玄覺悠子さんやね。
周防さんからの電話を受けた時の、ほんまにぱぁ~っと赤なるところが…スゴい。。。

| | Comments (4)

Monday, July 21, 2014

周防さんまつりだGo!連続テレビ小説カーネーション(92)

北村…thinksweat02

頑張る方向を間違えたな…。

この時もうちっとポジティブな頑張りを見せとったら、3年後には糸ちゃんと、トモダチ以上のお付き合いさしてもろてたかもしれへんのに、な…。

憐れなヤツ…。
ププ…catface

周防さんは、相変わらず通常運転で悪魔やな。
あのタイミングのあの距離での再開は、悪魔にしか仕組めへんやろ…。

そやけど糸ちゃん、ほんまにキラキラshineきれいになってんなぁ…。
顔が、オトメやもんなcatface

偲ぶれど色に出にけり…

尾野真千子、さすがや。

| | Comments (0)

Sunday, July 20, 2014

マラリアとフィラリア、それを取りもってGo!(…なんぢゃそりゃ^^;)

夕方、お幸ちゃまを夕方のお散歩にお連れした時のこと。

ナンかおかしい…。

今日は、何時もほど嬉しそうにお歩きにならない。
いつもだと、「これから山登りいくでしゅsign01」ってなくらいのところで、「もう今日はお帰りするでしゅ」とばかりにUターン。
なんでやろ…。

あっflair

そうだ!あれだ!

それは、2014年4月10日放送の『おぎやはぎのメガネびいき』に、綾野剛がゲスト出演した時のこと。

中野裕之さんと一緒にケニアに行って、ずっとマダムマダムって呼ばれてたから、自分は男だというと、それからはずっとマイノリティのヒトだと思われてたとか、マサイ族の村のジャンプ大会で2番になった途端、それまでは見向きもしていなかったマサイ族の女性が3人ばっかしlovely状態でやって来て求婚されたとかいう話に交じって、すんごい大事なことを言ってたのだ。

綾野「マラリアの薬を飲まなきゃいけないんですけど、ものすごくきついので、仕事にならないんですよ、ゼンゼン。」
小木「うち、犬にもあげたことあるけど、ぢゃ犬も辛いんだ。」
綾野「いや、もう、ふらっふらだと思いますよ。」

いや、犬にマラリアの薬はあげないしsign01

即座に突っ込んだのは、ワタシです。

後でリスナーの方からも、マラリアとフィラリアは違うって突っ込み入ってました…。

でも、さ。

マラリアもフィラリアも、蚊が媒介する“ 虫”が原因の病気なんだから、マラリアの予防薬飲んでそんなにきついなら、フィラリアの予防薬だって、そんくらいきつくってもおかしくないぢゃんね…。
(註 マラリアは原虫でフィラリアは寄生虫デス。単細胞と多細胞の違いデス。)

そう。毎月20日は、お幸ちゃまの大好きなカルドメックの日。

Dsc00240

今日もいつものように嬉しそうにひと月に一回しかもらえない特別なおやつをお召し上がりになったお幸ちゃま。

そっか…。
若いころは平気でも、今のお年頃だともっと気を付けてあげなきゃいけなかったのだ…。

ごめんなさい、お幸ちゃま。
次からの特別なおやつの日は、そこいらでちょろんとご用を済ませるくらいにいたしましょうね…。

しかし、アレだ。
ひそやかに?進行中のワタシの綾野剛まつりも、役に立つことあるぢゃんsmile

で、件のケニア旅行の中野さんのブログ
http://www.peacedelic.jp/nakano/blog/2010/02/jumboafrica.html

まんまマダムやわ…think
誤解すなっちゅ~ほうが無理やって…coldsweats01

| | Comments (0)

Saturday, July 19, 2014

周防さんまつりだGo!連続テレビ小説カーネーション(91)

おいもです…。
おいも…好いとった…。
…ずっと…。

わざわざパルピテーションとか聞いたことない言葉使わなくっても、ドキドキドウキが止まらず酸欠になりそうな迷シーン。

初放送は2012年1月21日。
今から2年半遡るワケだが、あの頃のワタシは、本当にまだまだおコちゃまだったのだなぁ…と、今回の再放送を見ながらため息をつく…。

ポッカリ空いてしまった糸ちゃんの心の大穴に、スルリと入り込んだフェロモンダダモレの魔性の男、周防龍一。

何処かしら悲しみを背負ったような、儚げなヒロイン的佇まい。
時折見せる、子犬のように無垢な眼差し。
切っても、切っても、スッと間合いに入って来る、その空気抵抗を感じさせない不思議な存在感。

あかんでsign01
そいつは天性のタラシやsign01コマシやsign01
いや、悪魔やbearingsign03
そんなイノセントな目をした妻子持ちの30男なんか、いてるワケがないsign03
生活しながらあんな眼していられるヤツは、悪魔だけやsign03
糸ちゃん、騙されたらあかんcrying

ええい北村sign01
ナニしとんねんsign01
もっと頑張らんかいsign01
がんばれぇ~sign03

とはいえ…。
まともな恋愛なんか、いっちょもしたことない糸ちゃんが、悪魔の誘惑に抗えるわけがないわなぁ…。

あれは、どう見ても周防さんが周到に仕掛けた糸子ホイホイやで…thinksweat02

初めて見た時は、悪魔の術中にうっかりハマって、糸ちゃんと一緒にウットリ…lovelyheart04だったけど、今回周防さんを悪魔と見切って糸ちゃんの恋に警鐘を鳴らせるようになったってコトは、この2年半の間にワタシも少しはオトナになったってコトかちら…catface

| | Comments (0)

Friday, July 18, 2014

かき氷の季節到来!

暑さ厳しき折柄…かき氷が恋しくなる季節ですshine

Dsc00203

このかき氷、色を付けた香料入り砂糖水をかけて食べるかき氷で満足されている方には、全くもっておススメ出来ないかき氷。

なんたって、生のイチゴを煮詰めてドロドロシロップにして、練乳も手作りで、氷は如何にも薄い刃で削いでます!っていうカンジのお口の中でふんわりとろける系。

ここいらの和菓子屋さんが期間限定で提供しているものなのだが、お店の名前は敢えて伏せておこうcatface

なんせ去年は、このいちごミルクがあっという間に売り切れて食べられなかったのだweep

桃シロップもあっさり美味しければ、ミルク金時も抹茶金時も外れのない美味しさ。
これがすべて500円。
コスパが一番いいのは、白玉・アズキ・抹茶・練乳と盛りだくさんの上に器まで大きい抹茶金時だという気もしないでもないが、他のお味も食べて損した気にはならない美味しさ。

もうちょっと近ければ、三日と空けずに通えるものを…ヨヨ。

今年は店内のイートインスペースが若干拡張されていたが、駐車スペースが限られているので、あまり有名になって行列が出来るような事態になってはモトノコモナイと、そういうワケで、ここいらの知る人ぞ知るお楽しみ…catface

| | Comments (2)

Thursday, July 17, 2014

周防さんまつりだGo!連続テレビ小説カーネーション(89)

「糸ちゃんsign01どないすんね糸ちゃんsign03

とうとう、声に出して叫んでしまった本日の朝、7時29分。

連続テレビ小説 カーネーション(89)「揺れる心」。
もう、見てるこっちまで心揺れまくりやhappy02

間合いの詰め方が絶妙過ぎるよ周防さんcoldsweats01
もう、そんな近間にすっと入って来られちゃ、次の一撃絶対かわせないしsmile

「小原さんが指導に来るって聞いたけん。 」

ドッカーンfuji

いや~、朝から楽しいなぁ~happy02

いよいよココからが本番の、怒涛の周防さんまつり。
夏の朝に繰り広げられる、阿鼻叫喚のモモイロ地獄heart04

7時15分には、テレビの前に正座。
チャンネルは、BSプレミアムshine

| | Comments (0)

ガストロノミーの牙城、果たしてその実態は…?

オベルネの公爵さまのフォークで見せてもらったLES GRANDES TABLES DU MONDE 2014。
日本のレストランで紹介されていたのは、確か…ひらまつとミクニとロブション。。。

と、いうことで、三ツ星だろうがおひとりさまだろうが、思い立ったが吉日と予約を入れる。

ロブションの素晴らしいところは、三ツ星でも嫌がらずに一人客を受け入れてくれるところ。
美味しいモノを食べたいという欲求に、このレストランは大きく門戸を開いている。

しかも、香港の某三ツ星レストランのように、ドタキャンしたら1人H$450のキャンセルチャージなんて、そんな世知辛いことも言わない。

ナンてステキなレストラン…。

Sdsc00077

と、いうことで、ワクワクしながらテーブルに着く。

本当は、夜にカルト狙いで行きたかったのだが、急だったのでお昼しか席が空いておらず、ならばお昼のお得なムニュにしようかしら…、それともやっぱりカルトかしら…と悩みつつ…。

そんな時は、おそらくは日本で一番有名なメートル・ドテル氏にご相談してみよう!

と、思ったのだが…。

何故カルトとムニュで悩むかというところで、あまり意思の疎通が図れなかったように思う…。

ムニュと言ってもプリフィクスなので、ある程度選択の幅はあるのだが、一皿一皿の完成度という点では、やはりカルトの方が…などという了見で、お得なランチタイムに予約を入れたりするヒトは、そう多くはないらしい…。

コスパ重視なら断然ムニュなのだが、そこはかとなく物足りなさもあって、結局一番品数の少ないムニュにカルトで一品プラスという、少々セコいテに打って出たワタシ…coldsweats01

Sdsc00089

前菜には、ロブションのスぺシャリテ、ウニの入った甲殻類のジュレとカリフラワーのポタージュを+1000円でチョイス。

余りの量の少なさに、ちょっとクラクラしてしまった…coldsweats01
これだから、ムニュは侮れない…。

というか、ムニュのお値段がお値段なので、仕方がないことではあるのだが…。

やっぱり、滅多に来ないんだからスぺシャリテをガッツリsign01という気分の時には、ムニュではなくカルトにしておくべきなのだわ…。

Sdsc00086_2

パンはイロイロな種類が用意されていて、お好きなモノをお好きなだけ…というスタイル。
スペイン産3種類の品種をブレンドしたオリーブオイルにバルサミコを一滴とバターが用意される。

ナンと、このバター、ボルディエ氏のバターだと言うではないかsign01

ナニをそう驚いてるって、フランスでボルディエ氏のバターを食べて美味しいと思ったことなどついぞなかったワタシ…。

それが、このバターはしっかりとミルクの香りがして、エシレよりは若干重い目ではあるが、カルピス発酵バターや高千穂バターにはついぞ感じられないふんわり感もあり、美味しいのだ…

バターを生かすも殺すも、パンとの相性なのだと改めて感じ入った次第。

もっとも、件のバターがボルディエ氏のバターであることは、件のメートル氏に尋ねてはじめて分かったことであるのだが…。
こういうことは、質問しないと説明がないのは…みんな知ってることだから?

そして、バターとパンとの相性の話は、何時の間にかワインと料理の相性の話にすり替わってしまっていたcoldsweats01

なんにしろ、相性は大切と、そういうことなのね。

このレストラン、料理の説明は丁寧にしてくれるが、バターにしろ他の食材にしろ、その産地にまであれこれ言うことはしない。
お鯛さんだけは、長崎産である旨言及があったが、その他については特に説明を準備していないモヨウ。

Sdsc00100

この、フォアグラとグリオットという鉄板の組み合わせに抗えず、カルトで注文してしまった一皿についても、フォアグラの産地はどこですか?と尋ねてみたら、西南の方としか言えない、というお答えだった。

つまり、あれなのだろう。

そんなことをあれこれうるさく聞くようなヘンなヒトは、このお店にはあまりいらっしゃらないのだろう…と。

Sdsc00107

コーヒーに付いている小菓子は、ピスターシュのソースがかかったババロア様のもの。

手のかかるイロイロな小菓子を作るよりも、流し込んで固めて終りで、あとはお皿を洗う手間だけで済むから、経済効率いいよね…。
なんて、思わずそんなことを考えてしまったのだが…。

これって、価格設定を押さえたランチタイムだから?

やっぱり、ランチではその店の実力はイマイチよく分からないワ…という不完全燃焼気味に、今回のロブションは終わってしまった。

アルザスで好き放題やって超絶楽しかったその直ぐ後だったから、かなり辛口評になってしまっている気もしないでもないが…。

そんでもって、ワインリストがデータ化されているのには、ちょっとまだなじめない気が…coldsweats01

| | Comments (0)

Tuesday, July 15, 2014

ピクルスを漬けながら…。

庭にあるものと冷蔵庫にあるもので、ピクルスを漬ける。

Dsc00166_2

美味しいバゲットと美味しいバターとこれがあれば、幸せな朝ゴハンの完成happy02

そして、最近かなり気になっているのが、コレ…。

Dsc00173_2

ロッペイちゃんが出てるhappy02

…とは思ったのだが…。

7月7・8日なら、チケットさえとれたら見に行けたのだが、蜷川幸雄演出とはそこはかとなく相性がよろしくない上に、主演がエロキューションダメダメの綾野剛ということで、なんというか…。

心臓に悪そう…think

ということで、チケットを取ろうともせず、その時間でご飯を食べに行くことを選択してしまったのだったのだが…。

…やっぱり、気になる。

舞台で三十路越えて18歳の役というのは、全くもって問題ない。
デーモン閣下なんて、8歳の役をおやりになったくらいだ。
なんともお可愛らしい安徳天皇でいらっしゃった…coldsweats01

というより、『空飛ぶ広報室』の、そろそろ三十路…という設定で、時々中学生に見える空井犬祐は、そっちのほうが問題だって…coldsweats01てなくらいなモンだったから、18才だろうと8才だろうと、綾野剛ならやるでしょう。

しかし…。

ちゃんとセリフ言えてんのかなぁ…。

とか言いながら、舞台で鍛えられてきちんとエロキューションが身に着いたら、どう考えたって無敵ぢゃん綾野剛smileと、ちょっと期待していたりもする。

WOWOWの撮影が入っていたということなので、契約解除はもうちょっと先延ばしにしよう…。
8月には『シャニダールの花』も放送されることだし…catface

そして、朝は『カーネーション』で、いけない恋に恋するオトシゴロ…な今日この頃confident

| | Comments (0)

Tuesday, July 08, 2014

スタンディングオベーション

今日、息が苦しくなるくらい感激した。

っていうか、本当に無呼吸になって、涙が止まらなかった。

モチロン、マスカラは全部流れちまった。

気がついたら、スタンディングオベーション。

気がついたら、プラチナの指輪がゆがんでいた。

どんだけ手たたいてんワタシ…。

本日初日の舞台、太陽2068のコトちゃうよ。

Sp1000197

ルネ・コロのローマ語り。

東京シティ・フィルも期待以上に良かった。

休憩に入ってもしばらく動けなかった。

P1000199

ルネ・コロのタンホイザーは、VHSしか持ってないのだが、時すでにちょっと髪の毛が少なくなってたりする時のものなのだが、バイロイトなのでちょっと演出が今っぽいのだが、それでもテレビの前で萌え殺されそうになったものだが、今日の生コロはヤバいなんてもんぢゃなかった。

生コロで一幕から通しで聞いたりしたら、ワタシ途中で3回くらい失神したかもしれない…。

それくらい、ワタシはやっぱりルネ・コロの声が、歌が好きだ!大好きだ!

なのに、さよならコンサートだなんて…crying

やっぱ、DVD買いなおそう…。


| | Comments (2)

Friday, July 04, 2014

本日最終日

ワタシ、映画館にこんなヒトがいるの見たの、小学校の頃に行った東映まんがまつり以来かも…。

P1000182_2

と、言っても、まぁ、平日16:00~の回なので、それほどなことはないのだが…。

途中で携帯をピコピコ鳴らすババァ3人組なんていて、かなりイラチになったりもしたが…。

ナンていいラブストーリーなんだろう…。

3回目にして、つぃっ…と、涙が出た。

なぜ、この映画で菅田将暉がイイのか、3回目にしてやっと理解できた。

3回見ても、綾野剛の演技に、スゲ~なこいつ…。

セリフなしで語ってる量が半端ない。

今、自分はこんな気持ちであんなことを思い出したりして、そしたらこういうことをしたい気になって、そうして今、ここにこうして居るんデス。

こんくらいのことを、ものの1分少々の沈黙のうちにすべて目で語ってくれちゃってたりするので、達夫の目から目を離しちゃいけない。
視線を切ったら置いてかれるゾ!

というか、セリフなしでもちゃんと説明出来ちゃう演者もすごいけど、それだけのお膳立てをちゃんとしてある脚本もすごいよね、というハナシ。

結局、アレだ。

分る人だけ、見ればいい。

そういう映画なのだと思う。

と、いうかこの映画、2時間という上映時間のなかで、ものすごい情報処理量が要求されてる気がする。
キャパが少ないと、まず消化不良でワケ分んなくなってしまいそう…。

リピーターが多いのも、そのあたりに理由があるのではないかしら…と。

3回見て、そう思った。

いやいや、わが人生で3回映画館へ行って見た映画は、これが初めてでございます…。

| | Comments (0)

みかんの国のゆるきゃら、うどん県に完敗…メソメソ。。。

先週の金曜日、お腹が壊れてどうしましょうshock状態で後にしたおマチへ、再び旅立つべく空港に行くと…。

みきゃんがいた。

P1000179_7

この、ちょ~ぜつ可愛げのないこれがお犬さまって、どうよ?

最近、二本足で立つ二匹の犬に、ちょっとスゲー…goodとかなってたワタシ的には、かなりちょっとどうよ…なキブン。

ゆるきゃらといえば、なんたって、お隣のうどん県のゆるきゃらが超絶スゴいのだsign03
もう、こんなゆるきゃら反則やろsign03というくらい。

なんたって、上半身が“きゃなめ”で下半身が埴輪の馬という、勇者ヨシヒコに出てきたケンタウロス男もマッサオ?的ゆるさcoldsweats01

詳しくは、こちら⇒http://www.my-kagawa.jp/udon-ken/top.html

おそるべし!うどん県。。。

| | Comments (2)

« June 2014 | Main | August 2014 »