« 雨のちちょい晴れ街中散歩~アルザスで食べよう2014その③~ | Main | コルマール街中散歩再び~アルザスで食べよう2014⑤~ »

Monday, May 12, 2014

Olivier Nastiとのfirst contact~アルザスで食べよう2014④~

Meilleur Ouvrier de France、フランスの国家最優秀職人章M.O.F.。
3年に1回開催されるこのコンクールに合格し、フランス大統領の名において授与されるこのM.O.F.のタイトルを獲得してはじめて、料理人は襟がトリコロールカラーのコックコートを着ることが出来る。

2007年そのM.O.F.に認定されたオリヴィエ・ナスティ Olivier Nasti氏の本拠地、カイゼルスベルグKaysersbergはLe Chambardのガストロノミック・レストランが、2014年のミシュランガイドで2_2に昇格した。

これは…ちょっと遠回りしてでも行っておかねばなるまいcatface

と、いうことで、コルマールのホテルに着いて最初にしたことというのが、レセプションを通しての予約確認と帰りのタクシーの手配だった。

ナンたって、コルマール郊外と言えば、イメージはハウルのお城が動き回る荒野なのだ。
うっかり、タクシーが無くってホテルへ帰れないshockなんてこと…無くもなさそうだから、遅くなってもなんとかなるように、取り敢えずちゃんと帰路は確保しておかねばsign01

それと、今回のレストランはホテルに丸投げせず、全部自力手配だった。
なんといっても、前回ホテルのレセプションに予約を頼んで、行ってみたら、予約は入れてあったはずなのに店がお休みだったという、あり得へんことが起こってしまったため、他力本願は止めて念には念を…。

「行きは? タクシー?バス?」

そこはもう、倹約家のコムスメですもの。
バスで行きましょうともsign03

と、いうことにして午後のコルマール観光を終え、いざバスに乗ろうと思ったら…。

5月1日は国民の祝日なのでした。
メーデーだから。。。

そして、コルマールの郊外行きのバスは、学校がお休みの日はそのほとんどが運休なのだ…。
当然、カイゼルスベルグ行きも運休なのだ…。

仕方なく、追加で行きのタクシーも手配してもらう。

フランスの田舎のタクシーと言えば、実はシャンティの某シャトーホテルに泊まった時の、ホテルと提携ぼったくりレイシストドライバーの印象があまりに悪くて、実はかなりビクビクしていたのだが…。

時間より早めに来てロビーで待っててくれたその運転手さんは、頗る紳士だった。
ロビーへ降りていくと、にこやかに「Good evening madams!」

なんというか、アレだ。
マイ・フェアレディのイライザになったキブンcatface

そして、Volvoでカイゼルスブルグまで約20分のドライブ。

いやぁ、すごい車ですsign01
加速がすんばらしい!
プリウス体感時速60キロくらいで、かる~く時速100キロなカンジ。

ハイヤー設定なのか、初乗りが既に10€越えというブルジョワジーのためのタクシーだったけど、往復割引も無かったケド(笑)、やっぱり暗い夜道は安心第一。
信用で選べば、やっぱりホテルで予約が一番かな…と。

19:00からの予約でちょっと早めに着いたけれど、雨も降っていたし、ホテルの色はともかく古めかしくもかわいらしい外観の写真を撮ることもなく店内へ。

はぁsign02
ココはドコですかsign03

S20140501dsc01679

レセプションもそうですが、レストランも外観のアルザスチックなかいらしさとのエラいギャップが…。

S20140501dsc01678

なんというか、とっても官能的な空間デス…。
コムスメ、びっくり…coldsweats01

「一番乗りなので、お好きなお席へどうぞ!」

ということで、二人で店内が見渡せるソファーの席を占拠して、本日のメインイベントのはじまりはじまり…。

はじめにタマゴ。

S20140501dsc01684

燻されてかなりけぶたい演出。

S20140501dsc01689

はじめに出て来たフィンガーフードもすっかり燻されて…けぶたいcoldsweats01

S20140501dsc01690

ちょっと、東京のトロワグロを思い出したこのカンジ…。
流行りなのかしら…。

お料理はカルトでも注文できるが、3皿+デセールで€94のプリフィクスコースを注文。
ココはカルトメニューの中から好きなモノを選ぶシステムなので、量がどうだかは分からないが、料理の内容は基本カルトでもコースにしても同じであるモヨウ…。

S20140501dsc01692

ふんわりホイップしてある塩入りバターとバジル入りバター。

お昼にも思ったのだが、アルザスのヒトは有塩バターがお好き?

それにしても、エシレ派のワタシたちにとっては、香りがとっても物足りない…。

S20140501dsc01694

といっても、お昼にガッツリ食べてのディナーなので、ご利用は計画的に…。
パンはお腹具合を考えて控え目に…coldsweats01

S20140501dsc01699

64℃で調理した卵が中からトロ~リの、手長海老とグリーンアスパラガスの前菜。
上を覆う白いシート状のものは、卵の白身なのだコレが。
ほんのりレモンが爽やかさを添えて…イイわ、これ。

S20140501dsc01701

葡萄の葉が伸び始めたら、エスカルゴの季節到来sign01
ザリガニとカワカマスのクネルにカリカリベーコン、野生ニンニクのピュレ、ジャガイモのクリームを添えて。

S20140501dsc01712

そして、5月と言えば仔羊の季節…catface
はるばるピレネーからやって来た乳飲み仔羊に…シェーブルのチーズを使ったソースですかコレはsign01

いやいや、なかなか攻めてますね。

S20140501dsc01715

デザートも一見ただのイチゴチャーベットのようですが…。

S20140501dsc01720

中に別のモノが詰まってマス。

S20140501dsc01724

カフェを注文するとついて来る小菓子のイロイロ。

お好きなモノをお好きなだけ…が基本なのだが、デセールの前に勧められたチーズもお断りしてしまったくらいに満腹状態だったりすると、これが限界…weep

S20140501dsc01725

アルザスって、やっぱりバターとかミルクがあんまし良くない気がする…。
それと、お菓子甘い目。

しかし、ナスティさんのお料理はなかなかに大胆で繊細。
古典的な料理とは一線を画した攻めてる感が、勢いを感じさせる。

料理と料理の間はけっこう待ち時間があったりして、厨房に人手が足りてない?と思わせるトコロも無きにしも非ずだが、その厨房ツアーというのがジツは待ち時間の間に組み込まれていたりして、ナンとsign01お写真もOKsign01

ピカピカに磨かれた明るいそこに、ナスティさんが笑顔で待っていて、「Nice to meet you!」

いいわぁ~このサーヴィス!
勿論お写真も撮ったのだが、ソコはほら、秘すれば花ってコトでsmile

同じ厨房で併設のアルザス料理&ワインバーの調理もしているらしく、厨房からそちらのレストランにも見学に連れて行ってくれる。

どちらのレストランも満席。
いやいや、スゴいです。
厨房、手が足りてないハズです(笑)

お料理+αのお楽しみも込みで、なかなかに楽しいお食事タイムでした。

そして…グラスワインといえど、ソムリエさんに丸投げが正解と、後から反省したワイン選び。
アルザスには、甘いのがあるからねぇ…coldsweats01

|

« 雨のちちょい晴れ街中散歩~アルザスで食べよう2014その③~ | Main | コルマール街中散歩再び~アルザスで食べよう2014⑤~ »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~海外ヨーロッパ編~」カテゴリの記事

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おそとで洋食編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 雨のちちょい晴れ街中散歩~アルザスで食べよう2014その③~ | Main | コルマール街中散歩再び~アルザスで食べよう2014⑤~ »