« ソコにL'ILLがあるから…Illhaeusern~アルザスで食べよう2014⑥~ | Main | ケーキを買いに行かなくちゃ!実行編~アルザスで食べよう2014⑧~ »

Tuesday, May 20, 2014

旅行する価値があるから三ツ星なのデス~アルザスで食べよう2014⑦~

古今東西、旅先でちょっとタガを外して美味しいモノを食べようsign01と思うココロは万古不易。
日本では食べ○グがハバをきかせているように。。。
香港旅行にはOpenRiceが欠かせないように。。。

ムカシムカシ、そんな人間の心性をマーケティングに取り入れたタイヤ屋さんがありました。
言わずと知れたミシュランガイド。
紙媒体もまだまだ健在?ながら、ミシュランガイドに食べ○グ機能が付いて予約まで一気にとれちゃうサイトMICHELIN Restrantsがとっても便利に使えマス。

でも、基本タイヤ屋さんのグルメ本なので、車でえっちらおっちらお出かけしていくことが大前提のお話なハズだわこりゃ…と、改めて感じ入った次第の今回の3L'Auberge de L'Ill

20140502dsc01902

クルマが無いと、お話にならない場所にある。
自力でクルマが調達できなければ、必然的にタクシー利用が大前提。
コルマールからだと1ユーロ=140円でざっくり8000円というトコロ。
最寄駅のセレスタからだと若干お安めで5000円くらい。

コルマールから出るバスもあるにはあるが、あんまし便がない上に土・日・祝運休だったりするので、バスは運が良ければ使えるかも…くらいに考えておいたほうが、イロイロと臨機応変にコルマール周辺観光できるかも…というのが、今回ワタシたちが得た教訓。

20140502dsc01904

入り口脇にメニューが貼ってあるので、予習しておくとナニかと便利。

と、いうことで、コムスメ2人があのsign01オーベルジュ・ド・リルに行ったのだcatface

泊まっているトコロから徒歩30秒だというのに、えらい遅刻してすんませんcoldsweats01状態で行ったのだが、にこやかに迎えてくださったHAEBERLIN Family。

20140502dsc01910

フィンガーフードをつまみつつ、じっくりと料理を選びましょう。

と、いうワケで、ココで問題デス。

レストランへ行った時、アナタはア・ラ・カルト派?
それとも、ムニュ(コース)派?

sign02と思われる向きもあるかもしれないが、近頃日本のレストランは、低迷する経済状況を反映してか、あからさまに経営の合理化が進んでしまって、カルトとムニュに違いがないというか、ムニュをバラしてカルトにしているところが多くなってちっとも面白くないというか…。

しかし、本来そのレストランの地力というのは、一皿入魂の料理を味わってみて、初めて分かるものではないかと、斯く斯様に思う次第なのだ。

なので、そのレストランの雰囲気を見ようという時には、ホドホドのお値段でイロイロ付いてるお仕着せのムニュでもいいかもしれないけれど、わざわざあ~んな島国から空飛んでバスと列車とタクシー乗り継いでやって来たからには、そのお店の料理をそれなりにがっつりと味わって帰らなければsign03と思うのも、道理であると思うのだ…。

しかし、ここで立ちはだかるもう一つの壁sign03

カルトで注文すると、一皿一皿の量が多い上に、一つのお皿のものをワケワケして食べるという習慣が御大層なレストランにはないというか、それはお行儀が悪いコト…という社会通念が根強くあって、そこはほら、敢えて白い目で見られるようなことは…ねぇ。。。coldsweats01

でも、はっきり言って、どんなに美味しくても飽きるよね…というのが正直なところ。
それがフォアグラのテリーヌだったりするとなおさら感倍増coldsweats01

この辺りが、カルトにするかムニュにするかの悩みどころではあるまいか…と。

と、いうワケで、ココは一発、オクのテを使ってみることに…。

パリの某3_2では、あっさり拒否られてしまったあのテ。

「シェアしたいんですけどsign01

これが使えると、メニュー選びの幅がぐっと広がってお楽しみ10倍catface

20140502dsc01912

「Mr. Bordierの有塩・無塩バターでございます。」

すみません、ワタシたち二人ともボルディエさんのバターとは相性があんまし良くないんです…coldsweats01

イマイチ、感動したことがないんだな、このバター。
パンの味が濃くてバターと相殺してしまうのかも…と思わなくもないが、どちらかというともっとミルキーな香りが際立っているバターの方が好みみたい…、と、いうことで。

20140502dsc01914

ウサギちゃんを使った前菜。
よく考えてみたら…すんごいお久しぶりですウサギちゃんsign01
ここいらではまずメニューに載っていない食材。

20140502dsc01916

すみません、コムスメなもんで、ワインはグラスでいただきます…ということで、アルザスのワインをリクエスト。
だって、せっかくアルザスなんですもの…。

ワイン代が、安かったデスsmile

20140502dsc01920

オーベルジュ・ド・リルと言えばsign01のお約束、フォアグラのテリーヌ。
トーストされたブリオッシュと一緒にいただきます。

芳醇な香りとコク、ポートワインのジュレとあわせて濃厚になり過ぎないところが心憎いばかり。
アルザスはフォアグラの産地だが、これほどのフォアグラ料理を食べてしまうと…この後同種の調理法でフォアグラを食べる勇気は…ナカナカ…ねぇcoldsweats01な気にさせる、噂にたがわぬ逸品。

ハーフポーションでもがっつり満足出来る量アリ。

20140502dsc01922

ノルマンディのオマールとアスパラガスのムース。
これもハーフポーション。
一人前を2つのお皿に盛りつけて提供してもらうと、こういうワケなのだが…。

20140502dsc01924

この技ありsign03な盛り付けに、思わずお手間かけてすみません…coldsweats01

なんてステキなレストランでしょうsign03
確かに、料理も良い。
しかしそれ以上に居心地がいいレストラン。

客席を見渡すと、スマートカジュアルくらいの服装で来ているヒトがけっこういる。
男性は、ジャケットは着ているがほとんどノーネクタイ。
女性は、コスプレみたいな恰好で行ってしまうと悪目立ちしそうなカンジ。
さりげなくオシャレに…がよろしいようで。。。

20140502dsc01926

お肉に合わせてアルザスの赤をグラスで。

20140502dsc01930

メインは一人一皿で、ハトのパイ包み。
キャベツとトリュフを一緒に包んであるのだが、そのキャベツの色がキレイなことに、まず驚いてしまう。
そして、鳩肉の柔らかなネットリ感。

やっぱり、アルザスは鳩が美味しいsign03

20140502dsc01933

食後のプチ・フール。
リンゴのタルトが、すりおろしリンゴを閉じ込めたようで美味。

20140502dsc01938

ヘーゼルナッツ入りアイスクリームで出来たオーベルジュ・ド・リル号が、キャラメルとミントのイル川に浮かんでいるデセール。

この大量の生クリームとアイスクリームを一人で食べるのsign02くらいの大きさだが、しつこくないのでペロリと食べてしまったcoldsweats01

実は、オトモダチはメインの仔羊でリタイアしてしまい、ココでデセールを頼んだのはワタシだけ…だったのだが、アレだ。

やっぱり、リルのデセールも食べとかんと、ねぇsmile

そして、ワタシのデセールと一緒に彼女の前にもなんいも入ってないお皿とスプーンが置かれていたのでした。

ナンて行き届いた心遣いでしょうsign03
カンゲキしちゃったよ、ワタシ…weep

オトモダチは本当にいっぱいいっぱいだったらしく、本当に一口だけ強引にお味見させた程度しかこのデセールを味わえなかったのだが、アレだ。

同じ3でも、パリの3と地方の3では、こうも違うものなのかねぇ…というくらいに、なんとも心地よく食事が楽しめるこのおステキレストラン。

それはやっぱり、家族経営だからなのかしら?

化粧室前に貼られた著名人の来店記念写真とサインからして、そこはかとなく地方の温泉旅館的雰囲気を醸し出すというか…。
いや、その著名人のレヴェルがここいら温泉のそれとは大違いなのだが…coldsweats01

美味しいモノを食べるためだけに、はるばるそこまで旅行してくる人たちと、そうしてやって来た人たちを暖かく迎え入れ、もてなしてくれる人たち。
こういう世界も、あったのだ…。

そして、“美味しい+楽しい=幸せ無限大”という価値に対して支払った額は…パリの一人分ぢゃった。。。catface

オーベルジュ・ド・リル、いろんな意味で勉強になりました。


|

« ソコにL'ILLがあるから…Illhaeusern~アルザスで食べよう2014⑥~ | Main | ケーキを買いに行かなくちゃ!実行編~アルザスで食べよう2014⑧~ »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~海外ヨーロッパ編~」カテゴリの記事

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おそとで洋食編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ソコにL'ILLがあるから…Illhaeusern~アルザスで食べよう2014⑥~ | Main | ケーキを買いに行かなくちゃ!実行編~アルザスで食べよう2014⑧~ »