« Stroopwafels | Main | THE女装!またの名を絵にかいたような女装 »

Wednesday, April 09, 2014

お口直しに毒リンゴ~白ゆき姫殺人事件~

このところのワタシには、ものごっつい不満があった。

アレだ。
とある俳優さん目当てでドラマを見たら、そのドラマの脚本がちょ~薄っぺらくって、だ。

そんな身体的な負担が大きいわりに薄っぺらいドラマ、出ないほうがいいよ…weep

つい、そう言ってしまいたくなるようなドラマだったのだ。。。think

そのドラマというのが、あれだ。
助演男優賞は大森南朋でも高嶋政宏でもなく、子役と犬でしょsign01みたいな…。

っていうか、大森南朋を生かせない時点で終わってるぢゃん、そのドラマshockみたいな…。

で、その俳優さんもいろいろ苦労して役作ってるんだけど、なにせ脚本が脚本だから、だ。

極度のシスコンで、その姉を2度殺した犯人を憎むあまり、凶悪犯は法の裁きを待つまでもなく即処刑でOKokみたいな信条があって、あくまで犯人を生きたまま確保することにこだわる主人公にはそれがキレイゴトだとののしりまくり、射撃訓練ではきっちり急所を狙い撃ちできるのに、いざ制圧という現場では急所外したところしか撃ってないし、てか、もっと動きとめるトコ狙って撃っとけよsign01みたいな場面もあるし、言ってることとやってることがけっこう支離滅裂…という役どころで、さぞかし苦労したと思うのだ…。

っていうか、ドラマの核心部分のストーリー展開上重要な論点であるテロや誘拐などの凶悪犯罪への対応として、制圧か確保かという命題が、いつの間にか射殺か生きたまま確保かにすり替わっているのだ。
制圧=射殺ぢゃないんだけど、論点整理がきちんと出来ない脚本のせいで、射殺も辞さずの制圧が、いつの間にか射殺を目的とした制圧にすり替わっているのだ。

舞台は、一応法治国家の日本のハズ…なのだが。。。

しかも、主役のゲゲゲがここまで大根だったとは…think

こんなドラマだから、アレだ。

日本全国津々浦々、列島のお茶の間を朝っぱらからセピアンローズのデカダンスに染め上げ、老婆をも惑わせる阿鼻叫喚の桃色地獄に突き堕とし、脚本家は自分の想定をはるかに超えたところでドラマが展開してしまったことにすっかりビビらされ、富士山よりも高く積まれた再登場の要望にも、ただ耳をふさいで震えるだけだった…という、伝説の周防龍一ワールド@カーネーションを紡いだ綾野剛といえど、ムリsign03
フォロー不能…think

と、言うワケで、ワタシはヤマトくん@ポインターの演技に注視してこのドラマを見たと、そういうわけなのだが、アレだ。

期待していたドラマがそれだと、やっぱりストレスたまりまくりでしょ?
彼の良い作品を見てお口直ししたいと、そう思うでしょ?

この春公開の映画の中では、そこのみにて光輝くがお口直しにはぴったりなんだけど、ここいらには上映館ないし…weep

取り敢えず、毒リンゴでも食べておこうか…と思ったのが、間違いの始まりだったのだ…。

2014040915140001

演じた綾野剛自身が“薄っぺらい男”と切り捨てた赤星雄治。

誰やねん、綾野剛にこんな薄っぺらい男の役演らせたの…think

彼はもう、いろんなタイトルを持っているのだ。

ランナーを演らせたらピカイチshineとか…
ゲイを演らせたらピカイチshineとか…
センシティヴな暴力男を演らせたらピカイチshineとか…
年下の愛人(≠恋人)を演らせたらピカイチshineとか…

フレンチブルと語らせたらピカイチshine、というのもあるよね…。

…制服とか白衣とかはあんまし似合う気がしないのだが。。。

あ、白衣は似合ってないケド、優しすぎる男を演らせたらピカイチshineということでいいかも…。

とにかく、そんな中に今さら薄っぺらい男を演らせたらピカイチshineとか、付け加えなくてもいいでしょうに。。。think

と、いうワケで、綾野剛的にはあんましお口直しにならなかった白ゆき姫殺人事件
いや、綾野剛はやっぱり上手いと思うんだけど、井上真央も良いんだけど、でも、あんまし映画としてその世界にどっぷり浸りきれないというか、テレビドラマでやったんでもいいんぢゃない?みたいな。。。

それを象徴してか、井上真央には気の毒だが、今日の映画鑑賞はワタシともう一人、すなわちどっちかがたまたまその回に行かなかったらおひとりさま貸し切り、たまたまどちらもその回に行かなかったらボウズという、これまたオソロしいことになっていた。。。

来年大河の主役がきまってるのに、こんなんで大丈夫?coldsweats01

そしてワタシは、帰ってからのお口直しで夏の終りを見てしまったのだった…。

ガッチャマンとかルパン三世とかもいいけどさぁ…。
もっと演技者として評価される映画に出て欲しいんだが…。

あと、夏の終りを撮った2012年の上腕二頭筋と、白ゆき姫殺人事件時の上腕二頭筋の違いとにビックリshock

そんなに鍛えて撮影したのに、アレかよ…crying
役者を使い捨てにするなよ…annoy

|

« Stroopwafels | Main | THE女装!またの名を絵にかいたような女装 »

爛漫日記/観賞編」カテゴリの記事

~映画編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Stroopwafels | Main | THE女装!またの名を絵にかいたような女装 »