« Joël Robuchon氏に捧げるhommage | Main | 受難の花盛り »

Monday, April 14, 2014

旅行者目線でいいますと…~新しい靴を買わなくちゃ~

マイルを貯めてアルザスで食べよう!

と、いうことで、待ちに待ったアルザス食べまくりツアーの日が近づいてきました。

ここに来て気になるのが、どんなおヨーフクで行けばいいのかしら…。
パリよりは、やっぱりちょっと、寒い?

4月初めころのパリ、なカンジ?

ということで、イースターの頃のパリでの3日間を描いた映画を見た。

おにーちゃんと妹が2人で一緒にパリに来るんだけど、おにーちゃんはあっちゅ~まに妹に捨てられて、おねーさんに拾われるお話。

まず、シャルル・ド・ゴール空港からタクシーでパリ市内のホテルまでって…あんたたち兄妹、ナニモノsign02

フツー、一般の観光客はバスでしょう!
そりゃ、3人いたらタクシーでもいいけど、2人だったらバスぢゃない?

そして、セーヌ河畔に捨てられた兄は…。

荷物、減ってますけど。。。
あの、ものごっつ邪魔そうな6脚?みたいな立派なカメラスタンド、セーヌのほとりに忘れましたねおにーちゃん…。

そして、大使館から凱旋門前まで出て、そこからシャンゼリゼ通りを…ジャンヌ・ダルクまで歩かせるんですか?
地下鉄乗れば?
ほら、あるぢゃん、地下鉄の入口…。

っていうより、凱旋門からジャンヌ・ダルクまで歩いてる間中、あんたたちずぅ~っと電話してんのsign02
家族割とかぢゃないのよsign01
それ、ミポリンのほうは日本へ国際電話だし、ゲゲゲは国際ローミングサービスでしょsign01
あんたたち、いったいいくら電話代かかってると思ってるのshockshockshock

こんなカンジで、ワタシ的感覚からしたら、ちょっとあり得ない海外旅行映画。

それは、その後のあり得ないお話を展開させるため、現実からあり得ない仮想空間へと見るものを誘うためのイニシエーションなのか、それとも単なるプチブル映画なのか…。

いや、おとぎ話と言った方がいいのかもしれませんが…。

とにかく、初めて会った人が、バスタブなんぞという生活の中でも極々プライベートな空間に勝手に入り込んでたら、引きます。
ええ、ドンビキsign03です。

しかも、なんですか?
それから、2泊3日で居続けですか?
マジ?

普通、飛行機降りて直ぐに空港でますよね。
わざわざシャワー浴びて着替えてから…なんてコト、しないですよね…。

つまり、足かけ4日お着替えナシですかsign02

えぇっ…shock

いや、朝到着でパリに着いたみたいだったから…夜空港で出発前にシャワー使ってお着替え…とかしてない限り…shock

そんなヤローは、いかな9頭身のオトコマエといえど、ちょっと、触りたくない…というか、近くに来て欲しくないんですが…thinkshockthinkshockthinkshockthinkshock

えっsign01
皆さん、そんなこと考えないんですかsign02

こんなカンジで、こっちのラブ?ストーリーに感情移入するのはとっても難しかったのですが…。

カンちゃんとスズメちゃん(妹)のお話は、最後のスズメちゃんのオトコマエっぷりが切なくって、ナミダが出ちゃいました…weep

大好きなカンちゃん。
でも、パリと東京ぢゃ遠すぎるよね…。
切ないね、スズメちゃん…weep

ワタシゃ、てっきりカンゴには別に新しいオンナがいて、それでスズメちゃんを放置してるのかと思ったんだけど、どうやらそういうわけでもなさそうで、スズメちゃんの好きにあぐらをかいて、単に面倒くさかっただけなのね…。

ダメぢゃん、カンゴ…think

だったらSkypeすればいいのに。
カンゴはパリで時間にしばられた生活してなさそうなんだし、時差を云々言うことないぢゃん。
Skypeだったら、どんな生活してるかもよく分かるし、スズメちゃんだって安心ぢゃん。
PCをテレビに接続して、大画面でSkype入れっぱなしにしといたら、ずっと一緒にいるキブンだよ?

そんで、マイルを貯めてまた会いに行けばいいぢゃない。

…なんか、最近の遠恋って、ムカシと勝手が違うよね。。。coldsweats01

それにしてもこの映画、向井理と綾野剛が同い年だとは…とてもそうは見えないワ。。。

と、いうワケで、アルザスには本作中のお洋服なカンジ…。
トレンチコートの下に薄手のものを着て、ストールとかでもう一段階温度調節できるカンジにして行きたいと思います。

でも、ブドウ畑を歩くのに、ロジェ・ヴィヴィエの靴は履けないワcoldsweats01

てか、マカロンをマコロンとしか言えないようなヤローがロジェ・ヴィヴィエの靴を知っているとはとても思えないのだが…think

|

« Joël Robuchon氏に捧げるhommage | Main | 受難の花盛り »

爛漫日記/観賞編」カテゴリの記事

~映画編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Joël Robuchon氏に捧げるhommage | Main | 受難の花盛り »