« March 2014 | Main | May 2014 »

April 2014

Tuesday, April 29, 2014


これから、最初の中継地である隣の国に向かって旅立ちます。

マイルを貯めて乗るビジネスクラスの旅ですが、ここいら空港にはラウンジがないので、換わりに千円分のお食事券がもらえます。

これを有効的に使うのが、実に難しい…。

今回は、敢えてケーキセットをはずして、単品でカフェオレとケーキ860円也。

さて、今回の旅行準備の教訓。

ネイルは荷物を詰めてから。

昨日、堺雅人と菅野美穂の大奥を見ながら爪をヌリヌリしていたんですが、しかし、なんというか…。

原作のインパクトは吹っ飛んでますね。

吉宗編のように、変なアレンジが加えられてない分、ていうか、今回は前回のような「喧嘩両成敗って知ってる?」みたいな超弩級のオオチョンボを脚本がやらかしてない分、原作通りのイメージで見やすいんですが、ストレートに原作と比較されると、カメラワークがよしながふみのカット割りに負けてるというか…。

マンガ原作ならではの怖さですね。

と、そんなカンジに爪をヌリヌリしてたんですが…。

その後にあれやこれや詰め詰めしたら、もう既にハゲハゲ…。

と、いうことで、ちょっと行ってきます。

今夜は仁川で焼肉です。

| | Comments (0)

Friday, April 25, 2014

春野菜のトマトソース、タイムの香りのフジッリ

Dsc01302

ズッキーニ・ナス・玉ねぎ・アスパラガス・しめじで野菜のラグーソース。
ナニかないかしら…と思って庭に出たら、育ち盛りのタイムが目に入り…。

タイム風味でも悪くはないケド、無難にイタリアンパセリでも良かったかしら…coldsweats01

| | Comments (5)

Tuesday, April 22, 2014

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~

フランス語に親しむのに、ワタシ的にもっとも使えるのではないかということで、見てみた。

いやいや、こういうのがフランス人の皮肉なんだろうかと思って、なかなかに楽しめはしたが、所詮、コメディですから…coldsweats01

この映画を見て一番思ったのは、これでOK!なんだったら、あのANAのCMだってゼンゼンOK!ぢゃんangry

いえ、ね。
最先端の分子料理を提供するハイテクレストランへ偵察に行く二人が日本人に化けるんですが、それがサムライとゲイシャなんですね。

多分、そんな恰好でフランスのレストランへ行く日本人はいないと思います…。

いえ、吉永小百合さんなんかは、パリでお着物の雑誌記事とかけっこうあって、そういうのもイイわぁ~って眺めてますけど、サムライとゲイシャのコスプレはさすがに…coldsweats01

でも、それに目くじら立ててどうこう言うのも野暮な話で、フフンと笑っておけばいいと思うんですが…。

食材の名前とか、★★★レストランへ行くときのお洋服とか、そういうのをおベンキョするにはうってつけの映画だと思います。

| | Comments (0)

Monday, April 21, 2014

こいつは春から縁起がいいや^^

『そこのみにて光輝く』のここいら上映が決まったhappy02good
モントリオールの後まで待たないといけないかと思っていたので、約2ヶ月遅れで映画館で見れるというのは非常に嬉しい。

もともとは、ベルリン国際映画祭狙いで製作されたらしいこの作品。
スクリーンで鑑賞できるその日が楽しみだワ。

あちこちから漏れ聞こえてくる情報に、やっぱり、バスタオルの用意が必要かしら。。。

そして、春と言えば、春キャベツ。

Dsc01248

キャベツの一番美味しい季節に、キャベツのパスタ。

アンチョビとベーコンでコックリと仕上げて、オマチへ行った時に成城石井から下げて帰った、ここいらに売ってるモノよりもちと…というか、お値段的に倍くらい上等なパルミジャーノをたっぷりと。

そこはかとなく、プチ贅沢なランチでした。

もちろんキャベツは産地…というか産畑直送sign01
ナメクジくんも同伴だったりするので、ヌメヌメ注意なのがちょっとアレだが、採れたてのいただきもののお味は格別でございますcatface

| | Comments (2)

Sunday, April 20, 2014

サントラでVasko Vassilevって、聞いとりまへんがな!~そこのみにて光り輝く~

本日公開の『そこのみにて光輝く』
映画評論家と言われる方々からも、かなりの高評価を受けているモヨウだが、ワタシ的に一番心に響いたコメントは、公式サイトに載っているある書店員さんのもの。

「日本映画を諦める前に是非見ていただきたい作品です。」
http://hikarikagayaku.jp/comment.html

先日、某所で日本映画の現状を悲観したトークが繰り広げられた後だっただけに、これはやはり是非とも見てみなければ…感が募る。

でも、ここいらには上映館が無いのだ…weep

で、ネットで今日の舞台挨拶の記事などあさっていたと、そういうワケなのだが…。

ヴァスコ・ヴァッシレフのヴァイオリン演奏をバックに監督・俳優登壇って…

はひsign02

ヴァスコ・ヴァッシレフって、10代で世界3 大ヴァイオリン・コンクールを制した、コヴェントガーデン・ロイヤルオペラハウスの第一ソロコンサートマスターの、あのVasko Vassilev さんですよねsign02

なんでえぇ~sign03

そんなん、聞いとりまへんがなsign01
というか、すみません、そんなWorldwideな映画だと思ってなかったモンで…coldsweats01
いやいや、お見それいたしました。

ヴァスコ・ヴァッシレフさん。
今、フジコ・ヘミング&ヴァスコ・ヴァッシレフで来日中なんでございますね。
「モントリオールの次はオスカーの授賞式で…」なんて仰ってらしたそうですが…。

池脇千鶴ちゃんが、あの肉感で背中まで開いたドレスでレッドカーペット…。
大女優の貫録満点ざますcatface
ただ今、激しく妄想中happy02

Sokonominite_2


と、いうことで、気が付いたらサントラをポチッと…coldsweats01

映画のサントラを買ったのなんて、えっと…えっと…えっと…えっと…

あ、久石譲の王さま以来だわcoldsweats01
アレは、オケがイマイチというか、管が良くなかったのよねthink
もっといいオケでやれば、もっと良かったハズ…と思ったサントラだったわ。

聞いてみての感想はと言いますと、ナンというか、映画のサントラというよりは上質なヒーリング音楽集みたいなカンジ?
癒されます。
厳選された音だけのシンプルな構成ですが、それだけに余白の美的情感の広がりを感じさせます。

映画のストーリーは日本の下層社会を描いたものなのに、音楽はすこぶるノーブル。
そこから、この映画の芸術性の高さを予見できる気がします。

何より、音の一つ一つが極めて上質。
ソロもちゃんと聞かせてくれます。

同一の主題を何パターンにもアレンジしたものが多いですが、だからと言って手を抜いてる感などは全くなく、ホンマモンの音に、つい、心を預けて聞き入ってしまう…。
そんな、映画のサントラ盤にあるまじき、音楽的にも質の高い、α波出まくりの一枚。

そして、やはり特筆すべきはヴァスコ・ヴァッシレフ氏参加の
そこのみにて光輝く~Main Theme featuring VASKO VASSILEV~

決して楽しいことばかりではない諸々の感情の隙間にじんわりと滲み込んで、切なさと優しさが広がっていくような、心に響く音楽。

こういう、胸の奥がモゾモゾとしてくる音楽には、なかなか出会えない。

それは、楽曲の妙というだけでなく、演奏のクォリティに拠るところ

ギター、ヴァイオリン、ピアノと引き継がれていく主題。
静かに、抒情的に、感傷的に、それでいて端正に寄り添う見事なアンサンブル。
最後に出て来る愛のテーマ。

天才ヴァイオリニストとして10歳からモスクワ中央音楽院で英才教育を受け、イギリス最高の王立歌劇場で23歳からコンサートマスター、近年は指揮者としても活躍するヴァスコ・ヴァッシレフ氏。
活動はクラシックの枠に止まらないが、今回は、その正統ド真ん中のクラシック風味で客演。

こういうヒトが1人入ると、それだけで全体の演奏レヴェルも格段に引き上げられる。
これが映画のサントラ版であることを、つい、うっかり、忘れてしまいそうになるクォリティの仕上がりであるのも、宜なるかな、ではあるのだが…。

それにしても、恐るべし…函館市民企画映画。。。

とりあえず、全部で無くていいから、この
11 そこのみにて光輝く~Main Theme featuring VASKO VASSILEV~
だけは、ちょっとダウンロードして聞 いてみてください。

着メロにしよっかな…。

ちなみに、今の着メロは魔笛の夜の女王のアリア「復讐の心は炎のように燃えて」だったりする。
これに替えたら、なんかワタシも人間が丸くなったような気がするワcatface

もう一つ選ぶとしたら、3 SoundscapeⅡ
寄せては返す波の音を背景に謳いあげる、トランペットとヴァイオリンの、切なくも美しい相問歌。


舞台挨拶の動画があったので貼っておきます。

ねぇ、ホントに分かってる?
そのヒト、大道芸のヴァイオリン弾きぢゃないんだから…shock

| | Comments (0)

Friday, April 18, 2014

そろそろ終わりのよもよも…

黄色い牡丹が咲いてしまった。

20140418dsc01219_2

この色の牡丹が咲いたら、牡丹の季節もそろそろ終わり…。
今年は牡丹も桜同様、あっというまに咲いて、あっという間に盛りを過ぎていったカンジ。

20140418dsc01225

ちょっと、サビシイ。

そして、こちらもそろそろ終わりが近づいてきたTSUTAYAの月額1980円コース。
来月は、アルザス食べ歩きのお出かけもあることだし、お試しから中2日のつなぎ料金で翌月持越しになった新作・準新作・まだまだ話題作の貸し出し枚数上限も目出度く消化し切れたので、月額コースからは4月いっぱいで撤退の予定。

しかし、である。

まだ終了宣言が出せないまんさいまつり…。
何故なら、『あぐり』の4巻目がまだ借りられないのだweep

なんでsign02

1位指名してもう一月も待っているのに、送られてくるのは2位以下のモノばかり…。
おかげですっかりヒソカに綾野剛まつりが進行してしまった…coldsweats01

いやいや、ワタシ的に綾野剛は、意識しないで見ていても、気が付いたら目が行ってる役者さんデス、はい。
周防さんとの出会いもそんなカンジでした。

ここしばらくは、日本映画界のクリント・イーストウッドで売れます、ハイ。

いえ、ワタシが言ったんぢゃないんです。
セルジュ・ロジークさんというヒトが、『そこのみにて光輝く』のコメントで、「綾野剛の寡黙なたたずまいがクリント・ イーストウッドを思わせる」と仰ったんだそうです。

1545162_250720365088222_644340768_n

明日から公開。
ここいらでは見れないし。。。weep
モントリオールでナニか賞をとったら、ここいらでも半年遅れくらいで上映されるでしょうか…。

この映画で彼は、濡れ場をやらせたらピカイチshineの称号も手に入れたらしいです。
池脇千鶴ちゃんの諦観の薄笑みが、胸に突き刺さりますweep
予告見ただけで泣きそう…crying

レンタル解禁になったら、改めて今度はおおっぴらに綾野剛まつりをしたいと思います。
もちろん、『イヌゴエ』は外せませんsmile
あんな時代もあったねと…catface

しかし…いかな綾野剛まつりといえど、『ガッチャマン』だけは怖くて見れないんですけど…。
今回も一度はリストに加えてみたんですが、3分間の熟慮の末、削除してしまいましたcoldsweats01

いえ、原作とかアニメとかよく知らないので、コアなファンの方のような壁があるワケではないんですが…。
ねぇ…think

勇者ヨシヒコくらいのノリだと、別ジャンルとして楽しく見れると思うんですが。。。coldsweats01

| | Comments (0)

Thursday, April 17, 2014

なかなか攻めてるイタリアン

最近ここいらで、美味しいものが食べたいと思ったら行ってる某イタリア料理屋さん。

今日は2000円のパスタランチをいただいてみた。
前菜2品、パスタ、デザート2品、コーヒー+小菓子と、構成的にも満足度高し。

Dsc01209

何より、パスタに手抜きが無いところが嬉しい。

本日のパスタは、オマールのトマトソース。
ちょっとやられた感のある一皿。

ニンニクではなく生姜で香りをつけ、イタリアンパセリではなくパクチーでインパクトを利かせた、ちょっとタイ料理っぽいテイストに仕上がっている。

もっちりと、でも歯切れの良い生パスタも好感度高し。

ちょっとしたイタリアンのお店へうっかり足を踏み入れてしまうと、おうちでも作れる料理にお金をかけてしまうという、ちょっと悲しいことがママ起こるのだが、最近お気に入りのココは、そういうありきたりでない料理で、結構ギリギリのところを攻めていたりするので、食事をして非常に楽しい。

つい調子に乗って、今度セーダイなお食事会を仕込んでしまった…smile
どのくらい盛大かと言うと、そのムカシイタリアから持って帰った1990年のCeretto Barolo Bricco Rocche Brunate を開けちゃおう!というくらい…smile

いやいや、楽しみ楽しみ…catface

| | Comments (0)

Wednesday, April 16, 2014

受難の花盛り

Dsc01184

花園が花盛りになると、お幸ちゃまには受難の季節…。

Dsc01187

もう、お写真がイヤでイヤでたまらないお顔…coldsweats01

Dsc01192

もう少し、嬉しそうにお写真していただけると嬉しいのだが…。

Dsc01197

お幸ちゃま、某SNSでは“聖者”と持ち上げられていらっしゃいますの、ホホホ…catface

でも、この話をすると、リアルお幸ちゃまをご存知の皆さまは、大笑いなさるか、さもなくば鼻でフフンとお笑いになるんですの…think

| | Comments (0)

Monday, April 14, 2014

旅行者目線でいいますと…~新しい靴を買わなくちゃ~

マイルを貯めてアルザスで食べよう!

と、いうことで、待ちに待ったアルザス食べまくりツアーの日が近づいてきました。

ここに来て気になるのが、どんなおヨーフクで行けばいいのかしら…。
パリよりは、やっぱりちょっと、寒い?

4月初めころのパリ、なカンジ?

ということで、イースターの頃のパリでの3日間を描いた映画を見た。

おにーちゃんと妹が2人で一緒にパリに来るんだけど、おにーちゃんはあっちゅ~まに妹に捨てられて、おねーさんに拾われるお話。

まず、シャルル・ド・ゴール空港からタクシーでパリ市内のホテルまでって…あんたたち兄妹、ナニモノsign02

フツー、一般の観光客はバスでしょう!
そりゃ、3人いたらタクシーでもいいけど、2人だったらバスぢゃない?

そして、セーヌ河畔に捨てられた兄は…。

荷物、減ってますけど。。。
あの、ものごっつ邪魔そうな6脚?みたいな立派なカメラスタンド、セーヌのほとりに忘れましたねおにーちゃん…。

そして、大使館から凱旋門前まで出て、そこからシャンゼリゼ通りを…ジャンヌ・ダルクまで歩かせるんですか?
地下鉄乗れば?
ほら、あるぢゃん、地下鉄の入口…。

っていうより、凱旋門からジャンヌ・ダルクまで歩いてる間中、あんたたちずぅ~っと電話してんのsign02
家族割とかぢゃないのよsign01
それ、ミポリンのほうは日本へ国際電話だし、ゲゲゲは国際ローミングサービスでしょsign01
あんたたち、いったいいくら電話代かかってると思ってるのshockshockshock

こんなカンジで、ワタシ的感覚からしたら、ちょっとあり得ない海外旅行映画。

それは、その後のあり得ないお話を展開させるため、現実からあり得ない仮想空間へと見るものを誘うためのイニシエーションなのか、それとも単なるプチブル映画なのか…。

いや、おとぎ話と言った方がいいのかもしれませんが…。

とにかく、初めて会った人が、バスタブなんぞという生活の中でも極々プライベートな空間に勝手に入り込んでたら、引きます。
ええ、ドンビキsign03です。

しかも、なんですか?
それから、2泊3日で居続けですか?
マジ?

普通、飛行機降りて直ぐに空港でますよね。
わざわざシャワー浴びて着替えてから…なんてコト、しないですよね…。

つまり、足かけ4日お着替えナシですかsign02

えぇっ…shock

いや、朝到着でパリに着いたみたいだったから…夜空港で出発前にシャワー使ってお着替え…とかしてない限り…shock

そんなヤローは、いかな9頭身のオトコマエといえど、ちょっと、触りたくない…というか、近くに来て欲しくないんですが…thinkshockthinkshockthinkshockthinkshock

えっsign01
皆さん、そんなこと考えないんですかsign02

こんなカンジで、こっちのラブ?ストーリーに感情移入するのはとっても難しかったのですが…。

カンちゃんとスズメちゃん(妹)のお話は、最後のスズメちゃんのオトコマエっぷりが切なくって、ナミダが出ちゃいました…weep

大好きなカンちゃん。
でも、パリと東京ぢゃ遠すぎるよね…。
切ないね、スズメちゃん…weep

ワタシゃ、てっきりカンゴには別に新しいオンナがいて、それでスズメちゃんを放置してるのかと思ったんだけど、どうやらそういうわけでもなさそうで、スズメちゃんの好きにあぐらをかいて、単に面倒くさかっただけなのね…。

ダメぢゃん、カンゴ…think

だったらSkypeすればいいのに。
カンゴはパリで時間にしばられた生活してなさそうなんだし、時差を云々言うことないぢゃん。
Skypeだったら、どんな生活してるかもよく分かるし、スズメちゃんだって安心ぢゃん。
PCをテレビに接続して、大画面でSkype入れっぱなしにしといたら、ずっと一緒にいるキブンだよ?

そんで、マイルを貯めてまた会いに行けばいいぢゃない。

…なんか、最近の遠恋って、ムカシと勝手が違うよね。。。coldsweats01

それにしてもこの映画、向井理と綾野剛が同い年だとは…とてもそうは見えないワ。。。

と、いうワケで、アルザスには本作中のお洋服なカンジ…。
トレンチコートの下に薄手のものを着て、ストールとかでもう一段階温度調節できるカンジにして行きたいと思います。

でも、ブドウ畑を歩くのに、ロジェ・ヴィヴィエの靴は履けないワcoldsweats01

てか、マカロンをマコロンとしか言えないようなヤローがロジェ・ヴィヴィエの靴を知っているとはとても思えないのだが…think

| | Comments (0)

Sunday, April 13, 2014

Joël Robuchon氏に捧げるhommage

ワタシは、恵比寿でかなり異彩を放つ、あのちょっと田舎の貴族の館風のレストランが大好きだ。

何故ならば、食を楽しむということに非常に寛容であるから。

それは、L'ATELIER de Joel Robuchonのランチ価格の設定からも見て取れる。
値段を抑えたコースを設定することで敷居を下げ、それでいてロブションらしい料理を提供している。

サーヴィスも、客がしゃべりたいと思ったらそれに付き合ってくれるし、しゃべらなくていい時に無駄口をたたいたりはしない。

予め組まれたコースメニューも、ちょっとアレンジして欲しい旨を伝えると、それに添うよう努めてくれる。
「シェフがバランスを考えて組んだコースですから、それを尊重してもらわないとウチのお客さんぢゃありません!」みたいな居丈高なことを言うこともない。

料理のお写真も、こころよく撮らせていただける。

これは、お2階の☆☆☆ガストロノミーでも変わらない。

ロブション氏は、料理のお写真NGのレストランがあるということを聞いて、大きな驚きを覚えたという。
そして、それは「伝承という文化に水を差すことになるのではないでしょうか」と述べておられた。(Joel Robuchon - page officielle-より)

料理との出会いは一期一会。
写真を撮るなど無粋だと感じる方もおられよう。

しかし、ワタシは写真を撮りたい、と思う。
そして、10年後20年後…50年経ったときにもも、その時の余韻を楽しみたいと思う。

一期一会なんて、そんなやせ我慢は出来ない。
だって、今ワタシたちは、その瞬間をいとも簡単に記録にとどめておける便利なツールを手にしてしまっているのだから。

それと、勝手な理屈ではあるのだが、ワタシにとって写真を撮るというのは、その料理に対するオマージュでもある。

敢えてお写真しなくても良い料理というのが、世の中にはあるのだ。
この素晴らしい今の感動を残しておきたい!
そう思わなかったら、別にいらないのだ、そんな料理のお写真なんて。

周りのお客様のご迷惑という理屈も分からないでもない。
できれば、そういう難しいお客様は、そういう難しいお客様仕様のお店でお食事をしていただけると有り難い、とは思う。

写真を撮る時間というのは、そんなに長い時間でもないワケだし、それよりももっともっと長い時間をレストランでは過ごすワケだから、それならそっちの時間を周りのお客様とお店のご迷惑にならないように気を配って楽しく過ごす、ということで御寛恕願えないだろうか、というところがホンネである。

今でこそ少なくなったが、分煙できてないレストランで食事の途中に煙草を吸う行為に比べると、写真を撮るってカワいいもんじゃない?
少なくとも、ヒトさまの味覚やら嗅覚やらに直接的な影響を及ぼすわけではないから、さ。

そう思うのは、ワタシだけ?

勿論それは、撮ってもいいよ、と言っていただける場所での話で、写真NGのところで敢えて撮ろうとは思わない。

でも、ワタシみたいなヒトは、写真NGのお店よりも写真OKのお店の方が居心地が良いと思うハズ…。
なので、そういうお店に行けばいい、と、そういうことなのだ。

なので、つい、おマチへ出稼ぎに行くついでに予約を入れてしまったRestaurant Joël Robuchonsmile

食を楽しむことに本当に寛容であると思わされる所以が、☆☆☆なのにおひとりさまOKsign01

HPからの予約は2人からしか出来ないが、直接お店へ連絡をいれたら「お席がございましたらおひとりさまでも承っております」ということで、何の問題もなく予約を受けていただける。

そういうところも、大好きheart04


で、だ。

写真NGの本音は、写真と一緒にネット上に氾濫するコメントにあるのだろうと、ジツは心当たりがあるワタシ…think

そういうことも含めて、敢えてウチのレストランでは写真OKですsign03と宣言したRobuchon氏は、さすが世紀の料理人の名に恥じぬ…と、改めて感服した次第である。

| | Comments (0)

Saturday, April 12, 2014

花が人を狂わせるのか、人が花に狂うのか~シャニダールの花~

4月7日から、BSプレミアムで『カーネーション』の再放送が始まった。
ジツはワタシは、よくある周防さん組の綾野剛ファンなので、周防さんの登場が待ちきれず、今から毎回録画予約。

だって、周防さんが出て来る頃に忙しかったりして、ついうっかり録画するの忘れたりしたら、これまたレンタルビデオ屋さんのお世話にならんならんやん…coldsweats01

あの伝説の(こればっかsweat01)周防龍一を語るのに、名前を言っただけではイマイチ思い出していただけないことがママあるのだが、ほら、あの「おいも好いとった」のヒトですよ~sign01

多分これで、何気にくだんの朝ドラを見ていたヒトでも、「ああ、はいはい~!」となったハズ…。

イケない恋に恋するお年頃には、あまりに美しすぎるドラマでございました…weep


その綾野剛の、ワタシ的今一押し『シャニダールの花』

はっきり言って、絶対に一般受けはあり得ない。
監督石井岳龍が構想に7年の歳月をかけた作品らしく、パズルのように散りばめられたヒントを寄せ集めて“解釈”していくことを見る者に要求している、多くは一回見ただけでは“よく分からない…”で終わってしまうであろう敷居の高い作品。

その作品世界に上手く入っていけるかどうか。
その鍵になるのが、決して美男×美女とは言えない主演の綾野剛×黒木華のラブストーリーに、ちゃんとシンクロ出来るかどうか、という点ではなかろうかと、斯様に思う次第である。

以下、ネタバレを含みます。

Continue reading "花が人を狂わせるのか、人が花に狂うのか~シャニダールの花~"

| | Comments (0)

Thursday, April 10, 2014

THE女装!またの名を絵にかいたような女装

半ば私信ですが…。

今日話題になった、THE女装!
あからさまに、それが女装であることに意義があるという、直球勝負の女装!
女装を絵に描いたら、まさしくこんなカンジになるという女装!

今時、こんないかにもな女装も珍しいと思うのです…。

| | Comments (2)

Wednesday, April 09, 2014

お口直しに毒リンゴ~白ゆき姫殺人事件~

このところのワタシには、ものごっつい不満があった。

アレだ。
とある俳優さん目当てでドラマを見たら、そのドラマの脚本がちょ~薄っぺらくって、だ。

そんな身体的な負担が大きいわりに薄っぺらいドラマ、出ないほうがいいよ…weep

つい、そう言ってしまいたくなるようなドラマだったのだ。。。think

そのドラマというのが、あれだ。
助演男優賞は大森南朋でも高嶋政宏でもなく、子役と犬でしょsign01みたいな…。

っていうか、大森南朋を生かせない時点で終わってるぢゃん、そのドラマshockみたいな…。

で、その俳優さんもいろいろ苦労して役作ってるんだけど、なにせ脚本が脚本だから、だ。

極度のシスコンで、その姉を2度殺した犯人を憎むあまり、凶悪犯は法の裁きを待つまでもなく即処刑でOKokみたいな信条があって、あくまで犯人を生きたまま確保することにこだわる主人公にはそれがキレイゴトだとののしりまくり、射撃訓練ではきっちり急所を狙い撃ちできるのに、いざ制圧という現場では急所外したところしか撃ってないし、てか、もっと動きとめるトコ狙って撃っとけよsign01みたいな場面もあるし、言ってることとやってることがけっこう支離滅裂…という役どころで、さぞかし苦労したと思うのだ…。

っていうか、ドラマの核心部分のストーリー展開上重要な論点であるテロや誘拐などの凶悪犯罪への対応として、制圧か確保かという命題が、いつの間にか射殺か生きたまま確保かにすり替わっているのだ。
制圧=射殺ぢゃないんだけど、論点整理がきちんと出来ない脚本のせいで、射殺も辞さずの制圧が、いつの間にか射殺を目的とした制圧にすり替わっているのだ。

舞台は、一応法治国家の日本のハズ…なのだが。。。

しかも、主役のゲゲゲがここまで大根だったとは…think

こんなドラマだから、アレだ。

日本全国津々浦々、列島のお茶の間を朝っぱらからセピアンローズのデカダンスに染め上げ、老婆をも惑わせる阿鼻叫喚の桃色地獄に突き堕とし、脚本家は自分の想定をはるかに超えたところでドラマが展開してしまったことにすっかりビビらされ、富士山よりも高く積まれた再登場の要望にも、ただ耳をふさいで震えるだけだった…という、伝説の周防龍一ワールド@カーネーションを紡いだ綾野剛といえど、ムリsign03
フォロー不能…think

と、言うワケで、ワタシはヤマトくん@ポインターの演技に注視してこのドラマを見たと、そういうわけなのだが、アレだ。

期待していたドラマがそれだと、やっぱりストレスたまりまくりでしょ?
彼の良い作品を見てお口直ししたいと、そう思うでしょ?

この春公開の映画の中では、そこのみにて光輝くがお口直しにはぴったりなんだけど、ここいらには上映館ないし…weep

取り敢えず、毒リンゴでも食べておこうか…と思ったのが、間違いの始まりだったのだ…。

2014040915140001

演じた綾野剛自身が“薄っぺらい男”と切り捨てた赤星雄治。

誰やねん、綾野剛にこんな薄っぺらい男の役演らせたの…think

彼はもう、いろんなタイトルを持っているのだ。

ランナーを演らせたらピカイチshineとか…
ゲイを演らせたらピカイチshineとか…
センシティヴな暴力男を演らせたらピカイチshineとか…
年下の愛人(≠恋人)を演らせたらピカイチshineとか…

フレンチブルと語らせたらピカイチshine、というのもあるよね…。

…制服とか白衣とかはあんまし似合う気がしないのだが。。。

あ、白衣は似合ってないケド、優しすぎる男を演らせたらピカイチshineということでいいかも…。

とにかく、そんな中に今さら薄っぺらい男を演らせたらピカイチshineとか、付け加えなくてもいいでしょうに。。。think

と、いうワケで、綾野剛的にはあんましお口直しにならなかった白ゆき姫殺人事件
いや、綾野剛はやっぱり上手いと思うんだけど、井上真央も良いんだけど、でも、あんまし映画としてその世界にどっぷり浸りきれないというか、テレビドラマでやったんでもいいんぢゃない?みたいな。。。

それを象徴してか、井上真央には気の毒だが、今日の映画鑑賞はワタシともう一人、すなわちどっちかがたまたまその回に行かなかったらおひとりさま貸し切り、たまたまどちらもその回に行かなかったらボウズという、これまたオソロしいことになっていた。。。

来年大河の主役がきまってるのに、こんなんで大丈夫?coldsweats01

そしてワタシは、帰ってからのお口直しで夏の終りを見てしまったのだった…。

ガッチャマンとかルパン三世とかもいいけどさぁ…。
もっと演技者として評価される映画に出て欲しいんだが…。

あと、夏の終りを撮った2012年の上腕二頭筋と、白ゆき姫殺人事件時の上腕二頭筋の違いとにビックリshock

そんなに鍛えて撮影したのに、アレかよ…crying
役者を使い捨てにするなよ…annoy

| | Comments (0)

Tuesday, April 08, 2014

Stroopwafels

この間お幸ちゃまを訪ねていらしたオランダ在住お犬友だちにいただいたお土産。

Dsc01115

ストループワッフルというものらしい。

Dsc01120

フタを開けた時の隙間が、ちょっと切ない気にさせる。。。

Dsc01122

サクサク生地で、ねっとりオランダシロップをサンドしたようなカンジ。
中のシロップがけっこう甘いが、シナモンの香りもきいていて、コーヒーのお供にイイカンジ。

いただきながら、なんとなくここいらの御城下にある唐まんというお菓子を思い出す。
長崎辺では一口香というらしい。

うどん県K市の同名のお菓子は、オランダから伝来したという伝承になっているとウィキさんが教えてくれた。
なるほど…と思いもしたのだが、このStroopwafelsが作られるようになった時期が1810年くらいだと、これまたウィキさんが教えてくれた。

う~ん。
そんなに早いコト日本に伝わって、ここいらの御城下までやって来るかね…。

いや、可能性がなくもない。

たまたま長崎のオランダ商館に派遣されて来た料理人がStroopwafelsが生まれたゴーダ地方の出身で、たまたま長崎でスパイ活動をしていたここいら御城下の誰かが蘭癖の殿様が喜ぶだろうと思って、そのなんちゃってレシピを江戸だかここいら御城下だかに書き送り、江戸に書き送った場合でも参勤交代の時に殿様お気に入りの阿蘭陀菓子として国許にレシピが伝わり、ちょっとづつイロイロ変わって今に至る、みたいな。。。

「ワタシがオランダに行った時には、ユーロが今よりもさらにお高くって、オランダではナンにも買えなかったわweep

いただいた時、つい、そうグチってしまった…coldsweats01

そう、1ユーロ168円からしたのだ、あの時…。
ついこの間までは100円を切っていたというのに…。

そして、一度円高に慣れてやりたい放題を覚えてしまってから、再び1ユーロ150円の時代を迎え…。

いや、オランダにはしばらく行く予定はないんだけど…coldsweats01

| | Comments (0)

Sunday, April 06, 2014

ワタシの知らない世界~闇金ウシジマくん season2~

S_2

誰からも借りられない人間が最後に頼る他人、それがCowcow Finance。

人間関係を大切にする闇金屋さんなので、10日で5割のあり得ない利息にもかかわらず、債務者は警察や弁護士に駆け込むことなく、黙々と10日で5割の利子を払い続ける。

言っときますけど、これは犯罪ですsign01

そのCowcow Financeを率いているのが見えないケド25歳のウシジマくんだ。

ココロの中には闇金屋にも三分の理。
社員の皆さんは、遅刻したら罰金壱万円。
他人にも厳しいが、身内にも厳しい。
いつもクールでナニゴトにも眉一つ動かさず、淡々と淡々と…shock


で、その債務者の皆さんは、だ。

閉塞感やら焦燥感やら絶望感やらに翻弄され、欲と色とにズブズブと溺れ…。

ヒトって、こんなにもカンタンに堕ちてゆくのね…。

その堕ちっぷりは、決してないものとも言い切れず、そこはかとなく切実なリアリティを持って描かれているが故に、ウシジマくんがあたかも正義のヒーローであるかのような錯覚は…

やっぱ、無理か。

とにかく、ヒトの欲望には限りがなく、ずぶずぶと深みにはまって相乗効果で堕ちていく。

そしてある日、跳躍してしまう。

でも、そんな中にも最後に捨てきれないモノ、なんてのもあって、それが見るものを切なくする。

捨てきれない故に、救われるもの。
捨てきれなかったが故に、破滅するもの。

決して、全てがフィクションではないというトコロに戦慄を覚えるこのドラマ。

まるで社会見学をしているキブンである。

と同時に、
本当の社会派ドラマというのは、深夜枠でしか放送できないのだ…。
そんなことを教えてもらったドラマだった。

漫画が原作らしいが、とても漫画を読む勇気はでない小心者のワタシ…。


見ていると、心がどよ~んと落ち込むこのドラマの中で、唯一オアシス的存在が、古めかしい駄菓子屋さん。

その前で、ウシジマくんと小学校の同級生の戌亥くんが、駄菓子を頬張りながら水鉄砲に興じたりシャボン玉で遊んだりするのだ。

↓こんなカンジ

しかも戌亥くんは、かあちゃんとすんごい仲良しみたい。
で、どうやらM男? そうなの?

とにかく、駄菓子と戌亥くんのフツーっぽさが、この救いようのないドラマにあたかも一服の清涼飲料水が染み渡るかのような錯覚を覚えさせる…。

いや、戌亥くんもそうとうアヤしいオシゴトのヒトらしいのだが…。

このウシジマくんと戌亥くんを演じているのが、女性週刊誌でも話題になった山田孝之と綾野剛。
小栗旬が山田くんを綾野に盗られた、みたいな記事になっていたけど、このドラマと5月公開の映画のためのツリ記事という見方が一般的らしい。

だって、もうずっと前から本人たちが語ってるぢゃんね、あの二人。
証拠?の動画に興味があったらこちらから…

いやいや、そういう意味ぢゃないですからcoldsweats01
最近は耳に穴を穿った戦国武将とか殿様とか、多いなぁ~、とは思ってたけど…。

と、言うことで、ウシジマくん。
映画も見に行こうと思いますsmile

ホントは綾野剛の『そこのみにて光輝く』も見たいんだけど、テアトル系はここいらでは見れないのだ…weep

そして今、ワタシのTSUTAYA定額リストのなかには、勇者ヨシヒコがごっそり入っている…catface

| | Comments (0)

Friday, April 04, 2014

騙されたいとまとNo.1!

その名も「うそつきとまと」。

Dsc01112

小ぶりの4個入りで、税込になるとほぼ500円という、騙されるのにもちょっと勇気のいるお値段。

でも、ちょっと、騙されてみたい気にさせる、罪作りなとまと。

果たしてお味は…sign02

| | Comments (0)

Thursday, April 03, 2014

え・・・エイプリルフールですか!?

今年のエイプリルフール一番のネタsign03といえば、コレでしょうsign01

S

ええもう、TSUTAYAの定額リストに速攻で追加しておきました、まだまだ話題作「るろうに剣心」

おもいっきり、釣られてます。
ハイcoldsweats01
うっかり、お金出して映画見に行っちゃうかもしれませんcoldsweats01

くまモンは出てこないと頭では分かっているんですが…。

そして、ジツはもう一つ。
これもよく考えてみたら…若しかしてエイプリルフール?というネタが…。

ジツは、先日四国犬のブリーディングをしているオランダのオトモダチがお出でになったのですが、その時撮ったお幸ちゃまのお写真を某サイトにUPしていただいたところ、ですね。
世界の四国犬ファンの方々からコメントをいただきまして…。

「彼(お幸ちゃま)は…なんとなく賢者のような顔つきだね。いくつ?」
「12歳と5か月だよ。」
「ぅわぉ! 老賢人だね。」
「なんてハンサムな老紳士!」
「わぁ~、なんてカワイイおじいちゃん、彼はこの世界のありとあらゆる謎を知ってるわ。目を見ればわかる。」

えっと…。
はじめは素直に喜んだんでございますが…。

コメントの日付がエイプリルフールなんですけど…みたいなcoldsweats01

2日になってからのコメントもあるんですけど、よく考えたら…時差sign02

やっぱり、ネタ範疇ですかね、これも…coldsweats01

Dsc01066

撮り直しの桜写真。

今回は、赤いそれ行けお幸ちゃま号で花園山の桜スポットへ移動。
それでもお幸ちゃまはおもいっきしご機嫌ナナメでいらっしゃいましたが、なかなか可愛くお写真出来ました。

Dsc01032

みなさぁ~ん!
これが、世界のあらゆるヒミツを知っている老賢犬のお顔ですよcatface

えっsign02
今日はエイプリルフールぢゃない?coldsweats01

でも、カワイイでちょ~catface ←ポインターちゃんを自慢する梶尾調@S-最後の警官-

| | Comments (0)

Tuesday, April 01, 2014

お写真まつり&卓ちゃんまつり

今年は花が咲いたかと思ったらの大嵐…weep

Dsc00973

のんびりとお幸ちゃまのお写真を撮ってるお花的余裕がない。

なので、ほとんど引き回しの刑的にお幸ちゃまをお写真スポットへ連行してお写真しようとするのだが…。

Dsc00941

お写真したくないお幸ちゃまの牛歩戦術で、お写真スポットに到着3分でお日さまが沈んでしまった…。

日没前の横からの光って、まかり間違ったらとってもステキなお写真が撮れるかも…なのに。。。

明日、もう一度ココで狙ってみよう。


さて、ワタシはお幸ちゃまのお写真まつりだが、女王さまはこの間から卓ちゃんまつりに入っていらっしゃる。

女王さまはお寝みになる前、「ナニか面白いテレビ」というのをご所望になるのだが、最近一番のお気に入りが、卓ちゃんこと、高嶋弟扮する森山卓@Doctorsなのだ。

その前は、実はぴんとこなだった。
それほど歌舞伎Loveheart04というわけではなく、且つジャニーズにも興味のない女王さまだが、勤労学生あやめちゃんを取り巻く三角関係+1に胸をときめかせていらしたモヨウ。

意外とオトメでいらっしゃるのだわsmile

ワタシはこのところ、S-最後の警官-だったので、これもご一緒にご覧になられ…てないかも?
何せ、これは始まってから3分と経たない間にぐっすりとお眠りになられていたような…coldsweats01

ワタシが、警備犬ポインター役のヤマトくんの光る演技について、いくら熱く語っても、ちっともお耳に入っていらっしゃらないようだし…weep
主役のゲゲゲよりもずっと繊細な演技をしていたというのに…。

で、アレだ。

ぴんとこなにもS-最後の警官-にも、高嶋兄の方が出ていたのだが、こちらは出ていたことすら気が付いていらっしゃらないくらいなのに、Doctorsでは何故か高嶋弟押し…というか、卓ちゃん押しなのだ。

「卓ちゃん、面白いぞえ~heart01

8割9割はエロで出来ていると自称する主役の俳優は、名前も知らなければ白衣を脱いだ時に相良先生と判別できているかどうかも怪しいのだが…coldsweats01

で、ジツはワタシは、“使えない!”と悪態ついて止めるつもりだったTSUTAYAの月額課金で、女王さまご所望のDoctors2(新作)をレンタルいていると、まぁ、そういうことなのだcoldsweats01

ジツはあぐりの4巻目が混み合ってるようでなかなかレンタルできなくて、それもあって止めるに止められずそのまま続けているというのもあるのだが…。

いやいや、まいったまいったcoldsweats01
新作借りたらモトは取れるから、まっ、いっかsmile

| | Comments (2)

« March 2014 | Main | May 2014 »