« 行かねばなるまい~LE CHAMBARD~ | Main | 田んぼの中の伝説のラーメン屋さん »

Wednesday, March 12, 2014

やっぱり楽しいここいらイタリアン

おマチに住むと分かるのだが、ここいらの魚の良し悪しの基準とおマチのそれとはかなりの開きがある。
ここいらのヒトは、美味しいイタリアンというものにはあまり馴染みが無いかもしれないが、美味しい魚というのは良く知っている。

なので、ここいらでも若しかすると上手くいくかもしれない、魚が美味しいイタリアンのお店。
お昼の3500円のコース。

Dsc00002

菊芋のポタージュとパルミジヤーノのジェラード。

Dsc00004

アオリイカの冷菜。

Dsc00018

サワラの温菜。

Dsc00025

本日のパスタ。

Dsc00032

選べるメインはハタをチョイス。

Dsc00036

消化を助けるフェンネルのジェラード。

Dsc00043

イチゴ尽くしのドルチェ。

Dsc00048

最後の小菓子まで手抜きが無い。

惜しむらくは、もう少しエスプレッソを上手に淹れてくれると良いのだが…coldsweats01

これまでなんちゃってイタ飯屋さんしかなかったここいらで、このイタリア料理のクォリティをどこまで評価できるものか、ちょっと不安なトコロも無きにしも非ず…なのだが、ワタシはこのお店がかなり気に入っている。

お金を払って食べに行くイタリア料理というのは、おうちで作れるものであってはならない。

その点、このお店のお料理にはイロイロなお楽しみが仕込まれていて、レストランへ行って食事をするという、ハレの場にふさわしい高揚感が味わえる。

八幡浜というなんともローカルな港町で、グローバルスタンダードなイタリア料理を味わえる奇跡…。

奇跡が本当の奇跡となってしまう前に、存分に享受しておかれたしsign03と、大声で触れ回りたい気分である(笑)

と言っても、魚料理は素材勝負。
鮮度のいい魚が効率よく回転していなければ、お店のクォリティを保つことは難しかろう。

やっぱり、アレだ。

奇跡が本当の奇跡となってしまう前に、存分に享受しておかれたしsign03
さすれば、このお店、さらに良くなっていくハズ…。

|

« 行かねばなるまい~LE CHAMBARD~ | Main | 田んぼの中の伝説のラーメン屋さん »

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おそとで洋食編~」カテゴリの記事

Comments

そのお店の行く末はアナタにかかっているのね^^

Posted by: かあちゃん | Wednesday, March 12, 2014 at 08:50

ナニをおっしゃいますやら、ここいらのみなさまに頑張っていただかねば…でございます。
お店は、お客が育てるものでございますものhappy01

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, March 12, 2014 at 13:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 行かねばなるまい~LE CHAMBARD~ | Main | 田んぼの中の伝説のラーメン屋さん »