« まんさいまつり、開催中~陰陽師・陰陽師Ⅱ~ | Main | まんさいまつり、開催中~花の乱完全版7~ »

Thursday, January 30, 2014

まんさいまつり、開催中~花の乱完全版1~6~

萬斎テレビドラマ初出演作、『花の乱』。

519wmckowl__sl500_aa300__2

日本三大悪女の1人とされる日野富子の物語。
正直、これを大河枠でやったの?shock的ストーリー。
今ならドラマ10辺りが一番落ち着くかも…的オカルトサスペンス時代劇。
今時の“分かりやすく”という大義名分を掲げた大衆誘導的な薄っぺらい内容のドラマでないことは、難解なセリフの数々からも察せられよう。

いきなり「かりょうびんが」って、これ、漢字で書けます?(ちなみに、ワタシは書けませんcoldsweats01
「江口」って、江口〇介のこととちゃうし…。
「黒方」のあの艶めかしさは、嗅いでみずんばわかるまい…。

見るものにもそれなりの教養を要求している、極めてハードルの高いドラマ。

この重厚と言えば聞こえはいいが、陰鬱で殺伐とした内容で、視聴率をとろうと思う方が間違っているというか、絶対に一般受けなんてのはあり得ないけど、ドラマの筋とは関係ないところでお楽しみがテンコ盛りなところは、かつての大河ドラマの豪華さを偲ぶに余りあると言うべきか。

キャストを見てビックリ!
團十郎の青年時代を新之助(海老蔵)が演じ、幸四郎の娘(少女時代)を松たか子が演るって、ナンかの冗談ですかsign02みたいな…coldsweats01

そして、この時まだ而立前の萬斎が、萬屋キンキンと渡り合い、三田佳子の毒婦ぶりを際立たせ、團十郎を喰ってしまっちゃっているのだな、これが…。

團十郎は、ちょっと貧乏くじだったような気がしないでもない。
義政というのが、なんとも見せ場が作れない役どころなのだ。
そういう役にこそ役者の力量が問われるわけだが、隣であれだけ分かり易くshineキラキラshineされると、辛い…coldsweats01

それというのも、細川勝元に実年齢の近い萬斎を起用して、それよりも年下のはずの足利義政が團十郎って…。
もっとも、それを言い始めたら、50を過ぎた三田佳子にハタチの役を演らせるのだから、日野富子が妖婦にしか見えなくても仕方がないというか、恐ろしいモノを見てしまった感がぬぐえないというか…coldsweats01

この熟年俳優夫婦の中にあって、萬斎が堂々の勝元を演じてしまったがために、ナニかが狂ってしまっているのだ、このドラマ。
ビジュアル的にずっと違和感が拭えない富子と義政、その2人の関係にのめり込めないまま応仁の乱に突入して、ますます勝元がshineキラキラshineしてしまっているから、さあ大変sign01

萬斎、恐るべし(笑)

迫力だったのが、京マチ子とかたせ梨乃。
いやぁ~、オンナってコワいわぁsweat01

奥田瑛二の一休宗純は、あの重文の絵とビジュアルが重なりすぎてツボってしまった。

さて、これから勝元サマはどうなるのかしらドキドキheart04
森侍者と勝元サマのこれからの関係に妄想をめぐらしつつ、続きを借りるのは勝元が死ぬところまでかしら、やっぱり…smile


|

« まんさいまつり、開催中~陰陽師・陰陽師Ⅱ~ | Main | まんさいまつり、開催中~花の乱完全版7~ »

爛漫日記/観賞編」カテゴリの記事

~ドラマ編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« まんさいまつり、開催中~陰陽師・陰陽師Ⅱ~ | Main | まんさいまつり、開催中~花の乱完全版7~ »