« コムスメがアルザスを旅するということ。 | Main | 箱買いですが、どうしましょう(汗) »

Thursday, December 05, 2013

★★レストランを予約しよう!

そのムカシ、アルザスの公爵さまの御領地だったオベルネというところに、公爵さまのフォークというレストランがある。

いかにもアルザスチックな外観に、駅の真ん前という超ココロにもお財布にも優しいロケーション。
さらに、ココのお料理がナンともワタシ好みなボリューム感。

お皿いっぱいお絵かきしたような、いったいナン皿食べたらお腹が太るのかしら…みたいな料理ではなく、いかにも王道一本勝負sign03みたいなカンジなのだ。

しかし、このレストランには、一つのハードルがあった…。

ご予約はお電話で。

これが、このレストランへのアクセスのハードルをもんのすごい上げていることは、分かるヒトには分かるハズ…weep

なんたって、まずは「ぼんじょ~sign01 公爵さまのフォークでございます」って、フランス語で言うのだ。
「お電話ありがとうございます、シャトーレストラン○○が承ります」って、日本語で言ってくれるところにお電話するのと比べたら、ドキドキheart04度100万倍shock

「ぱっれぶあんぐれ?」

一生懸命練習してお電話したら、その後のえいごがうまいこと言えんと閊えてしまった…coldsweats01

電話に出たやさしいおにぃちゃんは、流暢な語できちんと話してくれた。
なので、言ってることは分かるのだが、如何せん、お口が回りませんshock

英語なんて、ここいらに居たら使うことないモノ…think

必要事項を伝えて、復誦してもらって、自分の語学力に大いに不安があるものだから、e-mailで予約確認したい旨を伝えると、Webサイトにアドレスあるから送っといてね!

…ねぇ、今、フフって笑ったsign02
笑ったよね…crying

メールを送ったら、30分と経たない間にお返事が来た。
メデタシメデタシcherryblossom

ジツは、パリの某★★★みたいに「○日までにリコンファーム必須、○日前以降のキャンセルは要キャンセルチャージ」とか、某★★みたいに「ご予約は○週間前から受け付けます」とか、ココロの準備が出来てない問答になってしまったらどうしよう…と、かなりドキドキheart04だったのだが、そんなムチャなことに発展することもなく、よかったよかったcoldsweats01


これで、2軒目のレストランも目出度く確定。

でも、オベルネには有名なお菓子屋さんがけっこうあったりして、ご飯を食べただけでは帰れそうにないのが困ったところ…。

えっ、観光名所sign02
…ナニがあるのかしら…coldsweats01

|

« コムスメがアルザスを旅するということ。 | Main | 箱買いですが、どうしましょう(汗) »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~海外ヨーロッパ編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« コムスメがアルザスを旅するということ。 | Main | 箱買いですが、どうしましょう(汗) »