« 陳記百果園のマンゴージャム | Main | ここいらで一番のお気に入り »

Thursday, July 11, 2013

炎天下の納涼?川下り

今日はおよばれ、肱川の川下り。

2013071013430000

あの、ちっこいお船でしばしの遊覧。

2013071013570000

モチロンお食事つきですcatface

週末だったらお昼間も観光鵜飼があるのですが、さすがに平日ただ一艘のために鵜飼というのはちょっと気の毒…coldsweats01

と、いうことで、川で涼みながらのお食事会。

2013071014070001

川の色が変わっている辺りでものごっつい深くなっているらしい。。。

2013071014080002

未だかつて行ったコトがない臥龍山荘。
なんでも、生きている槇の木を支柱に使っているという、かなり結構な建築らしいです。

川下りをすると、川にせり出して建てられている様を下からよっく見ることが出来ます。

さて、肱川と言えば鵜飼。

鵜さんの立場で言えば、ナンともザンコクな見世物なワケですが、観光資源としてその伝承と広報に力入ってますsign01

2013071014200000

この、川に臨んできれいに整備されているこのエリアは、その観光事業に貢献した鵜さんたちのお墓なのだそう…。

血も涙もなさげな方法で使役しているようでいて、ジツは鵜さんたちは、大切なパートナーなのですね。

2013071014270000

とにかく真夏日の炎天下。

しかし、川の上はなかなかに快適。
クーラーのなかった時代に、涼を求めて川に船を浮かべたヒトの気持ちがとってもよく分かります。

2013071015050001

最後にお城を眺めて1時間半程の川下り終了。

船の中で天ぷらを揚げてくれるとかいったサービスはありませんが、話のタネにのんびりランチクルーズ如何でしょう?

|

« 陳記百果園のマンゴージャム | Main | ここいらで一番のお気に入り »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~国内四国編~」カテゴリの記事

Comments

風流ですわね。。。
岐阜にも、長良川の鵜飼がございます。
一度、とうちゃんとおトモダチ夫婦をご招待しまして、
乗りました。
近頃は女性の鵜匠さんもおられて、華やかでございますね。
鮎は、かあちゃまは雑炊が好きでございます、うふっ^^

Posted by: かあちゃま | Thursday, July 11, 2013 at 09:24

こうちゃまの日記にはお邪魔してました。
お久しぶりです。
肱川だ~♪♪♪
実家が下流にあるんで、懐かしく見せてもらいました。
暑い中の川下りは気持ちよかったですね。
あ、臥龍山荘・・・私も行ったことない。笑
鵜飼いが見れなかったのは残念ですが、
真夏の涼を満喫できたのが1番ですね(^^)
もし機会があれば、花火のときも。
船からはちょっと見づらいけど、これも風流で良いですよ。

Posted by: みやママ | Thursday, July 11, 2013 at 15:05

fishかあちゃま
長良川の鵜飼いも有名ですよねhappy01good
女性の鵜匠さん、お衣裳も華やかsign02
んなことあるかいrockって怒られそうcoldsweats01

鮎雑炊、美味しいですねgood
ジツはワタシ、小ぶりの鮎をフライにして頭からバリバリ食べるのもキライぢゃないんですぅ~pig

fishみやママさん
お久しぶりですsign01
あ、やっぱり、臥龍山荘行ったことないですかsign02
いやいや、なかなか行くチャンスが巡ってこないですよね、近くだと…coldsweats01
ジツはワタシ、大洲城も行ったコトないんです…coldsweats01

夏の鵜飼いと言えば、お船から花火していて大きな鮎が飛び込んで来たことありましたsign01
らっき~smilescissors
花火の時も一回乗ったことあります。
お屋根が邪魔なんですよね、花火の時は…coldsweats01

あと、乗り場と降り場が違うので、その間の移動がタイヘンcoldsweats01

Posted by: SAKURAKO | Friday, July 12, 2013 at 11:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 陳記百果園のマンゴージャム | Main | ここいらで一番のお気に入り »