« 台北で食べまくり〈2日目〉 | Main | こんなハズではなかったけれど…。 »

Wednesday, June 26, 2013

台北で食べまくり〈3日目〉

〈水蜜桃芒果を食べてみた!〉

「これは、明後日やね。」

と言って、百果園のおじさんが選んでくれた水蜜桃芒果。

Dsc00643

普通の極品愛文芒果が1個280元だというのに、それよりも小ぶりなくせして1個400元からするという、超レアsign02なマンゴー。

“夏之心”…って、ナンかパクってありそうなネーミング…coldsweats01

「愛文芒果と水蜜桃芒果、どう違うの?」

そう聞いてみたら、「アップルマンゴーとピーチマンゴーだよ。」というお返事。

「どっちが美味しい?」

「それぞれ味が違うから、どっちがどうってモノでもないよ。」

と、いうことで、水蜜桃芒果なるものを、1個400元という台湾のマンゴーとしては太陽のたまご的感覚なんぢゃないかと思われるようなお値段で買ってみた。

だって、ピーチマンゴーなんて食べたことないんですものhappy02

で、それから明後日の朝、今日が食べごろとばかりにいただきますcatface

……。

香りは、アレだ。
言われてみれば、アップルマンゴーよりあっさりめ?

甘さは今回台湾で食べたマンゴーの中では甘いのだが、イマイチ期待と違うというか…。

あれかしら。。。
今年はマンゴーがあんまり良くない年なのかしら…。

〈健康のため、とりすぎに注意しましょう!〉

マンゴーの朝食を終え…今二つ物足りない。。。
昨日、夕食後のデザートにライチを食べちゃったからだ…。

ジツはワタシ、豆漿を買いに行こうと思って、ホテル近辺の豆漿屋さんやらタクシーで行く豆漿屋さんやらをイロイロとチェックしていたのだが、女王さまの思召しは、アレだ。

「喫茶店へも行ってみたいぞえぇ~。」

こういうこともあろうかと、ホテル近くの台湾っぽい喫茶店をチェックしていたナンて用意周到なワタシ…。

ということで、南京東路の林森公園わき辺といったら、タピオカミルクティーのあのお店。

Dsc00727

開店と同時くらいに入ったので、まだひっそりとしていた店内。
奥の厨房は、床磨きの真っ最中…coldsweats01

Dsc00731

やっぱり、ココではタピオカミルクティーでしょうsign01

と、いうことで、普通のタピオカミルクティーと鉄観音のタピオカミルクティーを微糖で注文。

普通のタピオカミルクティーはセイロン系のブレンド、鉄観音も火焙がしっかり入ったもの。

Dsc00733

そこに、ブラックタピオカがたっぷり入るのだ。

何とも不思議な飲み物…。

…でも、鉄観音ぢゃなくてもいいかな。。。

というか、口に残る渋みが気になる鉄観音ミルクティー。
普段、渋い鉄観音なんて飲んでないから、さ。

さて、このお店。
いったん入ったからには1人100元という最低消費金額が決まっている。

タピオカミルクティーは70元。

なので、ナニがナンでも他のものも注文しなければならない…。

ということで、70元のモーニングセットをプラス。

ココのモーニングセットは、選べる主食に卵焼きとサラダのセット。

Dsc00735

1つはバタートースト。
…思えば、これを2人でワケワケしても、最低消費100元は超えたのだが…。

もう1つはタロイモ餅なるものを注文してみた。

Dsc00738

米粉を溶いてタロイモを入れて油で焼いているらしい。
味は、悪くはないのだが、先に来たバタートーストで既にお腹はいっぱい状態…coldsweats01

しかも、卵焼き…というか、両面焼いた目玉焼きの上にかかったトロリとしたお醤油に、昨日お風呂のテレビが流していたとある番組が脳内でリプレイ…。

ナンでも、表示を超える防腐剤だの増粘剤だのを添加しているお醤油というのが、巷には溢れているらしい…。

ちなみに、もう一つショッキングな内容もあったのだ。

マチの杏仁豆腐屋さんの衛生状態は、たいがいにおいて悪いらしい。
調理場がトイレの横にあったりして、寒天で細菌培養状態になってる場合があるとか…shock

化学の力の杏仁豆腐の素を使っているトコロもけっこうあって、それは皮膚に付けたら刺激的な痛みを感じる…って、着いて痛いもん食べてどうなるん…shock

そんなことが頭の中でリプレイされていると、アレだ。

Dsc00740

この、サラダの上にかかったネットリドレッシングも、ナンか怪しげな気がしてくる…。
それでなくても台北の野菜は、残留農薬がけっこう多いらしいというのに…。

そんなことを考えながら食べたせいか、それとも口の中に残った不快な渋みのせいか、はたまた舌を指す化学調味料の仕業か、この後嘔吐感と胃部不快感に襲われ、軽いショック状態なのか舌の根っこがコムラガエリ状態となり…。

皆さんも、化学物質の取りすぎには注意してください。。。think

ココでの朝食が、今回の大誤算その②となってしまったのだった…weep


〈予定はえてして変わるもの…。〉

さて、本日最終日。
4時45分のフライトなので、午前中は林安泰古厝にでも行ってみるつもりだったのだが…。

「昨日のお茶屋さんへ行って、お土産を買うぞよぉ~sign01

あの…女王さま。
そういうことは、お茶屋さんへ昨日行った時におっしゃってください…weep

そんな叫びを心で発しつつ、再び林華泰茶行へ。

2013061310430000

「お土産用にお茶ください!」

「凍頂烏龍はいかがですか?」

「それにしてください。」

凍頂烏龍は台湾のお茶なので、台湾のお土産にするお茶としてはまぁ、妥当なトコロというか、分かる人には分かるはず…。

で、ワタシもついでにトモダチのお土産を買っちゃおうと、以前彼女と一緒にこのお店に来た時に彼女が買っていた文山包種を詰めてもらう。
好みのお茶が分かっていたら、それが一番喜んでもらえそうぢゃない?

で、お茶を買ってホテルに帰って、女王さまが気が付く。

文山包種の包みと凍頂烏龍の包みとでは、重さは同じでも大きさがエラい違うのだ。

それは、製茶方法により出てくる差なのだが、いつも出て来たお茶を飲んでるだけの女王さまにはあんまし理解出来ていなかったらしく…。

「そっちの大きい方がいっぱいっぽくって良いぞよ~!」

と、有無を言わさず取り上げられ…weep

だって、女王さまのお土産は10個とかまとめ買いなのに、大きな包みの文山包種が10個あったらスーツケースに入りまへんがな…。

そして、その後ワタシは、ばら撒き用にパイナップルケーキを買いに行かされ、それとは別に自分用とお土産用に美味しいと評判の国賓大飯店のパイナップルケーキを買って来たのだが…。

まさか、このパイナップルケーキも取り上げられるとは…。

あれほど出発前にお土産は計画的に、と申し上げておいたのに…。

羽田で買って羽田から送るから台湾ではお土産は買わなくてもよいぞぇ~!とか言ってたハズだったのに…weep

と、斯様に予定とはえてして変わるもの…。

今回のお土産秘話でした。

〈最後にお腹いっぱいの点心を!〉

結局、お土産の調達で午前中が終わり、ホテルをチェックアウトしてお昼ご飯は1日目に夕食を食べた喆園へ。

Dsc00752

このエビ餃子はナカナカの出来。

Dsc00763

鮑がのった焼売も、ジューシーで美味しい。

Dsc00756

滑らかな千切り大根が入った大根パイ、これがまた意外な味でかなり美味しい!

Dsc00773

バターと卵を使ったやけど注意のおまんぢう。

Dsc00776

中からトロリと溢れ出すこの超高カロリーな餡が、絶品なのだ。

Dsc00748

しかし、このヘチマ炒めは重かった…。
鶏スープで炒め煮にしてあるのだが、その鶏スープというのがいかにもものごっつい鶏の味のする鶏スープで、ここまでトリトリしいと、ちょっと辛くなるカンジ。

総じてこのお店は、スープは鶏スープであるらしく、夜のフカヒレスープもトリトリしい鶏スープがベース。

なので、スープが表に出る料理の味の洗練度はどうもイマイチ、な気がする。

しかし、点心は台北ではソコソコ頑張っているのではあるまいか。

とはいっても、やっぱり美味しいのは香港やね。

という結論に落ち着いた、今回の台北での食べまくり。

最終日、胃がキリキリと痛むなか、それでもよく頑張ったsign03

しかし、機内食はダメだった…think

Dsc00788

もう、一口だって食べられません。。。bearing

かと思いきや、バラの形のデザートだけはちゃんと食べて、後はそっくりお返ししたのだった…。


そして、9時過ぎに羽田について、ローソンでおにぎりを買って済ませた飽食のあと…。

〈おまけの朝ごはん〉

日本ってお金がかかるのね…weepと再確認した翌日の朝食。

Dsc00791

これでざっくり2000円。。。

|

« 台北で食べまくり〈2日目〉 | Main | こんなハズではなかったけれど…。 »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~海外アジア編~」カテゴリの記事

Comments

台北旅行記を読んでいたら、香港に行きたくなりましたsmile

Posted by: 空 | Sunday, June 30, 2013 at 21:39

マイル口座に香港へ行けるだけのマイルがあると、妙に癒される気がする今日この頃…。

やっぱり、香港ですよsign03smilescissors

Posted by: SAKURAKO | Monday, July 01, 2013 at 02:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 台北で食べまくり〈2日目〉 | Main | こんなハズではなかったけれど…。 »