« さて、この目の前の牛スジを…。 | Main | 女王さまと行く京の冬の旅~2日目~ »

Friday, January 25, 2013

女王さまと行く京の冬の旅~1日目~

今日は女王さまと久しぶりの京都です。

2013012511390000


空港からバスに乗ったのですが、タッチの差で間に合わず。

「ちょっとしか過ぎてないのに、どうしてバスが居らぬのぢゃぞよ〜!」

いや、だから、ちょっと過ぎたからです…。

こんなカンジで、今回の旅は始まります。

2013012511440000

京都駅から市バス9番に乗って目指すは嘯月

お菓子の風味を大切にするため作り置きはしない、前日までに要予約の和菓子屋さん。
ちょっと分かりにくいところにあるけど、京都駅から行くときには西賀茂車庫前行きに乗って北大路堀川を過ぎ下鳥田町で降りたら直ぐ。
小学校の脇の細い道を目印に曲がれば、迷うことなく目の前が嘯月。

2013012512210000

「こんなややこしいことにしてまして、どうもすみません。。。」

前日までの要予約というので敷居がものごっつい高いお店かというと、そうではない。

Dsc08226

お任せで詰合せてもらった4種類とも、それぞれに違った趣向で楽しませてくれたのだが、特に秀逸だったのが山芋を使ったきんとん。

末富の山芋きんとんも美味しいが、嘯月はそれを見た目だけでなく味までもさらに繊細にしたようなカンジ。
素晴らしい…shine

次に向かったのは、鯖寿司が美味しいとウワサの末廣。
場所は一保堂のお向かいさん。

Dsc08218


ちょっとビックリするようなお店だが、これで結構ファンがいるらしい。
さらりと天保年間創業というところに、やっぱり京都よね…。

鯖寿司はかなり美味しかった。
が、冬季限定の蒸しずしは、アナゴに難あり。

なので、鯖寿司をガッツリ食べた方が満足できるハズ。
少なくとも、身の厚い一番美味しいトコロを全部女王さまに食べられてしまったワタシのようなカナシいことにはならないでせう…。

で、食後のお茶は一保堂。

Dsc08221

喫茶室嘉木は、けっこう評判が良い…と聞いていたのだが、なんというか、アレだ。

お濃茶を注文すると、引き切った後のお茶碗を下げてお湯を足し、お薄になって再登場って…アリ

しかも、お茶碗ナニこれ。
お濃茶立てるお茶碗ちゃうやん!

とか、

お茶出すのに古帛紗も無しかい!

とか、

そのお茶碗鷲掴みの手はナンぢゃい!

とか、いろいろあるのだが、アレだ。

お菓子がちっとも美味しくなかったのが一番いただけない。
ジョウヨなんて、あからさまに昨日のお饅頭やったし。

天下の一保堂も、こんなもの?

それから一路高島屋へ向かい、末富の行雲流水とみそ合わせをGetgood
そして、高倉蛸薬師の亀廣永といえば、したたり。

Dsc08522

黒砂糖と和三盆の絶妙なコラボが野趣と雅趣を融合させて素晴らしい。
お値段も手ごろで、京都のお土産に是非ともおススメしたい。

ホテルに帰って荷物を置いて、夕食は七条西大路をちょいと上がったところのいはら田へ。

2013012519060000

京都で割烹料理屋さんへ行くと、割と腹を立てる確率高しというか、なんやかんやであんまし嬉しくないことが多いのだが、ココはジツに気に入ったhappy02good

大将もイイカンジだし、料理もこう、「こんなんどうでっしゃろsign03」と攻めてくるカンジで、ほうほう、こんなにしたんか、というカンジで楽しめて、しかもsign01
京都では稀有なことだがCPが非常にイイ。

それなりの値段を出してもこんなもん???になりがちな京都だというのに、これでこんなに出して大丈夫かいな…coldsweats01的な大盤振る舞い。

こんなお店は大好きだhappy02

そして、超楽しみにしていたドライエイジングビーフ。

Dsc08313

丹波篠山の牛さんなのだそうだが、表面にカビが来るほど熟成させたヒレ肉は、あっさり目にも関わらず旨み凝縮で確かに美味しい。

その外にもいろいろいっぱい、もうあきまへんかんにん…というくらい食べちゃった。

京都に行ったら次は迷わずいはら田決定sign01

というわけで、一日目の予定は無事終了。

観光はまた明日smile

|

« さて、この目の前の牛スジを…。 | Main | 女王さまと行く京の冬の旅~2日目~ »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~国内関西編~」カテゴリの記事

Comments

今回は、どんな美味しいものを食べるんですか?
お話楽しみにしていますheart01

Posted by: 空 | Saturday, January 26, 2013 at 23:06

今回は、なかなか充実の食べもの屋さんめぐりになりましたhappy01
朝食がdownweepだった以外は概ね満足若しくは突っ込みどころ満載で楽しめましたsmile

やっぱり、京都の和菓子は美味しいsign03
ありゃゲージュツですよ。

おねーちゃんたち、パリへケーキ食べに行く前に、いっぺん京都で和菓子も食べてみよしhappy01goodってカンジcatface

今度、一度京都へご一緒にイカガ?smile

Posted by: SAKURAKO | Sunday, January 27, 2013 at 15:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« さて、この目の前の牛スジを…。 | Main | 女王さまと行く京の冬の旅~2日目~ »