« 今年のハス…?号 | Main | 3匹のコブタ?、香港を行く!~5日目・その1+α~ »

Sunday, September 02, 2012

3匹のコブタ?、香港を行く!~4日目・その3~

〈The symphony of lights〉

始まりは期間限定イベントだったはずが、いつの間にか毎夜8時からのお約束になってしまったシンフォニー・オブ・ライツ。

Dsc04171

100万ドルの夜景にさらに付加価値を付けるべく、光の衣を纏ったキッチュなビルヂィングたちが繰り広げるライトショー。

Dsc04189

こんな風に、ビルのてっぺんからレーザービームでご挨拶。

Dsc04179

ナナイロに光ってアピールするビルヂィングもあり。

Dsc04200

そのビルディング群が、香港島沿岸いっぱいに伸びてきている。

Dsc04174

ムカシはこんな端の方まで明るくなかった気がするのだが…。
それでも100万ドルの夜景でOK?

〈一杯のフカヒレスープがワタシを香港へと駆り立てる。〉

世界一長寿の街、香港。
長寿の秘訣はやはり医食同源の食文化?

と、いうことで、今宵もまた香港で味わうディープ?な文化体験。
場所は、昨日に続きインターコンチネンタル香港の欣圖軒

Dsc04210

全てにおいてパーフェクトな前菜。

Dsc04227

「フカヒレを食べるなんて野蛮よ!」

そういうヒトは、食べなければいい。
ワタシはクジラだって食べればフカヒレだって食べる。

犬は…それも一つの食文化なので、そのような食文化を育んできた人たちに食べるな!と言うのは筋が違う。
しかし、ワタシは食べない。

そういうものぢゃないかしら。

Dsc04232

この欣圖軒のフカヒレスープの素晴らしさは、たとえ100万言を労すると言えど、食べてみんことには分からないだろう。
食べたら食べたで、瞬時にしてこれまでの中華料理体験がリセットされてしまう驚異のフカヒレスープ。

Dsc04233

どーにもならんフカヒレスープにちょろんと加えて誤魔化すことが多い赤酢さえもが、その驚異のフカヒレスープにはどっしりと受け止められて、昇華させられてしまう。。。

この素晴らしいフカヒレスープこそ、守り伝えるべき食文化であると確信した後の伊勢海老。

Dsc04241

シェフお勧めのミルク炒めにしたのだが、これはフツー。
期待したほどミルク風味がしなかっというか、胡麻油の香りに負けてしまっている感あり。

このお店はチリソースがそのまま舐めても超絶美味しかったので、チリソース炒めとかの方が良いかもしれない。
次はそれでcatface

Dsc04261

欣圖軒、良いお店です…。
次回も必ず行かねばならないお店。

関連記事 そのためだけに香港へ行く価値があります。

〈星光大道を歩けば…。〉

そして、食後のお散歩。

Dsc04273

夜景を眺めつつ…。

Dsc04275

ブルース・リーの銅像もあるらしい海沿いの道を歩く。

Dsc04279

良い具合にお月様まで顔をだし…。

Dsc04278

いや~、夜の散歩は楽しいねぇ~coldsweats01

|

« 今年のハス…?号 | Main | 3匹のコブタ?、香港を行く!~5日目・その1+α~ »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~海外アジア編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年のハス…?号 | Main | 3匹のコブタ?、香港を行く!~5日目・その1+α~ »