« 今日の出来事 | Main | なんちゃってカルグッス »

Friday, August 24, 2012

3匹のコブタ?、香港を行く!~4日目・その2~

〈香港に来たら、ガルーパですよ!〉

昨日、GMを席に呼びつけて「明日もまた来るからよろしく!」と言って帰った福臨門
帰り際に眺めておいたのは…。

Dsc04160

見たことないようなお魚がゆったりと泳ぐ、あり得ないほどきれいに保たれている水槽。

「広東料理で最も高級な食材がホラ貝です。」

Dsc04163

おにーさんが教えてくれたそのホラ貝さまも、龍蝦=伊勢海老の向こうでまどろんでいる。

しかし、コムスメ的にはココはやっぱり大人し~くガルーパ(ハタ)でしょう!
っていうか、実はワタシ、行く前からガルーパってヤツを食べてみたいなぁ~と思っていたのだが、言い出せずにいたのだ。
なので、なんとなくそんな風な成り行きになってラッキーhappy02

Dsc04084

ということで、ざっくり11000円程のガルーパ。

Dsc04113

清蒸で、これをご飯と一緒に食べるのだ。
香港では、ご飯は最後!とかムツかしいことは言わないらしい。

「ご飯をお持ちしましょうか?」

ってコトで、お汁もご飯にかけて食べるように器にとってスプーンを付けてくれる。
至れり尽くせり。

<煙でご飯的鮑ご飯のススメ>

それよりも、だ。
ご飯にかけて絶品goodジタバタしたのがコレ。

Dsc04123

ザボンを干して戻して鮑のソースで仕上げたものなのだそうだが、ザボンの不思議な食感&味もさるものながら、この鮑のソースをご飯にかけてみららば、だ。

あり得んくらい美味しいのだ、これが…。
もう、ビックリsign03

鮑もきっと美味しいんだろうなぁ…。

しかし、今、香港の鮑相場は青天井。
特に日本産の干し鮑だと、一個で五万円とか、フツーにしてたりするのだ。

コムスメ的には、どう頑張ったって、ムリweep

しかし、このザボンの鮑ソースかけだと、ざっくり1000円で鮑のエキスが味わえるcatface
なんたって、アレだ。
GMの梁さんが、「大きいの鮑」と軽口を言ったくらいだ。
これから行かれる方は是非お試しあれsmile

<あれはニセモノだったsign01 衝撃マーラーガオの真実sign03>

お昼の福臨門は、グランドメニューも食べられるけれど、その隙間をイロイロ点心で埋められるのが使いやすさの秘訣。

Dsc04093

先日の文華とは肉質も含めて何もかもが違っている蜜汁叉焼。

Dsc04102

このフワフワフカフカ叉焼包もかなり感動的。

しかし、一番感動的だったのは、実は馬拉糕だったりしたのだ、これが。

Dsc04148

某ヤマ〇キのパン屋さんにもよく似た製品があって、実はワリと好きだったのだけど、なんだか今まで騙されていた気分になってしまうくらい、似て非なるものだった…。

フワフワなのにものすごく衝撃吸収性があって、ナイフで押さえて切ってもすぐにシュポンsign01と、元に戻るのだ。
お肌に欲しいゾこんな弾力fuji

「明日のお昼もココにしいひん?」

ということで、お気に入りのおにーさんがテーブルに呼ばれる。

「明日ね、1時には空港に着きたいんで12時にはココを出ないといけないんだけど、11時半から30分で大丈夫かな?」

「大丈夫!」

さすが天下の福臨門、出来ないとは申しません。
おにーさんはすかさずメニューと注文票を持って来て、明日のオーダーを決めておいて、と、そういうことね。

いや、やっぱり好きだわ福臨門catface

<海港城ぶらぶら>

お腹もいっぱいになり、福臨門近くのファッションビルも見学して、さぁ、どうしましょう?
本当はソーホー辺へ繰り出そうかという意見もあったのだが、暑さとダレで、お手軽にホテルから徒歩3分の海港城へ。

そこで、オソロしいモノに出会う。

2012070917460001

えっと…。
このヒトって、あのヒトよね…coldsweats01
スーツ着て靴履いてマッサージチェアに座ったところで、お疲れは取れないというか…靴は脱ぐやろthink

それともアレかしら。
美少年はtoiletに行かない的な、天王は何時いかなるときにも人前で靴は脱ぎません!みたいな?

いや~、楽しませていただきましたsmile

お茶屋さんがあったので、休憩兼ねて試飲させてもらおうかと思ったら、見ただけでなんだかなぁ~なお茶だったので、そのまま立ち去る。
なんだかんだ言って、試飲というのは買うことを前提にしたサービスなので、買う気のないお茶を試飲させてくれっちゅ~のは、よろしくない。

というか、試飲する気も起きなかったというのが正直なところ。

…非常に有名なお茶屋さんではあるのだが…。

そして、ワタシ的最終目的地、香港レコードへ足を踏み入れる。
戦利品?はこちら。

Dsc06688

暗殺者から孫文を守る8人の義士!ということで、邦題は『孫文の義士団』。
ジツはまだ見ていないけど、胡軍がまた生えてくるか心配になったくらいに頭をツルツルにされたと恨み言?を言っていた映画。

Dsc06700

新釈白蛇伝。
妖魔撲滅のため闘いの日々を送る金山寺住持法海(ジェット・リー)が、愛弟子の妖魔化に遇い、蛇と人の種を超えた純愛に心を打たれ、仏の慈悲を感得するという物語。
しかし、アレだ。
ヘビ物は…どんなにCGを駆使してもお笑いになるのは何故?

Dsc06696_2

いや、コレは、アレだ。
4000円くらいだったから、さcoldsweats01
つい、魔が差しちゃって…coldsweats01

と、お買い物も済んだところで、今夜の晩餐に向けてホテルに戻り、食欲を養う。
なんと言っても、アレだ。
今夜は100年ぶりくらいの欣圖軒のフカヒレスープなのだcatface

その前に、次はシンフォニー・オブ・ライツです。

関連記事 香港です!海鮮です!ハタを食べましょう。

|

« 今日の出来事 | Main | なんちゃってカルグッス »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~海外アジア編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日の出来事 | Main | なんちゃってカルグッス »