« July 2012 | Main | September 2012 »

August 2012

Friday, August 31, 2012

ぽっぽっぽ~!ハトぽっぽ~!

昨夜、このお幸ちゃまのお写真をデスクトップの壁紙に設定したら、オシゴトが進まなくなりました…。
あまりにかいらしくて、つい、眺めてお話してしまう…。

Dsc06796

で、何故かハトぽっぽ
なんのことだとお思いでしょうが…。

今日、お幸ちゃまとお山をお散歩していると、だ。

ぶひっ!ぶひぶひ!ぶぐぁ!・・・

そんな声とともに、枯れた草やらナニやらを踏みしめる音…。

ヤバい…sweat02
PPだ…。
そこの畑の中にイノPPがいる…sweat01

しまった、お幸ちゃまにPP避けの鈴をつけておけばよかった…。
でも、もう間に合わない…。

ぽっぽっぽ~!ハトぽっぽ~!

そして、ワタシは歌い始めた…。
歌うというよりは、叫ぶに近いかもしれない…。

ワタシが歌い始めた頃、お幸ちゃまがPPの気配に気付き、あらぬ方向へ突進しようとなさる…。

ま~めが欲しいかほらやるぞ~!

恐怖と闘いながら歌い続け、お幸ちゃまを引きずってそのエリアから全速で離脱。

チョキの足あとくらい、dashとも思わなくなってしまったが、さすがに実物がソコにいるのは…ちょっと…shock

しかし、どうしてはとぽっぽだったのか…。

謎は謎のまま…である。

| | Comments (2)

Friday, August 24, 2012

なんちゃってカルグッス

初めてのカルグッス!

Dsc00069

今回、初めて韓国でカルグッスを食べた。
島で食べたので、あさりが新鮮でとっても美味しかった。

で、早速そんな風に作ってみた!

Dsc06753

ゴマを忘れたとか、入ってる野菜がゼンゼン違うとか、細かいコトは気にしないで、とcoldsweats01

花園的カルグッスの麺は半生うどんで代用するのだが、もとの塩味が強いので、一回ソコソコまで茹でたうどんを水で洗い、さらに煮込むカンジで使用。
今日はイリコに昆布でダシを取ってみた。

刻みニンニクを入れて、塩味はうどんから出るものだけで結構足りる。

なかなかに美味しくいただけましたcatface

| | Comments (0)

3匹のコブタ?、香港を行く!~4日目・その2~

〈香港に来たら、ガルーパですよ!〉

昨日、GMを席に呼びつけて「明日もまた来るからよろしく!」と言って帰った福臨門
帰り際に眺めておいたのは…。

Dsc04160

見たことないようなお魚がゆったりと泳ぐ、あり得ないほどきれいに保たれている水槽。

「広東料理で最も高級な食材がホラ貝です。」

Dsc04163

おにーさんが教えてくれたそのホラ貝さまも、龍蝦=伊勢海老の向こうでまどろんでいる。

しかし、コムスメ的にはココはやっぱり大人し~くガルーパ(ハタ)でしょう!
っていうか、実はワタシ、行く前からガルーパってヤツを食べてみたいなぁ~と思っていたのだが、言い出せずにいたのだ。
なので、なんとなくそんな風な成り行きになってラッキーhappy02

Dsc04084

ということで、ざっくり11000円程のガルーパ。

Dsc04113

清蒸で、これをご飯と一緒に食べるのだ。
香港では、ご飯は最後!とかムツかしいことは言わないらしい。

「ご飯をお持ちしましょうか?」

ってコトで、お汁もご飯にかけて食べるように器にとってスプーンを付けてくれる。
至れり尽くせり。

<煙でご飯的鮑ご飯のススメ>

それよりも、だ。
ご飯にかけて絶品goodジタバタしたのがコレ。

Dsc04123

ザボンを干して戻して鮑のソースで仕上げたものなのだそうだが、ザボンの不思議な食感&味もさるものながら、この鮑のソースをご飯にかけてみららば、だ。

あり得んくらい美味しいのだ、これが…。
もう、ビックリsign03

鮑もきっと美味しいんだろうなぁ…。

しかし、今、香港の鮑相場は青天井。
特に日本産の干し鮑だと、一個で五万円とか、フツーにしてたりするのだ。

コムスメ的には、どう頑張ったって、ムリweep

しかし、このザボンの鮑ソースかけだと、ざっくり1000円で鮑のエキスが味わえるcatface
なんたって、アレだ。
GMの梁さんが、「大きいの鮑」と軽口を言ったくらいだ。
これから行かれる方は是非お試しあれsmile

<あれはニセモノだったsign01 衝撃マーラーガオの真実sign03>

お昼の福臨門は、グランドメニューも食べられるけれど、その隙間をイロイロ点心で埋められるのが使いやすさの秘訣。

Dsc04093

先日の文華とは肉質も含めて何もかもが違っている蜜汁叉焼。

Dsc04102

このフワフワフカフカ叉焼包もかなり感動的。

しかし、一番感動的だったのは、実は馬拉糕だったりしたのだ、これが。

Dsc04148

某ヤマ〇キのパン屋さんにもよく似た製品があって、実はワリと好きだったのだけど、なんだか今まで騙されていた気分になってしまうくらい、似て非なるものだった…。

フワフワなのにものすごく衝撃吸収性があって、ナイフで押さえて切ってもすぐにシュポンsign01と、元に戻るのだ。
お肌に欲しいゾこんな弾力fuji

「明日のお昼もココにしいひん?」

ということで、お気に入りのおにーさんがテーブルに呼ばれる。

「明日ね、1時には空港に着きたいんで12時にはココを出ないといけないんだけど、11時半から30分で大丈夫かな?」

「大丈夫!」

さすが天下の福臨門、出来ないとは申しません。
おにーさんはすかさずメニューと注文票を持って来て、明日のオーダーを決めておいて、と、そういうことね。

いや、やっぱり好きだわ福臨門catface

<海港城ぶらぶら>

お腹もいっぱいになり、福臨門近くのファッションビルも見学して、さぁ、どうしましょう?
本当はソーホー辺へ繰り出そうかという意見もあったのだが、暑さとダレで、お手軽にホテルから徒歩3分の海港城へ。

そこで、オソロしいモノに出会う。

2012070917460001

えっと…。
このヒトって、あのヒトよね…coldsweats01
スーツ着て靴履いてマッサージチェアに座ったところで、お疲れは取れないというか…靴は脱ぐやろthink

それともアレかしら。
美少年はtoiletに行かない的な、天王は何時いかなるときにも人前で靴は脱ぎません!みたいな?

いや~、楽しませていただきましたsmile

お茶屋さんがあったので、休憩兼ねて試飲させてもらおうかと思ったら、見ただけでなんだかなぁ~なお茶だったので、そのまま立ち去る。
なんだかんだ言って、試飲というのは買うことを前提にしたサービスなので、買う気のないお茶を試飲させてくれっちゅ~のは、よろしくない。

というか、試飲する気も起きなかったというのが正直なところ。

…非常に有名なお茶屋さんではあるのだが…。

そして、ワタシ的最終目的地、香港レコードへ足を踏み入れる。
戦利品?はこちら。

Dsc06688

暗殺者から孫文を守る8人の義士!ということで、邦題は『孫文の義士団』。
ジツはまだ見ていないけど、胡軍がまた生えてくるか心配になったくらいに頭をツルツルにされたと恨み言?を言っていた映画。

Dsc06700

新釈白蛇伝。
妖魔撲滅のため闘いの日々を送る金山寺住持法海(ジェット・リー)が、愛弟子の妖魔化に遇い、蛇と人の種を超えた純愛に心を打たれ、仏の慈悲を感得するという物語。
しかし、アレだ。
ヘビ物は…どんなにCGを駆使してもお笑いになるのは何故?

Dsc06696_2

いや、コレは、アレだ。
4000円くらいだったから、さcoldsweats01
つい、魔が差しちゃって…coldsweats01

と、お買い物も済んだところで、今夜の晩餐に向けてホテルに戻り、食欲を養う。
なんと言っても、アレだ。
今夜は100年ぶりくらいの欣圖軒のフカヒレスープなのだcatface

その前に、次はシンフォニー・オブ・ライツです。

関連記事 香港です!海鮮です!ハタを食べましょう。

| | Comments (0)

Tuesday, August 21, 2012

今日の出来事

今日、帰りました。

行く前からなんだかなぁ~な雰囲気でしたが、帰ってみたらますますエスカレートしてて、ますますなんだかなぁ~。

100年ぶりくらいに会ったお隣の国の友人たちは、相変わらず世話好きで議論好きでお酒好きで、ちょっと…かなり?横に成長してたりもするけれど、中身はあの頃と一緒で、やっぱりトモダチでした。

日本の友人たちも…いっしょいっしょ(笑)

国家という虚構に翻弄されることなく、この友情が続いていくことを切に願います。

焼肉をご馳走してもらったからとか、韓定食をご馳走してもらったからとか、自分では泊まれんようなホテルを60%offで手配してくれたからとか、ワタシの“ちょんまりみか?”の発音を「ホントに江南のハタチくらいの女の子がしてるような発音ですよ」と褒めてくれたからとか、荷物が多いのを見かねて電車ではなくタクシーに乗してくれたからとか、ワタシぢゃないけどお財布忘れた時に獅子奮迅の働きでその日のうちに届けてくれたこととか、もっともっといろいろあったけど、そんなことだけぢゃなくって、ヒトとして大事にしているところは一緒だというのがとってもよく分かったというのが一番大きな収穫だったように思います。

そして、今日の出来事。

お菓子を買いに行って帰り道、ホテルまでタクシーに乗った時、えらい年寄りの運転手さんで、それに気付いた瞬間降りようかと思ったものですが…。

「日本のお客さんですか?」

と話しかけて来てくれて、それから自分が昭和9年生まれで、国民学校で日本についていろいろなことを習ったこと、国民学校の1年生の時に戦争が始まり5年生で終戦を迎えたことなどなど、イロイロなことを話してくれました。

このおじさんの話を、ワタシはどう受け止めたらいいのか分かりませんでした。

というよりも、どのような心情で自分の植民地時代の経験を語ってくれているのか、それが分かりませんでした。

彼の口調は穏やかで、しかし淡々ともしていて、過去の記憶の引き出しを静かに開けて、ワタシに見せてくれているかのようでした。

でね。
国民学校5年生の時に戦争が終わった、ってそのおじさんが言った時に、ワタシつい、言っちゃったのよね。

「韓国の方は、その後もいろいろとご苦労がおありでしたよね。」

って。

そしたら、そのおじいさん、一瞬言葉が止まってしまいました。

触れたらいけないことに触れてしまったのかもしれない…。

目的地に着いてタクシーを降りるとき、「今日はお話しできてよかったです。どうもありがとうございました」って言って別れた後、「どうぞいつまでもお元気で」という言葉を添えれば良かったのに…と思っても、時すでに遅し。

ワタシってバカね…。

イロイロと無い知恵を使った今回の韓国旅行でした。


| | Comments (4)

Friday, August 17, 2012

遠かりし、関空!

遠かりし、関空!
伊丹に着いて、さて。
そういえば、伊丹から関空への乗り継ぎははじめてだったワタシ…。

バスで行けるはずよね…。
そのバス乗り場というのが、飛行機を降りたところからおそろしく遠い…。

乗り場に着いて、えっと…。

そういえば、関空-伊丹の利用促進とかで、バス代無料キャンペーンやるって言ってた気がする!

タダと1900円とぢゃエラい違い!

しかし…タダのチケット配布中のカウンターが…遥かなり関空。

バスに乗るまでにぐったり疲れるくらい遠かった関空。
どうして、この国は下駄箱から玄関までがこんなに遠いの?

そういえば、ムカシは関空へ着くフライトが何便かあって、それでなんとか使えていた気がするけど、それがなくなると、ハブ空港としての機能喪失、チケットが取れなくて仕方なく…な利用客しか使わないに決まってるぢゃない。

と、関空へ着くまでに疲労困憊だったワタシです。

いや〜、関空遠すぎ!

あ、ちなみに今回のお出かけは、お勉強会があるからであって、決してお遊びぢゃないんですよ〜!

と、いうことで、これからしばらくネット落ちします。

それでは皆さま、ゴキゲンヨウ。

| | Comments (0)

しばらく旅に出ます。

しばらく旅に出ます。
雲ひとつない澄みわたった空に秋の気配を感じつつ、ちょっくらお出かけして来ます。

行き先は…まあ、アレです。
地図でいうならここいらからズズズイと上へ上がった辺り。

ここのところ、エラいヒトの言動が物議を醸しとりましたが、アレです。
知性ある成熟したオトナの対応というヤツを真似て、「国も民族も宗教も越えた美味」を追及して来ようと思います。

なんといっても今回は、行ったことのない島巡りがオプションで付いているので、スンゴい美味しい海鮮鍋に出会えるかも…と、楽しみにしています。

百年ぶりくらいの友人とも再会するので、どれ程成長しているか楽しみです。

では、行ってきます。

| | Comments (0)

Saturday, August 11, 2012

時々行くご飯屋さん。

お店のコンセプトとしては、居酒屋さんであるらしい。

Dsc06611


Dsc06614


Dsc06617


Dsc06618


Dsc06622


Dsc06624


Dsc06629


これだけ食べて、4000円。
4人で食べても十分な量。

普通なら、マヨネーズだのケチャップだのを使った料理は料理屋の料理ぢゃない!とかいうトコロだが、ココは値段と野菜使いの上手さで評価を上げている。

白飯150円を注文したら、下手な定食屋さんへ行くよりずっと気が利いているのだが、問題は人気店のためちょっと行っても入れなかったりするコト。

なので、あえてお店の名前はヒミツcatface

| | Comments (2)

Thursday, August 09, 2012

通販生活のアレコレ

天離る鄙での生活に最早欠かせないのが通信販売。
パソコンだって通販の時代だ。

しかし、時々面倒くさいこともある。

女王さまご愛用のいきいき樹液シート。
ここいらのドラッグストアで取り寄せてもらったら、6枚入りで760円だかになるそうで、こんなもん買えるかぁ~annoyというコトで、ワタシに通販のご下命があったのだが、アレだ。

Dsc06605

1箱30枚3箱セット5400円で注文したはずなのに、5箱入ってるし…。

もう、やだなぁ…ブツブツ。

「もしもし~。
3箱セットが5箱入ってるんですけどぉ~。」

「まことに申し訳ございません、着払いで送り返していただけますでしょうか。
いろいろとお手数おかけいたしますので、1つはお使いいただいて1つだけご返送いただけましたらそれで結構ですので…。」

こんなコトも、ある。
らっき~happy01

| | Comments (6)

3匹のコブタ?、香港を行く!~4日目・その1~

〈朝はマンゴーから〉

今朝の朝ごはんは、昨日九龍城へ行った時にホーカーセンターのお向かいくらいにある果物屋さんで買ったマンゴー。

Dsc04070

リンゴに比べてこのデカさ、お分かりいただけるかしら…。
これがHKD28とざっくり300円くらい。

「これは台湾から来たマンゴー。」

台湾から日本に入って来てるマンゴーと言えば、アーウィン種しか見たことないけど、こんなタイから来るマンゴーみたいなおっきなマンゴーもあるのねぇ…。

「直ぐに食べられる?」
「明日になったら大丈夫!」

というワケで、目出度く本日の朝ごはんと相成ったワケだが、ココで一つ大ポカが…。

冷蔵庫に入れてしまったもんで、イマイチ熟成が進まなかったんだな、これが…coldsweats01
なもんで、イマイチかなり新鮮というか、熟れが足りない状態だったのだが、そこそこ甘みもあってなかなかに美味しゅうございました。

しかし、両手でかかえんならんくらいのマンゴーが300円って…これもフリーポートの恩恵?

そして、昨日あれほど美味しかったライチの味が、すっかり変わっていたことに衝撃を受ける。
一日でこれほどまでに味が変わるとは…。

いくらフレッシュ!と銘打っても、日本に空輸されてきた時点でアウトぢゃん…。

なんだかとってもお利口になった気がした本日の朝ごはん。


〈ご優待で10%OFFですからsign01

さて、本日のミッションその①。
某カード会社のオフィスへ行って、ご優待ガイドをgetすべしsign03

そこには、欣圖軒が10%offになるというなんとも目出度いクーポンがあるのだ。
日本から持参したそれは、昨日切り取られてしまった。
なので、現地調達のためホテルから歩いて…3分ほど?
ハーバー・シティの端っこの方にあるソコを目出度く探し当て、ミッションその①完了。

Dsc04074

そして、オーシャン・ターミナルを激写し、中藝へ。

〈中藝の茶器コーナー〉

香港に来たら、必ず立ち寄る中藝の茶器コーナー。

ここには江西瓷業公司製を名乗る蓋椀が置いてあって、おねぇさんが「ココは清朝末期の創設で…」とイロイロ説明してくれる。

「ここ数年で、お値段もかなり上がって来ておりますので、今がお買い得かと思います。」

いや、でも、5年くらい前のまだ円がこれほど高くなかった頃にセールとはいえ5000円くらいで買ったものを、それより細工がちょろんと凝ってるとはいえ30000円では買えません…。

そもそも江西瓷業公司のものは、既に生産終了からかなりな時間が経過しているので、数的にも大分少なくなっているらしいのだが、どうしてココにはいつも違うラインのそれがあるのかしら…。

で、誰でも思うトコロは、アレだ…。

「これは骨董なんですか?」
「いえ、骨董ではなく私共が保管していたものでございます。」

ふ~ん。。。

しかし、その隣には「雍正年製」と書かれた蓋椀が置いてあるのだ。
流石にこれは、さきにハナで笑ってしまったせいか保管しておりましたとは言わなかったが、「大変精緻に出来ておりまして…。」とのこと。

ふ~ん。。。

真贋はともかく、ココは作家ものとか骨董趣味とかのなかなかにセンスのいい茶具を置いているので、値段さえ折り合えば満足のいくお買い物が出来る…かも?

感覚的には日本橋三越へお買い物に行くカンジだと思うので、ドレスアップして行くと楽しいかもcatface

〈クッキーを買いに行きましょう!〉

中藝から1881ヘリテージの前を通り、上海灘でつかまり…。

Dsc04574

こんなキッチュなペーパーバッグを下げてペニンシュラのTangsへ昨日頼んだ印鑑を受け取りに行ってそして再びのチョンキンマンション。

Dsc04083

ここで、足りなくなったお小遣いの追加両替をして向かう先は、Jenny Bakaryのチョンキンマンション出張所。

Dsc06172

このテディベアの缶がトレードマーク。
季節によって絵柄が変わるのだとか…。

Dsc06178

4mixと8mixがあり、それぞれに大小2つのサイズがある。

上手に作られている手作りクッキーと言ったカンジで、ワケの分からない添加物が入っていそうにないところがイイ。

Dsc04474

過剰包装気味な日本の缶入りクッキーと違って、缶にクッキーを詰める職人の魂を感じるような、どうしたらこんなにきっちり詰まるの?的な手作業でしかこれは出来んやろ…的な、そんなところが人気の秘密かもしれない。

11時開店でまだお昼過ぎだというのに、パイナップルロールなるものは既に売り切れていた…。
実は、一番食べてみたかっただけに、ザンネン…。

しかし、ナンというか、お店の佇まいが…かなりcoldsweats01
周囲のお店の雰囲気も、なんというか…coldsweats01

ウワサのチョンキンマンション。
ちょっと通り過ぎるには全く問題なさそうだが、その奥にはやっぱりマモノが棲んでそうな雰囲気…。

そして、一度荷物を置きにホテルへと戻って、お昼ごはんの時間ですcatface

| | Comments (1)

Saturday, August 04, 2012

今朝のハスとお幸ちゃま

今年のハス5号。

Dsc06394

どうやら花園のハスは、一日目で半開、2日目で全開が定着してしまっている模様。

Dsc06375

昨日半開だった4号は、今朝全開。
でも、昨日に比べると雄しべがヘタって既に種が育ち始めているカンジ。

ハスの実…アンコが美味しいよね。。。

そして、今朝のお幸ちゃま。

Dsc06397

術後、なんだか急に年を取った風情で、ずっとお車庫に引き籠りでちょっと心配していたけれど、今日はだいぶん気分が良く、涼しい場所を選んで移動するスベを思い出して来た模様…。

| | Comments (2)

Friday, August 03, 2012

好き放題の次の朝…。

いつもの炉端焼き屋さんでさんざん好き放題。。。

82_1_19

面河のあゆ。

82_1_111

静岡の天然うなぎ。

82_1_113

えっと…どこぢゃったろうcoldsweats01

なんといっても暑い季節には、栄養付けて痩せないようにしなくっちゃsmile


その翌朝、すがすがしく今年の蓮4号開花。

Dsc063373

そして、もうすぐ咲きそうなヒトたち。

Dsc063672

しかし、アレだ。
いい陽加減というのが難しいトコロにあるんだな、このハス。

Dsc063552

お写真するのがなかなかにムツかしいというか、オモシロくない…。

| | Comments (2)

« July 2012 | Main | September 2012 »