« May 2012 | Main | July 2012 »

June 2012

Saturday, June 30, 2012

お幸ちゃまの療養生活〈その1〉

昨日、エリマキが超絶ご不満なご様子だったお幸ちゃま。

Dsc03548_2

不機嫌なお幸ちゃまを大きくしてどうぞcoldsweats01

エリマキをしたままだとニオイクンクンが出来かねるので、スムーズな日々の営みが出来兼ねようと、ちょろんと外して差し上げたところ、無事チ○チ開通happy02sign01

で、もう一つの方がなかなか…のご様子だったのだが、これまでにも2~3日お出ましにならないこともあったので、取り敢えず様子を見ることにして終わった一日目。

明けて二日目の朝、8時過ぎにご様子を見に行ったらば…。

自力でこのエリマキを外してお健やかにおっきなソレをコロンコロン…と転がしておられた…shock

なんてこったい!

(獣医さん的には)大型犬になるので舐める力も強いですから、傷口のテープがはげたら間違いなく糸も抜きます。
そうなったらきちんと治るという保証は出来かねますから!

そう釘を刺されていたというのに…coldsweats02

ポツポツと小雨の降る中、すっきり爽快したやったりsign01catfaceなお顔のお幸ちゃま。。。
お願いですから、もちっと…あと12日ほどご辛抱なさってくださいませ。。。

| | Comments (7)

Friday, June 29, 2012

イノPP親子(多分7頭)を目撃した日のその他の出来事

今年、一つしか付いてない蓮の花が…半分咲いた。

Dsc03545

ちょっと生育不良なので、ちゃんと開いてくれるか心配…。

エリマキの付いたお幸ちゃま。

Dsc03554

手術から二週間は、このエリマキがとれないらしい…bearing

しかし、エリマキがあったらクンクンが出来ないので○っちも○こも出そうにないので、その間とご飯の時は外して差し上げることにした。

お幸ちゃま、かなりご不満なごようす…think

Dsc03562

そして、本日のパスタ。
3人分で原価は700円ほど。

先日の涙が出そうだった黒ゴマ担担麺一人分で三人が食べてお釣りがくるかと思うと、切なさ再燃bomb

| | Comments (2)

Thursday, June 28, 2012

コウ&ちゅみ~伝説の恋犬?たち~

お幸ちゃまの肛門周囲線腫が発覚し、去勢手術を控えた前の日に、雨も厭わずスミレちゃんがお見舞いに来てくれた。

二匹と書いて“ふたり”は、相変わらずの激しい愛の交換…?

ちょっと違うcoldsweats01

2

相変わらず、お幸ちゃまが嫌がるスミレちゃんにちょっかいを出そうとし、思いっきり激しく拒否られる、という…sweat02

スミレちゃん、お幸ちゃまが男のコでなくなっても、お友達でいてあげてください。
お幸ちゃまは、本当に激しくスミレちゃんのことがお好きだったのです。

ええ、それはもう、伝説になるくらいに…。

5

人よんで、愛の洪水伝説think

大好きなスミレちゃんのニオイをクンクンしながら…それはうれ○ョンというよりも失禁coldsweats02

それくらい、スミレちゃんに会えたことが嬉しくていらっしゃたのだ、お幸ちゃま。。。

今日、お幸ちゃまは腫瘍の除去と去勢手術を無事終えました。
これで病気が収まってくれることを祈りつつ…。

スミレちゃん、お幸ちゃまを嫌いにならないでね…coldsweats01
そして、スミレちゃんとお幸ちゃまを引き合わせてくださって、気前よくお写真もくだすったスミレちゃんのおとうさま・おかあさまに、Special Thanks。


| | Comments (2)

Monday, June 25, 2012

お幸ちゃまの時間外営業

昨夜、お出かけから帰り着いたのはもうすぐ馬車がカボチャになろうかという時間。
16時に用務先を出て帰り着いたのがほぼ24時で、至る所で乗り継ぎにロスが生じて、乗り物に乗ってる時間よりも待ち時間の方が確実に長かった気がする長い長い旅だった…think

で、ようやく帰り着いたワタシを迎えてくれたお幸ちゃま。

お可哀そうに…ワタシがいないとお野良のコみたいに成り果てて…weep

女王さまは、決してお幸ちゃまのお顔を拭いてあげたりなさらない。
抜けそうなケケをむしったりもなさらない。

なので、4日も留守にしようものなら、お幸ちゃまはまあもう、見るも無残なお姿におなり遊ばしていらっしゃって…。

早速お顔をおメメ周り重点でフキフキして、背中の方をビラッシュブラッシュしたところで、お幸ちゃまの時間外営業終了think

そんぢゃ、ボクはおネンネしましゅ!とばかりに、5分も触れ合わない間にオウチの中に入ってしまわれた…。

ちぇ…。

Dsc03510

10時を過ぎたら基本営業終了のお幸ちゃま。

だけど、さ。
久しぶりに感動の再会sign03だったんだから、もうちょっとお愛想してくださってもよさそうなものなのに…weep

しかし、アレだ。
このところますますブラッシュブラッシュ嫌いになって来られたご様子で、特にお尻周りは触らせてくださらない…。

もちっときれいにして差し上げたいのだが…。

Dsc03509

ご本犬、まったく気にしていらっしゃらないご様子…think

| | Comments (4)

Sunday, June 24, 2012

しばらく食べ納め?

しばらく食べ納め?
帰り際、海を渡る手前のちうか屋さんで晩御飯。

8時前と時間が遅いせいか、ひとっこヒトリいない店内で酢豚定食だったりする。

香港でホントに美味しいちうか料理を連日連夜食べちゃったりしたら、しばらくここいら辺のちうか屋さんには行けなくなるよね、確実に。

さらば酢豚!
また会う日まで…。

ところで、欣圖軒にも酢豚があるのだが…。
やっぱり、香港まで行って敢えて酢豚にせんならんことはないぢゃろ。

| | Comments (2)

Friday, June 22, 2012

サビシいお昼ご飯

サビシいお昼ご飯
只今お出かけ中。 お昼は旅館で朝ごはん替わりに持たせてくれるおにぎりとみそ汁80円也。

サビシい。。。

おやつをドカ喰いしてしまったことは、言うまでもない。
晩御飯にご乱行…これはちょっと想定外?coldsweats01

| | Comments (5)

Thursday, June 21, 2012

ちょっと、旅にでます。

ちょっと、旅にでます。
旅立のお昼ご飯は、サフのドライイーストを買いに寄ったショッピングモールの中華屋さん。

久しぶりに、アンケート用紙に手を伸ばしてしまった。

目の前に置かれた瞬間、インスタントラーメンかと思わせるような匂いがしたとか、そんなことはどうでもよくって、血圧上昇150パーセントなお醤油辛さ、美味しい美味しくないを通り越して、食べるのが辛い…。

なのに、880円も払わないといけないなんて…。

なんか、すごい敗北感。。。

| | Comments (4)

Tuesday, June 19, 2012

タガが外れてるかも…。

最近、ちよっとココロに傷を負ったせいか、ネットショッピングが止まりません…coldsweats01

とはいえ、ユニクロで買った超絶ラクチンなキャミやパンツは女王さまに横取りされてしまったカワイソウなワタシ…weep

そんな中で、一番高額だったお買い物が、コレ。

Dsc01400

ナンちゅ~か、頭が痛くなりそうなデフォルトの壁紙に、なんぢゃこりゃ?なショートカットアイコン。

多分、だけど、さ。
ultrabookが欲しい!と思うヒトって、初めてのパソコンhappy01scissors的なお助けソフトは欲してないと思う…think

とはいえ、先代が壊れたと判明してから半年以上も悩んで買ったモバイルノート。
買ったからには、早速シゴトにアソビに大活躍してもらわなくっちゃcatface

それともう一つ。

Dsc01396

いや~、やっぱこのヒト、ワセダのヒトやね…と改めて思った一枚。
ワセダというカテゴリーが正しいかどうかはともかくとして、やっぱり爆風スランプと根っこは同じ、と確信した一枚、とも言えよう。

デーモン閣下と女性ボーカリストとのデュエットは、アレだ。

やっぱり小柳ゆきでもデーモン閣下と対等とはいかんかったか…think
と、いうのが正直な感想。

しかし、アレだ。
あの年で、女声と同じキーであれだけ歌えるデーモン閣下は、さすが悪魔やね。
往年の名歌手が再結成だナンだで露出しては無残な歌い方をしているのとはワケが違うワケでございます。

そして、デーモン閣下の高音域の声を聞いてたら、なんとなく癒されてる気がしてくる今日この頃…。

| | Comments (2)

《一起飛 Flying with you》…おっサ~ルさぁんだよぉ~♪

今夏公開の映画、既に食傷気味の『踊る…』ファイナルもあるけど、やっぱコッチよねgood

監督の张蠡サンが、「映画っちゅ~のは映画館の大銀幕と立体音響で見てナンボ。だからみんなネットで見ないで映画館へ行こう!」とコメントしていた。

そりゃ、ね。
ワタシだって行けるものなら行きたいよ。

でも、ね。

ここいらの映画館に来るのかよぉ…weep

この予告編、ツボはチャン・ナラの毛づくろいをするおサルさん。
なんか、ね。
なんとなく同類っぽいよね、髪の色とか…smile

かわいいcatface

| | Comments (2)

Saturday, June 16, 2012

香港のレストラン予約事情 福臨門酒家編

日本にも4店舗を展開する福臨門酒家。
ヒト昔前までは香港で中華と言えば福臨門、でも一見さんは来なくていいよ的営業姿勢で一世を風靡していたものだ。

ということで、日曜限定特別メニューもあるらしい日曜日のお昼に予約を入れるべく、予約メールを送ってみた。

福臨門の予約はHPから出来る。
http://www.fooklammoon-grp.com/home.htm

日本支店なら予約フォームから、その他の支店は指定の予約窓口メールアドレスへメールを送ればいいのだ。

で、だ。
そこへメールして待つこと1…2…3…4…お返事が、来ない。
そもそも、メール届いてるのかしら?

5日目の今日、ゴウを煮やして電話してみた。

電話した先は大阪支店。
ココには香港から派遣されている日本語ペラペラの店員さんがいるというので、香港への問い合わせはその店員さんを通すのが早かろう、と。

それに、ね。
香港に電話するより大阪へ電話した方が安いしね。

で、だ。

その店員さんが電話口に出て、メールしたけどお返事がないことを伝えると、あれだ。

「そのメールには返信はないですよ。」

はひsign02

なら、どうやって予約の成立不成立が確認できるの?

件の大阪店の店員さんは、それから香港のお店に確認をして折り返し電話を入れてくれた。
そこで目出度く予約が入っていたことが確認されたわけなのだが、アレだ。

なんか、おかしくない?

それともアレなのかしら。
ヒトムカシ前まで“ビンボー人お断り”の看板かけてたっちゅ~お店は、そのお商売の仕方もざっくりおおらかな殿様商売なのかしら…。

ミシュランの評価はそんなに高くないけれど、openriceの評価は他の★はもちろん★★や★★★よりもかなり良かったりするこのお店。
若しかして、★に甘んじている理由というのは料理以外のところにあるのかも…。

ということは、料理には期待が持てるということかも…catface

| | Comments (0)

Wednesday, June 13, 2012

天美卵特製混ぜ混ぜご飯

混ぜ混ぜご飯も天美卵。

Dsc01382

ナニが特製って、天美卵を温泉卵風にしてのっけてみた。

Dsc01383

このれよ[E:sign01
]この色艶といいジュクジュク具合といい、たまらんぢゃろう…smile

ちょっと熱が加わったことで濃厚な味わいがますます濃厚で重厚になり、発酵夫人のすっきりと香り高いコチュジャンと合わさって、混ぜ混ぜご飯をオゴチソウへと昇華させる。。。

グートよグートhappy02good

| | Comments (0)

天美卵特製カルボナーラ

卵の美味しさで味が変わる料理と言えば?

やっぱりカルボナーラでしょsmile

ということで、特製カルボナーラ。

Dsc01347

いつもは黄身だけ使うのだが、今日は白身も使ってみた。
はじめに炒めたベーコン・パルミジャーノ・生クリームを混ぜ混ぜ、そこへ茹で上がったスパゲッティーニを入れて混ぜ混ぜ。
ビジュアル重視で黄身はトッピング。
そしてそこへ黒胡椒をガリガリ。

Dsc01351

美味しくないワケがございませんcatface

驚いたのは、白身部分の粘り。
チーズ・生クリームと一緒に混ぜると、もっちりしてまるで大和イモ?なカンジになる。

でも、カルボナーラ的には黄身だけの方が濃厚な味わいになって好きかも…。

ということで、今度は黄身だけで作ってみましょうhappy01

| | Comments (0)

香港のレストラン予約事情 言語編

それなりのレストランは予約していくのが当たり前…であるらしい香港。
それでなくても一見の観光客が飛び込みで行くよりは、予約して置いた方があっちもこっちも安心出来ようというもの。
なんたって、予約してたらフツー行ってみたけどお休みだったとか無くなってたとかなさそうぢゃない?

…いえ、パリではあったんですけど、ね。
3ヶ月くらい前に予約しておいたら、行ってみたけど臨時休業だったってことが。
ええ、何処とは言わないけど、Chez Michelってお店なんですけど、ねannoy

で、今回香港で予約をとって行くお店は4軒。

マンダリン・オリエンタルの文華廳
福臨門(九龍店)
大班樓
インターコンチネンタルの欣圖軒×2

今のところ福臨門は回答待ちなのだが、これは繁体中文の予約ページからメールソフトを立ち上げたら、繁体中文仕様だったので、繁体中文でOKなんぢゃないかしら…と思っているのだが。。。

文華廳欣圖軒は、繁体中文でメールしても答えはEnglishだった。
ちゃんと通じてはいるんだけど、さcoldsweats01

ちなみにインターコンチには日本人スタッフが対応してくれるヒミツshineのメルアドがあるのだが、対応は断然英文メールの方が早い。

このホテル系の2つについては、フォーシーズンズみたいにハナっからメールは英文onlyなんて書いてるトコロもあるくらいだし、英文が返って来てもまぁそんなもんよね…な気もしないでもないが、大班樓からも英語でお返事が返ってきたときにはちょっとたまげたcoldsweats01

あの、ホテル以外では英語なんて全くもって通じなかった香港なのに…coldsweats01

やっぱりアレだろうか。
ミシュラン香港が発売されて、星取り合戦に加わってるようなレストランは、グローバルスタンダードでお商売してるってコトかしら…。

ちなみに台北の公用語は英語…とも言われている某招待所でも、繁体中文でメールしたら繁体中文でお返事が返ってきたものだったけど…。

でも、香港って、モトがイギリス領だったって、ホントにちぃ~っとも英語なんか通じないのだ、ホテル以外は…。
一番早いのは筆談というお土地柄なのだ。

最近、変わって来たのかしら…。

久しぶりの香港、楽しみだワcatface

| | Comments (2)

Friday, June 08, 2012

今日はごちそう!卵かけごはん^^

朝、それはそれはご立派なヒトがやって来た。

Dsc01312

如何にも高級感あふれるパッケージ。

Dsc01318

もみ殻に大事に埋められた卵ちゃん。

Dsc01322

この時、ウキウキの余りそこヘンにあったまだ読んでない今日の新聞の上にもみ殻を掻き出したことはナイショだ…coldsweats01

Dsc01325

しっかりとした艶やかな殻!

Dsc01330

プルンとした三段構造、黄身の色も濃くってツヤツヤテリテリgood

Dsc01329

どうしてお醤油が入ってるかって?
それはそれ、アレですよ。
ちょっとフライングcoldsweats01

Dsc01331

それぢゃ、いただきま~すっhappy01


やっぱり、卵かけご飯は日本人のソウルフードやねgood

しゃーねいさん、美味しい卵をどうもありがとうございましたhappy02

| | Comments (6)

欣圖軒でナニ食べよう♪

ワタシにとって、中華料理におけるそれまでの体験を完膚なきまでに崩し去った伝説のレストラン、欣圖軒。

その後、香港の龍景軒へ行っても、当時は一番腕のいい料理人が入るといわれていた京プラの南園へ行っても、マンダリンのセンスへ行っても、あれほどに唸らされた上湯はなかった。

…っていうか、化学調味料で舌の感覚が無くなったペニンシュラの嘉麟樓は論外として、その他の中華屋さんでも素直に美味しいと思えたトコロがないのよね。。。

まさに、ワタシにとっては欣圖軒の前に欣圖軒なく、欣圖軒の後に欣圖軒なしsign01といったカンジなのだ。

で、今回香港へ食べに行くに当たり、真っ先に欣圖軒を予約したのだが…。

食べて見たいメニューが多すぎて、1回ぢゃ食べきれないワsign03

それでも食べたいものを厳選してみたらば、だ。
…やっぱり2回分のディナーになってしまう。。。

北京ダック(2吃) HKD760
蟹肉入りふかひれ スープ付 HKD980×3
きくらげの湯葉包み HKD180
編笠茸に詰めたつばめの巣ときくらげ HKD180
アボカドと海鮮入り炒飯 ポルトガル風ソース HKD220


肉入り丸ごと冬瓜のスープ HKD620
ロブスターと蟹みそのミルク炒め HKD680
鶏の醤油と花彫酒の煮込み HKD230
きのこ入り湯葉巻のフライ HKD180
黒豚とザーサイのかたやきそば HKD160

デザート・お茶足して2回食べて、ざっくりお1人様30000円也なカンジ。
福臨門のVIPコースメニュー1回分で2回食べられることに計算上はなっているのだが…サプライズがないとも限らないしsmile
なんたって、これに前菜に焼き物くらい、プラスして食べたい気がするぢゃない?

とはいっても、このアホみたいにアワビの値段が上がってしまっている時にアワビはなくてもいい気がするし…。ホントは時価のお魚さんの清蒸とか興味がないわけではないのだが…さすがにそれは…コワい気がするところがまだまだコムスメなのね、ワタシって…coldsweats01

しかし、やっぱりアラカルトだと3人でもちょっとキツい…かしら。。。think
せめてあと3人ほど人数がいたら、全部一回で食べられそうなのに…smile

やっぱり、ご飯モノはお腹の都合を見てからにせんならんやろかね…。

しかし、目下1回しか予定に入っていないのだった…。
あうbearing

| | Comments (2)

Thursday, June 07, 2012

やわらかリーフの混ぜ混ぜご飯

雨が降ると、草もそりゃ~よく育つが、プランター栽培のベビーリーフやハーブもよく育つ。

Dsc01240

そのベビーリーフとこれまたプランターきゅうり・チャービル・えごまの葉・ディル、そして畑直送“あまい人参”に、昨日半額で買って来た牛さんのお肉を入れて、混ぜ混ぜご飯。

Dsc01249

コチュジャンは、ソウルの発酵夫人ケドンマナニムで買ってきたもち米のコチュジャンなのだが、香りも味も複雑で、混ぜ混ぜご飯もそこはかとなく高貴な味わいに…。

お野菜ハーブがたっぷり採れて、とっても美味しゅうございます。

| | Comments (2)

Tuesday, June 05, 2012

インドカレー的悩み…。

美味しいインドカレー屋さんのレシピ集やら、美味しそうなインド人マダムのレシピ集やら、いろいろ読んだりするのだが、このインド風のカレーばっかりはそれっぽい味になった例がない。

何故かしら…。

今日のインド風チキンカレー。

Dsc01223

美味しいんだけど、ワタシのイメージする味ではないのだ、これが…think

どうちて?weep

| | Comments (4)

時々行くごはん屋さんのコト。そして、大判小判か三葉虫か?

その昔、ふん○し一丁になって働く人々を見て、アンナが赴任先のバンコクに着いた時の衝撃に近いインパクトを受けたらしいソーセキ先生が、ここぞとばかりにコキ下ろした三津浜。

当時の賑わいは今いずこ…。
とっても閑散として寂れまくったこの地に、ジツは時おり行っているトラットリアがあったりする。

Dsc01104

女王さまに言わせれば、「美味しくない!」の一刀両断だが、あの人は、アレだ。
何処で紅茶を飲んでも「美味しくない!」とおかんむりになるのだが、マドレーヌ広場にあるエディアールで、「いっとう良いアッサムください!」と言って買ってきたワタシのトラのコを、そうとも知らずに毎日朝ご飯の時に、マグカップでミルクをぢゃばぢゃば入れて飲んだりしているヒトなのだ。

こんなおヒトに、「美味しい!」と言わせる紅茶というのは…ここいらの喫茶店では多分無理ぢゃろ。。。think

ちなみに女王さまが毎朝お飲みになる紅茶は、花園版エディンバラ公が淹れるのだが、このヒトもまた、F&MのアッサムスパーブもTGFOPも頓着ないヒトなので、うっかりワタシのトラのコをF&Mの缶に入れて置いたりしたものだから、悲劇は起こってしまったのだった…。

もちろん、次にエディアールへ行った時、紅茶を売ってたおいさんにこのことを言い上げたさ。
おいさんも呆れて「それはダメ!」で、正しく朝食の時に飲むグレードのアッサムを出して「コレにしなさい!」と言ってくれたさ。

まったく、パリのセレブでもそんなコトなさっちゃいませんコトよ!

まぁ、それに比べたらこのパスタの話はまだアレな話なのだが…。

女王さまの場合、花園御用達がディチェコのパスタなもんで、それより美味しいパスタを使っているお店でないと、「麺が美味しくない!」になってしまうのだ。
なんたって女王さまでいらせられるから、それが採算に合うか合わないかなんて、全くもってカンケー無くていらっしゃる。

しかし、ワタシは思うのだ。
カンタンとはいえ前菜付で880円、それにちびっととはいえデザート・コーヒー付けて1080円で提供しているパスタとしてはいいんぢゃないの?と。

今回は、もう20秒早く麺を上げようよ、とか思ったりもしたが、でも、ココの食べ物はナニが入っているのか全部分かるのだ。

ヘンな調味料とかヘンなチーズとか入れないことをモットーとしているところが、なにかのついでには行きやすい理由だったりするのだ。

こういうお店は、貴重なのだcatface

しかし…女王さまはどうしてこんな世間知らずになってしまわれたのかしら…think

で、その帰り道。
海岸線の道沿いに、気が付けば所せましと生えていた草。

Dsc01116

これこそ、お幸ちゃまのお友達テツぼっちゃまのかぁちゃまが言っていた「小判草」なるものではなかろうかsign02

| | Comments (2)

Sunday, June 03, 2012

これって、パクリ?

これって、パクリ?

そうだ、香港へいこう!

違ったっけ?coldsweats01

| | Comments (2)

Saturday, June 02, 2012

これって…パッチテスト?

そのムカシ、ランコムの化粧水お顔に塗ったとたん、マッカッカになってしまったことがあった。
ソウルの化粧品屋さんでも、おねーさんが手のひらに塗ったとたんマッカッマになったっけ。

どうやらアルコールがいけないのではないか…。

なんとなくそんなことを思っていたのだが、とうとうそれが実証される時が来た!

2012060200510000


2012060200510001

血管に針を刺した後、しばらくアルコール綿をそのまま貼り付けて止血していたところ、見事に赤くなりまして、赤いだけぢゃなくってそれはそれは痒かったのだ…weep

どうして左右あるかというと、おねぇちゃん、左でうまいこといかんくって右でやり直し…。

針刺すのって、痛いのよぉ~bearing

| | Comments (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »