« 現代中華料理なるものを試してみよう! | Main | 花園食堂なんちゃって中華~まながつおの巻~ »

Tuesday, March 20, 2012

扶桑の人、白狐温泉で華夏に感じること

新幹線を降りて在来線に乗り換え、そこから15分くらいゴトンゴトン行ったところに、白狐が見つけた白狐温泉駅は、ポツリと建っている。

2012031718180000

谷山浩子の「ほおづきランプともして」が聞こえてきそうな、なんとも幻想的なこの白狐温泉駅の直ぐ近くに、最近新しい中華屋さんが出来たらしい。

―今現在の中華料理を日本の皆さんに食べてもらいたい―

そんなコンセプトのお店だというので、これは試してみなければ!と、食道楽食い倒れ友達3人で行ってみた。

2012031720020000

さても、スゴい名前のお店だにゃ~coldsweats01

「華夏」。
このコトバ、日本に住んでて実生活の中で聞いたのは、すんごい久しぶりの気がする。
前回聞いたのは…猿之助が中国京劇院の李光と共演した日中合作のスーパー歌舞伎の中で、「扶桑から華夏へやってまいりましたぁ~」みたいなことを言ってるシーンがあったな、と。。。

「華夏」という、ちうごくのヒトの中華意識をものすんごい象徴するようなコトバに、煬帝を激怒させたという言説を伴った日出る処―「扶桑」―を対抗させて、うまく中和させてるというか、どっちも立ててるというか、心配りの日中友好シナリオなのだワ…なんてことを見ながら思った記憶が。。。

ということで、日本の片隅で中華を叫んでいらっさるようなこのお店。
早速古典的な中華料理とは一線を画しているらしいお料理をいくつか注文してみた。

2012031718310000


2012031718350001


2012031718410000


2012031719140000


2012031719180000


2012031719250000

2012031719270000

ということで、総評。

味が悪いとは言わないけれど、化学調味料使いすぎ。
今時の中華だっていうので、化学調味料不使用をウリにでもしてるのかと思ったら、これが舌に刺さるほどの大量使用。

かつ、現在の中華料理というのはちよっと勘違いなのではないかしら?な気がしないでもない。
現在の、というよりも、シェフの育った東北部の料理というか、ヨソ行きでない家庭料理というか、そういうことなんちゃうん?

今の流れは少脂少塩+化学調味料無使用だと理解してるんざますが、ワタシ。

それともこれって、香港とか台湾とか、いわゆる華夏エリアから見たら辺彊で起こっている小さなブームに過ぎず、華夏ではやっぱりそんなカンジってこと?

っていうより、ココの人の良さそうなシェフが、こんなカンジで果たしてお商売していけるのか、すごく気になるんですけど…。

お客さん、少なそうだし…。

メニューを決めてそれだけ全部材料準備するよりも、あるものをなんにでも使いまわせる本日のオススメ的メニュー制にした方が、コストがかからないんぢゃないかしら…。

あと、前菜的なものと野菜料理が全くないっていうのもどうかしら、と。。。

チャーハン・から揚げ・春巻きだけではなくって、もっと懐のある中華料理を披露していただきたいワ。
化学調味料控え目で…というか、無い方が良いんですけど、ワタシ的には。。。

何はともあれ、ここいらでホントに美味しい中華料理にありつくことは、それはそれは難しい…think

あ、なんちゃって中華でよかったら、花園食堂のなんちゃって中華メニューはなかなかイケてるんでございますよsmile

|

« 現代中華料理なるものを試してみよう! | Main | 花園食堂なんちゃって中華~まながつおの巻~ »

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おそとで中華編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 現代中華料理なるものを試してみよう! | Main | 花園食堂なんちゃって中華~まながつおの巻~ »