« マイルを貯めてソウルで食べよう!2012~3日目その①~ | Main | マイルを貯めてソウルで食べよう!2012~3日目その③~ »

Thursday, February 23, 2012

マイルを貯めてソウルで食べよう!2012~3日目その②~

<ジソカフェへGosign01>

口コミで“殺人的”とまで評されていたノボテルアンバサダー江南脇の坂道。

2012021410180001edit

さすがに氷点下の朝、この坂道を下ることは…ご遠慮したいワcoldsweats01
ということで、ホテル正面の階段利用の毎日。

本日の韓流スターめぐりその①は“ジソカフェ”
地下鉄③号線で狎鴎亭駅まで行き、3番出口から徒歩で2分も歩けばA TWOSOME PLACE狎鴎亭51K店に到着。

どうしてここが“ジソカフェ”

それは、A TWOSOME PLACEというカフェチェーン店の広告モデルを務める韓流スターのソ・ジソブが企画から拘っっているという、それはそれはスペシャルなプレイスなのだ。

店内には、そのジソブさんのお写真パネルが飾られていて、来店する老若男女はうっとりとジソブさんの世界に浸るのだ。Dsc00051edit

えっと…すっかり二人だけの世界なカンジの人たちもいますけど…coldsweats01

Dsc00035

注文するのは、もちろんジソブさんのお名前を冠したジソブ特製柚子生姜茶。
柚子というか、レモンなのだがそんなことは気にならない。
もちろん、ジソブさんのスペシャルコーヒーだってある。

お値段は、他のドリンク類より₩1000くらい高い目。
お味はというと…さっきまでお腹いっぱい朝ご飯を食べていた身には…coldsweats01

でも、そんなことは気にしちゃいけない。
ジソブさんのお名前が付いていることに意義があるのだ。

ちなみに、このお店にはジソブさんコーナーがあって、ジソブさんグッズも販売している。

で、そのジソブさんって誰?

そんなアナタはワタシと一緒一緒smile

ジソブも知らないの???annoyとおっしゃるアナタ、相済みませんcoldsweats01

〈Yim JungsikさんのJUNG SIK DANGへ 行ってみなくっちゃsign01

『ミシュラングリーンガイド韓国版』での評価も高い、韓食の新しいスタイルを提唱するJUNG SIK DANG

お店のHPを眺めていれば眺めているほど、だんだんとこれは行ってみなくっちゃという気にさせるレストラン。
取り敢えず、予約の電話をかけてみる。

「(推定)ありがとうございます、정식당 でございます。」

「もしもし~。じょんしっくだんさんですかぁ~?」

「はい、JUNG SIK DANGでございます。」

「○月△日のディナーを予約したいんですがぁ~」

「○月△日でございますか?この日は日曜日でございますので…」

「ズビバゼン! ランチです!」

そう、日曜日はランチ営業だけ。
そのランチに行くつもりで、ワタシはいいそくったのだ…。

ワタシのへたっくそな“えんげれっしゅ”でもちゃんと聞き取っていなさるところが…オヌシ、やるな。。。

という具合で、さすがにNYにもお店を構えているだけあって、店員さんのほとんどが流暢な英語をお話になるここジョン シック ダン。

察するに、ジョンシクさんとおっしゃるシェフのお名前と食堂という言葉をかけて정식당 JUNG SIK DANGなのだろう、多分…。

ジソカフェからタクシーで向かったのだが…おいちゃん、お店に電話して場所を聞くもイマイチよく分からず…。
ここいらのハズ!で下ろされたそこいらとは…。

え?こんなところのどこに食堂が???な雰囲気。

そんなところで、なんとか見つかった정식당の看板sign01

Dsc00108edit

いや、見つかったというのはちょっと語弊があって、ハングルが読めるトモダチがその看板を見つけてくれたのだが、にしても、こんな1人で入っていくのが怖いような雑居ビルで本当に大丈夫なのかしら…。

そんな不安がワタシの胸をよぎったとしても、あながち無理からぬことではなかろうか…。

Dsc00105

エレベーターを降りると、そこは別世界だった…。

まぁなんというか、トーキョーでもこのレベルの接客が出来るお店は多くはないわね。
大きな声を出さなくても、ちゃんとアイコンタクトが通じるし。

客層も良い。

と思ったら、ワタシたちの隣のテーブルに着いた日本人3人+韓国人1人のグループの声がすこぶる大きくて、お店の雰囲気がちょっと変わってしまった気がしたのだが…coldsweats01

皆さま、マダムとおばちゃんの違いは“声の大きさ”らしゅうございますわよ。

次々繰り出される韓流スターのゴシップトークに、お耳がダンボになっていたヒトもいたかも…だけどbleah

で、このジョン食堂。
サーヴィスも一流なら料理も一流。
伝統的な韓定食とは一線も二線も画した、韓国の食材を上手にアレンジしたフュージョン料理。
実に新鮮で、美味しい。

前菜・ご飯モノ・メイン・デザートの中から一品づつ選んで₩40000というお昼のランチコースは、円高とも相まってものすんごい満足感高し。

Dsc00075

一番美味しかったのが、トモダチチョイスのこのウニのビビムパフ(+₩5000)。
一口お味見させてもらって、びっくりびっくり。

Dsc00081

ワタシのメインクリスピーダック(+₩10000)。
痛恨のオーダーミス。
ナニがミスって、こんなにガッツり大量のお肉がやってくるとは想定外だったのだ…。
今晩もお肉なのに…coldsweats01

はじめ、ちょっとダックの臭みを感じたが、ドライトマトやイチジクの付け合せと一緒にいただくと、パリパリに焼かれた皮が香ばしくって美味しいのだ、これが。

何処が韓国風?って、ソースが梨のソースなのよね。

いやぁ~、このレストランは楽しいわぁ~happy01

韓定食の中では殊に不満が残ることの多いデザートもお見事。

Dsc00090

このパッピンスのふわふわミルクかき氷が、こういうお店のデザートにふさわしい格調高さを備えていて、かつ中にもお餅やらなんやらが忍ばせてあってと、お楽しみ的要素もちゃんと入っている。
あずきがプルルンジェルに閉じ込められているところはさすがやね。

Dsc00095

トモダチのこのチョコレートのデザートも、なんとも絵的でステキ。

まるで、韓国でないところで食事をしているかのような錯覚に陥りそうな、そんなおステキレストラン。
トイレの仕様も三ツ星ねらい。

ソウルでマダムな気分の素敵なランチやディナーを楽しもうと思った時、ちゃんとそれに応えてくれるレストラン、という印象でした。

その時は、くれぐれも声の大きさにご注意を…。
ワタシもご注意を…coldsweats01


|

« マイルを貯めてソウルで食べよう!2012~3日目その①~ | Main | マイルを貯めてソウルで食べよう!2012~3日目その③~ »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~海外アジア編~」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マイルを貯めてソウルで食べよう!2012~3日目その①~ | Main | マイルを貯めてソウルで食べよう!2012~3日目その③~ »