« December 2011 | Main | February 2012 »

January 2012

Tuesday, January 31, 2012

花園山に、春が来た。

Dsc09520

寒い寒いと思っていたのに、気が付けば菜の花なんか咲いている。。。

Dsc09543

道を歩けばナズナもいるし…。

Dsc09567

うらうらなお日和にお幸ちゃまも大欠伸。

春が来てるんですねぇ…。

でも、明日はまた雪が降るんですか?
いえ、ワタシがソウルへ行くときに暖かかったらそれでいいんですけど…。

Dsc09624

椿って、春の花?冬の花?

| | Comments (2)

Monday, January 30, 2012

ファ○タ・オレンジ賛歌

幼き日の思い出。。。
あの頃は、ジュースといえばファ○タ・オレンジP○Mジュースだった…。

どちらかというと、というか、シュワシュワ系が大好きだった当時のワタシは、無果汁と濃縮還元果汁100パーセントの違いになど頓着することなく、ジュースといえばファ○タ・オレンジを選択していた。

今となっては、昔のように無垢な心でファ○タ・オレンジに向き合うことが出来なくなってしまったが…。

しかし、ワタシはずっと探し続けている。
ファ○タ・オレンジよりも美味しい果汁入りシュワシュワオレンジジュースを。

ということで、今日、こんなものを試してみた。

Dsc09474

果汁屋さんが出してる果汁30パーセント入りだし、なんとなく、美味しいような気がしませんか?
今度こそ、あのファ○タ・オレンジよりも美味しい炭酸飲料水に出会えたかもしれない…happy02

なんといっても、ワタシがこのテの清涼飲料水を買おうという気になることは、ポテチを買おうという気になるよりも少ない。

普段、シュワシュワが飲みたくなったら、箱買いしたペリエ。
もちろん、そこにしぼりたて天然果汁を入れてみたり、100パーセント果汁を入れてみたりと、美味しいオレンジスカッシュへのあくなき追求は連綿と、途絶えることなく続いている。

しかし、それって、そんなにベリベリ美味しいものぢゃないのよね…。

あっさりと飲みやすくはあるんだけど、さ。

で、件の清涼飲料水。
カシスをプラスということで、オレンジ果汁だけのモノ足りなさの克服を狙ったか?

で、一口。

…アカン。。。
人工甘味料と人工香料で、口の中がおかしくなりそう…。
これなら、おとなしくファ○タ・オレンジ買うとったほうが数倍美味しいわsign01

ファ○タ・オレンジ、恐るべし。。。

果たして、ファ○タ・オレンジを超えるシュワシュワ系オレンジ果汁飲料は、ワタシが生きている間に開発されるのだろうか…。

| | Comments (4)

Saturday, January 28, 2012

お隣の国へもしもしぃ~!

ヒッジョードメスティックな環境で生活しているワタシにとって、恐ろしく昔にガッコーというところで習ったエーゴというコミュニケーション・ツールを使って、誰かと意思の疎通を図るということは、かなり難易度高し…think

そもそもそんなコトバ、普段まったく聞くことないし…coldsweats01

今のご時世だもの。エーゴを見ることはあるわよ。
でも、見ると聞くとは大違い。

で、これを話すとなったら…さて、どうしようかしら…ということになってしまったりするのは、ワタシだけsign02

しか~しsign01
ソウルのレストランって予約はお電話で…ってトコが多いのだ。
せめてFax番号でも情報を開示してくれていたら、文字媒体でコミュニケーション出来るのだが、電話onlyってことになると…にっこりはにかんだ笑顔で“ばでぃらんぐえっぢ”というわけにはいかない…think

しか~しsign01
ワタシはその電話番号にもしもし…して、お席を確保しておかねばならない。
何故ならば、そこに美味しそうなものがあるから…。

ワタシのバヤイ、これがすべての原動力やね…。

ということで、隣の国へもしもしぃ~telephone

「ありがとうございます、○○○でございます」

なんか、韓国語でそう言っていらっさるような気がするのだが、生憎ワタシったら韓国語で数はイル・イーまでしか数えられないし、この間もソウルの友達に韓国語覚えました!と言って、「ちょ~な~!とんとかよじゅしおそそぉ~!」と披露したら、大爆笑されたのだ。

なので、ここでお互いが一番無難に使えるのはエーゴというものであろう、と…。

「すんません、エーゴでお願いします…。」

ジツはワタシには、トラウマがあった。
以前、やっぱりお隣の国の焼肉屋さんにエーゴでもしもしぃ~した時、まったく通じひんくって、ね。
どうしようかと思っていたら、相手は英語よりも日本語のほうが得意だったらしく、英語が不自由⇒日本人ということに気づいて、事なきを得たという…。

それ以来、やだったんだな、お隣の国へエーゴで電話するの…。

しかし、アレだ。
今回はさすがに相手が焼肉屋さんぢゃなく、NYに支店を出してるヌーヴェルコリアのお店だったり、大使館が軒を連ねるハイソなエリアの韓定食屋さんだったりするせいか、電話に出たおにぃさんもおねぇさんも英語が上手!

なので、ワタシの言わんとするところをちゃんと汲んでくれて、目出度く予約が成立したのだったhappy02

我ながら、13thと言わんとして31thと言ってしまったのにはナンてこったい呆れてしまったが…coldsweats01

「え?何月?」
「2月。」
「2月?1月31日ぢゃないんですか?」
「ああsweat01ごめんなさい、13日!13日の月曜!」
「1・3日、月曜日ですね。」

良かった、2月に31日がなくって…coldsweats01

いや~、それにしてもエーゴって役に立つのね。
そうと知ってれば、もっとマジメに勉強しておいたのに…thinksweat02

| | Comments (3)

Wednesday, January 25, 2012

雪が降る日のじゅるじゅるリゾット

朝、起きてみたらそこは雪国だった…。

Dsc09450

花園山はここいら的地中海式気候に属するので、どちらかというとぬるい地域にあるのだが、そこで珍しく雪なんか降ると、結構大変だったりする。

なんたって、5㎝の積雪でバスが止まるところだ。

Dsc09445

お幸ちゃまも、ぬるい地域でお育ちなもんで、雪が降ったからと言って、喜んで庭を駆け回るなんてコトはなされない。

こんな日には、体のあったまる美味しいものがいただきたいわ…。

というワケで、普通のリゾットよりも水分多めで炊き上げたじゅるじゅるリゾット。

Dsc09465

玉ねぎ・にんにくのみじん切りとポワローの代わりの白ネギをオリーブオイルで炒めて、そこにエノキ・イカのラグーを投入、さっと炒めて白ワイン、イサキでとったお出汁とトマト缶・サフランを加え、クツクツ…。

ここでイタリアンパセリを摘みに行けばよさそうなものだが、なんたって、雪が降っているのだ。
たかがリゾットの彩りと風味付けのために遭難したらかなわんし…。

で、パルミジャーのをふって完成ということにする。

ちょっとじゅるじゅる分が多い分、身体が良く暖まるような気がする。

ところで、白ネギをポワローの代わりに使うというのはあまり違和感がないワタシなのだが、白ネギの代わりにポワローを使うのは、どうにもこうにもいただけない気がするのだ。

Dsc03611

冷奴ようのモノの上にあしらわれたポワロー。
パリから帰りのANAの機内食で、和食を食べた時の一品なのだが…。
この時ワタシが、おねぇさんに「お塩ください!」と言って、ご飯にお塩まぶして飢えを凌いだことはナイショだ…。

| | Comments (2)

Monday, January 23, 2012

ソウルのこと。

「日本は民主化してから50年60年かけて今みたいになってるけど、韓国って民主化したのつい最近なのに、その後の発展の速度がすごく早いよね。」

という話を、先日久しぶりに会ったソウルの友人も交えて、渋谷の喫茶店でした。

そのソウルの友人が教えてくれたのだが、韓国人は海外旅行にお出かけすると、須らく「無事に到着しましたか? 何か困ったことがあったら領事館に相談してくださいね」というメールが届くんだそうな…。

ワタシら、そこまで心配してもらってないというか管理されてないというか…。

今回、世界で食い倒れsign01友達と一緒にソウル旅行を計画していて、ソウルの外食事情も恐ろしい勢いで変わってきていることを実感。

昔ながらの焼肉屋さんとか韓定食屋さんとか鶏鍋屋さんとか、そういうカテゴリーではくくりきれない、新しい韓国料理のジャンルでしゃれたお店がいっぱいオープンして来ている。

あまつさえ、リニューアルオープンしたウエスティン朝鮮の中華料理レストランは、ウェスティン台北の2軒の中華料理レストランの料理よりも、見た目からして段違いにスタイリッシュで美味しそう!

その一方で、件のソウルの友人からは、最近フュージョン系の料理が増えて、昔ながらの韓食の味が出せるレストランが少なくなった、という話も聞いた。

これから何処へ行くんだろうね、かの国は…。

取り敢えず、今回ワタシたちが行こうと計画しているお店は、昔ながらの参鶏湯屋さん2軒と、相変わらず根強い人気の韓牛焼肉屋さん、フュージョン韓定食屋さん2軒に、場末?の山菜定食屋さん、それに近頃人気のの黒豚焼肉屋さん。

他にも、次回のお楽しみ候補が目白押し。


今が面白そうでしょ?ソウルcatface

| | Comments (0)

Sunday, January 22, 2012

野望の果てに…コスモライト|スピナー74

楽天ポイント、しっかりためてピアスをGetsign03

そう思って、せっせせっせとポイントを貯めていたワタシ…。
目指すはダイヤモンド中折れフープピアス自分ぢゃ絶対にお金出さんだろう198000円scissors

というワケで、不要不急のお買いものはすべてポイント10倍になる時を選ぶなど、涙ぐましい努力を積み重ね、爪に火をともすようにしてポイントを貯めていたのだが…。

楽天のポイントって、1回30000ポイントしか使えないんだって…think

知ってた?
30000円分しか使えないってコトは、何時まで経っても198000円のピアスはGet出来ないってコトよね…。

ちぇ~っpout

だったらナニも、どーしてもピアスに使わんならんということはなかろう。。。

ということで、前々から狙っていたスーツケースを新調してみた。

Dsc09444

The Strongest and Lightest Samsonite Ever.
サムソナイト史上、最強・最軽量。

それがウリのコスモライトシリーズ。
ほとんど衝動買いしたスピナー61で、その使いやすさは体験済み。⇒サムソナイトでGo!

もう、ね。
6キロとか7キロとかあるようなスーツケースの時代は終わったのよ、ワタシ。。。
腰が痛くてよ~持ちきらんのよね。

なので、スーツケースと世間のしがらみは軽いほうがいいのcatface

ということで、ほとんど検討の余地なくコスモライトのおっきいヴァージョンを購入。
88リットル入って3.4キロ。

これがあったら、ソウルで少々飴だの薬菓だのコチュジャンだのを買いすぎたって大丈夫sign01

え?
キムチはもちろん、別個に保冷バックとそれをくくり付けるコロコロを用意しておりますのことよ。
だって、スーツケースの中がキムチくさくなっても困るし、何よりキムチって重いんですもの。
重量オーバーしたらめんどくさいぢゃないですか…smile

と、いうことで、使い初めは来月のソウルで食べようsign01ツアー。

牛馬のごとくしっかり働いてちょうだいねぇ~catface

ちなみにワタシがこのサムソナイトを買ったお店は、ミラノから正規品を輸入している…らしい。
ホントに正規品なら何処で買っても10年間保証が付いているはずなのだが、お店の説明では1年間保証。

はて?


サムソナイトでは正規品かそうでないかというのは結構重要で、正規品でない場合修理代を倍額請求されちゃったりするらしい。

いえ、壊れなければ問題はないのです。

もし壊れたとしても、航空会社が直してくれる状況であれば、良しとしましょうsign01

| | Comments (4)

《假如我是你 》は《変身男女》に。

1月26日大陸で一斉ロードショーのジミー・リンの映画。
直前でタイトル変更…。

多分、《假如我是你 》だったらちょっと詩的で今一つ内容が推測できないから、おもいっきり直接的な表現で奥ゆかしさもなんもない《变身男女》ってことにして、刺激的なコメディであることを強調する路線を選択するよう、スポンサーからナンか言ってきたのね、きっと。。。think

5294021490401757589

内容は、アレだ。
マッドなサイエンティストが発明したアホな傘のせいで、お互いの魂が入れ替わってしまった林志頴と姚笛。
なんてこったい、元に戻るためには二人の間で真実のheart04を育まなければいけないのだ。

中身は違ってても、見てくれは自分なのに…think

どうやらこの映画、“自分を愛するのと同じように相手も愛せるか”という、恋愛の一番曖昧なところをとことん突き詰めようとして制作されたものであるらしいのだが…。

基本コメディだし…coldsweats01

でも、姚笛が超カワイイlovelyので、ちょっと楽しみにしているワタシ…catface
女の子の身体に男が入ってるもんで、無茶させるから…bearing
リアル傷だらけになって熱演している姿が紅涙をさそうのだワ…weep

では皆さま、《変身男女》お楽しみに~smile
って、何時見れるのかしらワタシ…think

| | Comments (2)

Thursday, January 19, 2012

松山―羽田―松山乗り継ぎ便狂詩曲

花園ツアーは催行決定とその後の手配が速いのが売り。
5月の【台北4日間まったり温泉spa&“旬”を食べようsign01】も、特典航空券はとうの昔に手配済み、普通の割引航空券も本日発売日につき手配完了sign01

いや~、シゴトが早いねnoteワ・タ・シcatface

2か月前に手配した某ホテルは、既に1泊2500円くらいお値段が変わっている。
なんたって、早ければ早いほど、割引率も高かったりするホテルを狙い撃ちだからしてsmile

しかし、いいことだけではなかったりする。。。think

あまりに早すぎて、手配してから後に飛行スケジュールが変更になることだってある。

「お乗り継ぎには70分必要なんですが、飛行スケジュールの変更によりお乗り継ぎ時間が65分しかございませんので、スケジュールの変更をお願いしたいんですけど…。」

年末のクソ忙しいときにこんな電話がかかってきたりもする。

変更といっても、とっていたのは午後松山発羽田乗継の最終便。
選択肢としては予定を大幅変更して早朝発の桃園―成田経由で何が何でも当日のうちに帰ることにするか、乗り継ぎ便を翌日にするかなのだが、でも、タカが5分ぢゃない…weep

と泣いてみたところで如何とも無奈。

それからが大変。
なんたって、当該ツアーは女王さまにPetit女王さま×2のお供なのだから、航空会社の都合をご説明申し上げてご納得いただくまでにどれだけの時間を要したことか…think

さらに今回の場合は、成田経由羽田の面倒くささだけでなく、松山空港まで5分のホテルをとっているのに朝5時半とかにホテルを出て桃園空港までえっちら行くことの大変さもご説明しなければならないのだが、そもそも羽田と成田も一緒なら松山と桃園の違いがそう簡単にご理解いただけるワケもなく…coldsweats01

で、どうしても当日ここいら空港まで帰りたい場合は、普通の航空券の分は当日最終便と翌日の1便両方をとりあえず押さえておき、イチかバチかの出たとこ勝負sign01と腹をくくって、特典航空券組は羽田泊を決め予約を変更したのだったが…。

本日発売の正規割引航空券を手配しようとしてわが目を疑う。
羽田からの最終便の出発時刻が5分遅くなって、乗り継ぎ可能になっている…shock

いや、喜ばしいことではあるのだが、変更になっているということは、すでに手配済みの特典航空券についても、また変更をしなければならないのだ。。。

いや、ANAだけなら、もしもまた時間が変更になったときのために…でキープするように依頼してあった最終便をそれでお願いします!ということにすればいいのだが、今回さらにUnitedのマイルでも航空券を手配している。
こっちは別口で変更しないといけないのだが、ANAのマイルでANA便を予約するようにはいかず、最終便のキープがない。
しかも、ANAとは別枠になるので、ANAで空席があってもUnitedで空席があるかどうかは…お電話してみないとわからないと言われたのだな、これが。。。coldsweats01

というわけで、Unitedに電話をし、最終便を確定したうえでまたまたANAにも電話をし…。

結局は当初の予定通りというわけだが、まったく…think

ちなみに、11月の香港便は便名が変更になっていた。
便名が変わるということは…機材も変わって新しい楽チン飛行機になってないかにゃ~catface

と、こんな具合にイロイロあるマイル旅行。
今回は20000マイルで燃油代・諸税込の正規割引航空券との差額がざっくり40000円程。

やっぱりマイル利用は、ヨーロッパをビジネスクラス若しくはファーストクラスで往復するのがCP的には最強だと思われるが、40000円節約出来たらちょろんとお出かけ感覚で隣の島まで遊びに行けるので、それはそれで良いかも…なのだcatface

ちなみにここいら発だと、格安航空券はやっぱり不利。
正規割引航空券だと、羽田までの航空券が往復10000円で追加手配できるので、ここで国内移動費の差額が25000円~30000円。
これに+格安航空券代となるので、格安航空券のメリットはほとんどないかな、と。

ツアーならもっと安いという話もあるが、そんな束縛の多い旅行は…もう、無理coldsweats01

| | Comments (4)

Wednesday, January 18, 2012

渋谷放浪記その②

なんといっても、ソコはホテルから徒歩2分だったのだ…。

前日、夜の10時も過ぎてから超久しぶりに会ったヨコハマの友人・ソウルの友人と一緒にコーヒー屋さんを探し、一杯850円もするカフェオレで2時半まで東アジアの来し方行く末について語り合ってしまったもので、ソコ―西武渋谷店以外もう何処に行く気力もなくなってしまった…というのが正しいかも。。。

西武といえば池袋の西武しか知らなかったワタシにとって、ここいらの自称デパートと大差ないソコにはじめはちょっとナニよコレ。。。と思わなくもなかったが、日本橋三越に行って銀座三越に行ってもこんなもんか…と思い直す。

朝、というかかなり陽も高くなってから前日ソコで買っておいたハニートーストを食べたので、お昼は簡単に済ませようと、地下食品売り場へ行ってみる。

1_2

これこれ! 面倒くさいからこれでいいよ!
ということで、パスタセットC1890円を注文。

2

前菜のチキンロール・タコのカルパッチョ・里芋とフォアグラの煮物。

3

フォアグラのリゾット。
このお店、手打ちパスタがご自慢のお店なのだそうだが、この日のおススメがこのフォアグラのリゾットだったりして、500円UPになるのだが、つい、脂肪肝の誘惑に負けてしまったワタシ…。

リゾットはアルデンテで別に文句をつけなくてもいい水準。
しかし、フォアグラは火が通り過ぎてパサパサするカンジ。
火を通しすぎたのか、それともきちんと火を通さなければいけないフォアグラなのか、その辺りはなんというか…少なくともフランスから来てるワケぢゃないでしょ?なカンジのフォアグラだった。

上にかかったバルサミコのソースにちょっとむせたことはナイショだ…。

4

デザートのカッサータが意外に美味しかった。

エスカレーターを上がろうとしたところで、オリーブオイルとバルサミコの試飲販売につかまる。

「ドレッシングもこのオリーブオイルとバルサミコだけで大丈夫なんですよ~!」

ウチはそれに塩もチョロンと入れますが…。
あと、ハーブを足したりとかもしますけど…。

「5年物もあるんですぅ~!」

今使ってるのはエディアールの7年物ですが…。

「バルサミコはバニラアイスにかけても美味しいですよぉ~!」

それやったら10年過ぎてないとあかんてミラノのペックのおいさんは言うとったで。

…思うに、恐ろしく可愛くない買い物客だったかもしれない。。。
(注 心に思ったことをその場ですべて口に出したワケではありませんcoldsweats01


食事を済ませてとりあえず婦人服売り場へ行き、セーターを探す。
今回3泊で2枚のセーターを着まわそうと考えていたのだが、毎晩宴会続きでそこはかとなく着たくないニオイがついてしまって…。

おりしもバーゲン真っ盛り。
なので、現地調達を試みたのだが…これがイマイチしっくりこない。

仕方なくなんとなく見かけたウニクロを訪ねて渋谷の街を徘徊。

ここまで来てどうしてウニクロ…と思わなくもないが、普通にタートルのセーター1枚買おうと思うと、ウニクロってけっこう間違いがないと思うのだ。

で、驚いたことに渋谷のウニクロは、ここいらのウニクロではあっという間にサイズ切れ品薄になってしまったダウンベストやらダウンジャケットやらの品揃えが非常に充実していた。

都市と地方の格差を目の当たりにした思い…。

さて、この日はガッコのお友達が本を書いたというので、3時からその読書会の予定。
なので1時間ほど時間が出来たので、動くのが面倒くさいと、そのままL'Occitane Cafeへ。

5

バラベースのハーブティで連日連夜の夜更かしに備える。

しかしこのカフェ、木の椅子なもんですわり心地は極めてよくない。
まるでガッコの椅子。

それでも昔は朝から3時4時まで座っていたもんだが、今となっては1時間も座っていようものならお尻が痛くなりそう…。

なるほど、混む店というのはこういうところを工夫して回転率を上げようとしているのね…。

楽しい読書会の後は、やっぱり渋谷に戻ってきて懇親会。
しかもホテルの3軒隣だった。

ということで、この日も非常に狭い範囲でせっかくのおマチ滞在が終了したのだった。

| | Comments (4)

Monday, January 16, 2012

なんちゃってヘソ灸のススメ

パンダの国に唐さんという一門がいて、これが毒薬やら暗器やらを使って強きを助け弱きを挫く?だか、弱気を助け強きを挫く?だかの任侠集団なのだそうだが、その唐門の女性は40歳を過ぎてもハタチほどにしか見えなかったらしい。
そして、その秘訣はなんと、ヘソ灸なるものにあったのだそうな。。。

台北の足つぼマッサージ屋さんの情報を集めていたら、こんなウソかマコトかワケの分からないお話に行き当たった。

しかもこのヘソ灸、けっこうなお値段がするのだ。

…どんなもんやろ。。。

というワケで、なんちゃって体験をしてみることにしたsmile

本来は、おヘソの中に秘伝の薬剤をたっぷり詰めて、それに熱を加えるんだそうな…。
しかし、なんちゃってヘソ灸でそんな贅沢は言ってられない。

なんたって、アレだ。
ちっちゃな貼るカイロをおヘソの上あたりの衣類の上にペッタンsign01と貼るcatfacescissors

これで40歳を過ぎても20歳ほどの見せかけが約束されるのであれば、毎日だって貼りますがなsign03

いや、何時までたっても18歳のワタシからしてみたら、40歳というのがもう既に想像できない次元ではあるのだが…coldsweats01

というワケで、試してみた。

ダイレクトに腹膜が温まって内臓にまでじんわり熱が伝わっているのが分かるカンジ。
なんとなく、皮下脂肪がとろけて汗になって滴りそうな気がする。
さらに、お腹が痛いときに貼ったら効果テキメンgood
何より快腸なんだな、これがfuji

というワケで、なんとなくイイような気がするのだが、ワタシ一人の鰯の頭も信心から…ということかもしれない。
なので、興味のある方は是非ともお試しになってください。

本家のヘソ灸は、なんかお肌にもいいらしいデスよ。

| | Comments (2)

Sunday, January 15, 2012

パキっときっぱり椿を撮ってみよう!

花園山は、今、椿の真っ盛り。
どうでもいいような椿に混じって侘助系のものも結構あるのですが、しかしやっぱりお山で一番きれいなのはやぶ椿であると思うのです。

枝の間からちょうど陽の差したところで撮ってみました。

Dsc09388

大きくなります

といっても、そんなに都合よくそこに花があるわけではないので、足場の悪い斜面で体が斜めになった状態で、枝をちょちょいと持ち上げたりどしたりして、花をちょうど陽の差すところへ持っていきます。

そんなわけですから、三脚なんて使って撮ったりなんかはもちろん出来ません。
ピントもカメラさんにお任せです。
なんたって、右手でカメラを持って左手で枝持っての撮影ですから…coldsweats01

Dsc09390

大きくなります

こういうくっきり系のお写真、実はキラいぢゃないんです、ワタシ…smile

| | Comments (2)

Wednesday, January 11, 2012

渋谷放浪記その①

NAVIGOは持ってるけどSuicaは持ってないこのワタシが、Suica通用圏のおマチへお出かけした。

今回のお泊りは、ほとんど知らない渋谷。
いや、通り過ぎるだけなら渋谷でもそんなに困らないのだが、乗り換え駅としてしか渋谷っちゅ~トコロを使ったことがない身としては、ナニがナニやら…coldsweats01

何故渋谷?って、用務先行くのに便利だから、なのだが、ホテル代がしょぼい…weep
今回のお泊りは、渋谷東急インというところ。

Photo

何が良かったって、この不思議なお部屋ではなく、10年ぶりくらいに会ったガッコのお友達との懇親会会場の3軒となり、二次会会場のすぐ隣、という立地smile

しかし、アレだ。

渋谷ではご飯を食べるところすら思いつかない。
ジツは東横線に乗って自由が丘まで行くつもり満々だったのだが、諸般の事情により渋谷に着くまでに体力を使い切ってしまって、それから滞在中ずっとヘロヘロ状態coldsweats01

着いたその日は、東武ホテルというところの天ぷら屋さんに連れて行っていただき、天ぷら。

Photo_2

天ぷら屋さんに行く途中、渋谷にも西武があることを初めてcoldsweats01知る。
この西武が、滞在中大活躍することになろうとは…。

そのデパ地下に、モンサンクレールが期間限定でパン屋さんを開いていたりして、朝ご飯はそこで調達がお約束に…。

もちろん、西武にだけ行ったわけではない。

ガッコへの行き帰り、時々寄ってご飯を食べたベトナム料理屋さんにも行ってみた。

Photo_3

東急のイートインコーナーだけど…coldsweats01

体調がいい時ってあんまし思わないのだが、イマイチの時って舌が恐ろしく敏感に化学調味料の刺激を受けるのよね。。。

本当は、恵比須とかその辺りでご飯食べる気も満々だったはずなのだが、中目黒へケーキも買いに行くはずだったはずなのだが…。

若しかして、結界に閉じ込められてたりしたとか?

| | Comments (9)

Monday, January 09, 2012

こ…こんなものが…。

こ…こんなものが…。
メリーカンパニーのチョコレート。 なんとなく、ビミョ〜。

| | Comments (2)

Sunday, January 08, 2012

機内スイーツ栗より美味しいモンブラン

機内スイーツ栗より美味しいモンブラン
飛行機に乗る前になんだかつぶれてしまった感があるが…。

機内持ち込み専用に販売されているモンブラン。

お持ち帰り用の販売はしてなくって、気に入ったら通販してあげますという、チョー強気なモノイイと、450円というなんとなくフツウではなさそうな値段に心を動かされ、つい、購入。

ココアロールの上に、ちょろんと和栗のモンブランクリームが載っとるだけだった…。

| | Comments (0)

Sunday, January 01, 2012

あけましておめでとうございます。

Photo


| | Comments (7)

« December 2011 | Main | February 2012 »