« 102歳のお誕生会。 | Main | あけましておめでとうございます。 »

Friday, December 30, 2011

お題:殻つき牡蠣で超絶簡単に清蒸風!

やっとパソコンが使えるようになって、お久しぶりぶりの更新でございます。

本日のお題は、牡蠣。

1

この季節、時々自分では買えない”ええもん”がやって来て、うれしい限り。
5000円もする洗剤が届いたりすると、「商品券にしてくれ~sign01」とか思わなくもないが、”ええもん”はやっぱりええねぇcatface

ということで、早速いただくことに。

しかし、この殻つきの牡蠣というのは、殻をどうにかするのが何かと面倒。
殻の外側をたわしでゴシゴシするくらいならなんてことないが、アレだ。

2

こんな姿にしようと思ったならば、それこそタナゴコロに穴を穿つかもしれない、そんな危険を伴う作業が必要になってくる。

それに、時間もかかるし。

しかし、これをおっきな蒸し器にそっくり入れて、ふっくら蒸しあがったところに生姜とネギの千切りを乗せ、煙が出るくらいに熱したごま油をジュンsign01

3

くぅぅ~happy02
殻つき牡蠣でないと味わえない絶品料理。

しかし、アレだ。
如何に美味しいからと言って、危険な作業を伴うこの牡蠣の清蒸はそうそう数を作れるもんぢゃございません。

ということで、あとはチン牡蠣にしていただきましょう。

4

チン牡蠣というのは、アレだ。
殻つき牡蠣7~8個をそのままレンジに放り込んで、1000Wで約6分。

早い話が蒸し牡蠣ですね。

あら?

このチン牡蠣、殻の平たいほうを上にしてレンジに入れたら、出てくる時には固く閉じられていた殻がだらしなく口を開けた感じで、あとは上面の殻をペロンととってしまえばそれでOKsign01

それにカブスの絞り汁をかけながら食べつつ、思った。

別に、掌に穴が開きそうなことをして、おっきな蒸し器をわざわざ出して牡蠣を蒸さなくとも、チン牡蠣にしてそこにネギと生姜とごま油でいんぢゃないの?

ということで、早速チン牡蠣で清蒸風にしてみる。

…殻を開けて水洗いしてから蒸すよりも、チン牡蠣にしたほうが、牡蠣の味が濃くって美味しいかもしれない。。。

ナンと無駄なことにワタシは時間と労力を使ってしまったのか…think

チン牡蠣の清蒸風、おススメです。

ああ、はじめっからそうしていれば、蒸し器洗わなくってすんだのに…weep

|

« 102歳のお誕生会。 | Main | あけましておめでとうございます。 »

飽食日記/おうちでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おうちで中華編~」カテゴリの記事

Comments

美味しいものを食べることに手間を惜しんではいけません!
しかし、怪我をしては元も子もないので、電子レンジのチン蒸牡蠣は賛成です(笑)

シャブリなんて要りません。しっかりした燗酒があれば言うこと無しですがな、女王様…

Posted by: こぶちゃん | Friday, December 30, 2011 at 22:38

私も血だらけになりながら、食べたことがあります。weep
でも牡蠣にとっては、もっと大変なことですから、sweat02
やはり蒸してあげた方が納得するんではないかと、think
自分の体液が沸点まであがっていく感じって蒸し殺されるより残酷な感じがします。wobbly
まあ言いがかりみたいなもんで、すみません、coldsweats01

Posted by: gen-san | Friday, December 30, 2011 at 22:41

restaurantこぶちゃんさん

熱燗よりも冷酒がイイですcatface
最近、山鶴の純米大吟醸がワタシ好みだということが判明いたしましたhappy02

そして、チン!ほど手間いらずぢゃないけど、ル・クルーゼにポンポンポン!と放り込んで、気分で白ワイン・日本酒・紹興酒で蒸しても簡単美味しいになることが判明。

次はこれでいきますsmile

restaurantgen-sanさん

もう、だから、そんなことをおっしゃられると、玉檀姑娘がおっきな蒸籠で蒸し人になってるシーンをまた思い出しちゃうぢゃないですかぁ~coldsweats01

「とても早く逝きましたので、あまり苦しまなかったと思います…。」と王公公が言ってましたけど…。

いやん、すごくリアルに想像しちゃう~bearing

レンジの方が、苦しむ時間が少ないような気がするんですけど、どうでしょうcoldsweats01

Posted by: SAKURAKO | Monday, January 02, 2012 at 01:29

步步惊心ですか?私は1集だけみて投げちゃったもんで、、coldsweats01

Posted by: gen-san | Monday, January 02, 2012 at 12:07

《步步》、2011年度網路最受歡電視劇でございますよsmile
まぁ、最初は「あるかい!そんなこと!」の連続ですが、慣れてくるとけっこう見れます。
33~34話のあたりはバスタオルを持ってご鑑賞くださいweep
そんな感じでsmile

蒸人…忘れられない言葉になりました。。。think

Posted by: SAKURAKO | Tuesday, January 03, 2012 at 00:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 102歳のお誕生会。 | Main | あけましておめでとうございます。 »