« PAL方式のDVDと台湾のグルメ本 | Main | 松葉がに、いただきました。 »

Friday, November 18, 2011

国共合作を画にすると、こんなカンジ?

U4611p28t3d3482277f329dt20111116022

人民解放軍の装備に中華民国軍の兵隊さん。
しかも明らかに国民党でしょ、このヒト。
ウワサでは馬英九政権下でかなり美味しいシゴトしてるってハナシですが…。

すっごいシュールなんですけど…。

ル・マン珠海で、ジミーちゃんトコのレーシングチームの張さんが、中国人としてはとってもいい成績だったらしい。
で、ジミーちゃんがなんちゃってツイッタ―で「中国人の名誉だ」とつぶやいたのだが、そのことで物議が醸されている。

「あんたは中国人やのうて台湾人やろ!」
「台湾は中国の一部やんか!言うコトおかしいであんたら!」

こういう遣り取りが不毛に繰り返されると、そういうワケだ。。。

「そのヒト、国民党やし。」

まぁ、多少の反発はあるとして、台湾のヒトはそれで“やっぱりねぇ~”ってトコに落ちつくと思われるが、大陸の今どきのおぜうさん方が国民党を知っているかどうかは…大いにギモンだわ。。。think

そもそもこういうのをタマムシイロにして放置するというのが、東アジア外交の知恵だったハズなのだが…。

というか、このテの話になると何時も思い出すのはジョンストンさんの言葉。

 諸外国の侵入によって、ひとつの「文明圏」がひとつの「国家」へと変貌しはじめていた。愛国心がどういうものかをほとんど知らなかったシナの人々も、国家という集団が鎬を削り、時として敵対もする世界に、自分たちが住んでいることに気づき始めたのである。(岩波文庫版『紫禁城の黄昏』上、P.46)

あれからまだず~っと国民国家形成の途中なんだなぁ~って、さ。

にしても、ジミーちゃん大分しぼったね。。。

|

« PAL方式のDVDと台湾のグルメ本 | Main | 松葉がに、いただきました。 »

爛漫日記/芸能娯楽編」カテゴリの記事

Comments

彼に問題は無いが
専属フォトグラファー変えるべきやと思う

酷すぎる
このポーズ 笑えんくらい

Posted by: 風影 | Saturday, November 19, 2011 at 10:24

これは映画のPR用なので、映画作るところがいかんのだと思います。
って、中国人民解放军八一电影制片厂なんですけどcoldsweats01

製作発表の時とか、監督は軍服着てたしcoldsweats01

Posted by: SAKURAKO | Saturday, November 19, 2011 at 20:55

初めて軍服というものをまじまじ見たわ。
ひじとひざの所のプロテクターのようなものが面白い!snow武器はやや重そう。chick
兵役の頃のジミーが懐かしい。
『大兵日記』の写真が超可愛くて……。
snowboard

Posted by: 踊る人形 | Thursday, November 24, 2011 at 04:17

自衛官の制服のシャツがテラテラのテトロン風で、マジックで名前書いてあるの見たことはあったけど、人民解放軍は御縁がなかったデスわ、今までcoldsweats01

兵役の頃ったら、まだハタチでしょcatface
そりゃ~アナタ、お茶碗が転がってもカワイイお年頃ですがなsmile
この間、その頃の証明写真みたいなのを微簿に載せてたよup

Posted by: SAKURAKO | Thursday, November 24, 2011 at 20:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« PAL方式のDVDと台湾のグルメ本 | Main | 松葉がに、いただきました。 »