« 最近お気に入りのご飯屋さん~旬味楽 八神~ | Main | スゴイぞ!チャイナクォリティ…《彩虹甜心》 »

Thursday, October 13, 2011

宇和ドキドキ街道古墳にコーフン?それよりも…

ここいらの軽井沢とか、ここいらのチベットとか、ここいらでちょっと標高が高い盆地にあるそのマチは、とかくそう呼ばれて寒いトコロの代名詞みたいになっているが、ジツは土器でドキドキ古代ロマンにはじまって、歴史と文化のカホリにはコト欠かない、歴女たちのホットスポット。

「宇和へ古墳巡りに行こう!」

そんなお誘いを受けたのだが、石舞台古墳を“ふ~ん”で通り過ぎ、コロッセオとフォロ・ロマーノをヒトカラゲで世界三大ガックリの一つに認定したこのワタシ、はっきり言って高地性集落とか前方後円墳とか聞いてもちっともモえないのだdespair

しか~し!

今回はそれにオマケが付いていた。
一緒に行くのはお幸ちゃまのお出かけトモダチ。
お昼は牧場直営のビーフシチューが美味しいレストラン、ワンちゃんOK!

お幸ちゃま、念願のドッグカフェデビューsign02

二つ返事で催行決定、お幸ちゃまのとびっきりの笑顔と共に、いざ!ここいらの軽井沢?だかチベット?だかへsign01

Photo

第一の目的地。
ここに、ゆうぼく民というレストランがあって、テラスでお幸ちゃまと御一緒に美味しいビーフシチューのお食事が…。

3

あら?
遠くにお幸ちゃまはいらっしゃるけど、ナンとなくカフェとは違うような…?coldsweats01

なんでも、オサレなドッグカフェは6月で閉店してしまったらしい…weep

2_4

お幸ちゃま、ドッグカフェデビューならず…。

その代わり、同じ敷地内にあるキャンプ場的な焼き肉屋さんかかで、真昼間っからお肉ジウジウということに。

3_3

・・・宇和在住のヒトへのインタビューによると、なんでもココは、お肉を買いに行くところらしく、焼き肉屋さんはオマケのモヨウ。

1

韓国にも、ショーケースの中からお肉を選んでその場で食べられる精肉食堂というジャンルの焼き肉屋さんがあるが、そのノリでショーケースから選ぶも良し、焼き肉処でしか出していないホルモンとかほほ肉とか注文してみるも良し。

2

牛肉は、モチロンいっちゃん高いカルビの2割引になってるヤツsmilescissors
ブタのバラ・ロースに鶏肉と、お昼からがっつり食べますコムスメ3人happy02

4

F1というのは、ホルスタインと和牛を掛け合わせた交雑種の牛の種類なのだそうで、和牛に比べると赤身がサクいというか、滑らかさに欠ける気がするが、気になる臭みや匂いも無く食べやすい。

餌によっては、肉に臭みがでちゃうからね…。

そんでもって、ここいらの銘柄牛伊予牛というのは、割と肉に臭みのある牛に当たる確率が高いのだweep

豚や鶏については、それほど語れるだけのナニも無いのだが、ここの豚はぶ~ぶ~言わずに美味しく食べられる。
鳥もケッコー。

なんたって、ここいらの焼き肉屋さんって、豚とか注文したら後悔することの方が多いから、ちゃんとした豚が出て来るお店は貴重。


5

〆は焼き肉のタレを付けて焼きおにぎりを作成。
米どころだけあって、美味しい焼きおにぎりが完成good

そして、お会計。

6

最後に豚と鳥を1人前づつ追加したつもりが、1人1人前づつ追加したことになっていて、それでもモンクも言わずに食べるのshockな気がしないでもないが、食べちゃったんだな、これが…coldsweats01

こちらを眺めてヒュンヒュン鼻を鳴らしていたお幸ちゃまも、鳥の皮とか、机の上に落ちちゃった豚さんとか、ナンと!太っ腹なおねぇちゃんに2割引の牛さんまで一枚もらっちゃって、かなり御満悦のご様子。

「おとなしいですね~。かわいい!オトコマエ!」

お店のおねぇさんにも声をかけてもらって、まんざらでもない様子。

広いお庭のクヌギの木に係留しおいたら、ケッコー気ままにお楽しみにならしゃったみたいで、お犬さま連れには有難い焼き肉屋さん。

もっとも、外にお客さんがいなくって、お幸ちゃまにとっては心にかかるストレスが少なかったというのもポイント高し!

ここでたっぷり腹ごしらえをして、おやつにパン屋さんでパンを買って、いざ!1コ目の古墳へ!

1_2

…これが、かなりデンジャラスなトコロだったのだ…。
民家のあるところから歩いて4~5分という言葉にすっかり騙された…。
先月お幸ちゃまと一緒に歩いた皿が嶺なだらかコースに比べると、ひぇ~shockってなくらいに急峻な石ごろごろ勾配。

しかも、案内版が意味不明で違う道に迷い込んだり、目的地を通り過ぎたり…。

やっとたどり着いて記念撮影。

2_2

石舞台古墳を“ふ~ん”で通り過ぎたヒトにとっては、目の前にぱっくり開いた横穴式石室もやっぱり“ふ~ん”くらいにしかココロに響かなかったのだった…。

この古墳への登山道?の入口に、ムカシ井戸があったというトコロがあって、きれいな水汲み場が設けられていた。
で、その水と思われる水が別の場所にも流れ出てそこそこ大きな水たまりになっていた。
それはもう、お幸ちゃまがすっぽりとお入りになられても大丈夫なくらいに…。

お幸ちゃま、そこで御機嫌よくお風呂に浸かられる…。
はじめは澄んでいても下は泥なのだ…。
お幸ちゃまが足を踏み入れると、あっという間に澄んだ水は泥水に…。

ワタシにとっては泥池地獄にしか見えないそれも、お幸ちゃまにとっては至福のお風呂だったらしく、何度もその中に身体を横たえ…。

その後、お幸ちゃまをナンとか車に乗せられる状態にするまでに、もの凄い体力と時間がかかったことはいうまでも無い…。

「どうする?」

2コ目の古墳に登るか否か。
これから登ると、ばっちり夕日の時間になるかもしれない。
しかし…帰り真っ暗な道を歩くのは…。

ココは勇気ある撤退!お水飲みに行きましょう!

1_3

ということでやって来た苔筵

2_3

苔の上は歩いちゃいけない看板のあるココで、お幸ちゃまを自由に歩かせるわけにはトンでもございません…。

3_2

ということで、お幸ちゃまにはお留守番をお願いし…。

4_2

地下50メートルから汲み上げるお水をいただく。
最近雨が無かったから、ますますまるくトロンとして…美味しゅうございます。

そして、オマケ?のコーヒー。

5_2

コーヒー自体はそうたいしたことないのだが、水が美味しいから美味しいコーヒーになってるよね、の典型catface
…といったら怒られそうだが、お水が美味しいとあのモンカフェでさえビックリするくらい美味しくなるのだ。

さてこの苔筵。

6_2

ジツは、立派なお池付のお庭もある。

7

ちょうどホトトギスが見頃。
これから寒くなると、鉄ストーブにも火が入り、ナンとも言えない気だるいまったり空間に…。

こうして、宇和ドキドキ街道美味しいもの巡り古墳のオマケ付プチトリップは、目出度く大満足で幕を閉じたのだったcatface

|

« 最近お気に入りのご飯屋さん~旬味楽 八神~ | Main | スゴイぞ!チャイナクォリティ…《彩虹甜心》 »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~国内四国編~」カテゴリの記事

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おそとで焼き肉編~」カテゴリの記事

女王さまのお犬」カテゴリの記事

Comments

ふむ
肉ほとんど食ってないんやん
でその値段 炭焼きバーベキューだけでそんだけ取るってぼったくりやなhappy02
一年後には潰れて無いと思うbomb
DAIKIに行って炭焼きセット買っても炭も買って1500円
で いいお肉を買い込んで好きな場所で1人あたりキャベツ一個づつむしりながらワシワシ食った方が美味いし安い幸せになれると思うhappy01
後片付けがメンドクサイbearing

苔喫茶はいい感じconfident

だが観れば観るほど近所の山とたいして変わりないようなthink

なんとなく可哀想な梵たんthink

Posted by: 風影 | Monday, October 17, 2011 at 08:21

>こちらを眺めてヒュンヒュン鼻を鳴らしていたお幸ちゃまも

あ、ああんたは悪魔や ブルブルブル!!(゚ロ゚屮)屮
ワタシが犬なら暴れてるね(笑)。
うちの犬だったら、確実に泣きが入って、
辛さの余り暴れてるな(爆)。


肉の値段は、お町に比べたら結構安いように思えるんだけど、量がどれくらいあるのかよく解らないので、どうなんだろうって思う。
肉の値段が格段に安ければ、
炭代云々方面、手間賃と思えば、
高くないように思う。
アノ値段÷人数なんでしょう?
自分でアァいう道具一式を
用意してセットして焼いて
腹一杯になった後で ←コレ、重要
洗うことの面倒くささを考えれば、
我慢できないほどの料金ではないと思う。
ワタシ的には腹一杯になったら、
ソコで終わりたい・・・・

Posted by: しゃ-ねい | Monday, October 17, 2011 at 18:02

dog風影さん

炭代込みの場所代が1500円っちゅ~んはちと高い気がせんでもないんだけど、お幸ちゃまがひっくり返して引き抜いたプランターのユリの慰謝料も込みだと思えば…coldsweats01

ちなみにお肉はこのほかに豚一皿・鳥一皿を追加して、お腹がねじれるほど食べましてんcoldsweats01
後片付けせんで良いのがナニよりやしsmile

苔喫茶は好きですよ~catface
普通に杉を植えてあるようだけど、やっぱり手入れが行き届いてるところは苔がとってもびゅ~ちふるshine

dogしゃ―ねいさん

こっちをじ~っと見てても、ワタシたちがお幸ちゃまの方を見たら、パッと目を反らしやがりましたわ、お幸ちゃまthink

でも、後からけっこうもらったんですのよ、お幸ちゃまも…coldsweats01

お肉は小売のショーウィンドウから好きなの選んで炭代払うか、お店のメニューから選んで炭代込みで食べるかナンだと思う。
高い牛肉食べてくれたら、ショーウィンドウから選んでもお店は利益があるんでしょうけど、ワタシたちほら、牛肉は2割引だし、豚や鳥が多いしcoldsweats01

そーいえば、ワタシたちがやらかしたトキって、1人で割った金額のゼロが一つ多かったよねcoldsweats01
いや~、さすがにあの時はshockshockshockshockだったわcoldsweats01
思い出しちゃったthink

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, October 19, 2011 at 19:28

>ワタシたちがやらかしたトキって

アレね、ワタシ的には納得いってないのよ、
のらさんとは違うところで(笑)。
一度目の美味しさが
二度目に反映されていないのは、
焼き方ではないかと思っているので、いまだに(笑)。
まぁ、あの店、内装は下町ドヤ街の
って感じだけど、肉は違うからねぇ・・・(笑)。

Posted by: しゃ-ねい | Friday, October 21, 2011 at 21:10

いやぁ、ワタシ、率直に言うと、あの肉質であの値段はどうなの?っていうのが正直なところだったから、さthink
焼き方云々ぢゃなくって、さ。
牛さんの個体差ってヤツも考慮に入れんといかんのぢゃないかなって思ってるの、ジツは。
ジツは、ね。
今まで黙ってたんだけど、あの後肉の写真を某所で某オジさんに見せたら、さ。
「この肉は不味かったろう!」って即座に言われちゃったのよweep

しかし、なんて言うか…何年も前の焼き肉屋さんについて、今でもこれだけ熱く語れるって、ワタシたちってどんだけ…coldsweats01

Posted by: SAKURAKO | Sunday, October 23, 2011 at 01:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 最近お気に入りのご飯屋さん~旬味楽 八神~ | Main | スゴイぞ!チャイナクォリティ…《彩虹甜心》 »