« September 2011 | Main | November 2011 »

October 2011

Monday, October 31, 2011

トニー・レオンみたいなアイドルに…~Flying with you~

ジミー・リン主演《Flying with you》がクランクイン。

5fe0e4fbjw1dmlyml3dpwj

「こんなに髪を短くしたのは、兵役が終わって以来初めてだよ。」

そうでしょうとも。
ボーズ頭になるのがイヤで、《少林寺伝奇2》ではムリコヤリコに李世民の役におさまったっちゅ~前科まであるジミーちゃんですものcatface

…《竜虎英雄》の時も結構短かったと思うけど。

共演はチャン・ナラ。

Cd48a20b54ed4baedb06ed30c5f60572

こちらも年齢不詳系女優だが、「もうすぐ不惑」が枕詞になりつつあるジミー・リンが20代の役を演るんだから、5つ6つサバを読むのはどってことないらしい。

今回ジミーちゃんの役は、どうやら人民解放軍特殊部隊出身のパラグライダーするヒトで、チャン・ナラとの間で恋愛喜劇が繰り広げられる…らしい。
どうやらジミーちゃん、今回の映画で演技派アイドルへの脱皮を狙っているモヨウ…。

「トニ―・レオンのように、内面的な演技が出来る役者になりたいです!」

だって。

「トニー・レオンのようなラブシーンが演れるようになりたいです!」

ムカシ、そう言ってたこともあったけど、こちらは《色・戒》見て無理!と思ったらしいケドcatface

パラグライダーは実際飛ばんといかんらしいけど、人民解放軍のヒトが教えてくれるらしいけど、ケガせんように良い映画撮ってsign01

そして、来年は東京映画祭でお会いしたい今日この頃ですcatface

| | Comments (6)

Friday, October 28, 2011

これからおマチ

これからおマチ
せっかくのおマチ行きなのに、ご飯屋さんの予約のひとつも入れてない…(;_;)
ていうか、ホテルの朝食以外食いっぱぐれるかも…?な今回のおマチ行きを象徴するかのような搭乗前のお昼ご飯…。

果たして、ワタシはめでたく美味しいモノに遭遇できるのか!?

乞うご期待!

| | Comments (8)

Wednesday, October 26, 2011

あれはナンだ?まっぷる台北だ!ナニするつもりだ~???

Dsc09379

だから、行くんですよsmile

ザンネンながら、ジミーちゃんの台北コンサートが目出度く決定したとか、そんなワケぢゃないんですが、ちょっくらマイルが貯まったモノで、ちょっくらお出かけして来ますcatface

しかしナンというか…この前行った時といろんなモノがずいぶん変わってるみたいで、かなりビックリsign01

いえ、あれからワタシもずいぶん変わりましたケド…coldsweats01

ナンたって、アレだ。
heart04のクモン式学習法で身に付いた…と思われるワタシのちうごく語は、この前行った時よりもパワーUPupupupしているハズ…catface
というか、していて欲しいな…な希望的観測coldsweats01

いや、しょせん、ワタシのちうごく語がパワーUPupupupしたところで、使う言葉はタクシー乗って「ココ行って!」とか、ご飯屋さんで「これ下さい!」とか言うくらいなのだが…smile

| | Comments (7)

Sunday, October 23, 2011

ひと夏の成果

10月19日から放送中の《彩虹甜心》
19時30分から1話約50分で2話分を毎日放送。
21時30分には当日放送分の動画が公式サイトにUP。

しかし、そこには無情にも地域限定の壁が…。

しか~し!
翌日には早くも別の動画サイトにアップロードされてたりするのだな、これが。

そして、その動画を拡大してプラズマテレビで見たりすると、程良く滑らかな肌映りになって主役のトシもナニがナンやら…coldsweats01

100120110104181731b3a4b96cede69d5ab

「やっぱりジミーちゃんはキレイぢゃぞぇ。」

必死で鑑賞中のワタシの隣りで、女王さまがボソリと仰った。

くぅ~!
このひと夏、毎天毎夜オダちゃんのドラマをお見せしておいた甲斐があったというものhappy02
そうでしょheart04そうでしょheart04
やっぱり、ジミーちゃんはキレイでしょheart04

「日本語は出ないのかぇ~?」

えっと…、昨日ちうごくで放送されたテレビドラマに日本語は、まだでませんcoldsweats01

でも、ナンでも日本のどっかのテレビ局が放送権を既に買ったってハナシがネット上には上がってマスが…どうなんぢゃろう。。。think
なんたって、36で27の役ぢゃからのう…。

果たして、ジミー・リンは日本のデジタル放送に耐えられるのかsign02

| | Comments (18)

Thursday, October 20, 2011

ティッシュ1箱分の涙と鼻水を返してちょうだい!~《歩歩驚心》~

440pxstartling_by_each_step

公式サイト http://bubujingxin.net/

北京の街のド真ん中でカレシと痴話ゲンカの挙句車に撥ねられあまつさえ高圧電線に感電までしてしまった張暁。
気が付いたらそこはワケの分からん300年前の世界で、馬尓泰若曦というワケの分からない名前になっていて、ワケがわからないうちに徳川家斉と比肩される子沢山の康熙帝の複数のオージさま達と尋常でない関係となり、さらには康熙帝のお茶汲み宮女になり、すったもんだの末に気が付いた時には雍正帝疑惑の即位の仕掛け人という、波乱万丈の人生を送ってしまう、かなり荒唐無稽なお話。

とは言っても、『王家の紋章』みたいにアメリカ人が3000年前の古代エジプト王国にタイムスリップするとか、『天は赤い河のほとり』みたいに日本人が3000年前の古代ヒッタイト帝国にタイムスリップするとかと違って、言葉や文字が全く違うというワケでは無いわけだから、前掲2作に比べたら、まだ想定の範囲内かも?coldsweats01

いや、満州語で来られるとどうにもならんやんな…。
それに、いきなりあの旗鞋で歩くのはちょっとかなり大変そう…。

でも、時代がもうちょっと前だったり、清代でも漢族のオンナのコになっちゃってたりしたら、当然纏足してたりするワケで、自分の足が気が付いたら10センチくらいの握りこぶしになってるよりは、10センチの下駄の方がシアワセよねthink

それよりも、この国よりずっと男女同権の進んだ国で生まれ育って、いきなし近代的な意味での「自由」の観念などあるわけない、夫婦は急須と湯呑の関係、急須一つに湯呑一つなどとは、あり得んやろうなんぞという“封建時代”にワープしてしまったものだから、思想的な面でものすんごい衝撃を受けるモヨウ。

でも、まぁ、生活に困る身分ぢゃないから、さ。

このドラマ、100均で売ってるような花の作りモノを使っているかと思えば、襲いかかる鷹も小学生のお絵描き程度、呉奇隆が突然跳ね上がった馬を御すところもまるで塗り絵と、そこかしこになんぢゃそりゃ…なCG連発coldsweats01
とても張芸謀で世界に名を馳せたCG大国とは思えないワthink

それだけではない。
一面にハスの花咲く中でボートを漕ぐシーンの、なんと悲しいことか…bearing
どのくらい悲しいかは、是非ともドラマを見て確かめてください…。

いや、そうぢゃなくって、とにかくこのお話、最後の3話くらいがここまでするか!ってなくらいに超絶凄惨なのだcrying
おねぇちゃんが清蒸にされてるシーンもなかなかにアレだが、すれ違いっぷりが『東京ラブストーリー』なんてよ、へ!、ってな具合に、ナミダとハナミズ両方垂らしてあうあう泣かんといかんくらいに悲しいお話になってしまうのだ。
モチロン、ティッシュひと箱くらいあっちゅ~まに空になるし…。

登場している男優陣も総泣きなのだが、アレだ。

ちうごくの男優さんは、キレイに泣く。
鼻水たらして泣いてても、キレイなのだ。

やっぱりアレかしら。
日本人には男だったら親が死んでも泣いちゃいかん!とかいうような規範意識が強くって、男が泣く時って言うのはホントにもうどうしようもないくらいにどうしようもなくなってるところを強調しようとするあまり、とにかく大袈裟に泣いて見せるけど、儒教文化圏の泣くことが儀礼としてある国とかだと、もっと普通にスマートに男も泣くってことかしら。

いやそうぢゃなくって、ワタシがあんなに泣いたのに…。

ラスト15分でまさかそんなはぁsign02ってコトになろうとは…think

いや、なかなかに面白いドラマでした。

| | Comments (11)

Wednesday, October 19, 2011

アクセサリーリフォームbefore after~ペンダント編~

この間ここいらの特産品なものですから。で自慢smileした、10ミリUP1玉5000円の真珠玉でペンダントが完成sign01

1

そのムカシ、女王さまよりいただいたペンダントトップに、かたっぽ無くなったピアスの金を使って付けてもらったのだが、その工賃が3000円

2

3000円なのに、こんなにカワイイ細工で良いのかしらhappy02

うふheart04

| | Comments (2)

Friday, October 14, 2011

もしもここいらで原子力災害が起こったら?

本日、ここいらの電力会社の社員さん2人が、来年のカレンダーと、ひと山越えたところにある原子力発電所が福島第一原発の事故を受けてどのような対策をとったかをぺら紙一枚にまとめたリーフレットを持ってやってきた。

「目を通しておいて下さい」

ちょっと!
それで一軒一軒回って原発の安全性を説明するオシゴトが済んだことにするつもり?
とにかくこちらには、いいたいことが沢山あるのよ!

ということで、ちょっとお話をさせていただいた。

「原子力発電所におけるハード面での対策はこうして進んでるみたいですけど、福島第一の事故以来、絶対安全などということは言えなくなったワケでしょう?
避難が必要になった時の対応はちゃんと考えているんですか?」

「それは電力会社の責任ではなくてですネ、地方自治体から協力を要請されることはあるかもしれませんが、こちらとしてはナントモカントモ…」

はぁ?annoy

「福島の事故では、避難の過程で多くの方が亡くなってるわけでしょう?
この高齢者の多いところで、夏の暑い時期や冬の寒い時期に避難生活が必要となったとして、福島と同じように体育館やらに押し込めて、年寄を殺すつもりですか?
空いている社宅を解放するなり宿泊施設を借り上げるなりして、避難者が健康で文化的な最低限度の生活を送れるように予め対策を立てて置くべきぢゃないですか?」

「えっと、自分たちもここいらに住んでるんですけど、イザという時にはここいらの中学校に避難するということしか知らないワケで…」

「ここいらの中学校に逃げたって同じ事でしょうがsign03annoy

原子力災害は、某国のミサイル等もしくは隕石なりアンゴルモアの大王なりが降って来て原子炉を破壊しない限り、責任は電力会社にあるという解釈が、ついこの間の事故でも示されたぢゃない。
住民の生命を最低限守るのが税金を取ってる国―地方自治体の義務であるというのはその通りよ。
しかし電力会社には、人災である原子力災害の被害者に対して、人間としての尊厳を保った避難生活を約束する責任があるはず。
行政が主導するのはあくまで一次避難、そこから先は電力会社が責任を持つべきだと思うけど?

そして、円滑な見舞金の支払いと生活再建支援のための制度設計も、全国の電力会社が連携してイザという時に使えるものを作っておかないことにはどうしようもないでしょう。

それを、「避難は自治体の責任で、今度県が避難訓練を実施するそうですから~」って、アホちゃう?

次からはもう、“想定外”という言葉は通用しないのだ。
ならば、ちゃんと事故が起こった後のことも想定しておいていただかないと、ね。

「こういうご意見があったということはちゃんと報告しますから…」

そう言って、逃げるように去って行ったここいら電力の社員さんだったが、ワタシのご意見は果たしてホントに報告書に記載されることとなるのだろうか…think

| | Comments (4)

スゴイぞ!チャイナクォリティ…《彩虹甜心》

ジミー・リンの新ドラマ。
10月19日7時半から毎日2話づつ放映。

ナニがスゴイって…最近のシミ・シワどころか毛穴まで映し出す残酷なニホンのテレビ事情からしたら、出演者にとっても視聴者にとっても有難い白トビ気味の画像処理で、ジミーちゃんがますます年齢不詳に…shock

しかしジミーちゃんったら、ええトコのボンの役を演らせたら、ピタリとハマり過ぎやねlovely
やさぐれたチンピラ役も好きだったけど、やっぱ現代の童話的偶像劇のオージさまったらこうぢゃなくっちゃ、ねcatface
実年齢から10個くらいサバよんでる設定の役だけど、違和感無いどころか10コ下の女優さんより幼く見えてしまうトコロが…さすが4000年前から不老長生を追及して来た国でアンチ・エイジングのカリスマに祀り上げられてる妖精パパsmile

これが、ネットクォリティではなくせめてDVD画質くらいで見た時にどうなっているのか、ジミー・リンならなんでもOKsign01のファンであっても気になるトコロ。。。

いや、それよりも、エンディングが《単身公主相親記》とおんなじ〈顔色〉っていうのトコロは、ジミー・リンファンでなくても気になるトコロ。

なに?それ…。
やっぱりそれが、チャイナクォリティ…?coldsweats01

| | Comments (10)

Thursday, October 13, 2011

宇和ドキドキ街道古墳にコーフン?それよりも…

ここいらの軽井沢とか、ここいらのチベットとか、ここいらでちょっと標高が高い盆地にあるそのマチは、とかくそう呼ばれて寒いトコロの代名詞みたいになっているが、ジツは土器でドキドキ古代ロマンにはじまって、歴史と文化のカホリにはコト欠かない、歴女たちのホットスポット。

「宇和へ古墳巡りに行こう!」

そんなお誘いを受けたのだが、石舞台古墳を“ふ~ん”で通り過ぎ、コロッセオとフォロ・ロマーノをヒトカラゲで世界三大ガックリの一つに認定したこのワタシ、はっきり言って高地性集落とか前方後円墳とか聞いてもちっともモえないのだdespair

しか~し!

今回はそれにオマケが付いていた。
一緒に行くのはお幸ちゃまのお出かけトモダチ。
お昼は牧場直営のビーフシチューが美味しいレストラン、ワンちゃんOK!

お幸ちゃま、念願のドッグカフェデビューsign02

二つ返事で催行決定、お幸ちゃまのとびっきりの笑顔と共に、いざ!ここいらの軽井沢?だかチベット?だかへsign01

Photo

第一の目的地。
ここに、ゆうぼく民というレストランがあって、テラスでお幸ちゃまと御一緒に美味しいビーフシチューのお食事が…。

3

あら?
遠くにお幸ちゃまはいらっしゃるけど、ナンとなくカフェとは違うような…?coldsweats01

なんでも、オサレなドッグカフェは6月で閉店してしまったらしい…weep

2_4

お幸ちゃま、ドッグカフェデビューならず…。

その代わり、同じ敷地内にあるキャンプ場的な焼き肉屋さんかかで、真昼間っからお肉ジウジウということに。

3_3

・・・宇和在住のヒトへのインタビューによると、なんでもココは、お肉を買いに行くところらしく、焼き肉屋さんはオマケのモヨウ。

1

韓国にも、ショーケースの中からお肉を選んでその場で食べられる精肉食堂というジャンルの焼き肉屋さんがあるが、そのノリでショーケースから選ぶも良し、焼き肉処でしか出していないホルモンとかほほ肉とか注文してみるも良し。

2

牛肉は、モチロンいっちゃん高いカルビの2割引になってるヤツsmilescissors
ブタのバラ・ロースに鶏肉と、お昼からがっつり食べますコムスメ3人happy02

4

F1というのは、ホルスタインと和牛を掛け合わせた交雑種の牛の種類なのだそうで、和牛に比べると赤身がサクいというか、滑らかさに欠ける気がするが、気になる臭みや匂いも無く食べやすい。

餌によっては、肉に臭みがでちゃうからね…。

そんでもって、ここいらの銘柄牛伊予牛というのは、割と肉に臭みのある牛に当たる確率が高いのだweep

豚や鶏については、それほど語れるだけのナニも無いのだが、ここの豚はぶ~ぶ~言わずに美味しく食べられる。
鳥もケッコー。

なんたって、ここいらの焼き肉屋さんって、豚とか注文したら後悔することの方が多いから、ちゃんとした豚が出て来るお店は貴重。


5

〆は焼き肉のタレを付けて焼きおにぎりを作成。
米どころだけあって、美味しい焼きおにぎりが完成good

そして、お会計。

6

最後に豚と鳥を1人前づつ追加したつもりが、1人1人前づつ追加したことになっていて、それでもモンクも言わずに食べるのshockな気がしないでもないが、食べちゃったんだな、これが…coldsweats01

こちらを眺めてヒュンヒュン鼻を鳴らしていたお幸ちゃまも、鳥の皮とか、机の上に落ちちゃった豚さんとか、ナンと!太っ腹なおねぇちゃんに2割引の牛さんまで一枚もらっちゃって、かなり御満悦のご様子。

「おとなしいですね~。かわいい!オトコマエ!」

お店のおねぇさんにも声をかけてもらって、まんざらでもない様子。

広いお庭のクヌギの木に係留しおいたら、ケッコー気ままにお楽しみにならしゃったみたいで、お犬さま連れには有難い焼き肉屋さん。

もっとも、外にお客さんがいなくって、お幸ちゃまにとっては心にかかるストレスが少なかったというのもポイント高し!

ここでたっぷり腹ごしらえをして、おやつにパン屋さんでパンを買って、いざ!1コ目の古墳へ!

1_2

…これが、かなりデンジャラスなトコロだったのだ…。
民家のあるところから歩いて4~5分という言葉にすっかり騙された…。
先月お幸ちゃまと一緒に歩いた皿が嶺なだらかコースに比べると、ひぇ~shockってなくらいに急峻な石ごろごろ勾配。

しかも、案内版が意味不明で違う道に迷い込んだり、目的地を通り過ぎたり…。

やっとたどり着いて記念撮影。

2_2

石舞台古墳を“ふ~ん”で通り過ぎたヒトにとっては、目の前にぱっくり開いた横穴式石室もやっぱり“ふ~ん”くらいにしかココロに響かなかったのだった…。

この古墳への登山道?の入口に、ムカシ井戸があったというトコロがあって、きれいな水汲み場が設けられていた。
で、その水と思われる水が別の場所にも流れ出てそこそこ大きな水たまりになっていた。
それはもう、お幸ちゃまがすっぽりとお入りになられても大丈夫なくらいに…。

お幸ちゃま、そこで御機嫌よくお風呂に浸かられる…。
はじめは澄んでいても下は泥なのだ…。
お幸ちゃまが足を踏み入れると、あっという間に澄んだ水は泥水に…。

ワタシにとっては泥池地獄にしか見えないそれも、お幸ちゃまにとっては至福のお風呂だったらしく、何度もその中に身体を横たえ…。

その後、お幸ちゃまをナンとか車に乗せられる状態にするまでに、もの凄い体力と時間がかかったことはいうまでも無い…。

「どうする?」

2コ目の古墳に登るか否か。
これから登ると、ばっちり夕日の時間になるかもしれない。
しかし…帰り真っ暗な道を歩くのは…。

ココは勇気ある撤退!お水飲みに行きましょう!

1_3

ということでやって来た苔筵

2_3

苔の上は歩いちゃいけない看板のあるココで、お幸ちゃまを自由に歩かせるわけにはトンでもございません…。

3_2

ということで、お幸ちゃまにはお留守番をお願いし…。

4_2

地下50メートルから汲み上げるお水をいただく。
最近雨が無かったから、ますますまるくトロンとして…美味しゅうございます。

そして、オマケ?のコーヒー。

5_2

コーヒー自体はそうたいしたことないのだが、水が美味しいから美味しいコーヒーになってるよね、の典型catface
…といったら怒られそうだが、お水が美味しいとあのモンカフェでさえビックリするくらい美味しくなるのだ。

さてこの苔筵。

6_2

ジツは、立派なお池付のお庭もある。

7

ちょうどホトトギスが見頃。
これから寒くなると、鉄ストーブにも火が入り、ナンとも言えない気だるいまったり空間に…。

こうして、宇和ドキドキ街道美味しいもの巡り古墳のオマケ付プチトリップは、目出度く大満足で幕を閉じたのだったcatface

| | Comments (5)

Sunday, October 09, 2011

最近お気に入りのご飯屋さん~旬味楽 八神~

Dsc09154

トトロの群れはおかぁさんの手作りグッズ。
店内にちりばめられた小モノの数々も可愛らしければ、お値段も可愛らしい。

Dsc09187

そんな店内にビジネスランチ風のおじさんの姿もチラホラ…。

ということは、単に女性受けを狙っただけの底の浅い店ではないということ。

Dsc09156

前菜五種盛り。
この横に長~いお皿というのは、ひっじょ~にお写真しにくいのだが、盛る分には盛りやすいよね。

Dsc09161

本日のお造りさわらの焼き皮造り。
ねっとりと美味しいねぇ~。

Dsc09167

揚げモノと焼きモノの盛り合わせ。
揚げモノは、ネギの太刀魚巻・太刀魚のシソ巻・練りモノを詰めた椎茸・マコモダケ。

Dsc09168

するする茶碗蒸しの中には、たっぷりのキノコ。

Dsc09177

下味を付けて揚げたサトイモの蟹肉あんかけ。

Dsc09183

名残のハモは、葛打ちして鍋仕立てで。

そして、デザートはコーヒーかアイスクリームのどちらかチョイスで。

これで2100円というのは、実にコストパフォーマンス高し。
夜でもお昼のコースに3150円のコースが加わるだけと、とっても使いやすい価格帯。

板前に立つのは、10年間ここいら一高いgoodと評判のお店で修行したノリマツさん。
ずっと1人1万円以上が当たり前の料理を作っていた料理人が、工夫を凝らして美味しい“かいせき”をリーズナブルに提供しようと頑張っているこのお店。

好きなのよね、こういうお店smile

詳しくは、お店ブログでどうぞhappy01
旬味楽 八神 http://yagami-yuu.cocolog-nifty.com/blog/

| | Comments (4)

Monday, October 03, 2011

ここいらの特産品なものですから。

ここいらの御城下へお買物に行く。
で、ここいらの御城下で買うモノといえば・・・smile

産地直送激安真珠sign03

Shinjyu

以前作ったテリテリの7ミリ玉1個1000円のピアスもステキだったけど、今日のお買物はペンダントトップのリフォーム用に10ミリUPのドロップ1個5000円

9ミリ玉のピアスと比べると、1ミリの違いでず~いぶん大きくなるものね。

これを、手持ちのペンダントトップにくっつけてもらうのだcatface
加工料が3000円程かかるのだが、出来上がったらちょっぴりゴージャスお値打ちペンダントトップになる予定scissors

| | Comments (2)

« September 2011 | Main | November 2011 »