« ドコまで飛ぶかな?林志穎《一起飞 flying with you》 | Main | 今年の白花曼珠沙華 »

Tuesday, September 20, 2011

ちょっと、うなっちゃいました。~創作茶寮 西村~

なんとなく、面白そうなご飯屋さんがあったので、行ってみた。
くぐり戸を開けて、ちょっと路地風なところを行くとお玄関に到着。

そこで靴を脱いで上がるのだが、さて、右へ行くべき?左へ行くべき?
建物の中心に中庭を配し、その周りに座敷とカウンター席を配した小じんまりとした造りのそのお店は、建物として非常に面白い作りになっていた。

いやいや、口で言っても伝わらないでしょうから、百聞は一見に如かず、でsmile

Photo

そのカウンター席を望んで。
古い屏風がなんともあざとい気もするが、しかし、センスよく活けられた季節の花といい雰囲気といい、ちょっとこれは、普通のご飯屋さんとは違うよ?coldsweats02

2011091613510000_2

大きくなります

お昼のメニューは、基本月替わりのお昼膳2500円。
予約でコースも出来るらしい。

にしても、お米を自家農園で作ってるって…ちょっと、すごくない?

取り敢えず、お膳部分を。

2011091613580001

このほかにもイロイロあったワケだが、詳しくはメニューをクリックしてご覧いただくということで、和洋折衷で基本は和食。
品数・ボリューム共に文句を言わなくていい…というか、これ、けっこうガッツリいけます。。。
お昼にこれだけ食べなくても…と思わなくもないけど、腹は立たない。

お味も感動するほど美味しいかと言われると、そういうわけでもないんだけど、でも、腹を立てることも無い。

全体的に、これならリピートしていいんぢゃないでしょうか、な気分。

それよりナニより、このお店の内装とか飾りは一見の価値あり!

「お店の皆さん、お茶されてるんですか?」
「オーナーが遠州流で、教えていただいています。」

うんうん、そんなカンジそんなカンジ。
安っぽい民芸調とか、なんでもかんでもごっちゃに置いてある成金趣味とかぢゃなくって、落ちついた文人趣味のイイカンジなシツライなのだ。

しっとりした和の寛ぎ、穏やかに流れる華美ではないが上質な時間。

楽しいところ、見つけちゃった…catface

夜は蝋燭を灯して夜咄風の演出になるらしい。
次は、夜に行ってみなくっちゃsmile

|

« ドコまで飛ぶかな?林志穎《一起飞 flying with you》 | Main | 今年の白花曼珠沙華 »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~国内四国編~」カテゴリの記事

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おそとで和食編~」カテゴリの記事

Comments

ご飯の内容から察すると料金は納得行くかもしれませんが、ワインとかは都心と全く同じレベル。
内装が見事なので納得する人もいるかもしれませんけど…。

これでシャンパン・カクテルのシャンパンが安物のカヴァだった日には切れるオジサン続出するんじゃなかろうか?
と余計な心配をしてしまいます(笑)。

Posted by: こぶちゃん | Tuesday, September 20, 2011 at 01:33

いや~、ワイン・シャンパンはこれだけぢゃ~分かんないでしょうsmile
ここいらの侮れないところは、一般的なワインやシャンパンはフツーの値段…というか、むしろ高めなのに、見るヒトが見ないと分からないクラスだと、「こんなん、おマチではこの値段では絶対ない~!」って場合があるんデス。
理由は、まぁ、ワインに高い値段付けても売れないからなんですがcoldsweats01
なので、詳しくはワインリストをご覧になってください、ということでsmile

シャンパンに関してはですね~。
泡が出たらシャンパンと思ってるヒトもここいらには多いですから~coldsweats01

それに、ちゃんとしたシャンパーニュを置いてるところだとですネ、ここいらで750ml開けてしまったら売り切れなかったりするので、グラス売りには375ml使ってたりします。
すると、フツーのモエでも一杯1800円とかヨcoldsweats01

Posted by: SAKURAKO | Tuesday, September 20, 2011 at 11:11

やっぱし!(涙)泡が出たら皆シャンパン!って思ってる人は下手すると都会でも90%近くいるなんてこともありますね。
ヴァン・ムスーやスプマンテならまだしも、訳わからないスパークリングワインで香料たっぷりのオレンジジュース割りにしてミモザなんてやられた日にはカクテルとは呼べない。
ウェルチのオレンジジュースをペリエ割にしてくれた方が良いかも?
もっとも、そのシャンパンカクテルがある程度美味しかったら、その店にはセンスがあるとも言えますね(笑)。

Posted by: こぶちゃん | Tuesday, September 20, 2011 at 15:32

スパークリングワインどころか、クリスマスに売ってるシャンメリーにアルコールが入ってたらシャンパンhappy02

けっこう多いかも…デスよ、そう思ってるヒトsmile

Posted by: SAKURAKO | Tuesday, September 20, 2011 at 18:46

遠州流。珍しいといえば珍しい。なにか流派と地縁があるのでしょうか。

Posted by: まさ | Wednesday, September 21, 2011 at 13:42

そうですネ。珍しい…といえば珍しいかも。
やっぱり御城下だからでしょうか。
ここいら遠征の時には、御案内しましょうsmile
お待ち致しておりまするcatface

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, September 21, 2011 at 21:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ドコまで飛ぶかな?林志穎《一起飞 flying with you》 | Main | 今年の白花曼珠沙華 »