« August 2011 | Main | October 2011 »

September 2011

Friday, September 30, 2011

ここいらの白い巨塔

ここ数日入り浸っていたここいらの白い巨塔

2011092713010000

ワタシが手人さし指をすっぱりそいだ時、カルテにデカデカと手の絵を描いていたセンセーも、この白い巨塔のご出身だそう。

入り浸ってガックシ。
唐沢クンみたいな教授もいなければ、江口みたいな助教授もいないし、伊藤英明みたいな医局員もいない。
どっちかっていうと、『踊る』の暴力犯係の刑事さんたちみたいな雰囲気に見えるのは…スキンヘッドみたいなセンセーが多いから?coldsweats01

いや、そんなことではない。
ワタシはカナリ怒っている。
ナニを怒っているかというと、患者の家族に対する説明が殆どないとか、持病に対するケアに不安を覚えるとか、通りがかりに廊下でみんなに聞える大声で病状説明なんてデリカシー無さ過ぎやろ!とか、医療現場に対する不満もさることながら、付き添いの際、毛布と枕は病院で借りていただきますという姿勢とか、手術の際に必要なものを入院当日に知らせ、病院内の売店で全て購入できますという姿勢とか、「足りなかったら用意しますので」と、必要か否かを看護師にわざわざ尋ねて必要ないと返答された洗い替えのある物品が、翌日行った時には「不足してたので新しいのを使いましたから買って返して下さい」ってことになってたり。

あまりにもうけ主義ぢゃござんせんこと?

このワタシの高くも無い血圧が常時100を越えてた気がするわ・・・annoy

| | Comments (2)

Monday, September 26, 2011

ここいらの白い巨塔食堂

ここいらの白い巨塔食堂
一口食べたら舌が痺れるカツ丼700円。
医食同源というコトバは、ココにはないのかしら…。

| | Comments (6)

Sunday, September 25, 2011

オダちゃん月間は終わったハズ…はて?~東京ラブストーリー~

まだまだTSUTAYAが旧作全品50円なので、ナツカシの『ツインピークス』なんて借りて来ちゃったcoldsweats01
セカンドシーズン2~6枚で1組、でもこれも50円。
うふcatface

ムカシ、このサスペンスにはまって1週間で5キロの減量に成功したモンだったわ…。

その『ツインピークス』のついでに、つい魔がさして『東京ラブストーリー』も借りちゃったcoldsweats01
ナンたって、ワタシが生まれる前の作品だからして、見るにはかなり勇気が要ったのだが、ナンたって1枚50円だしsmile

1

いや~、ビックリした。
モノゴコロ付いた時からケータイ持ってた世代にはとても信じられない、石器時代とあんまし変わんないみたいなアナクロな設定だった。
そっか…。
あんな時代もあったのか…。

てか、ワープロを打つカンチ…。
お前“一本指打法”かよ…think
今だったらシゴトないぞsmile

それよりも、カンチって、ここいらのお隣の御城下出身だったのね…think

ハッキり言って、あんな煮え切らんオトコannoyがみかんの国出身だなんて、なんだかみかんの国のイメージ大幅downdowndowndownなキブンだわpout
さとみも同郷ってコトは、さとみもみかんの国出身?
みなさ~ん、みかんの国出身だからって、みんながみんな、あんなヤなオンナぢゃないですからsign01
お願い、みかんの国をキライにならないで…weep

ちなみに、お隣の御城下の名誉のために言っておくと、小学校はあんな山ん中ぢゃなくって、ちゃんと街中にもあるんデスよsign01
ちなみに、あの川はこの間の台風でも氾濫して、いくつかの集落が水に浸かっちゃってましたケド。

とにかく、最終回見てこれほどナットクいかなかったドラマは初めてだっちゅ~くらいにアトアジ悪いドラマだった。
リカちゃんがかわいそうだヨお~crying

唯一の救いは三上クンだけね…。

っていうか、アンタたち仕事中に私用電話多過ぎ!

| | Comments (3)

Friday, September 23, 2011

赤いのもあります曼珠沙華

一昨年くらいに移植した、こちらは赤い曼珠沙華。

Dsc08937

大きくなります

同じ場所で、半分はキレイに芽を出したのだが、半分はまだ芽が出ていない。

ここは葉の間から面白い陽のあたり方をする場所で、けっこう面白いカンジにお写真出来る。

Dsc08924_2

大きくなります

背景は岩なので、そのままではあんまし面白くない…ので、モノクロちっくにしてみた。
陽が当たってるうちにもうちょっとお写真したかったのだが…。

Dsc08932

またしても、お幸ちゃまの「遊んでくれなきゃ喰い破るsign01」攻撃に逢って5分で終了。

ちょっとくわえて引っ張るくらいなら、それほどまでにどーこー言うつもりはないが、ほおっておいたらお幸ちゃま、本気でゴリゴリ噛み始めるのだ。
サンローランのロゴ入りトレーナーとか、ピッコーネのポロシャツとか、食い破って欲しくなかったおヨーフクがいっぱいあるのだ。
ウニクロだって、せめて1シーズンくらいは穴のあいてないままで着たいぢゃない…。

ところで、最近ウニクロに行くと、カッコいいメイサちゃんがいっぱいいて、ドキドキしちゃうlovely
通っちゃいそうだわheart04

| | Comments (0)

今年の白花曼珠沙華

ジツはワタシ、曼珠沙華という花が結構好きだったりする。
花の形が、というよりも、なんとなく仏教的な諦観感漂う曼珠沙華という名前に、ココロに浸みる秋風の寂しさが重なって、そこはかとなくものぐるほしけれ、なカンジ。

彼岸花ではダメなんですcatface

で、ワタシが大切にしているのが、この白花曼珠沙華。
数年前、裏庭にも移植したのだが、2年ほど見事に咲いた後、なんだかぱっとしない状態が続いている。
このギシの方が環境は過酷だと思われるのだが、土はあっているのカモ…。

1

タマタマのアゲハ蝶に、ピントを合わせる暇もあればこそ…で、取り敢えずお写真。

あっという間に逃げられたので、花だけ撮り始める。

2

どんな風に撮ろうかしら…。

そんなコトを考えながらカメラを構えて見るワタシの、昨日ウニクロで1280円になってたのを見つけて嬉しがって買って来て早速今日着てみたロング丈のポロを引っ張って、「止めなきゃコレを喰いちぎる!」とアピールして来たのは…。

Dsc08910

こちらのお坊ちゃまでございます。。。

今年の第一回曼珠沙華撮影会は、あえなく3分で撤収。。。weep

| | Comments (4)

Tuesday, September 20, 2011

ちょっと、うなっちゃいました。~創作茶寮 西村~

なんとなく、面白そうなご飯屋さんがあったので、行ってみた。
くぐり戸を開けて、ちょっと路地風なところを行くとお玄関に到着。

そこで靴を脱いで上がるのだが、さて、右へ行くべき?左へ行くべき?
建物の中心に中庭を配し、その周りに座敷とカウンター席を配した小じんまりとした造りのそのお店は、建物として非常に面白い作りになっていた。

いやいや、口で言っても伝わらないでしょうから、百聞は一見に如かず、でsmile

Photo

そのカウンター席を望んで。
古い屏風がなんともあざとい気もするが、しかし、センスよく活けられた季節の花といい雰囲気といい、ちょっとこれは、普通のご飯屋さんとは違うよ?coldsweats02

2011091613510000_2

大きくなります

お昼のメニューは、基本月替わりのお昼膳2500円。
予約でコースも出来るらしい。

にしても、お米を自家農園で作ってるって…ちょっと、すごくない?

取り敢えず、お膳部分を。

2011091613580001

このほかにもイロイロあったワケだが、詳しくはメニューをクリックしてご覧いただくということで、和洋折衷で基本は和食。
品数・ボリューム共に文句を言わなくていい…というか、これ、けっこうガッツリいけます。。。
お昼にこれだけ食べなくても…と思わなくもないけど、腹は立たない。

お味も感動するほど美味しいかと言われると、そういうわけでもないんだけど、でも、腹を立てることも無い。

全体的に、これならリピートしていいんぢゃないでしょうか、な気分。

それよりナニより、このお店の内装とか飾りは一見の価値あり!

「お店の皆さん、お茶されてるんですか?」
「オーナーが遠州流で、教えていただいています。」

うんうん、そんなカンジそんなカンジ。
安っぽい民芸調とか、なんでもかんでもごっちゃに置いてある成金趣味とかぢゃなくって、落ちついた文人趣味のイイカンジなシツライなのだ。

しっとりした和の寛ぎ、穏やかに流れる華美ではないが上質な時間。

楽しいところ、見つけちゃった…catface

夜は蝋燭を灯して夜咄風の演出になるらしい。
次は、夜に行ってみなくっちゃsmile

| | Comments (6)

Sunday, September 18, 2011

ドコまで飛ぶかな?林志穎《一起飞 flying with you》

ジミー・リンの新作主演映画、《一起飞 flying with you》というらしい。
今度はお空の運転手さん役…なのかしら。

そういえば、オダちゃんにもあったよね。
航空自衛隊が撮影協力したという、和製なんちゃってTop Gunの『BEST GUY』
ツポレフやスホーイがショボショボだったらしいけど、F-15Jの空撮シーンはイイらしいよ。
…見たコトないんだけど、さ。

いや、オダちゃんぢゃなくって、ジミーちゃん。

兵役中に3回表彰されたっちゅ~中華民国軍の優等兵が、人民解放軍とタッグを組んで中国製ステルス戦闘機の性能アピール…みたいな映画だったりしたら、シュールというかマジ?というか…どうなんやろうと思わなくもないけど、さ。
でも監督が中国人民解放军八一电影制片厂の张蠡(公式サイトhttp://www.zhanglidaoyan.com/)なんだから、ソコで既に民間航空会社が舞台ということはないやろcoldsweats01

日本で公開は…されるかにゃぁ。。。think

| | Comments (2)

Saturday, September 17, 2011

ここいらちゃんぽんPartⅡ

ここいらでちゃんぽんというと、長崎ちゃんぽんとは打って変わった透明スープにじゃこ天入りがお約束だが、実はもう一つある。

Photo_2

ご飯とそばを一緒に炒めてソースで味付けの超ジャンクな食べ物。
のくせに、この豚肉・小海老・たこ・貝柱入りのデラックスちゃんぽん、1550円からする超カワイくないお値段。

といっても、1人ではとても食べ切れないというか、しっかり2人分あるのだが…。

しかし、鉄板焼き屋さんというのはどうしてあんなに油を使うのだろう。
そんなジャバジャバ油注がなくっても、こげ付いたりしないと思うよ…think

| | Comments (0)

滿城尽帯黄金甲~王妃の紋章~

Photo

…だから?

確かに、キレイよ。
衣装もキラキラshine、セットもキラキラshine、エキストラもキラキラshine
鞏俐も、中国4000年の秘法?ってなくらいに年齢不詳だし。

…でも、鞏俐って王后を演っても娼婦に見えるのは…何故think
と思ったのは、ワタシだけ?

で、結局、キラキラshineと殺戮だけのお話だったと思ったのは、ワタシだけ?
ラストシーンで、思わず
…だから、ナニ?
と呟いてしまったのは、ワタシだけ?

一応男と女の愛憎劇なのだが、その内容にあれだけお金をかけて映画作ることにいったいナンの意味があるのか、さっぱり分からんのですが…。

そう言えば、主題歌は周傑倫だったのだが、アレだ。
歌手としての評価は、ジミーちゃんよりもこのジェイ・チョウのほうがずっと上のハズなのだが…同じレベルにしか聞こえへんよsign02

やっぱ、歌手はワーグナーが歌えてナンボ、よsmile

| | Comments (3)

Wednesday, September 14, 2011

お幸ちゃまのシアワセな一日

Dsc08882

Into the light

スミレちゃんが、遊びに来てくれた。

Dsc08873

なんか、イイかんじ…。

「ボクが今、シャケを獲ってあげるでしゅ!」とか言ってそう…smile

Dsc08816

「シャケなんか、いないぢゃない!」と怒られてそう…。

ホントはもっと…えっと…coldsweats01

Dsc08821

スミレちゃんって、舌の形がheart型なのhappy01

そしてお幸ちゃまは…。

Dsc08855

四国犬、捨ててませんsign02

| | Comments (3)

Tuesday, September 13, 2011

ででで…出たぁ~!!!

ナニがって、こういう場合、フツーごっき~クンでしょうsign01

ほら。
黒いし、足いっぱいあるし。

Dsc08793

あら?
ごっき~クンにツノなんて…あったっけ?

それにしても、窓は開いててもずっと網戸にしてるし、いったいどうしたらワタシの机の足元に転がってたり出来るわけ?

花園山は不思議でいっぱい…coldsweats01

ところで、オダちゃんってクワガタマニアなんだってねcatface

そーいえば、この間ジミーちゃんったら、おそとご飯のときにケータイでお料理の写真撮ってたら、隣りの席の外人に、「君たちのケータイは食べ物にかざすと有毒物質が測量できるのかね?」と聞かれたらしい。

その外人、産業スパイなんぢゃないの?
ジミーちゃんトコのハイテク公司がガイガーカウンター付きケータイを開発してるんぢゃないかと探りを入れてみたとか…。

万歩計の感覚でガイガーカウンター付きケータイ…あり得なくなさそうな今の状況が…イヤweep

| | Comments (4)

Monday, September 12, 2011

トクヤまってトクトク

お財布がなくなって2時間。
ケーサツ屋さんに行って、カード会社と銀行に電話して、TSUTAYAカードまで止めて、そんで発見された時にはアトノマツリってやつ?crying

しかも、お出かけの予定があったのだ…。

0_2

そんなコト言われなくっても、カードが使えるもんなら使ってるわよ…crying

で、行った先は徳山のお寿司屋さん。

1

この、一見スナックなんだかナンなんだか…な外観だもの。
ちょっくらびびるも、勇気を出して入ってみたら、そこにはちょっとビックリ…な空間が。。。

凡そお寿司屋さんらしくないその内装は、なんでも吉原をイメージしているらしい。
あの、べんがら格子の“ありんす”な吉原を…。

いや~、興味のある方はいっぺん行ってみてください。

で、お寿司なワケだが、ここいらのおにぎりの上にお刺身をのっけたお寿司とは違って、お口に入れたらホロリとほどけるスタイリッシュな江戸前だった。

でも、それ以上のサプライズがあったのだ。

「萩の沖に見島という孤島がありまして…」

「うにsign03

そう、見島と言えばウニの聖地。
ウニと言えば北浦、その北浦の中でも大島とか相島とかぢゃなくって、とにかく見島のウニが素晴らしい。
漁期が短いのと一般にはほとんど流通しないのとで、狙って行かなきゃまず食べられることはない、そんなウニがおでましなさるというのだ。

ココロうっきうっき~heart04うっき~くんになりそうhappy02

2

これが、その見島の黒うに。
このうにを食べてしまったら、後は礼文島へ行ってバフンうにを試してみるしかテは残ってないんぢゃなかろうか、というくらいの悪魔的美味しさ。

美味しいモノはヒトを雄弁にさせる。
ワタシが見島のうににどれほど熱い思いを抱いているか、滔々と語っていたら、ステキshineな若大将が、コースには入ってなかった赤うにというのをおまけしてくれるhappy02

3

もう、若大将ったら超イイオトコheart04

美味しそうでしょsmile
ホントに美味しいのhappy02
言葉では伝えようがないくらいに美味しいの。
ウニが嫌いな人にとってはど~でもイイことかもしれないけど、ウニ好きのヒトには是非とも聞いて欲しいワタシの主張sign03

見島のウニを食べずしてウニを語るなかれsmile

ということで、カードでお会計出来なかったこと以外は超御機嫌な気分でお店を後にする。

お腹一杯お寿司を食べた翌日は、朝はクロワッサン1個、お昼はおにぎり1個で不思議ワールドへトリップ。

4

なんか、ムカシのヘンなヒトが立ってるのよね。。。

その先にも、なんか、ムカシのヘンな隣りの国のヒトが…。。。

5

いや~、なかなかに、楽しめるトコロだった…かなcoldsweats01

不思議ワールドを抜け出してみたら、なんだか急にお腹が空いた気がした。
なので、海を渡る前に港のカレー屋さんで栄養補給。

6

インドのヒトが作ってくれるチェーン店のカレー屋さんだが、時間つぶしに食べるには重宝。
だって、ね。
一時間に一便のお船で待ち時間が58分もあったのだ。
これくらい食べてないと、間が持たないワthink

これもカードが使えないというのが…辛い。。。bearing

| | Comments (0)

Saturday, September 03, 2011

あり得ない!!!けど、あったらいいね。~ラストクリスマス~

10分で挫折した『ラストクリスマス』だったが、さすがに見ないで返すのも…なので、作業をしながら見た。

結婚2年目にして5年生存率が極めて低い、とっても辛い病気にかかってしまったヒロインのユキちゃん。
一生に一度の恋と信じて結婚した相手だったけど、病気が分かるなりユキちゃんを放り出したそのキチクなオトコと分かれ、一人で闘病&人生のリベンジを誓う。

それから4年と8ヶ月ほど。
ユキちゃんは元レディースだった過去を隠して、某スポーツ用品メーカーの契約社員から取締役秘書にまで成り上がり、ブランド物の袋をくわえて来るような犬を5匹も飼いならして、我が世の春を謳歌していたのだった。

すげ~よsign01ユキちゃんfuji
とっくの昔にバブルはハジけちゃってるってのに、イカにも高そうなスーツにピアスにネックレスで、6センチ程のピンヒールを履いて、颯爽とオトコドモを踏み付けて歩くその姿にうっとり~よhappy02

しかしユキちゃん。
たまたまお引越しした先のお隣さんが、同じ会社のヒトだってだけでなく、取り入った取締役のトモダチだったりしたわけで、そうこうするうちにあれやこれやで大事なヒミツを知られてしまう。

5年前のクリスマスイブに手術をしたこと。
5年間再発がないかずっと検査を続けていて、もうちょっとでその最期の検査が終わるコト。

そして、様々な紆余曲折を経て、ユキちゃんはその隣人ケンジといつの間にか、“こんなん、あり得んやろ~sign03”という純愛を育むことになるのだった…。

そのケンジというのが、ルックスがオダちゃんであるというコト以外は、お部屋もいつもきれいにしてるし、料理もイタリアン中心にイロイロ洒落たもの作るし、ベランダにはバジルやらシブレットやら立派に育てて、シゴトもちゃんとマジメにするし、10年寝たきり(リウマチ?)の美しすぎる母にだってステキな花柄レースのパジャマを着せてあげてるし…というように、とにかく“そんなん、あり得んやろ~”と叫ばんならんくらいによく出来た、実用性も兼ね備えた一家に一台あったらいいねタイプなのだな、これが。

で、彼女のこと全部分かったうえで、「明日を一緒に生きようshine」な~んて言っちゃって、さ。

いったい、世の中に何人いるってのよ、そんなよく出来たオトコが、さcrying

アメリカ渡って手術受ける保健の効かないその高額医療費も、キミはポ~ンsign01と出してあげたの???
おか~さんの入院費もバカにならんでしょうに…。

とにかく、詰めていけば不思議がいっぱいなドラマだった。。。

メインのラブストーリーの周囲で繰り広げられるいくつかのサブのラブストーリーも、“ないない、あり得へんしぃ~”なコト多過ぎて、不思議がいっぱいだったドラマだった。。。

ナニより、ワタシがつい、白衣姿の児玉清にトキめいてしまったlovelyなんて、そんな、困っちゃうしぃ~bearing

しかし、アレだ。
オダちゃんの泣きの演技って…なんかこう、つい、一緒になってホロリ…ってカンジぢゃないよね…think

| | Comments (11)

« August 2011 | Main | October 2011 »