« 蓮の花咲く頃 | Main | ドスンと重たい大人の童話~真昼の月~ »

Tuesday, August 16, 2011

暑い夏を涼しく過ごそう~IL DIVO The Christmas Collection~

夕方のお出かけで車のエアコン設定は28℃。

それ以上設定温度を下げるなんてあり得ないワタシと、真夏に28℃という設定温度自体があり得ない女王さま。
そこで取り出したるは、一枚のCD。

Dsc08609

「どうしてこの時期にクリスマスソングなのぢゃ~spa

「だって、ほら、クリスマスって毎年寒い季節にやって来るぢゃないですか。
クリスマスソング聞いたら、条件反射で涼しくなりませんか?
外はなんだか雪が降ってるような気がしてくるぢゃ~ありませんか~catface

「ならん!ならんぞよ~!
エアコンの温度を下げるのぢゃ~!」

「ならほら、オーストラリアのクリスマスってきっとこんなカンジ。
オーストラリアでクリスマスを迎えてるような気になるでしょ~smile

「なるワケなかろうが~bomb

ちぇ。。。
良い作戦だと思ったのだが…think

Dsc08610このクリスマスソング集は2005年のUS版。
                       (クリックで大きくなります→)
『Andalucia』は、2800円でこれ買うんだったら同じ値段で『外交官・黒田康作 オリジナルサウンドトラック』買った方が良かったよ~poutなカンジだった(『外交官・黒田康作』は、ドラマはダメだけどサントラはカッコイイよcatface)が、この『The Christmas Collection』はワタシ好みかもcatface

メンバーの中でワタシが一番気に入ったヒトは、Urs Bühlerというらしい。
その、如何にもイタリア歌曲的でない歌い方がイイsmile
一番ワーグナーが歌えそうだわconfident

そう、ムカシのワタシ的価値観では、男声歌手は“ワーグナーが歌えてナンボ”だったハズなのだ。
ハズなのに…。

我ながら何故ジミー・リンが聞けるかなぁ…think

新譜のTime to say goodbayを聞いた後だから言うが、Sébastien Izambardが格段に良くなってるのに驚いた。
クリスマスの頃はまだ咽喉を使ってるカンジだけど、今のセバスチャンは声が深くなったよね、うん。
そんな気がするcatface

David Millerは芸達者だわね。
カウンターテナーのパートも聞かせるし。
でも、ワタシのタイプぢゃないのよね。

Carlos MarinはIL DIVOの押さえ的存在と見た…というか聞いた(笑)。
これまたワタシ好みのヘルデンバリトンとはタイプが違うけど、4人の中では一番うまい…かな(笑)

ナンたって、ワケも分からず聞くだけだから、オソロしく勝手な感想でしかないのだが、暑い季節に聞くクリスマスソングもなかなかオツでございますcatface
…ちっとも涼しくもオーストラリアでクリスマスの気分にもなってもらえなかったけど。。。coldsweats01

|

« 蓮の花咲く頃 | Main | ドスンと重たい大人の童話~真昼の月~ »

爛漫日記/観賞編」カテゴリの記事

~音楽編~」カテゴリの記事

Comments

>我ながら何故ジミー・リンが聞けるかなぁ…

ほんとにねぇ(笑)。
車のデッキから聞こえてきた時は、うっそぉん~って思ったわ。
まさかまさかと思っていたが、
あ-、のらさん、マジで聞いてんだって。
のらさんチョイスでの中では異色なんだよ彼だけ。
車中の選曲って運転手に権利がある、
と思っているのでジミ-も聞こうと思ったけど、あかんかったわ(笑)。
スイッチ入っているというところで違うのよ、やはり(笑)。
恋ってヤツなのかしらん。

Posted by: しゃ-ねい | Thursday, August 18, 2011 at 02:39

そっか…。
やっぱりこれが、恋heart04なのねconfident

ワタシだってちゃんと理解してるのよ。
ジミー・リンもオダちゃんもそう変わらないレベルだって…coldsweats01
でも、ジミー・リンはO.Kでオダちゃんはダメだっていうのは…やっぱ違いは顔かしら、ねcatface

Posted by: SAKURAKO | Thursday, August 18, 2011 at 23:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 蓮の花咲く頃 | Main | ドスンと重たい大人の童話~真昼の月~ »