« 5年越しの睡蓮が咲いた朝 | Main | 2コ目のスイレンと、その下の地獄絵図 »

Sunday, July 31, 2011

まだまだ懐かしのオダちゃん祭り実施中

最近利用しているTSUTAYAの旧作50円が、8月31日まで延長になった。
ということは、ワタシのオダちゃん祭りも8月31日まで延長?

今までに見たドラマはというと…。

『お金がない!』
両親の死により大学を中退し、ニコニコハッピーローンを返済しながら幼い弟二人を育てるケンちゃんの、笑いとナミダの浪花節サクセスストーリー。
ナニが可笑しいって、バブリーな時代の名残りを感じるファッションの数々。
そういえば、このドラマを見ながらオサナゴコロに「アルマーニって所詮吊るしよね~。」って思ったモノだわ。

『振り返れば奴がいる』
製薬会社と医師の間のアレコレとか、医療ミスのアレコレとか、安楽死のアレコレとか、チャゲアスのYAYAYAに載せてお送りされる医療現場サスペンス。
見ていてナニがコワいって、アンタだってまだペーペーの歳ぢゃないのbearingってなカンジの医師が、製薬会社と病院相手に丁々発止の取引やら駆け引きやらを演じているだけでなく、バンバン難しい手術こなして名実ともに外科医局を牛耳って行くという設定もコワければ、こいつノーミソ足りないんぢゃないの?なカンジの研修医の言動もコワいし、絵にかいたような偽善者医師の術衣の下からのぞく胸毛もコワいshock

『真夜中の雨』
とある個人総合病院を舞台に、21年前の雨降りの夜に起きた交通事故の真相と、それを取り巻く人間模様が暴かれて行くミステリーサスペンス。
雇われ医師の悲哀もさることながら、女性の社会的地位の低さにも涙がこぼれる作品。

『踊る大捜査線』
THE MOVIEも2と3は50円でも借りないかも、な内容だが、TVシリーズと一作目の映画は風刺が効いていて一番好きなオダちゃん作品。
モチロン突っ込みどころは満載、そのせいでリアリティを損ねているところもあるし、デフォルメしすぎて間違ったイメージを与えてしまいそうなトコロも数々あるが、そういう軽いノリが社会派ドラマとは一線を画した娯楽作品としての風格を最大限引き出しているんぢゃないかしら。

『外交官黒田康作』
『アンダルシア』の前ふりということで、50円ぢゃないにもかかわらず見てしまったこのドラマ。
このシリーズの中で、オダちゃんは少なくともイタリア語・スペイン語・ロシア語・英語・ポーランド語・フランス語に中国語だか広東語だかが堪能という外交官の役を演じているのだが、アレだ。
中国語だか広東語だかをしゃべってるところは聞いたことがないが、ポーランド語はドラマ中しゃべったわけではないが、ロシア語は特に酷かったね~coldsweats01
いや、イタリア語もワタシがカラオケでnoteくあんど そーの そーら そーにょ あっろりっぞんて え まんかん れ ぱーろれnoteって歌うレベルと大差ないんだけど、他の言葉もカタカナ読んでる?それとも耳悪い?なカンジなんだけど、特にロシア語が…coldsweats01
あ、でも、ず~っと海外勤務で日本語をしゃべる機会が少ないせいか、日本語の滑舌にちょい問題が…みたいな細かい演技もあったし…smile
え? 演技でしょ? 違うの?coldsweats02

内容は、アレだ。
今、この国で進行中の政治テロに比べたら刺激が少なすぎて、物足りないんだな~。
しかも、政治家にも官僚にも最後には“良心”を期待しているオプティミズムが気持ち悪い。
テロだ国際犯罪だというコピーを乱発してても、現実世界で毎日のようにドラマよりもさらに衝撃的なテロや国際犯罪が横行しているこの御時勢。
脚本家の想像力がそれに追いついてないよね。

で、一番ココロに残ったシーン。
ホテルでコ―ヒーだかを飲むシーンがあったのだが、そこにスプーン1杯の砂糖を入れるのだ、黒田のおいちゃんは。

砂糖入れるんだったら、そこは山盛り杯がオヤクソクやろsign01

ところで、この4作品を見ていると、見たことある顔がいろんな役で何回も出て来るのだ。
まるで、チャングムを見てトンイを見てイサンを見た時みたいなカンジ。

これで、オダちゃんの代表作は大方おさらいが済んだワケだが、アレだ。
オダちゃんと言えば『東京ラブストーリー』だと思っているヒトもいるかもしれない。

でも、ね。
見たコトないのよね、このドラマ。
若しかしたらワタシ、生まれる前くらいぢゃなかったっけ?

|

« 5年越しの睡蓮が咲いた朝 | Main | 2コ目のスイレンと、その下の地獄絵図 »

爛漫日記/観賞編」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5年越しの睡蓮が咲いた朝 | Main | 2コ目のスイレンと、その下の地獄絵図 »