« June 2011 | Main | August 2011 »

July 2011

Sunday, July 31, 2011

2コ目のスイレンと、その下の地獄絵図

Dsc08408

今朝咲いた2コ目の花も、やっぱりピンクだった…。
清浄な白いスイレンが咲くはずだったのに…weep

このスイレン、プラ船で育てている。

Dsc08401

鉢植えしてそれをプラ船の中で水に付けているのだが、夏場に水と言えば、そこはワケの分からない微細な生きモノがうじょうじょ…がオヤクソク。
なので、そこにメダカを投入してみたところ…。

嗚呼、阿鼻叫喚の地獄絵図shock

あんなにもわきかえっていた微細な生きモノが、ホンの数日で見えなくなったかと思うと、次に現れたのはなんとか目視出来るか出来ないかなくらいのコメダカ。
しかしそのコメダカも、あっという間に姿が見えなくなるという…shock

スイレンの下には、修羅がある。。。
きゃ~コワいbearing

| | Comments (6)

まだまだ懐かしのオダちゃん祭り実施中

最近利用しているTSUTAYAの旧作50円が、8月31日まで延長になった。
ということは、ワタシのオダちゃん祭りも8月31日まで延長?

今までに見たドラマはというと…。

『お金がない!』
両親の死により大学を中退し、ニコニコハッピーローンを返済しながら幼い弟二人を育てるケンちゃんの、笑いとナミダの浪花節サクセスストーリー。
ナニが可笑しいって、バブリーな時代の名残りを感じるファッションの数々。
そういえば、このドラマを見ながらオサナゴコロに「アルマーニって所詮吊るしよね~。」って思ったモノだわ。

『振り返れば奴がいる』
製薬会社と医師の間のアレコレとか、医療ミスのアレコレとか、安楽死のアレコレとか、チャゲアスのYAYAYAに載せてお送りされる医療現場サスペンス。
見ていてナニがコワいって、アンタだってまだペーペーの歳ぢゃないのbearingってなカンジの医師が、製薬会社と病院相手に丁々発止の取引やら駆け引きやらを演じているだけでなく、バンバン難しい手術こなして名実ともに外科医局を牛耳って行くという設定もコワければ、こいつノーミソ足りないんぢゃないの?なカンジの研修医の言動もコワいし、絵にかいたような偽善者医師の術衣の下からのぞく胸毛もコワいshock

『真夜中の雨』
とある個人総合病院を舞台に、21年前の雨降りの夜に起きた交通事故の真相と、それを取り巻く人間模様が暴かれて行くミステリーサスペンス。
雇われ医師の悲哀もさることながら、女性の社会的地位の低さにも涙がこぼれる作品。

『踊る大捜査線』
THE MOVIEも2と3は50円でも借りないかも、な内容だが、TVシリーズと一作目の映画は風刺が効いていて一番好きなオダちゃん作品。
モチロン突っ込みどころは満載、そのせいでリアリティを損ねているところもあるし、デフォルメしすぎて間違ったイメージを与えてしまいそうなトコロも数々あるが、そういう軽いノリが社会派ドラマとは一線を画した娯楽作品としての風格を最大限引き出しているんぢゃないかしら。

『外交官黒田康作』
『アンダルシア』の前ふりということで、50円ぢゃないにもかかわらず見てしまったこのドラマ。
このシリーズの中で、オダちゃんは少なくともイタリア語・スペイン語・ロシア語・英語・ポーランド語・フランス語に中国語だか広東語だかが堪能という外交官の役を演じているのだが、アレだ。
中国語だか広東語だかをしゃべってるところは聞いたことがないが、ポーランド語はドラマ中しゃべったわけではないが、ロシア語は特に酷かったね~coldsweats01
いや、イタリア語もワタシがカラオケでnoteくあんど そーの そーら そーにょ あっろりっぞんて え まんかん れ ぱーろれnoteって歌うレベルと大差ないんだけど、他の言葉もカタカナ読んでる?それとも耳悪い?なカンジなんだけど、特にロシア語が…coldsweats01
あ、でも、ず~っと海外勤務で日本語をしゃべる機会が少ないせいか、日本語の滑舌にちょい問題が…みたいな細かい演技もあったし…smile
え? 演技でしょ? 違うの?coldsweats02

内容は、アレだ。
今、この国で進行中の政治テロに比べたら刺激が少なすぎて、物足りないんだな~。
しかも、政治家にも官僚にも最後には“良心”を期待しているオプティミズムが気持ち悪い。
テロだ国際犯罪だというコピーを乱発してても、現実世界で毎日のようにドラマよりもさらに衝撃的なテロや国際犯罪が横行しているこの御時勢。
脚本家の想像力がそれに追いついてないよね。

で、一番ココロに残ったシーン。
ホテルでコ―ヒーだかを飲むシーンがあったのだが、そこにスプーン1杯の砂糖を入れるのだ、黒田のおいちゃんは。

砂糖入れるんだったら、そこは山盛り杯がオヤクソクやろsign01

ところで、この4作品を見ていると、見たことある顔がいろんな役で何回も出て来るのだ。
まるで、チャングムを見てトンイを見てイサンを見た時みたいなカンジ。

これで、オダちゃんの代表作は大方おさらいが済んだワケだが、アレだ。
オダちゃんと言えば『東京ラブストーリー』だと思っているヒトもいるかもしれない。

でも、ね。
見たコトないのよね、このドラマ。
若しかしたらワタシ、生まれる前くらいぢゃなかったっけ?

| | Comments (0)

Thursday, July 28, 2011

5年越しの睡蓮が咲いた朝

睡蓮の花を植えた。
白い睡蓮の花のハズだった。
なのに咲いたのは…白の中にも紅ほのか…とか言ってられないくらいにピンクだった。。。

Dsc08386

何故?

あれかしら。。。
5年もひと花も咲かせずにいたら、清純な白い花も色が付いちゃうってことかしら。。。

そう、植えたのは5年前。
5年間一度も咲かなかったのだ。
やっと咲いた~happy02

そんな睡蓮が咲いた朝。
お幸ちゃまは、忍法ワイヤーはずしの術を使ってお出かけした…。
6時前にはオウチで寝ていたはずなのに、7時過ぎ、正々堂々と正面のご門から帰って来た。

いったいどうやって…。

Dsc08379

そんなしてやったりのお顔して…think

思えば、アレだ。
お幸ちゃまは昨日お出かけするのを楽しみにしていた。
ブ~ブ~に乗って、関所のあるお道を通って、ブナの森に行ってブブしゃん遊びをして、きれ~な景色を堪能するハズだった。

イマイチお天気が良くなかったので、お山の上じゃ雨が降ってるかも…というので、当日朝7時41分に中止が決定したのだ。

ナンたって、あれだ。
前の晩、お幸ちゃまの目の前で長距離お出かけ用の青ブ~しゃんに、お幸ちゃま搭乗仕様のよだれかけやら移動用簡易水飲み場の設置やらしながら、明日はお出かけ楽しみね~と、さんざん言いまわってたのだ。

なので、お幸ちゃまにしてみたら、お幸ちゃま的には雨降りぢゃないのにどうしてお出かけが中止になってしまったのか、ものすご~く納得してなかったのかもしれない。

しかも、一緒に行くはずだったワタシはこれまた一緒に行くはずだったオトモダチと仲良くお出かけして、すっかり暗くなってやっとこ帰ってきたりしたもんで、それなりに心に秘めた思いがあったのかもしれない。

しれないけど…。

お幸ちゃま、いったいどうやってワイヤーを外したんでございますか…。
ひとりでお出かけなんて、危ないから止めてください。。。
イノPPとか、ポンポンとか、イタッチとか、周りにはキケンなヒトたちがいっぱいいるんでございますよ、花園山は…。

| | Comments (7)

Monday, July 25, 2011

わらび生クリーム饅頭

Dsc06165

テツぼっちゃまのかぁちゃまが送ってくだすった、なんでも最近えらい話題になってるスイーツなのだそうな。
冷凍になって来るのだが、2~3時間冷蔵庫で回答すると美味しくいただけるというもの。


どうもありがとうございました~happy02

で、早速いただいてみたのだが、クレーマークレーマーはお休みして欲しいとお願いされていたのだが、これだけは言っていい?

アンコ…入ってなかった。。。despair

え?
だって、お饅頭のなかにはアンコがあるはずって…coldsweats01
そう思って一生懸命食べ進んだんだけど、掘れども掘れども生クリーム。。。
スゴいよね、この生クリームの量happy02

でも、アンコが入ってたらもっともっと美味しさ三千倍だと思うのsmile

ということで、コーヒーで食べるのがオススメのお菓子でございました。
どうもおご馳走様でしたcatface

| | Comments (2)

Sunday, July 24, 2011

節電の夏!ぢゃなかったっけ?

エアコンの設定温度は28度ってコトで、クールビズで行きましょう!

と、少々暑かろうが悩まなくってもいいような格好でお出かけした。

海を渡って、チンチン電車に乗って、シンカンセンに乗って、バスに乗って、お出かけした。

おかしい…。
今年は節電の夏ぢゃなかったんやろうか…。

そして、お出かけした先の某公共施設で2日間お籠りしたのだが…。

気が狂うくらいエアコン効いとるやんけ~annoy

肌寒いなんてもんぢゃなく、痛いくらいの冷え冷えpenguin
どんどんと体温が奪われ、どんどん眠くなっていく…。

アカん、ココで寝てしまったら確実に低体温症で死んでしまう…shock

本当に、生命の危険を感じてしまうくらいの冷え冷えだったのだ。

で、どうにもこうにも我慢できなくなって、近くのブティックへ羽織るものを買いに走ったさ。
目に飛び込んできたのは春物だという大判のストール。
12000円が30パーセントoffで8400円。

これを想定外の出費と言わずしてナンと言おう…weep

そして、帰りのバスの中も、新幹線の中もチンチン電車の中もお船の中も、その大判ストールがあってもやっぱり寒いくらいに冷え冷えpenguinだったのだった…。

こんな季節はやっぱ、温かいお鍋がいいよね…。

世界に羽ばたく食い倒れトモダチと食べい行ったお馬さんのしゃぶしゃぶが、そりゃ美味しかった。

しかも、お馬さんはコラーゲンたっぷりnote
美容効果絶大catface
しかも、お腹に溜まらないしsmile

しゃぶしゃぶに突入する前に、既に「もうしゃぶしゃぶは入らんのとちがいますか?」と大将に聞かれるくらい食べてたことは、ナイショだcoldsweats01

そして、「今日は美人サービスデーだからデザートつまんでいってください」と、アイスクリームをおまけしてもらったことは…おっきな声で言っとこうかなsmile

まぁ、そんくらい気持ちよく食べたってコトね、ワタシたち…coldsweats01

| | Comments (2)

Wednesday, July 20, 2011

指紋認証に挑戦してみた!

6月19日(日)にザックリ落としちゃった指の腹。
その指は、モバイルの指紋認証に登録していた指だったりしたので、アレだ。
ベツに違う指を登録し直せばいいことなので、指紋が無くなってもどってコトないと言えばそうなのだが、奇しくも指紋はちゃんと再生してくれるものか、という壮大な実験結果を得るワタシ的に希少なケースなのだ。

自分の身体でこんな実験をする羽目になろうとは、思いもしなかったわよ、とほほ…think

で、大分傷も癒えて来たことだし、今日は思い切って指紋認証に挑戦してみた、と、そういうわけだ。

で、アレだ。

指紋を読み取るのに指をスライドさせるのだが、これがまだけっこう痛い。
痛いのだが、それよりも指が右に寄りすぎてるから真ん中でスライドさせろと言いやがる。

ワタシは真ん中で指をスライドさせていますけど?
なんで?

って、それって、指紋が読み取れないとおっさっていらっさる?think

果たして、ワタシの指紋はこれからまた生えて来るのかsign02
さぁ皆さん、どんどんはってくださいsmile

ちなみにどのくらい切っているかというと…。
ちょっとボカしてますけど、御覧になりたい方限定で続きをどうぞ…coldsweats01

Continue reading "指紋認証に挑戦してみた!"

| | Comments (4)

Sunday, July 17, 2011

まだまだオダちゃん月間中。

ジツは地域限定だったTSUTAYAの旧作50円セール。
これに便乗して、とうとう『お金がない』まで借りてしまったワタシ…coldsweats01

しかし、借りて見てるのは決してオダちゃん出演作品だけではない。
懐かしの飯島愛ちゃんが、ムカシはウブだったセクスィ黒蜘蛛の精を演じている『斉天大聖孫悟空』(邦題は『西遊記』)も50円に便乗して借りて来たのだが…。

Photo

なんか、これにもオダちゃん出てるみたいな錯覚に陥るのは…何故coldsweats01

ちなみに、なぜこの「サルもの」を見てるかというとsmile

Vts_01_5vob_000408673

ジミーちゃんの名前が唐僧と3匹の妖怪の次に出て来るのだcatface

| | Comments (7)

Wednesday, July 13, 2011

ヤマモモと野菜船

いろんな果物が出回って楽しい季節。

Dsc05756

ヤマモモは、紫色になるくらいじっとりジュクジュク熟したものを冷やしていただくのが、なんとも美容に良さそうでいい。

甘みと酸味のなかにちょっと苦味もあって、松のヤニというかローズマリーというかちょっとウッディな香りもあり、そういうもろもろが、意味もなく美容効果満点そうsmile


と、ヤマモモをばくばく食べていたら、野菜船が着いた。
ジツを言うと、ヤマモモと一緒におナスも4本買って来ていたのだが…。

Dsc05770

ど~しろってsign02

とりあえず、夕食はナスの味噌はさみにしてみる。
ナスをザクザク輪切りにしてたっぷり目の油で焼いてお味噌をはさむ、なんちゃってナス田楽の応用編。
田楽よりもかなりお手軽に出来ちゃうのがイイところ。

そして、明日のために皮をむいてレンジで蒸しナスにしてお出汁に漬けて冷蔵庫へ。

それでも使えたおナスは中ナス3本に長ナス5本。

さて。
どうしたものかしら…。

しかし、アレだ。

Dsc05773

双頭の鷲ならぬ双躯のナス。
時期が時期だけに、ナンチャラ線の影響で遺伝子が傷つきこんなカラダになったんぢゃないかとつい、思っちゃう…。

| | Comments (3)

Saturday, July 09, 2011

バーゲンを歩けば…。

誰?
待ち合わせを○越ナンかにしようと言ったのは…。

ここいらで○越と言えば、やっぱりお遣い物は○越の包装紙ぢゃなくっちゃ!というヒトがまだ結構いるくらいブランド力が残っている。
バーバリーの上下で決めた白髪のマダムが地下食品売り場へお買物に行く光景も日常茶飯事。

そんな○越に、七夕の短冊のように下がったSALEの札sign01

…無事に帰れるワケが無い。。。think

「如何ですかぁ~。
両方合わせて1カラットという大きくてきれいなダイヤが公告のお品でお安く出てますよぉ~。」

と、68000円の値札のついたダイヤのピアスを通りすがりのワタシに勧めるオバサン。

680000円ぢゃないのだ。
68000円なのだ。

色はそんなに悪くはないが、ぱっと見ただけでもカットがダメダメ。
そんな石が1個んつしかついてないようなピアスに、68000円も出せるかい!

ということで、ワタシが選んだのはこの数えるのも面倒なくらいに石の付いたピアス。

Dsc05751

半額で6300円。

最近、フープピアスが欲しいなぁ~と思っていたので、半額だったらまっいっか~smile

| | Comments (5)

Wednesday, July 06, 2011

第?次オダちゃんブーム到来?~『アマルフィ』・『県庁の星』・『椿三十郎』~

予告を見て、オダちゃんの余りの変容ぶりに、防腐剤を飲んで〜!で終わった『アマルフィ』。

それが、この間『ブッダ』を見に行った時に『アンダルシア』の公告を見て、オダちゃんコラーゲン入れた!?

ってコトで、『アンダルシア』見ちゃおっかな~catfaceと思っている今日この頃。

しかし、だったらその前に『アマルフィ』みなくっちゃ。
幸い、今TSUTAYAは旧作ぜんぶ50円だしcatface

ってコトで、『アマルフィ』を借りた。
ついでに、『県庁の星』と『椿三十郎』も借りた。

まことに遺憾ながら、ジツはワタシ、日本の映画やドラマで一番見てるのが織田裕二出演作品だったりするような気がする・・・。

それも、何年かに一回、ちょっとしたブームがやって来て、今回みたいにまとめてみるのだ。

ベツに、それ以外の時は“ふ~ん”なカンジで、特にヒトとなりやプライベートに興味があるわけでもないので、彼が○イだと教えてもらった時も、あらステキshineでカル~くスル―だったのだが、結婚の話にはもっと興味がなかったのだが、時々こうしてドカ見しちゃうんだな。

で、『アマルフィ』。
50円でなければ暴れていたかもしれない・・・think

ストーリーが稚拙過ぎ。
というか、そこに黒田君がたまたま居合さなかったら、話進まんやん。
しかし、黒田君が事件に関わったのは、タマタマなのだ。
タマタマの必然性がゼロで、しかし彼が関わって無いと話が進まん展開っちゅ~のがあり得へん。

しかし、懐かしいぞローマ!

空港からローマ市街に向かう途中、ライトアップされたコロッセオがあったあった!

フォロ・ロマーノでは急遽世界三大ガックリ認証式を執行したっけ。

テルミニ駅、ボローニャ行きの列車内でスリ小僧に囲まれてバッグ開けられたよ!
地下鉄でも気が付いたら隣りのにーちゃんがワタシのバッグに手ェつっこんでやがった!
そんで、見つかったら日本語で「ゴメンナサイ」って言いやがったんだ!

みなさ~ん!イタリア人はみんなスリですよ~!

日本に帰って来てから、イタリアの話するたんびそう叫んでたっけ。

そうそう、トスカごっこをしながらティー・ア・ラ・ペスカに脱力したサンタンジェロ城のミカエルさまは、確かにこんなオヘソだったよ!

踏みやがった!
ジェラードの聖地スペイン広場で、オダちゃんったらジェラードを踏みやがった!

あ~、久しぶりにイタリア語聞いた~。
懐かしいにゃ~。

思い出に浸るには50円で十分だワ。

『県庁の星』は、壮大な夢が詰め込まれた作品だった。

民間企業に出向し、そこで県庁マンとしての価値観を突き崩され、真の公僕として生まれ変わっていく主人公。
小さな一人の意見にも耳を傾けるというパフォーマンスが出来る知事。

そんな、都合のいい話があるかい!とか思いつつ、一番引っかかったのは、アレだ。

「ぼかぁねえ、中学・高校・大学と一番しか取ったことないんだ」

だったら、ナンで国家一種受けなかったの?
そっちの方がデカい仕事あるるでしょうに。

いや、別にいいけど、さ。

『椿三十郎』は、ナンというか・・・。
巨匠のリメイクは難しいよ。
しかも、時代がすっかり変わってしまって、あの城代の奥方と娘の古色蒼然としたボケは、今はもう通じへんのとちゃうやろか。
いや、玉緒ちゃんもスゴく味が出ててよかったのだが、リメイクの時は、あ~ゆう今では全くシンクロ出来ない演出は、もうちょっと工夫の仕方もあるんぢゃないかと・・・。

悪役三人組は流石だった。うん。
自然体で時代劇を演じてられた。

でも、若者たちはどうかにゃ~coldsweats01

しかしこの三作、映像的には全く印象に残らなかったのだが・・・。

| | Comments (6)

Sunday, July 03, 2011

新規開拓エリアの焼き肉屋さん

女王さまは、一月半程の予定で現在行宮へ遷御あそばされていらっしゃる。
なので、ワタシもこれまではそれほど縁のなかったそのエリアへ行って、その辺りで食事をする機会が多いのだが、何せ今まであまりなじみのないエリアだけに、お店選びに悪戦苦闘…。

地産地消でお野菜たっぷりダイニングというところで食べた定食は…。

1

気が付いたら、これはこんな風にコウした方が美味しいのに…と考えながら、食べてるものが多かった。。。

しか~し!
一軒とっても楽しみにしていた焼き肉屋さんがあったのだ。
前を通ると黒毛和牛炭火焼肉ののぼりが並んで、ネットの口コミでもお隣の某大手炭火焼き肉チェーンとは肉質で差別化を図って住み分けてる、ってことで、と~っても期待していたのだ。

靴を脱いで上がるそのお店、「お二階へどうぞ!」と、二階へ通されるとそこはちよっと焼き肉屋さんらしからぬ雰囲気。

2

キムチ盛り税込714円。

3

白菜キムチが根っこのところだけなのがかなり気に入らないが、なんか、こんだけぇ?な気がしないでもないが、まぁ、気にしない気にしない…。

7

このお店でいっちゃん上等のカルビ。
1500円くらい。

これを火鉢風の上で焼き焼きするのだが…。
なんかこう、肉が筋張っているのは…何故?

タレは醤油ベースの甘い目だけどもさらりとしたタレ。
なんかこう、物足りなさを感じてしまう。
食べていて、うま味調味料的後味の悪さが気になるんですけど…。

でも、気を取り直して、肩ロースステーキを塩で食べてみましょう!

4

とはいえ、出て来たとたんにナンかテンション下がる肉。。。
これが2800円くらい。

6

しか~し!
ここで登場したのは、岩塩と生わさびsign02

肉をわさびたっぷりで食べたら美味しいよねhappy02

5

案外、見かけよりも美味しいかのも…と、気持ちを奮い立たせて焼いてみる。

が、やっぱり、肉の味がよろしくないのだ、これが…。

いや、ソコソコの値段でそれなりの肉、というのだったら、妥協点を見出すことはカンタンよ。
でも、「創業40年、店主自らの目、舌で選び抜いた和牛を使用」、「本物をできるかぎり安く、ちょっと手をのばせばとどく贅沢」とHPで謳っているお店で、それなりのお値段を付けてるからには、それなりの期待もしてしまうぢゃない?

そりゃ、この値段でA-5のNo.11とかNo.12とか期待してるわけでもないし、わさびが生わさびおろしたてぢゃなかったのは、まぁ、焼き肉屋さんなんてこんなもんか、で済ませるとしても、よ。

8

この小ライス170円の盛りは、少なすぎやろsign01

しかも、いくらサムジャン付きといえど、サンチュ6枚税込399円は、ぼったくりやろangry


韓国で焼肉食べたい…。
なんか、韓国で焼肉を食べるようになってから、日本で焼肉食べて満足したことない気あする…。


ホントは、良いお肉買って来てオウチで焼いて食べるのが一番美味しいんだけど、炭火って面倒だし、お部屋に匂いが付いちゃうのがイヤだし、さ。
お外は蚊の巣だし…think

| | Comments (8)

« June 2011 | Main | August 2011 »