« 不機嫌な日曜日、来週は晴れる…かな? | Main | うまうま馬肉と見島牛を求めて »

Friday, June 03, 2011

昇華?消化?「曼荼羅の響」に導かれてうどんの国へ

「御詠歌聞きにいかん?」

いかんせん、御詠歌って、全くなじみが無いわけぢゃないのよね。
そのムカシ、おばーさまに教えてもらったコトがあるのだ、キミョーチョーライヘンジョソン。

ということで、お隣のうどんの国へ御詠歌を聞きに旅立つことと相成った花園御一行様。

うどんの国に入るや否や、豊浜SAで早速買い食い。

2011053112210001

がんこおじさんはどってコトなかったが、うしおじさんは…ナンぢゃこの激うまヨーグルトドリンクhappy02

和三盆プリンは「ちょっと甘い目だけど美味しいよ」くらいのプリンだが、ヨーグルトドリンクは甘さ控え目まったり美味しいhappy02

このうしおじさん、正体は大山牧場http://www.ushiojisan.com/というところの牛飼いのおじさんのことらしい。
これは、帰りにうしおじさんの牛乳も買ってみなくっちゃ!

そう決意して、次の目的地は玉藻うどんhttp://www.tamamo-udon.com/

うどんの国の数あるうどん屋さんの中から、何故にこの玉藻うどんが選ばれたのか?
そのヒミツは、場所にあった。

だって、御詠歌会場の県民ホールに一番近かったんだもんsign01

いや、モチロン、ネットの海を彷徨っていろいろな口コミを見たうえでココに決定したのだが。

Dsc07406

口コミ通り、うっかりすると見落としてしまいそうな外観。
コワいうどん職人が難しい顔して待ち受けてたらどうしよう…と、ドキドキしながらお店に入る。

店内壁に貼られたメニューをさっと見渡し、テーブルにおかれたメニューもさっと眺める。
カウンターだけの店内、注文を今は遅しと待ちうけるかのような視線が注がれている気がして、ドキドキ。

口コミにあった穴子天ぷらが、ない。。。

ちょ~悲しい…。
悲しいけど、ココは天ぷらが美味しいらしい。
でも、うどんの上にのっけてしまうと、うどんの味が濁るから、やだ。

ということで、天ぷら盛り合わせ400円とぶっかけ小330円を注文。

ぶっかけの登場で、がっくし…。
油の味でうどんの味が濁らないようにと、わざわざ天ぷらは単品にしたのに…。

Dsc07404

うどんの上に天かすがのっとるやんけ~annoy

ちょっとショックを隠せなかったワタシ…。

そして、その後入って来たオバサンと天ぷら係のおいさんとの会話。

「ここは穴子の天ぷらが有名なんでしょ! 今日はないの?」
「ありますよ! 揚げましょうか?」

ガビョーンsign01

オバサンになって厚かましく聞けなかった我が身が恨めしい…。
仕方無いわよね、ナンたってまだ18歳のコムムメなんだもん…weep

いや、決して店員さんが悪いわけではないのだ。
茹でつゆ係のおねぇさんも、うどん打ち係のおにぃさんも、天ぷら係のおいさんも、みんなやさしそうなイイ人たちなのだ。
ワタシがつい、ウチ気になってしまったというか、あまりに一生懸命お仕事していたのでつい言い出せんかったと言うか…coldsweats01

多少?のアクシデントはあったものの、美味しくお昼ご飯を済ませ、玉藻うどんから車で1分の玉藻町駐車場へ移動。

しかし、高松というトコロは駐車代が高い!
100円で25分しか置かせてくれない!
高松空港より先にジェット機が乗り入れた松山空港のある松山だって、30分100円が一般的だっていうのに…。
ぶぅpout

そして、今回のメインイベント、高野山金剛流合唱団の「曼荼羅の響」を鑑賞。

いや~、舞台の上に80人からおボーさんが並ぶと壮観だわ~。
それだけぢゃない。
おボーさん界の“ヨンさま”と、同じくおボーさん界の“キム・タクぢゃなくってキムタク”が繰り広げるコントが、滑り加減も含めて抱腹絶倒の面白さ!
おボーさんも踊ればなんちゃってタカラジェンヌも踊るのだ。

後ろのおばちゃん達が飲食禁止のホール内でいきなりアメちゃんを配り始めた時には仰天したが、舞台で繰り広げられるパフォーマンスに、アイドル歌手のコンサートよろしくご唱和されちゃったりしたのも御愛嬌?というカンジだったが、なかなかお目にかかれんモノを見していただきましたsmile

公園が終わって次の目的地は唐芋きん!コトかねすえhttp://www.kanesue.net/

Dsc07407

駐車場があるという本店の方へ行ったのだが、途中商店街のあまりの寂れようにビックリ…。
ちょっと、しんみり…。

しかし、唐芋きんは噂に違わぬ芋芋しい美味しさだった。

Dsc07487

満願堂の芋きんよりも甘さ控えめでほっこりしているカンジ。

そのままだと一両日中にお召し上がりください、だが、真空パックしてもらうと7日間は日持ちがするというので、そこに置いてある箱入りの唐芋きんをその場で真空パックしてもらう。

Dsc07528

ハナっから真空パックしてあるものを買うよりも、ナンとなくうれしいcatface

しかし、このかねすえで最も感銘を受けたのは、コレsign03

Dsc07569

特大スゥイートポティトォ、その名もひとりじめ380円lovely

食べて納得、確かに大きいが、それでも一個丸ごと一人で食べてしまいたいsign01
そんな衝動に駆られる名菓good

嬉し楽しでお買物を済ませ、次なる目的地は琴平温泉紅梅亭

Dsc07412

じゃらんnetで貯まりに貯まったポイントを使って露天風呂付きのお部屋でまったりcatface

そして、ナンでもエラい賞を獲得したらしい料理長によるお料理は…。

Dsc07436

「こんなイサキ、ゼッタイ刺身にはせんぞえ~!」

磯魚の姿作り付きお造り盛り合わせは、何故か不評だった。。。
いや、つい、後からやって来た鍋料理に放り込んで軽~く火を通して食べたりしてしまったワタシだったりもしたが、アレだ。
ナニがダメって、わさびが生わさびおろしたてぢゃないってところで、もう終わっている気がする。

そのムカシ、100年くらい前に琴参閣に泊まった時のことは最早忘却の彼方なのでなんともアレだが、前回の琴平花壇といい、今回の紅梅亭といい、こんぴら温泉はお刺身は良ろしくない気がする。
きっと、あんまし力を入れなくていいお料理なのね…。

しかし、うどんは違った。

Dsc07468

坂出は日の出製麺所の特別誂えというこのうどん。
生醤油・ぶっかけ・湯ダメと選べたのでぶっかけにしたのだが、薬味等取り敢えず全部のっけてお出汁をかけてお写真したのだが、お昼にも「うどんの国のうどんはやっぱり美味しいね。」とか言いながら食べたはずだったにも拘らず、思わずお箸を握る手に力が入ってしまう美味しさ。

さすがはうどんの国。。。

朝食にももちろん、うどんが付いている。
今回はチョイスなしの湯ダメ。

Dsc07501

「冷たい方が美味しいのは、蕎麦もうどんも一緒やね。」

うどんの国で、うどんの真実を極めた気になる花園御一行様…coldsweats01

うどんに対する蘊蓄を深めての帰途、ナニがナンでも寄らねばならないところがある!
それは、高松自動車道豊崎SA。

うしおじさんの牛乳を買うのだcatface

そう思って意気揚々と滑り込んだ豊崎SAに置いてあった牛乳は、らくれん夕しぼりだった…shock
すんごい楽しみにしてたのに…。

仕方が無いので、またうしおじさんのヨーグルトドリンクを買って自分を慰める。

次回は大山牧場へダイレクトに牛乳を買いに行くことを考えよう。。。
通販もしてくれるらしいが、そに行ったら牛乳と砂糖だけで出来ているソフトクリームというのがあるらしい…。

というコトで、うしおじさんに会いに行こう!ツアー、参加者募集中デスcatface

こうして、今回のうどんの国ツアーは次回への展望も開けて無事終了。
お疲れさまでした。

|

« 不機嫌な日曜日、来週は晴れる…かな? | Main | うまうま馬肉と見島牛を求めて »

爛漫日記/おでかけ編」カテゴリの記事

~国内四国編~」カテゴリの記事

Comments

香川の色々な食べ物がでてきてうれしく思います。
そうそう!うどん屋さんで好みの天ぷらがないときは、必ず聞くことをオススメします。
遠慮はいらないですよ~。
たいていは、揚げるまで時間がかかり遅くなりますが、揚げてをくれるので熱々の天ぷらを食べることができますよ(^^)/

うしおじさん、家からまあまあ近いですがソフトクリームや牛乳もおいしいです。かなり小さいお店ですが、がんばって牛育てていますよ。
あのあたりにいたのでしたら、高松三越でうしおじさんの牛乳があったような・・・・。

こちらに来ることがあれば、私もうしおじさんで合流したいな(笑)

Posted by: yuki | Friday, June 03, 2011 at 09:42

うどん屋さん、次回はもっと大胆にsign01なって(笑)お好み天ぷらをGetしようと思います!

うしおじさん、ソフトクリームも美味しいんですねlovely
そうですよね、美味しい牛乳にお砂糖入れただけのソフトクリームが美味しくないハズないですよねhappy01
では、その節にはうしおじさんで合流しましょうhappy02
楽しみにしていますcatface

Posted by: SAKURAKO | Friday, June 03, 2011 at 21:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 不機嫌な日曜日、来週は晴れる…かな? | Main | うまうま馬肉と見島牛を求めて »