« May 2011 | Main | July 2011 »

June 2011

Thursday, June 30, 2011

嗚呼、円高なのにこの原油高。。。

震災で円が暴落すると思ったのに、予想に反してナニこれ?な円高が続いている。
こんな国の通貨を買うヒトがいるなんて、今東電の株を買うヒトがいるのとおんなじくらいにワタシには不可解極まりないことなのだが、そうでない為替の達人やら株式投資の達人やらがいるらしい。

もう、こんなことなら震災後焦ってユーロ買わんかったらよかったワンweep

なんで、そんな時に慌ててユーロ買ったかって?
そりゃ、も一回行かんといかんからです、パリ。

「今度こそジビエの季節にしようね。」

ピティビエは終わったと言われたル・サンクでそう誓い合った喰い倒れ同盟のふたり。
日々せっせとマイルを貯めて、今度こそジビエの季節!と意気込むコムスメの夢を打ち砕く燃油代引き上げのお知らせ。
8月1日から、片道29000円になるってことは、往復で58000円ですかshockshockshock

これに更に13000円分くらい、ワケの分からない旅客サービス施設使用料だの旅客保安サービス料だの旅客サービス料だの国際連帯税だの空港税/通行税だのが加算されるから、航空券代に70000円以上上乗せしないとヨーロッパには行けないということになるのだがっぴょ~んshockshockshock

マイルを貯めて特典航空券があってもさらにこのお値段weep
ちょっと待ったら燃油代が下がるかしら…と考えたところで、なんかとっても下がるどころぢゃなさそうな予感。。。
しかし、マイルの有効期限は11月にやって来る。

11月と言えば、ジビエの季節真っ盛り。

しか~しsign01

ジビエの季節まで待っていたら、燃油代がいくらになってるか分かったモンぢゃない…think

TSUTAYAの旧作オール50円キャンペーンが終了する7月31日までに、来年の7月31日までに旅行を開始することを決めてしまえば、燃油代は片道24000円。
往復で10000円の節約になる。

10000円…。
グランメゾンの前菜一皿分相当かぁ。。。

次回も一度がっつり食べ直そうsign01と、ぶ厚いフォアグラのソテーを横目で凝視しながら誓い合ったル・イデのディナーだと、2人分でお釣りが来るのね。。。

にしても、やっぱり航空券関連で60000円越えの出費が必要となると…お買物は出来ないわね。
バーゲンシーズンなのに…。

しかし、こんなに円高なのにこんだけ燃油代が上がるって、これで円が暴落したらどないするねん、この国家…think

| | Comments (8)

Monday, June 27, 2011

このうな重、ちょっとイイかも~八神~

Dsc08263

鹿児島県産うなぎ丸ごと一匹。

これに5種盛の前菜。

Dsc08243

かつおとタコの造り。

Dsc08259

さらにデザートが付いて2500円。

かなりお値打ち、モチロン美味しゅうございます。

| | Comments (4)

Saturday, June 25, 2011

はじめてのシリコンクッキング

ウワサに聞いていたスチームロースタ―。
“蒸す”と“焼く”の組み合わせがお手軽に電子レンジでカンタンクッキング、しかも油をほとんど使わないからヘルシー!
と、イイこと尽くめなのだそう。

早速使ってみた。

といっても、冷蔵庫のなかにあったもので、洗ったりどしたりがめんどくさくなさそうなものを適当にチン!sign01してみた。

ナスとエリンギとプチトマトに、すりおろしたニンニクと塩と白ワイン少々とオリーブオイル少々を混ぜ混ぜし、レンジでチンsign01と約8分。

Dsc08226

カンタンなワリにそれっぽいモノが出来てる気がする。
ちょっと、使い方をケンキュウしてみる価値あるかも。

ナニより、圧力なべのように使ったら分解して洗わんならんかったり、ル・クルーゼのように腱鞘炎になることを心配しながら洗わんならんかったりしないでいいのがいい。

というか、それが一番sign01happy02


にしても、暑い。
2~3日前まで長袖着てなかった?という気がするのだが、この暑さはナニannoyな暑さが今年もやってきてしまった。

Dsc08221

お幸ちゃまも、穴を掘って夕涼み。

しかし、お幸ちゃま。
おネンネする時にはちゃんと枕元に蚊取り線香を置いたような格好になる場所でおネンネしていらっしゃる。
お流石でございますhappy01

| | Comments (3)

Thursday, June 23, 2011

長かった木曜日までの道+肉汁作戦進行中

パリでの食費を捻出するために節約してましてんsign01

と言えば聞こえはいい?かもしれないが、なかなか時間がとれなくて結果野生に放たれたままの状態だった頭をナンとかしに、やっとのことで美容院へ行った。

こんなシビアアクシデントがなかったら、若しかしたらもう一月程は放置していたかもしれない…。

なんたって、アレだ。
ワタシの指は、今、保険適用外税込840円の魔法のキズパッチに守られて、溢れ出ずる肉汁の洪水のまかに漂っているのだ。
ナニが辛いって、髪が洗えないのが辛い…。

しかも、手を切ったのが日曜日。
月曜日はいつもの美容院の定休日。
火曜日は月に一度の定休日。
水曜日はいっぱいで予約がとれず。
そしてやっと木曜日だったのだ。

…長かった。。。


以下、肉汁作戦について。
ちょっとナマナマしい…っていうか、しつこいかも?なので、それでもいい方だけお読みくださいcoldsweats01

Continue reading "長かった木曜日までの道+肉汁作戦進行中"

| | Comments (2)

Wednesday, June 22, 2011

その、天を指した指。

お幸ちゃま、それはワタシのお指で、決してお幸ちゃまのジャーキーでもカミカミでもございませんcoldsweats01

Dsc08200

お指の先にナンか違うものが付いてるからって、そんな今にもとって喰う!なおメメで見ないでください…sweat01

Dsc08194

きゅうりイボイボトゲトゲにゴジラの肌を連想してしまう今日この頃。
ベツに、ゴジラに国会議事堂を踏み潰してもらおうsign01とか思っているワケではないけど、さ。

| | Comments (4)

Sunday, June 19, 2011

右手を挙げて天を指し…。

本日、人生二度目の救急車に乗ってしまった…。
血が止まらなくて慌てたもんで、今日の救急担当を教えてもらおうと119番してしまったんだな、これがcoldsweats01

原因は…楽をしようとスライサーで人参を千切りにしていたのがいかんかったんだな、これが。
真皮までそいだだけぢゃなく、縦にもざっくりとやっちゃったんだな、これが。

病院に行ったら、「ココで救急担当するまでは血を見るのが苦手でした。」という内科のセンセーが、15分以上圧迫止血しようとがんばってくれたんだけど、止まらなかったんだな、これが。

で、結局整形外科のセンセーが呼び出されちゃったんだな、これが。

で、レントゲン技師さんも呼ばれちゃったんだな、これが。

…気の毒に。。。

あんましズッパリ切れちゃったもんで、指紋が無くならないか心配してるんだな、これが。
だって、モバイルの指紋認証に使う指だったんだな、これが。

ということで、ワタシの右手は今、心臓より高いところで天を指している。

いや~、びっくりした。
かなりスプラッタだったcoldsweats01

| | Comments (7)

Saturday, June 18, 2011

節電宣言! でも…。

階段の電球がキレちゃったので、明るさを抑えたLED電球に替えてみた。

Dsc08188

アヤしいくらいに暗い。。。
階段を踏み外してケガしそうなくらいに暗い…。

これでいいのか、ニッポン???

え?
これはニッポンのせいぢゃない?
電球代けちったから?

だって、そーいうとこから節約しなきゃ、ねsmile

| | Comments (2)

Tuesday, June 14, 2011

ヘルシーまぜまぜご飯の落とし穴

お野菜がいっぱい食べたい!と思ったら、まぜまぜご飯がおススメ。
野菜ボックスをすっきりさせたい!と思っても、まぜまぜご飯がおススメ。

Dsc08102

最近の花園ブームは、お精進まぜまぜご飯。
お肉や卵を入れなくても、炒め油に太白胡麻油を使うと、コクが出て美味しいのだ。

Dsc08106

身体の中からキレイになれそうなまぜまぜご飯。
カプサイシン効果にも期待できそうなまぜまぜご飯。

しかし、そこには大きな落とし穴がshock

お腹ふとらんやんか~sign01

さて、あなたならどうする?

| | Comments (7)

Monday, June 13, 2011

お幸ちゃまの反抗期

雨雨続きで、久しぶりにちゃんとお散歩出来たお幸ちゃま。
しかし、今日はナニかが、ヘン。

Dsc08003

何時もだと、ワタシがお写真をはじめると、仕方無く待ってくれているのに、今日は実力行使で先へ行こうとなさってワタシが思っきし腰をグチッannoyって言わせたり…。

短いコース・長々コースの分かれ道でも、有無を言わさず長々コースへズンズン行ってしまったり…。

カメラを向けても、なんかヘン…。

Dsc08053

えっと…coldsweats01
ちゃんとカ~イイお顔のお写真もあるにはあるのだが…coldsweats01

Dsc08061

やっぱ、みんなが留守にしたその夜に、お幸ちゃまのお家が床下浸水してしまったのがいかんかったのかしら…。
それとも、帰った時においしい~のお土産がなかったこと?

でも、帰った時点で何時もとは態度が違ってらしたのよね…。

お幸ちゃま、あしたはもうちょっと御機嫌直してくれますように…。

| | Comments (2)

Sunday, June 12, 2011

花園的ポテトサラダ5つの掟

花園的ポテトサラダの掟

その① マヨネーズは使わない。
その② 人参は入れない。
その③ イモよりも野菜を多く!
その④ ベーコンはカリカリに。
その⑤ “イモサラ”と呼ぶべし!

Dsc07988

| | Comments (7)

Friday, June 10, 2011

聖☆おにいさん

聖☆おにいさん
病院へ行ったらすっかり高齢犬枠のお幸ちゃまをはじめとして、花園は老齢人口が多い。

今日はその検査やらなんやらにお供で甚だ待ち時間長し。

なので、フラりと本屋さんを覗いてみたところ、今までウワサには聞いていたが、実物を見るに至っていなかったマンガ発見!

早速駐車場で読む。

近頃のクリニックったら、待合室がカフェかと思うような、そんなところもあるが、車の中でも読んだのは正解。

昨日ブッダを見た身にこれは辛すぎ。

車の中と言っても、窓をいっぱいに開けていたので、そこいらじゅうに妙な笑い声が響いてしまった気はするが、まあ、えっと…(^^;

| | Comments (4)

Thursday, June 09, 2011

手塚治虫のブッダ―赤い砂漠よ!美しく―

ストーリーは、手塚治虫の『ブッダ』をおさらいして下さい。

ということで、この『ブッダ』。

2011060915460000

『手塚治虫のブッダ』と言いながら、主要キャラは今風にリメイクされいて、目のふちにはワケの分からない刺青?が入れてある。
えっ?アイシャドウ?

いや~、いくらなんでもブッダがバンコラン少佐みたいにアイシャドウ塗ったりすることはないんぢゃないかなぁ~。

えっ?
シャカ国に刺青の風習なんてあったのかって?

知りまへんがな、そんなこと~coldsweats01

製作に際してはイロイロな苦労があったと思うが、カーストは説明できても不可触賎民には触れない理由もあったのだとは思うが、若し巨匠が今、あの変わり果てたシッダールタやミゲーラの姿をご覧になったとしたら、どのように仰るのだろう。。。

きっと、「原作のイメージと違う!」なんて器のちっちゃなことはおっしゃらないとは思うが、スットーダナ王の声優だけは替えてくれ!と仰ったかもしれない。
あまりにもオオモノ故に監督ですらナンとかできない声優を変えられるのは、巨匠と呼ばれた原作者だけ、だったかもしれない。

世阿弥もさぞかしガックリ…。
気の毒に…。

しかし、堺雅人はこういうこともソツなくこなせるのね。
おかぁさんとの心中シーンのハズなのに、まるで恋人同士みたいだったのが、なんとなく腑に落ちてない気もするけど。
でも、一番腑に落ちないのはタッタ。
どうしてタッタは歳を取ってないのかしら?

そして、一番辛かったシーンはというと、コーサラ国とシャカ国の戦争で、身体にいっぱい矢を受けたゾウさんたちが、それでも人間を蹴散らして前へ進んで行ってるとろ…。

象さんには、戦わなければならない大義なんてないはずなのに…。
カワイソ過ぎ…。

そして、この映画のラストシーン。
シッダールタがある武人の死体に初めて合掌するトコロがあるのだが、そのシッダールタが手を合せたのは彼とも浅からぬ縁のあったその武人に対してだけだったのだ。

辺り一面死体の海だというのに、他の死体には目もくれず…。

これ、ナンか気に食わない…。

結局最後まで、サブタイトルの意味が分からなかったワタシがいたのだった。。。

やっぱりブラック・スワン見た方が良かったかな…。

| | Comments (4)

Wednesday, June 08, 2011

萩・道の駅100%めぐり~ウシとスイカとおまけにシュー~

以前「萩有料」と呼ばれていた萩に入るバイパスの元料金所辺に、その名も「萩往還」という道の駅がある。

そのムカシ、萩藩の役所が萩と山口2ヶ所になっていた頃、萩の役所で勤務時間が終わるまで仕事をしたお侍さんが、その後夜っぴいて萩往還を通って山口まで行き、朝定刻に山口の役所に出勤してお仕事しなければいけなかったという。。。

この『幕末残酷物語』に出て来てもおかしくない、この山道を何人のお侍さんが眠気をこらえ熊や猪の襲撃に慄きながら越えて行ったことかと思うと、思わず袖が涙で濡れてしまうような、そんないわくつきの道の駅「萩往還」に、見島牛100パーセントのハンバーグを食べさせてくれるお店があるという。

見島というのは、萩の沖合約45キロくらいのトコロに浮かぶ孤島で、狂おしいほどに美味しいウニが採れるトコロ。
見島牛は、そんな離島で育てられていたため、明治になって体の小さな日本の牛は、身体の大きな外国の牛とどんどん交雑が進められていったというのに、ポツネン…と純粋和種の血統だけで今まで来た、昭和3年には国の天然記念物にも指定されたという、貴重な牛なのだ。

そんな牛だから、なにはともあれ食べられるものなら食べてみたい!ということで、道の駅「萩往還」へ。

Dsc07793_2

そこで涙松記念松下村塾の人々がないと絵にならんだろうと、ざっくりお写真したりしたのだが、あれだ。
昨夜ホタルを見に行ってお写真するのにISOを1600くらいに設定したままお写真したもんで、もう、白飛びしまくりなのだが、この銅像のまるで剣道場に居るかのごとき久坂玄瑞には甚だ「遺憾デス」ということで、深く追求しないことにした。
ナニより、見島牛を食べなくっちゃ!が目的なのだから…。

ということで、これがその見島牛100パーセントのハンバーグ“極”

Dsc07783_2

ちょっと気のきいたファミレス仕様のハンバーグだった。。。
詳しくは、美食の花園「天然記念物〔見島牛〕100%ハンバーグを試す!」の巻でご覧ください。

相当期待していたハンバーグにそこはかとなく煮え切らない思いを抱えつつ、次なる目的地は公設市場型道の駅「萩しーまーと」。

Dsc07804

ここでは喰い倒れ仲間のSさんが、アジの煮干しを物色。
その脇でワタシが見つけて目の色を変えたモノは!!!

Dsc07802

相島というのも萩沖の日本海に浮かぶ離島なのだが、その島で潮風を受けて育ったスイカというのは知る人ぞ知るブランドスイカなのだcatface

その100パーセントジュースとあっては、これは飲まずに帰れまい。

Dsc07799

この美味しさは、台湾でスイカジュースを飲んだことがある人だったら「うわっ!ナニこれ信じられんくらい美味しい!!!」と叫ばんならんくらい、とだけ言っておこう。

ふふふ…catface

ハンバーグを食べ、スイカジュースも飲んだので、締めの甘いモノはナンにしようかしら…。
で、向かったところが松陰神社近くの萩椿

至るところにカエルグッズが置かれている店内で一番最初に目に入ったのが、注文が入ってからクリームを詰めてくれるというシュークリーム。

Dsc07807

Max3人だが、店内でイートインも出来る。
せっかくだからクリーム詰めたてを食べようと店内でハグハグ。

150円のシュークリームにおしぼり・お冷と至れり尽せりのサーヴィス。
どうもすみませんねぇ~coldsweats01

「コンビニで買うシュークリームより、こっちの方が断然いいよね~!」

コンビニのシュークリームとおんなじくらいおっきくって、おんなじくらいの値段で、バニラビーンズだってちょっとだけど入っているという、150円でなかなかに優れモノのシュークリームだった。

ここで、今回の萩の味めぐりは終了。
食べてばっかりって…アレだ。
一応、萩美術館へルーシー・リー展を見に行こうとしたのだ。

しかし、萩美術館は月曜休館だったのだ…think

まぁ、ね。
パリへ行っても絵の一枚も見て来ない食欲最優先のコムスメコンビなワタシたちが、珍しく陶芸なんぞ見てみようなどという気を起こしたのが間違いだったのだわ…。

そんな捨て台詞を残して、次なる目的地Sさんおススメパン屋さんへと向かうのだった…。

| | Comments (2)

Monday, June 06, 2011

ホタル情報、今年は異常発生です!

「今年は一の俣のホタルが凄いらしいですよ。」

ということでやって来た、下関市は豊田町。

Dsc07746

酉市の道の駅からさらに山の中へ分け入ること15分。
荒木という辺りが、そのホットスポットであるらしい。

道の駅で情報を得て、一路その荒木へ!

Dsc07749

8時を過ぎたあたりからぽつぽつと飛び始め…。

なんでも、川に生えていた葦を刈ったら、今年はホタルが異常発生したのだそうな。
4日くらい前がピークだったとは言うものの、それでもなお、星の数ほどホタルが飛び交う。
ところによっては、ホタルが集まって銀河が出来ていたりする。

そして、山肌に沿うように空へと昇っていくホタルは、やがて満点の星空に溶けていく。。。

ええもん、見ましたcatface

| | Comments (4)

Saturday, June 04, 2011

うまうま焼き肉これが一番!~本格馬肉料理 ゆい~

ふくの国「食い倒れても食べる会」の参加メンバーは、妙齢のビジョ4人。
今回の舞台は湯田温泉にあるhorse肉料理のお店ゆい

Dsc07644

湯田温泉らしからぬちょっとイケてる店内。
Dsc07698

焼き肉盛り合わせ4500円をめぐってそこに繰り広げられる、オンナ同士の熾烈な争い…。

もとい、とっても楽しい焼き焼きタイム。

Dsc07700

馬肉の焼き肉は初めてだったのだが、こりゃ美味しい。
刺身でも食べられる新鮮な馬肉をさっとあぶるのだが、柔らかくて臭いもなくジューシー。

Dsc07706

鉄板上でお箸が交錯するのも無理からぬところ。

ワタシはゾーモツ系が全くダメなので、そちら系は食べてないのだが、そちらも臭いもなく美味しかったそうな。

これから、焼き肉は馬に限るねsmile

もちろん、焼き肉だけを食べたわけではない。

Dsc07648

お通しのれんこん饅頭。

Dsc07654

ゆい特製サラダ。
Dsc07659

お約束の馬刺しは5種の盛り合わせ。

Dsc07684

生春巻き。

そして、ココで始まる大評定。
このまま〆にするか、それとも…焼き肉?しゃぶしゃぶ?

〆のメニューには、なんといっても魅力的な馬カ丼とか馬カチャーハンとか…。

Dsc07692

だって、ね。
もう、馬にしか見えないでしょうsmile

…やっぱ馬カよね~horse

大盛り上がりの末、ワタシたちの選択は焼き肉とごはん。
二人は普通の白ご飯だったが、ワタシはどうしても、これが食べたかったのだ。。。

Dsc07702

テールスープの焼きおにぎり。

そしてもう一人は桜茶漬け。
…を注文するも、何時まで経っても出てこない。。。

「あの~、桜茶漬けいいですかぁ~?」

「もう食べれんでしょう!」

「さっき注文してたんですけどぉ~。」

「すみません!聞き洩らしてました!」

Dsc07728

ということで、やっと出て来た桜茶漬け。

そして、店長さんから差し入れのよもぎ小豆アイスクリーム。

Dsc07744

満足でござった。

帰りにコンビニよって食べ過ぎのお薬を調達したことは、ナイショだcatface

| | Comments (16)

Friday, June 03, 2011

うまうま馬肉と見島牛を求めて

只今ふくの国へ移動中。
“ふく”とは河豚のコト。
河豚のことをふくの国では“ふく”と呼ぶのだ。

2011060316340000_2

ふくの国へは海を渡って新幹線というのに乗って行く。

2011060319080000

晩ごはんは時間の都合でおにぎり二個。
炭水化物的にはしっかりでも、油分は控え目なので、明日からの飽食生活を思うとイイことかも…。

……お昼がパルミジャーノ・レッジャーノたっぷりのキノコリゾットだったコトを無かったコトにして、これからホテルへ向かう道すがらのコンビニで、ハーゲンのまだ食べてない新作を買ってみたりしなければ…。

まぁ、ハーゲンについては真相はワタシのみ知るcatfaceということで。

| | Comments (2)

昇華?消化?「曼荼羅の響」に導かれてうどんの国へ

「御詠歌聞きにいかん?」

いかんせん、御詠歌って、全くなじみが無いわけぢゃないのよね。
そのムカシ、おばーさまに教えてもらったコトがあるのだ、キミョーチョーライヘンジョソン。

ということで、お隣のうどんの国へ御詠歌を聞きに旅立つことと相成った花園御一行様。

うどんの国に入るや否や、豊浜SAで早速買い食い。

2011053112210001

がんこおじさんはどってコトなかったが、うしおじさんは…ナンぢゃこの激うまヨーグルトドリンクhappy02

和三盆プリンは「ちょっと甘い目だけど美味しいよ」くらいのプリンだが、ヨーグルトドリンクは甘さ控え目まったり美味しいhappy02

このうしおじさん、正体は大山牧場http://www.ushiojisan.com/というところの牛飼いのおじさんのことらしい。
これは、帰りにうしおじさんの牛乳も買ってみなくっちゃ!

そう決意して、次の目的地は玉藻うどんhttp://www.tamamo-udon.com/

うどんの国の数あるうどん屋さんの中から、何故にこの玉藻うどんが選ばれたのか?
そのヒミツは、場所にあった。

だって、御詠歌会場の県民ホールに一番近かったんだもんsign01

いや、モチロン、ネットの海を彷徨っていろいろな口コミを見たうえでココに決定したのだが。

Dsc07406

口コミ通り、うっかりすると見落としてしまいそうな外観。
コワいうどん職人が難しい顔して待ち受けてたらどうしよう…と、ドキドキしながらお店に入る。

店内壁に貼られたメニューをさっと見渡し、テーブルにおかれたメニューもさっと眺める。
カウンターだけの店内、注文を今は遅しと待ちうけるかのような視線が注がれている気がして、ドキドキ。

口コミにあった穴子天ぷらが、ない。。。

ちょ~悲しい…。
悲しいけど、ココは天ぷらが美味しいらしい。
でも、うどんの上にのっけてしまうと、うどんの味が濁るから、やだ。

ということで、天ぷら盛り合わせ400円とぶっかけ小330円を注文。

ぶっかけの登場で、がっくし…。
油の味でうどんの味が濁らないようにと、わざわざ天ぷらは単品にしたのに…。

Dsc07404

うどんの上に天かすがのっとるやんけ~annoy

ちょっとショックを隠せなかったワタシ…。

そして、その後入って来たオバサンと天ぷら係のおいさんとの会話。

「ここは穴子の天ぷらが有名なんでしょ! 今日はないの?」
「ありますよ! 揚げましょうか?」

ガビョーンsign01

オバサンになって厚かましく聞けなかった我が身が恨めしい…。
仕方無いわよね、ナンたってまだ18歳のコムムメなんだもん…weep

いや、決して店員さんが悪いわけではないのだ。
茹でつゆ係のおねぇさんも、うどん打ち係のおにぃさんも、天ぷら係のおいさんも、みんなやさしそうなイイ人たちなのだ。
ワタシがつい、ウチ気になってしまったというか、あまりに一生懸命お仕事していたのでつい言い出せんかったと言うか…coldsweats01

多少?のアクシデントはあったものの、美味しくお昼ご飯を済ませ、玉藻うどんから車で1分の玉藻町駐車場へ移動。

しかし、高松というトコロは駐車代が高い!
100円で25分しか置かせてくれない!
高松空港より先にジェット機が乗り入れた松山空港のある松山だって、30分100円が一般的だっていうのに…。
ぶぅpout

そして、今回のメインイベント、高野山金剛流合唱団の「曼荼羅の響」を鑑賞。

いや~、舞台の上に80人からおボーさんが並ぶと壮観だわ~。
それだけぢゃない。
おボーさん界の“ヨンさま”と、同じくおボーさん界の“キム・タクぢゃなくってキムタク”が繰り広げるコントが、滑り加減も含めて抱腹絶倒の面白さ!
おボーさんも踊ればなんちゃってタカラジェンヌも踊るのだ。

後ろのおばちゃん達が飲食禁止のホール内でいきなりアメちゃんを配り始めた時には仰天したが、舞台で繰り広げられるパフォーマンスに、アイドル歌手のコンサートよろしくご唱和されちゃったりしたのも御愛嬌?というカンジだったが、なかなかお目にかかれんモノを見していただきましたsmile

公園が終わって次の目的地は唐芋きん!コトかねすえhttp://www.kanesue.net/

Dsc07407

駐車場があるという本店の方へ行ったのだが、途中商店街のあまりの寂れようにビックリ…。
ちょっと、しんみり…。

しかし、唐芋きんは噂に違わぬ芋芋しい美味しさだった。

Dsc07487

満願堂の芋きんよりも甘さ控えめでほっこりしているカンジ。

そのままだと一両日中にお召し上がりください、だが、真空パックしてもらうと7日間は日持ちがするというので、そこに置いてある箱入りの唐芋きんをその場で真空パックしてもらう。

Dsc07528

ハナっから真空パックしてあるものを買うよりも、ナンとなくうれしいcatface

しかし、このかねすえで最も感銘を受けたのは、コレsign03

Dsc07569

特大スゥイートポティトォ、その名もひとりじめ380円lovely

食べて納得、確かに大きいが、それでも一個丸ごと一人で食べてしまいたいsign01
そんな衝動に駆られる名菓good

嬉し楽しでお買物を済ませ、次なる目的地は琴平温泉紅梅亭

Dsc07412

じゃらんnetで貯まりに貯まったポイントを使って露天風呂付きのお部屋でまったりcatface

そして、ナンでもエラい賞を獲得したらしい料理長によるお料理は…。

Dsc07436

「こんなイサキ、ゼッタイ刺身にはせんぞえ~!」

磯魚の姿作り付きお造り盛り合わせは、何故か不評だった。。。
いや、つい、後からやって来た鍋料理に放り込んで軽~く火を通して食べたりしてしまったワタシだったりもしたが、アレだ。
ナニがダメって、わさびが生わさびおろしたてぢゃないってところで、もう終わっている気がする。

そのムカシ、100年くらい前に琴参閣に泊まった時のことは最早忘却の彼方なのでなんともアレだが、前回の琴平花壇といい、今回の紅梅亭といい、こんぴら温泉はお刺身は良ろしくない気がする。
きっと、あんまし力を入れなくていいお料理なのね…。

しかし、うどんは違った。

Dsc07468

坂出は日の出製麺所の特別誂えというこのうどん。
生醤油・ぶっかけ・湯ダメと選べたのでぶっかけにしたのだが、薬味等取り敢えず全部のっけてお出汁をかけてお写真したのだが、お昼にも「うどんの国のうどんはやっぱり美味しいね。」とか言いながら食べたはずだったにも拘らず、思わずお箸を握る手に力が入ってしまう美味しさ。

さすがはうどんの国。。。

朝食にももちろん、うどんが付いている。
今回はチョイスなしの湯ダメ。

Dsc07501

「冷たい方が美味しいのは、蕎麦もうどんも一緒やね。」

うどんの国で、うどんの真実を極めた気になる花園御一行様…coldsweats01

うどんに対する蘊蓄を深めての帰途、ナニがナンでも寄らねばならないところがある!
それは、高松自動車道豊崎SA。

うしおじさんの牛乳を買うのだcatface

そう思って意気揚々と滑り込んだ豊崎SAに置いてあった牛乳は、らくれん夕しぼりだった…shock
すんごい楽しみにしてたのに…。

仕方が無いので、またうしおじさんのヨーグルトドリンクを買って自分を慰める。

次回は大山牧場へダイレクトに牛乳を買いに行くことを考えよう。。。
通販もしてくれるらしいが、そに行ったら牛乳と砂糖だけで出来ているソフトクリームというのがあるらしい…。

というコトで、うしおじさんに会いに行こう!ツアー、参加者募集中デスcatface

こうして、今回のうどんの国ツアーは次回への展望も開けて無事終了。
お疲れさまでした。

| | Comments (2)

« May 2011 | Main | July 2011 »