« April 2011 | Main | June 2011 »

May 2011

Sunday, May 29, 2011

不機嫌な日曜日、来週は晴れる…かな?

台風の通過でせっかくの日曜日をお家で過ごすことになった皆さま、いかがお過ごしですか?

この台風で、花園ではブルーベリーの大木がひっくり返ってしまいました。

Dsc07365

お幸ちゃまのお座敷も床下浸水です。

Dsc07383

一連の雨のせいで、お幸ちゃまはお散歩にも行けず、御機嫌もナナメに下がり放題でございます。。。

梅雨入りしてしまいましたが、来週はお出かけ満載。
火曜日には、高野山金剛流合唱団というお坊さんのアカペラグループによる、「曼荼羅の響」というコンサートを聞きに、うどんの国へ行きます。
「日本に伝わるヒーリングミュージック」だそうです。

うどんの国では天麩羅が有名なうどん屋さんで、天麩羅&うどんを食べて来ようと思いますcatface
あと、唐芋きんも必食catface

金曜日からは、海を渡って出稼ぎです。
今回の出稼ぎでは、楽しみにいていることがあります。
日本固有種である見島牛のハンバーグを食べに行くのですcatface
ただ、入荷が少ないということで時に食べられないこともあるとか…。

他にもお食事会企画中catface
こんな時期ですが、馬刺しに興味がある方はぜひご一報くださいsmile

| | Comments (4)

Saturday, May 28, 2011

アンコが無ければヨーカンを…

花園では、毎月27日にお餅をつくのが慣わしだったりする。
ちっちゃな重ね餅を10組作るのだが、ココで活躍するのがホームベーカリー。

で、今日も恒例のお餅をついたのだが、丸めた加減かちょろんとお餅が余ってしまった。
あたかも狙ったかのように、ちょっとお水多い目で大福にぴったりの柔らかさにつきあがったそのお餅を見て一言。

餡餅にして食べたいね。。。

しかし、アンコなんぞというモノはそうおいそれと常備されていたりしない。
さて、どうしたものか…。

と考える間もなく、とらやのミニ羊羹があるよ!

東京のお土産にいただいたのだが、最近ちょっと思うトコロがあって、戸棚の奥深くに封印してあったのだが、そにもかくにも、それがあったのだ。

いや~、流石にとらやのアンコは美味しいねぇcatface

皆さまも、アンコがなければヨーカンで代用なさってみてください。
これ、けっこうイケますわよsmile

| | Comments (2)

Thursday, May 26, 2011

単焦点レンズ(DT 35mm F1.8 SAM)SAL35F18

SONYをちっとも信用していないくせに、カメラだけはやっぱりSONYを何故か使っているワタシ…。
そんなワタシに天の声が…。

「α55で幸太郎を撮るんだったら絶対に単焦点35mmよ!」

なんか、エラいステキに撮れるらしい。
しかし、レンズとしてはかなりおヤスめ。

どんなモンなんやろう…。

確か、SONYストアでも18000円くらいだったような気が…したのだ。
したのに、行ってみたらなんか値段が上がってる気がするのは…気のせい?
しかも、入荷未定で今買えないし…。

他のトコロだと、18000円代でオマケ付だったりするのだが、SONYストアの魅力は何と言っても3年間の長期保証付き。
水ぬれ・落下もOKなのだ。
カメラケースのフタが開いててレンズを放り投げた前科があるワタシ的には、ナンとも魅力的な補償内容…。

でも、今買えないのよね。。。

う~んう~ん・・・と悩んでいた時の事、いきなりそのレンズが25200円になってしまったshock

そうなったらムリ!
価格差7000円は長期保証付きでもアカンやろ!

ということで、別のお店で購入決定、ポチッと…。
で、あっという間にレンズが届いたのだが、アレだ。

25200円という値段の付いたレンズがジツは85mmだったことは…見なかったことにしてしまおう。。。
35mmは相変らず入荷未定であることだし…coldsweats01

ということで、ナンかカン違いで買ってしまった感のあるこのレンズ。
早速Don AlfonsoⅢにセットしてみる。

2011052614410000

誰も知らないかもしれないが、ジツはワタシのカメラにはみょ~にご立派な名前があるのだcatface
そして、ミノルタからの3代目一眼レフだからⅢ世。

2011052614390000

アホみたいに重いズームレンズは、α55の軽量化されたボディにはものごっついバランスが悪く、ナンだか前につんのめってるようなカンジになってしまったものだが、これはレンズもウソ!ってくらい軽い。
これなら旅行にも無理なく持って行けそうcatface

さっそくお幸ちゃまを撮影してみた。

Dsc07255

如何かしら。
雨ふりのアンニュイなニュアンス、伝わって来るかしら。

Dsc07251

今日はナンとなくスネくれた雰囲気のお幸ちゃま。
昨日、バイクにケンカウリウリでワタシがこっぴどくご意見申し上げたせい?
それとも雨降りさんだから?

どうやらお幸ちゃま、今日は今朝お召し上がりの豚スペアリブの骨がお腹にもたれていたらしく、あんまし御気分がすぐれなかったらしかったのだった…。

しかし、晩ご飯の時間になると何時ものように嬉しそうにご飯をお待ちでいらっしゃったので、「今日はちょっと絶食してみましょう!」と申し上げるにしのびず…。

明日はいつもの日本スピッツかポメラニアンかというくらいの、でも四国犬としてどうよ?ってなカンジのカワイイお写真を撮らせていただきたいものです、はい。

| | Comments (11)

Wednesday, May 25, 2011

お幸ちゃまとまぜまぜご飯と種蒔きしたこと。

良く晴れた朝だった。。。

Dsc07141

なので、ちょろんとシゴトをさぼって、お幸ちゃまとお写真を撮りに行った。

Dsc07211

朝からお出かけすると、お幸ちゃまは御機嫌さんでいらっしゃる。

Dsc07231

最近、ソウルでの食べ歩き計画を練っているせいか、ついついそれっぽいモノが食べたくなる。
お肉が無くても、卵が無くても、美味しいまぜまぜご飯になることに、最近気が付いてしまった。

Dsc07234

今日はジョウ菜なるものを塩炒めで入れてみた。
それと、裏庭におのれ生えで育った青しそ、これまた何処からともなく芽を出したガーデンレタスも入れてみた。

しかし…。
その裏庭にワタシが植えた1500円分くらいの花の種は、ちっとも育っていなかった…。

ちょっとイケてそうなコスモスも撒いておいたのだが、それはちゃんと芽が出ていたのだが、その後女王さまのご命令でその辺りの雑草と一緒にラウンドアップの餌食になってしまっていたのだ。

あう…weep


| | Comments (2)

Monday, May 23, 2011

黒豆ご飯に舌鼓、美味しい仏事のお弁当

このオショさん、ナニが言いたいんやろう…。

花園とは違う宗派のオショさんなので、お経の誦み方が聞きなれないのはあるコトよ。
でも、ね。
お経が終わった後にみんなの前で法事用の衣を脱いでたたみながら、震災に遭われた東北のお寺さんがどうとかいう話から入って、自分たちが中心になって募金活動を立ち上げたとか、托鉢で募金を募ったとか、どこそこで托鉢するのが一番良く集まるとか、どこそこだと人通りが少なすぎてお金が集まらないとか、ドコソコのショッピングモールだと許可が出ないとか広すぎてどうとか、義援金詐欺に気をつけましょうとか、なんかこう、故人を偲んで一周忌の法要に集まった親戚一同の前でする話としては、どうなん?というお話を延々と30分以上好き勝手にオチもなくしゃべり続けるオショさんのおかげで、ワタシたちみんな、お昼ご飯がお預け状態なん、わかってはる?

そんな文句も言いたくなるような、長い長い“待て!”の末、やっとたどり着いた本日のお料理。

2011052212560001

今日はきよみずの仏事用お弁当だったのだcatface
仏事用のお弁当だけに、仏事の時にしかいただけないものが入っている。

それが、この黒豆ご飯。

2011052213000002

日本全国おめでたい時にはお赤飯だが、おめでたくない時に黒豆ご飯は珍しい…のではないかしら?
現に、花園辺では仏事にもこの黒豆ご飯を焚く風習はない。

しかし、いったん黒豆を炮烙で炒った後に炊き上げたこのきよみずの黒豆ご飯、それはもう、お箸が止まらなくなる美味しさなのだ。

しかし、仏事の時の食べモノだけに、美味しいからと言ってさすがに毎日食べたい!というわけにもいかない。
しかも、ここいらでは食べる風習がないだけに、遠く離れた15万石の御城下にお呼ばれしないと食べられない。

ワタシ的には、まさに千歳一遇の黒豆ご飯なのだ。

その黒豆ご飯に添えられたおかずは、というと…。

2011052212590002

平目とイカの造り。

2011052213000000

鯛の南蛮漬けにカラスミ、牛肉の甘辛煮、鯛のフライ、蛸の柔らか煮、煮ても焼いても揚げてもうまい絹かわなすの揚げ煮びたし、車海老の唐揚げ、サーモンの塩焼き。

2011052213000001

貝柱ときゅうりの酢の物、粟麩。

どれをとっても食べなくていいモノが無いと言う、稀有な仏事用お弁当なのだ、これが。

ということで、全景。

2011052212590000

美味しい御法事でした。
あ、違ったcoldsweats01
良い御法事でした。

| | Comments (2)

Monday, May 16, 2011

お幸ちゃまのおデート、3度目にして進展が!?

今、花園で一番なまめかしいお話の主人公は、ナンと!あのお幸ちゃまでいらっしゃる。

Dsc07045

見よ!この疲れ切ったお顔。
昨日は自分の半分ほどの歳のワカいお嬢さんとおデートだったのだ。
まったく、隅に置けないお幸ちゃまsmile

で、アレだ。
お幸ちゃまは、そのスミレ嬢に会うために2時間近い道のりを車に揺られ、途中休憩所でミニチュアダックス犬のオトモダチにおもいっきり吠えつかれcoldsweats01、生れて初めて関所のあるお道を通って、御機嫌さんでお出かけした先は、かなり穴場的な鞍瀬渓谷というトコロ。

Dsc06963

渓流釣りを楽しむヒトがアマゴをねらってやってくる、そんなトコロらしい。
モチロン、お幸ちゃまだってその清らかな流れが目に入るや否や、準備運動もなしに水の中に飛び込んで、気分はすっかりヒグマの鮭狩り?

いや、そうではなくって、アレのハズだ。

Dsc07003

若葉が眩しい季節はコイビトたちも眩しい季節。

Dsc07000

弾けとるのう~catface

しかし、ナンというか、コイビトたちの語らいと言うよりは、むしろ本気でプロレスごっこしてるようにしか見えなかったのは、ワタシだけではないかも…coldsweats01
いや、それだけ親密になったということなのかもしれない。
うん、そうだ、そういうことにしておこうcoldsweats01

Dsc06983

なんといってもお幸ちゃまご本犬は、御覧の通りの弾けるような笑顔。
プロレスごっこもヒグマごっこも、いたくご満悦であられたご様子…。

ワタシ的には、スミレ嬢の御両親にちょびっと慣れて来てくださっているのが、なんとなく嬉しい。

…あとは、スミレ嬢にお幸ちゃまのキュートな魅力が何時か伝わることを祈るばかり…shine


で、本日のお幸ちゃま。
子供が遊び過ぎて翌日熱出すみたいなもの?
朝からず~っとお休みモード。
起きて来るのはおやつの時とお散歩のときだけ…。

ちょっとうらやましいぞ、お幸ちゃま的生活…coldsweats01

| | Comments (8)

Friday, May 13, 2011

ワタシ的世界初!こんなん、みました。。。

今まで行った国…イタリア・ドイツ・オーストリア・スペイン・フランス・台湾・香港・韓国・オランダ・ベルギー。
その、何処でも見たことなかったわよ、そんなヒト。

なんと…。

氷をいっぱいに入れたグラスにビールを注いで飲むなんてsign03

それって、ワタシがまだ18歳だから、未成年なもんでビールの飲み方を知らないだけ?
ホントはビールって、氷いれて飲むもの?
中国のヒトにとってはビールは冷えてないのが当たり前、という話を聞いて、“ええっ~coldsweats01”と思うのと同じように、氷も入れずにビールを飲むなんて…というワタシの知らない世界がジツはあるとか?

| | Comments (4)

アレは何屋? 兎屋! で?

その昔、天神さまの門前町、山陽道の宿場として栄えた面影を残す宮市に、ナニやらお店が出来たと聞いて久しく経った。

ちょっと気になっていたので、教えてくれた友人に突然メールを入れて呼び出し成功catface

Dsc06494

なんとなく、千と千尋の神隠し的外観。

Dsc06464

なんとも摩訶不思議な内装。

で、ナニ屋さんかというというと、あれだ。

Dsc06465

蕎麦屋さん。

この、箸袋がなんとも可愛らしく思わず歓声を上げてしまった。
箸袋に感動したのは初めてだ。

しかし、蕎麦屋さんなのだから、箸袋で喜んでいちゃ~いけない。

ということで、鴨せいろ。

Dsc06485

気が利いているのは、普通の麺つゆが付いていること。
それと、生卵が付いてきた鴨せいろは初めてだわ。。。

まず、蕎麦を一口。
香りの強い蕎麦。
しかし、打ってからちょっと時間が経っていたのか、ちと柔らかめ。

つゆはかなりしっかり味。
なので、蕎麦の先っぽをほんのちょっこしつけるだけという、粋な江戸っ子風食べ方に自然となる。

が、そのしっかりのつゆでやらかくなるまで煮込みましたか…coldsweats01という風情の鴨汁は、辛くてちょっと、いただけない。

この場合のいただけないは、イマイチではなくあからさまに食べられないだったりする。
モモ肉とおぼしき肉も、しっかり味がしみ込んで、ええもう、血圧一気に180まで上昇しそう。

悪くは無いけど、ちょっとワタシのお好み系からは外れるかしら?という気がしないでもないが、ちょっとお蕎麦が食べたくなったし、この辺でどっかなかったっけ?という時には十分役に立つお蕎麦屋さん。

とかいいつつ、蕎麦の香りが強いところだけはとってもワタシ好みなので、そのうちまた行きたくなるかも?

| | Comments (0)

Wednesday, May 11, 2011

サムソナイトでGo !

サムソナイトでGo<br />
 !
諸般の都合により、新しいコロコロを買った。
今日がその初使い。

……今日は、旅行にはイイ日だっけ?

そんなことが気にならないこともないが、使って見たかったんだもん。

行き先は…いつもの海を越えて行く出稼ぎ?先。

ということで、そちら方面の皆さま、時間が出来たらメールしますので、その節はどうぞよろしくお願いします!

で、ちょっと使ってみての感想。

なんぢゃこりゃ〜!

足回りがオソロシくスムーズ!
これなら、凱旋門に続くあの坂道だってスイスイよきっと(^o^)v
石畳はやっぱりちょっとしんどいかもしれないけど、アスファルトだったらほとんど負荷を感じずに平行移動出来るカンジ。

いや〜、こういうのは値段だけでえらんぢゃいけないんですね。

でも、ちょっと小さいから容量的には三泊四日の香港旅行程度。

そして、この辺りのブランド品安売りショップで買ったので、なんちゃってサムソナイトなんぢゃ〜なかろうかと、ちょっぴり不安がないわけではない…。

| | Comments (6)

Monday, May 09, 2011

日本語吹き替え版でみる韓国ドラマ

毎週日曜日は、トンイとイ・サンの日。

けど、イ・サンは見ない。
何故って、主人公の顔が悪寒を催すレベルでワタシのお好みではない。
臣下の前ではエラそうにふるまうのに、おじーちゃんの王さまの前では伏せ目がちで言いたいことも言いきらん煮え切らなさがイヤ。

それに比べると、トンイの王さま(イ・サンのおじーちゃんのおとーさん)は、なんかこう、親しみがわくのよね~。
側室にイイようにされて、家庭問題が政治問題で、民をいたわる慈悲深い理想に燃えた王さまなんだけど、臣下の悪逆非道な振る舞いにいつも翻弄されているのだ、この王さま。
そんで、しょっちゅう困った顔をしている。
その顔が、お幸ちゃまの困ったお顔に似ているのだ…。

Dsc05753

えっ?ナンかおっしゃいました?

ともかく、とても朝鮮王朝史上最も王の権威が強い時代を築いた英邁で剛腕な王さまには見えないんだな、ムカシ閔政浩サマだったこの王さま。。。

4

しかし、日本語吹き替え版で見ていると、全ての役者がものすんごいダイコンに見えてしまう。
揃いも揃ってみんな恐ろしいくらいのわざとらしさ。
とても続きをみようかという気になれないほど。

どうして日本の声優さんって、あんなわざとらし~いくっさいしゃべりをするのかしら…。

そんな思いに悶々としつつ見る吹き替え版。

いや、だから、官名とか役所名とか、カタカナじゃなくって漢字で表記するようにしようよ。
テビま~まだって、テビさまとか中途半端なことせんと、太妃様でいいぢゃん。
ついでにいえば、ちゅ~な~は王さまぢゃなくって“殿下”でいんぢゃない?
てか、太妃をわざわざ“テビ”と言うのに、どうして王さまはおうさまなの?
その法則だったら“ワンさま”ぢゃ~ありませんこと?


| | Comments (5)

進化する花園式まぜまぜご飯

日本でも、ユッケと並んで焼き肉屋さんの定番メニューとなって久しいまぜまぜご飯。
ここいらだと、何処で食べてもあまり変わり映えのしない具が載って来て、あまり変わり映えのしない味。

しかし本場では、もっと大胆にまぜまぜご飯が楽しまれている気がする…。

ということで、本日のまぜまぜご飯。

Dsc06457

セリの白和え、ナス・キュウリ・しいたけ・ほうれん草のナムルに、小松菜・水菜・チシャにガーリックチャイブを合せた生野菜ミックスをたっぷりと添えて。
和えるのは、太白ごま油で牛ひき肉と玉ねぎ・しいたけを炒め、2種類の味噌にコチュジャン、酒・砂糖・醤油で味を調え、仕上げににんにくを加えた、花園特製ミソ。

Dsc06460

お野菜たっぷり、なんてヘルシーなまぜまぜご飯。
これと塩・胡椒してニンニクをすり込みグリルで焼いた牛肉を一緒に食べたら、そりゃ~美味しかったさcatface

いや~、まぜまぜご飯の世界は奥が深い…smile

| | Comments (2)

Saturday, May 07, 2011

キャラメルバナナケーキは悪魔のように囁く…。

いただきモノのバナナがいっぱいあったのだ。
先日、パイナップルケーキを焼いた時に使った生クリームもあったのだ。
ホントウに、お台所にある材料だけで出来てしまったのだ。
この、マガマガしいモノが…。

Dsc06445

なんという悪魔的な色艶。
型の底にキャラメルを流し込み、その上に縦に切ったバナナを並べてクルミをふる。

Dsc06434

この上にバターケーキの生地を流して焼くのだが、その生地と生地の間にコレをはさむのだ。

Dsc06435

キャラメリゼしたバナナ、ちょっとラム酒で風味付けしてある。

これもパイナップルケーキ同様小嶋ルミさんのレシピ本参照なのだが、オリジナルはラム酒は使わない。
しかし、ワタシはバナナに使うのと、あと焼きあがった時に、表面に刷毛でたっぷりたっぷりもうびっちゃんこになるくらいにラム酒を塗っておく。
こうすると、ちょっと大人風味のバナナケーキになるのだcatface

Dsc06439

ラム酒を塗ってひっくり返して型から出したところ。

この、キャラメルバナナケーキの“早くお食べ~”光線を浴びて、いったいどれだけのヒトが、「夜9時以降はおやつなんて食べませんsign01」と言い切れるだろうか。
食べたらどうなるか分かっているにも拘らず、つい、コーヒーまで淹れてしまった心弱いワタシを何人のヒトが笑えよう?

ということで、キャラメルバナナケーキ。
やっぱり悪魔的な美味しさ…。

| | Comments (6)

Friday, May 06, 2011

続・判決、シケー!

一夜明けると、アヤメ畑が急ににぎやかになっていた。

Dsc06384

ん?
もしかして、また、ナンかいる?

Dsc06391

穴あけとるやないけ~sign01sign01sign01annoy

ん?

Dsc06393

一つ喰うてしもとるやんけ~sign01sign01sign01annoy

許せん!
誰がナンと言おうと、ココでは無抵抗の蕾を無残にも喰い散らすような輩は、正義の名の下に誅罰が下るのだ!

Dsc06414

うふっheart01ちゃうやろsign01sign01sign01annoy

| | Comments (5)

Wednesday, May 04, 2011

伊予っこ豚のメープルシロップ煮

Dsc06379

思わず、メープルシロップが主役?と思ってしまうくらいに、メープルシロップが効いてしまったcoldsweats01
酒と八角で茹でた豚を適当な大きさに切って、ネギ・生姜と一緒に酒・醤油・味噌・メープルシロップ・お出汁で煮込む。
適当なトコロで筍も入れてしっかり味をしみ込ませ、煮汁をカタクリでとめて木の芽をたっぷりと。

これ、結構いけます。

添えるサラダは花園菜園なんでもサラダ。

Dsc06382

ポン酢に太白胡麻油、イロイロコショーミックスで作ったドレッシングで和えてます。
ニラのように見えるのは、ニラに非ず。
ガーリック・シブレットというものだそうデス。

でも、はっきり言って、ニラとおんなじ外見、おんなじ味デス。

そして、昨日の記事の続報。

ジミーちゃん、上海でシューマッハと対談したんだって。
でも、世界中のGQのHP覗いてみたんだけど、何処の国発行の雑誌なんだか、結局分からないママだった…weep

対談は、英語で行われたらしい。

英語分かるんだ…知らんかったcoldsweats01

U1345p28t3d3297833f328dt201

ミヒャエル、やっぱり顔ちっちゃい。
長いけど…bomb

| | Comments (4)

判決。シケー!

花園の五月はなかなかににぎやか。

Dsc06358

芍薬やら卯の花やらが花盛り。

Dsc06351

ワタシが植えたあやめも咲き始めた。

Dsc06344

ん?
なんぢゃこりゃ~sign01sign01sign01

Dsc06347

即刻シケー判決確定。
もう、頭紫に染めて花喰いやがって…annoy


| | Comments (6)

Tuesday, May 03, 2011

ちうごくからの便り

これは、ナンの雑誌ぢゃろう…。

5fe0e4fbjw1dgu0ofss24j_2

ジミーちゃん、おもいっきり力入っちゃって…coldsweats01
しかし、こうしてみると、シューマッハって、お顔長いけどちっちゃいのね~bomb

ところで、このところ連日ちうごくからあんましうれしくない季節の便りが届いている。
全てが白くかすんでしまって、せっかくの若葉の頃だというのに、キラキラしたトコロが全然ない。

例年なら、まったくもうsign01poutと、腹の一つも立てるところなのだが、この間から災害臨時便大増発でウチのダダ漏れの放射性物質が世界の皆さまにもお届けされていることを思うと、文句を言う気も起らない。

というか、言えないし…weep

そんな中、ジミーちゃんクラブで知り合って、時々MSNでチャットなぞしていたちうごくのお嬢さんから久しぶりにメッセージが届く。
尖閣問題以来はじめてかもしれん。

「そこへんは放射能大丈夫なん?」
「ここいらは大丈夫!」

そうだよね。
今どき外国から日本に向けて発信されるメッセージの98パーセントくらい、始まりは放射能だよね、きっと…down

しかし、アレだ。
国と国とがギクシャクしたせいで、ワタシ的にはなんとなく疎遠になっていた関係だったが、それでも気にかけてもらってることが分かると、やっぱりそこはかとなく嬉しいよね。

| | Comments (11)

Sunday, May 01, 2011

パイナップルで痩せる?でもパイナップルケーキになると…。

生のパイナップルには、パパイン酵素とおんなじような働きをする酵素が豊富に含まれていて、痩せるらしい。

…って、聞いたことなかったっけ?

しかし、こんなになってしまったパイナップルでは、とても痩身効果は期待できまい。。。

Dsc06316

いや、あれだ。
カルピス発酵バター400gを小分けにしておこうと思ったのだ。
で、約半分は冷凍庫に戻したのだが、その片割れの約半分が、いつの間にか忘れ去られて、いつの間にか常温でポマード状になってしまっていたのだ。

こうなってしまっては、最早諦めてバターケーキを焼くしかあるまい…catface

ということで、完成したのがこのパイナップルケーキ。
参考にしたのはこのレシピ本。

Dsc06323

もう随分と前に出た本なのだが、シンプルに焼きっぱなしのケーキ類が美味しそうで、けっこうお気に入りの一冊。
レシピ通りだとパイナップルケーキにクルミは入らないのだが、あったもんでつい、入れてしまったcoldsweats01

一日置いて明日くらいから2~3日後が食べごろのハズ。
うふheart01

| | Comments (4)

« April 2011 | Main | June 2011 »