« March 2011 | Main | May 2011 »

April 2011

Friday, April 29, 2011

犯人を探せ!~ひまわり?編~

Dsc06293

タイムが咲いたら思い出す歌がある。

ぱぁ~っすり せ~じ ろぉずまぁり~ えん たぁ~いむnote

改めて数えてみたら、花園にはパセリもセージもローズマリーも揃っていたりする。
ムカシから、アレだ。
花園はここいらにあるくせに、何故かヨーロピアンな生活だったりする。
なんたって、アレだ。
朝ご飯は、ムカシから基本コンチネンタル。
パンとミルクティーだったりした。
そう、パンと紅茶だけ、だったのだ。。。

そして、パンが無い時にはケーキを食べたりしていた。
物ごころついてさらに随分経ってから知ったのだが、朝食にケーキを食べるおウチは、そんなに沢山あるわけではないらしい・・・。

そんなことを思い出しながら、1週間と3日前に種まきしたひまわりを見に行く。
確か、この辺りに飢えたハズ…。

Dsc06314

えっと…。
もしかして、あなたはひまわりさんですか?

ええっ~っsign01

どうしてそんなスガタに…crying

| | Comments (8)

新ごぼうで柳川風おどんぶり

今年は雨が少なかったせいで、あまり育ちが良くないらしいが、やっぱり美味しいここいら産の新ごぼう。
豚ちゃんで柳川風におどんぶりにしていただきます!

Dsc06309

ホントウはかき揚げにもしたいところだが、美味しすぎて食べすぎるのが…コワいpigpigpig

| | Comments (0)

Friday, April 22, 2011

花盛りの花園で少女マンガのようなスナップ写真を狙ってみよう!

花園は今、花盛り。

Dsc06094

Dsc06095

Dsc06107

Dsc06133

Dsc06112

おっきなものからちっちゃなものまで、結構キレイに咲いている。

これだけ花があったなら、咲き乱れる花を背負った少女マンガの主人公のようなお幸ちゃまのお写真が撮れるはず!

…と思って、お幸ちゃまにお花畑にオスワリして下さるようにお願いするのだが…。

Dsc06143

頑として言うことを聞いて下さらない。。。weep

やっぱり、あれかしら。
お幸ちゃまのくせに、少女マンガは女の子チックだからイヤだとか、恥ずかしいとか、そんなことを思っているのかしら。

しかし、それでも、どうにかこうにか座っていただいて、なんとかお写真を開始…。

Dsc06139

「おかわいらしゅうございますよ~!
は~い、にっこりでございますぅ~!」

なだめてすかして、構図を決めようと2枚ほど試し撮りした段階で、お幸ちゃまカンニンブクロの尾が切れる…bearing

もう、こんなに花盛りなのに…と思って花盛りの花園を見渡すと…。

Dsc06103

下品なホドショッキングピンクの万作の向うに、恐ろしいモノを発見!!!

なんと、ワタシが五年ほど前に、命懸けで石垣をよじ登って植えた合歓木があり得ん姿にannoy

幹も大分太くなって、今年こそは花が咲くかと楽しみにしていたのに…crying

「庭が陰になるから、切ってもろうたぞぇ。」

イケシャーシャーとそうのたまった女王さまに、ワタシが“この恨み、晴らさでおくものか…bombと思ったとしても、大方の理解は得られるのではなかろうか…weep

| | Comments (3)

ナニかがおかしい。

ここいらで、一月前にはあまりお目にかかることのなかった産地の野菜類が増えて来た。
しかもそれが、みょ~に安い。

なんでこんなに安いの?

“なんで”と考えたところで、答えは決まっている。
悪いのは、原発から漏れた放射能だ。

そのせいで、通常の流通圏では売れなくなった野菜たちが、こ~んな遠くまで運ばれて来て、タダみたいな値段で店頭に並ぶのだ。

はっきり言って、ドコの野菜だか分かったモノではない。
こういう時に、産地を誤魔化して本来売っちゃならんものまで売るかも知れないというどこかしら心底信用できない業者も、この国にはいるのだ。

でも、それならもっと高い値段で売ってあげなさいよ!

あ、こういうのはちょっとヘン?

でも、安いと思ってみたら関東辺でとれた野菜なのだ。
わざわざこんなところまで持って来て、しかも安い値段でたたき売ったりしたら、それこそ“だからこんなに安いんだ~”ってコトになって、生産者にはお金が入らないし、あらぬ風評は立つし、流通への信用も損ねるし、良いことないぢゃん!

と、思うのだ。

こういう時だからこそ、被災地の野菜でもなんでも、安全基準に問題ないものなら、きちんと産地を明記して義援金込みの値段で少々高く売っってあげようよ。

といっても、福島からの転入生の両隣を空席にするような、そんな対応を取る教諭が実際に存在してしまうようなこの国では、難しいことなのかしら。。。

でも、それぢゃダメなんぢゃないん?

そんな中、ここいらの原発周辺で年4回実施している環境放射線モニタリング調査の結果、ホンダワラという海藻1キロから放射性ヨウ素131が0.95ベクレル検出された、というニュースがあった。

福島第1原発から飛んできたモノが落ちて海藻に付着したものと考えられるらしい。
規制値の約2000分の1だから、人体には影響ないんだって。

若し、3月11日以前にこの数値が検出されていたら、えらい騒ぎになっていたに違いない。
なのに、この冷めた反応は、ナニ?

一方では無知蒙昧な差別的行為が横行し、一方では放射性物質の漏えいに対する管理意識がどんどん低下して行く…。
今だったら原発から微量の放射性物質が漏れだしたとしても、全て福島第1原発のせい、ということで隠蔽されてしまいそうで、なんかコワい。

この国が、どんどんおかしくなっていっている気がするのはワタシだけではないはず。。。

| | Comments (4)

Wednesday, April 20, 2011

スペアリブをみかんジュースで煮込んでみよう!

Dsc06129

おマチのお星さまが付いてる中華屋さんで、スペアリブをオレンジと蜂蜜で煮込んだ料理が出て来たのを思い出したので、冷蔵庫の中にあったみかんジュースで煮込んでみた。

基本、なんちゃって中華のはずなので、スペアリブはさっと焼いてから生姜・ネギを入れてそこへオレンジジュース・ワインビネガー・酒を投入してコトコト煮込み、途中お肉をとり出して、スープはあら熱を取ってから冷凍庫へ。

えっへん、そこでしばらく置くと、脂が固まるんだな、これが。
その脂を濾してからもいっぺん煮込んだら、ヘルシーなんだなこれがcatface

メープルシロップとお醤油で味を調え、仕上げにソースを片栗粉でちょっと留めて、結構簡単に完成。

これ、中華の枠でなくてもいいかも…。

| | Comments (2)

Sunday, April 17, 2011

ホントの名前はショコラキャラメルシュー。

明日からお休みのショコラティエC
今日は手ぶらでは帰らないわよ!

そんな決意を胸に、スタバでコーヒーを買ってから11時前にお店の前へ!

「すいませ~ん、お願いしておいたチョコキャラメルシューくださ~い!」

Dsc06078

だって、また売り切れてたらサビシいでしょ?
だから、昨日のうちに電話して、“お取り置き”というリーサルウエポンを使ったのだ。

またしばらくこのシュークリームが食べられなくなるなんて…weep
ナミダをこらえて、またお店の前でかぶり付く、チョコキャラメルシュー。

この、ふわりと軽いシュー生地を堪能するには、やっぱり作って時間を置かずに食べなくっちゃcatface


ここいらでは、パティシエの仕事をするケーキ屋さんというのが極めて稀な存在だったりする。
その中で、ワタシのお気に入りだった3軒が、このショコラティエCcoeur coeur、そしてLe Coin des Amisだった。

うち、ショコラティエCは何時になるか分からないリニューアルのため休業。
coeur coeurはシェフパティシエだった小野寺さんがどっかにいっちゃのか、パティスリーからケーキ屋へ見るも無残な凋落ぶり…shock

しばらくは、Le Coin des Amisだけかぁ~think

ちょっぴりアンニュイなキブンになってしまった今日。。。

| | Comments (3)

Saturday, April 16, 2011

原発災害における健康で文化的な最低限度の避難生活保障要求

ささやかな震災復興支援活動。

2011041412220000

ここいらのラーメン屋さんりょう花で、この季節限定のイロイロ野菜入り塩あえ麺を注文すると、10円寄付出来るというので注文。

10円と云わず、100円くらい寄付してくれてもいいのに…。

お味は、ちよっと塩辛い。
自家製ラー油を好みで加えるのだが、こちらは玉ねぎの甘味のせいか辛みが少なく食べやすい。

で、ラーメンを食べながら考える。

自然災害は、仕方がない。
しかし、今後原子力災害で避難を余儀なくされるヒトの避難生活のあり方について、もっと議論されるべきぢゃない?
政治的圧力で反対運動を封殺し、安心安全しか言わなかった原子力発電所が事故を起こしたとして、ごっそりまとめて体育館に詰め込まれ、テレビもネットも不自由な環境に置かれてナニが起こっているのか知らされないまま不安のなかに日を送るなんて、まっぴらだわ。
取り敢えず避難してください!と言うんだったら、それなりの避難先を準備していただきたい。
そう、憲法で保障された健康で文化的な最低限度の生活が送れるだけの環境を準備していただきたい。
もしそうなった時に、如何に避難者に負担なく避難生活を送っていただくか、きちんと設計したうえで、住民の理解を得られるよう安全対策を説明していただきたい。
もちろん、電力会社だけでなく、原発建設を受け入れた地方自治体も県も国も、非難を余儀なくされる住民にもっと配慮を!
泊が必要な時には、ホテルくらい手配してよね!

そのくらいの覚悟で、原子力の安心安全を語ってほしい。

だってね。
福島ひどすぎよweep

| | Comments (2)

Tuesday, April 12, 2011

夢みたチョコキャラメルシュー

用事があったのでコマチまで行った。
いつもより一時間早い時間に出て、11時半にショコラティエCへ。
狙いはモチロン、チョコキャラメルシュー。
ラデュレもエルメも卒業した、メゾン・デュ・ショコラも「イマイチ」で終わらせたワタシをして、毎日でも食べていい気にさせる、侮れないシュークリーム。
しかも、250円という恐るべき値段catface

…なのに。

本日は完売しました。

この無情な立て札は、ナニ?

他のケーキも悪くはないけど、ワタシが食べたかったのはチョコキャラメルシュー…。

夢みたチョコキャラメルしゅー

お休みに入る4月18日まで、あと5日。

| | Comments (3)

Monday, April 11, 2011

동이・同伊・トンイ~やっぱり漢字文化圏~

今日からNHKで放送が始まったトンイ
ジツは既に41話まで見てしまった。

オオカタ三分の二も見終えると、はってあった伏線がタイガイ読めてしまって、最後の大ドンデンガエシがどう来るかに期待は集中。

しかし、アレだ。
このドラマ、ジツは中国語字幕で見ている。
なので、いろいろと思うトコロがある。

一つは王さまの呼称について。

“ちょ~なぁ~”と言っているトコロに“殿下”と訳が出るのだが…。
“殿下”と書いて“ちぉ~なぁ~”?

『大王四神記』で高句麗の王さまは“ぺーはー”と呼ばれていたので、これは多分“陛下”のことだと思う。

でも、朝鮮王朝の王さまは尊称が殿下?
宗主国さまによって冊封された“王”だから?
それとも、中国語字幕だから中国目線で殿下?

御存知の方、教えていただけると大変うれしく思います。

で、中国語字幕で見ていてナニが便利かというと、まず人名が漢字。
なので、ワケの分からないカタカナが並ぶよりも、登場人物の名前を覚えやすいし、人物のイメージを造りやすい。

このお話の中でワタシが一番気になっているのは、この徐龍基というおじさん。

16727680_1269486513_899

カタカナで書くとソ・ヨンギだけど、漢字で書くと徐龍基。
ほら、ね。
漢字で名前をみただけで、なんとなんくオトコマエな登場人物だって分かるでしょhappy02

当然職名も漢字。

なので、そのヒトの身分や地位だって漢字を見ればタイガイわかる。
もちろん、職名とかは中国・日本と共通するところもあれば違うところもあるようだが、でも、タイガイ見たら想像がつくし。

地名だって漢字。
なので、カタカナ見るよりもイメージ的にすんなり理解出来る…ような気がするし。

とにかく、音だけしか想像出来ないカタカナよりも、カンジで伝わることってホントにたくさんある。
さすがは表意文字。

改めて、漢字文化圏ってスバラシイ!と思っている次第。

…その中国語訳がどの程度正確かは韓国語がからっきし分からないので不明というトコロが問題なのだが…coldsweats01


| | Comments (5)

Friday, April 08, 2011

大日本帝国臣民斯く戦えり?

Dsc05582

ここいらでも微量のヨウ素131が検出されたその日、お人形と一緒に遊んでいたのはこのワタシ。

でも、アレだ。
平時なら放射性物質を含まない水がちょろんと漏れただけで大騒ぎになる原発なのだ。
大本営発表みたいな“直ぐには効かないよん”という言葉を鵜呑みにしてじっと耐えている国民を見ていると、昔黙って戦場へ行き、黙って銃後を守った人たちを見ているような気がして来る。

60年経って近頃の若い者は…と言われ続けた世代が中年以上のお年頃になっても、この国の人はあんまし変わってないのね。。。

でも、あの頃のオトモダチったらドイチェくんとイタリーちゃんだけだったが、今はいっぱい。
でも、そのいっぱいのトモダチをごっそりなくしそうなこのところのエラい人たちのなさりように不安な人はワタシだけではないと思うのだが。。。

| | Comments (12)

夢見るチョコキャラメルシュー

キャラル味のクレーム・パティシエールにヴァニーユのツブツブが入っていたら完璧なのに…。

Dsc05385

そんなコト言っていいのは、300円以上払ってから。
250円というお値段で驚異のクォリティ―を発揮するこのシュークリームの前で許されるのは、ただうっとりと、そしてあんぐりと大口を開けて、そのふんわりシューとトロトロクレームパティエール、そしてしっかりチョコ風味の生クリームが混然一体となって押し寄せて来る官能的でさえあるおいしい~heart04の洪水を味わうことだけ。。。

しかし、夕方食べてはダメだ。
シューがクリームの水分を吸ってもったりなってしまう。
出来たての時間を狙って行って、その場でかぶり付くのが正しい食べ方smile
昨日食べても今日も食べたい、そんなシュークリームなのだ。

しかし、そのお店というのがちと問題。
基本ショコラティエなので、バレンタインシーズンにはケーキ類は売らない。
春ウラウラの季節になって、やっとこケーキを売り始めたかと思ったら、リニューアルのため4月18日から休業するという。
しかも、何時まで休業?と聞いてみたところ、これが未定だとdown

以前もあったよね、そんなコト…。

まったくもう、どうしてこうワタシをやきもきさせるのかしら、このショコラティエCは…。

またしばらくこのシュークリームを食べられなくなるかと思うと…夢に出て来そうな気がするシュークリーム。。。

| | Comments (0)

Tuesday, April 05, 2011

しあわせの黄色いピアスと黄色いパフェ

ちょっとおマチまで出てデパートをぶらぶら。
折しもイタリアフェアなるイベント開催中!
そこで目に止まったちょ~カワイいピアス。

にぢゅうきゅ~まんよんせんえん???

何回見直しても、2,940円でもなければ29,400円でもない。
いくら景気良くお金を使って経済を回そう!というご時世でも、さすがに294,000円は…よ~買い切らん。。。

可愛かったな、あの紅珊瑚とトルコ石のピアス…。

しかし、この7,350円のピアスもかなりカワイイcatface

Dsc05425

おねぇさんに勧められてつい買ってしまったのだが、大きいけどその割に軽くてオトナカワイイ。
お気に入りのピアスに巡り合えてご機嫌でイタリアフェアの仮設バールでエスプレッソを一杯ひっかける。

まっず~!!!

そのバリスタさんは、日本でもかなり有名そうな経歴が並べられていたその人らしかったが、雑味がいっぱいでお口直しが必要!

ということで、お口直しの黄色いパフェ。

Dsc05405_2

ヨーグルト・マンゴーアイスクリーム・ソフトクリームの上にてんこ盛りのフレッシュマンゴーで750円。
今店頭で売られているマンゴーがタイ産で840円なので、なかなか素敵なお値段な気がする。
やっぱり、果物屋さんのパフェはいいねぇ。

気が付けば…今日も日本の景気を支えるために大盤振る舞いしていたワタシ…。

| | Comments (2)

Monday, April 04, 2011

サクラ咲く花園山の山桜

Dsc05260_2

大きくなります

花園山は桜山。

Dsc05313

大きくなります

種類もソコソコありまする。

Dsc05343

大きくなります

なかでもこれが、一番好きな山桜にござります。

Dsc05274

大きくなります

しかし、撮るのはちと、かなり難しゅうて。。。

Dsc05370

大きくなります

お幸ちゃまの御機嫌を損ねない程度に切りあげないといけないというところも、なかなかに問題アリやもしれませぬ…。

| | Comments (8)

Sunday, April 03, 2011

オトナ味果物屋さんのイチゴフロート

Dsc05032

イチゴにちょっぴりお水を足して、ミキサーでがぁ~!と混ぜ、そこにソフトクリームを入れただけのイチゴフロート。
イチゴジュースにシロップさえ入っていない。

イチゴが酸っぱかったので、ソフトクリームと混ぜ混ぜしてもかな~り甘さ控えめ。
ホンモノ志向のオトナのスイーツ。

小さい頃からこんなん食べて育ったら、香料入りの紛いモノなんか食べられん体になるやろね…。

Dsc05039

次はパフェに挑戦してみなくっちゃ!

えっ?
どうしてこの日はパフェぢゃなかったのって?

だって、この後1時間もしたらご飯だったんですものcatface
詳しくはこちらからどうぞ→伊勢海老をタタキでいただく春の懐石

| | Comments (0)

Saturday, April 02, 2011

佐田岬半島で原子力のお勉強をし、しまいの寒鯖をねらう!の巻

四国最西端佐田岬半島のトン先を目指して旅に出た。

途中、四国電力の原子力発電所PR館ビジターズハウスに立ち寄り、原子力発電所のお勉強。

先ずはじめに、原子力発電所は5つの壁によって放射能を閉じ込めているため、放射能が漏れる心配はないことをお勉強。

水素爆発でそのいっちゃん外側の壁があっけなく吹っ飛ぶとか、分厚いコンクリートに亀裂が入って原子炉の水が漏れるとか、そういうことは想定されていないようだった。

次に、原子炉の模型・タービンの模型を見ながら発電の仕組みをお勉強。

そして、なんちゃって中央制御室で職員さんのオシゴトについてお勉強。
もちろん、地震対策についても説明がある。

原子炉の核燃料の中に制御棒が入って核分裂が止まり原子炉は停止します。
なんらかの理由で制御棒が挿入できなかった時にはホウ酸を投入して核分裂を止めます。
めでたしめでたし。

なんらかのトラブルで原子炉が冷温停止にならなかったら?

誰もが今一番聞きたいトコロはお勉強出来ず。。。

燃料プールゾーンでは、燃料棒のリサイクルについてお勉強。

まだ使える部分がいっぱい残ってる燃料棒だから、もいっぺん使ったらいいんぢゃない?
そりゃそうだ!

そんな答えが用意されていた。

お勉強を終えて、目指すは串の三崎漁師物語り

1

の立っている裏手の磯に降りてしばし磯遊び。

照り付ける太陽は既に半キラー光線。
じりじりと肌が焼けていく気が…。

そこで程良くエネルギーを消耗して、いざ!

2

“岬サバ”と書いて“ハナサバ”と呼ぶ、関サバと同じ豊予海峡の漁場で撮れたサバのこれはシメサバ。
サバはサバだが、このサバはちと違う。
塩サバはノルウェー産に限ると思っているワタシだが、刺身やシメサバにするんだったらここいらのサバだ。

このシメサバ1470円にご飯とハマグリのおみそ汁を付けて定食に。

3

ご飯が炊き立てだったらもっと美味しいのに…。

しかし、サバがそれを凌駕するカンジで満足のお昼ご飯。

そして、ここからさらにズンズン先へ進んで灯台のあるトン先まで行くつもりだったのだが、ナンと!道路工事中で通行止めとのコト。

仕方無く、三崎漁協ででっかいハマチ(ちっちゃいブリ)と太刀魚を買って帰ることに。

この漁協の前のタンクには、只今締めてます!状態のお魚がいっぱい入っていた。
なんというか…。
血の池地獄の中でお魚さんが最後のダンスを踊っていた。
あまりに残虐シーンすぎて、お写真は自主規制せざるを得ず。

しかしそれを見て、食欲が萎えるどころか“美味しいに違いない!”と確信してしまうトコロが、人間って罪深い生き物よね…。

その、締めたばかりのでっかいハマチ(ちっちゃいブリ)は、それはそれは美味しかった。
五本ほどある太刀魚も、お刺身にして良し塩焼きでも良し。

衝撃の価格はナ・イ・ショsmile
興味のある方は、おいでませ佐田岬catface

| | Comments (3)

« March 2011 | Main | May 2011 »