« November 2010 | Main | January 2011 »

December 2010

Tuesday, December 28, 2010

“男のブラック。”その意味は?

お昼も過ぎてるのに時間も無いので、国道端のラーメン屋さんへ駆け込んだ。
冬休み中の土曜日のせいか、オソロしいくらいの混み具合。

そこで見た、ワケの分からない季節限定メニュー!

12261

“男のブラック。”?
男はブラックなん?
なんか、食べたらお腹が真っ黒になりそうな…coldsweats01

男は腹グロ?

なんか、意味深なラーメンだワン・・・。

ということで、勿論食べて見たさ。
まわりでこれを注文してたのが全部女性だったのには、ちょっぴり笑ってしまったがsmile

お味は、アレだ。
ラー油をまぶしたにんにくたっぷりチャーシュー屑が辛みを醸す、黒いのは竹炭?なカンジのスープに、いつもの麺と具材が載っているカンジ。

「失敗した~!」

後ろで食べてる女の子の声。

まぁ、食べれんことはないけど、ワタシ的にも次は絶対にないわね。。。

しかし、ナンで“男のブラック”とかキャッチコピーにジェンダーをからめるかね…。
オンナのコは注文しちゃいけないのかしら、と、ドキドキしちゃったぢゃないbleah

| | Comments (4)

Saturday, December 25, 2010

ぺスカトーレ・クリスマス豪華版

なんでも、世間サマでは今日明日と誰かしらんのお誕生日を祝うイベントがあるらしい。
なんだかしらんが、目出たいらしいので、オゴチソウにしよう!

1224

ということで、本日のぺスカトーレ。
いつものイカ・アサリ・海老のほかに、牡蠣とサーモンまで入っている。

いや~、クリスマスですもんねnote

そういえば、クリスマスと言えば良く分かんないけど、自分で自分にプレゼントを贈る習慣があるらしい。
さて、ナンにしよっかな~catface

| | Comments (2)

Friday, December 24, 2010

サムジャンを買ってみた!

焼き肉屋さんへ行くと、チシャについて来るあのお味噌。
なんでもサムジャンというらしい。
ここいらの輸入食品屋さんで見つけたので、買ってみた!

12233

ソウルで買って帰ろうかしらん…とか思っていたのだが、こちらで280円程で買えるモノなら、ワザワザ重いのを持って帰ることもないな~。

っていうか、赤みそ使って作ってみてもいいかな~と思わせるものだった。

で、さっそく焼き焼きしたのは、というと…。

12231

ここいらのスーパーマーケットの半額セールで買い蓄めた、自称佐賀牛のリブロース。
玉ねぎ・ニンニク・キウィに醤油・砂糖・焼酎を入れたなんちゃってヤンニョムと仕上げにごま油をからめて。

12232

そのヤンニョムにコチュジャンを混ぜて仕上げにごま油をたらしたいただきモノのゲソ。

これらをメインに、イモやら椎茸やらレンコンやらを焼き焼きして、チシャと茹でたキャベツにキムチも添えて巻き巻きして本日の焼き肉パーティ。

お野菜で結構お腹が膨れるため、翌日は牡蠣のお粥にしてみた。

12234

ニンニク入りのアジのお出汁で炊いてある。


韓国行きを準備していると、美味しそうなお店をあっちこっち探しているうちに、頭の中はすっかり“韓国ご飯が食べたい!”という指令で満たされて、普段の食事もつい、そういう系になりがち。

ところで、あれだ。
焼き肉屋さんの予約もめでたく完了したのだが、口蹄疫は大丈夫なんやろうか…。
なんたって、その焼肉屋さんは安東に直営農場がある…って、安東ったら今回最初の発生地域やおへんか…。
とうとうワクチン接種や、言うてはるけど…。
ちゃんと韓牛食べれるんやろうか、ワタシたち…think

| | Comments (0)

Thursday, December 23, 2010

101回目のお誕生日

12211

12月21日は、おばぁちゃま101回目のお誕生日。
身体の方は、さすがにムカシの通りとはいかないが、味覚の相変らず達者でいらっしゃるのには驚きの毎日。

今回のケーキはショコラティエC
今、ワタシ的一番お気に入りのケーキ屋さんなのだが、ジツはお誕生日初登場。

というのも、一人チョコの嫌いなおいちゃんがいて、さすがにチョコレートを使ったケーキが得意なケーキ屋さんに、チョコ抜きで…というのは、あかんやろ…というコトで。

で、今年はそのおいちゃんがケーキカットの時間に間に合わん、ということだったので、念願のショコラティエCのケーキとなったのだ。

18センチで4300円はちょっとお高い気がするが、お祝いですもの~sign01


景気の落ち込んだ日本経済の最後の砦を支えているもの。
それは、この種の心意気であるかもしれない。。。

| | Comments (4)

Tuesday, December 21, 2010

アカシアホテルで会いましょう

あの頃はまだユーロが高くて…。
ホテルのwebサイトから7月に予約した6泊分ツインのお部屋代930ユーロは、1ユーロ114.053円で決済され、1人分1泊8840円計算になったのだが、予約が完了して直ぐの頃、ホテルからメールが届いた。

この度は、当ホテルをご予約いただきありがとうございます。
何かご要望がありましたら、どうぞご遠慮なくご連絡ください。

ナンと言っても、まだ7月だったので、そのメールはしばらく放置することとなったのだが、ココに来て行くべきレストランの選定が終わると、俄かに思い出すのが件のメール。

しかし、コンコルド・モンパルナスでは、レストランは到着後の予約しか受け付けられないと言われたらしいのだ。

どんなモンやろう…と思いつつも、取り敢えずメールしてみる。

パリは寒そうですね~。
でも、ワタシたち、あんまし心配してません。
何故なら、ワタシたちの目的は“食べること”だからデス。
ということで、レストランの予約してもらえません?
してもらえるようだったら、リスト送りますんでよろしく!

お返事はこうだ。

確かに今年は例年になく寒いですが、でも大丈夫です。
パリにはカフェやレストランがいっぱいあります。
そこは暖かいですから。
ご希望のお席を用意できるよう頑張りますから、リスト送ってくださいね。

ほんぢゃ~!ということで、送ったさ。
そして、待った。

1日が過ぎ、土日があるから休業のレストランもあるだろうし…で3日過ぎ…そしてちょうど1週間になった時、メールが帰って来た。

御返事が遅くなって済みませんでした。
全ての結果を一つのメールでお伝えしようと思いましたので。
全部予約が完了しましたので、お知らせします。
ご確認をお願いします。
パリの素晴らしいお料理を楽しまれますように。

ということで、予約してもらったレストランが6軒。

・Le Hide, Koba’s Bistro
・Le Cinq
・E.t.c.
・Chez Michel
・Le Cameleon
・Les Ambassadeurs

付いた当日の凱旋門近くの日本人がオーナーシェフのお店にはじまり、前回とっても楽しかったル・サンクでは、エリック・ブリファー氏のピティビエを狙い、ルドワイヤンのセカンドでルドワイヤンを下見し、パリで一番ジビエが充実しているとウワサのビストロでトリュフもフォアグラもがっつり、そして巨匠ジャンポール・アラビアンの自分のためのビストロで至極のビストロフレンチを、そして最終日のお昼は、ワケが分からずワクワクするような料理を提供するとウワサのラテンなオトコマエシェフのレストランで締め。

このレストラン巡りの間に、食べなきゃいけないケーキやパンやショコラに…焼き栗はまだあるのかしら?

勿論、カミーユくんのデセール三昧の日も1日用意しないといけない。
これは、お腹の様子を見ながら、滞在中に日時を決めて、またレセプションに予約をお願いしよう。


ということで、またしても“食べるために行き、食べるために寝る”という旅行になりそうな予感…というか、確信犯やろcoldsweats01

果たして、ワタシは4度目のパリで今度こそハンムラビ法典に出会えるのか???

| | Comments (4)

Sunday, December 19, 2010

なんちゃってアサリのカルグクス

韓国のおうどんは、スープで茹でてそのままいただくそうで…。
打ち粉がスープをトロリとさせて、それはそれでなかなかよろしいらしい…。

この、トロリものに弱いワタシ…。

生うどんをいただいたので、塩分を気にしながらもアジの出汁にニンニクを刻んで入れて、それでうどんを焚いてみた。

で、韓国ではよく出汁に使われるアサリが、このおうどんにもやっぱり定番だったりするらしい。

ということで、ほぼ茹であがって来る頃合いにアサリを投入。
そして、炒めて玉ねぎにんにく醤油でさっと味を付けた白ネギ・小松菜・椎茸をトッピング。

12181

う~ん、やっぱり日本のうどんは、こうやって食べるにはかなり塩分が多い。

しかし、たまにはこういう変わったおうどんも悪くない。

ナニより、まったりトロリのスープが、ちょっと塩辛いけど美味しいぢゃない!
次は、もう少し大量のスープで塩分を調整してみませう。

ということで、もうしばらくMyなんちゃってカルグクスブームは続きそう…。

| | Comments (2)

Thursday, December 16, 2010

紅葉がきれい…ということは。。。

12153_2

大きくなります

花園山には、ざっと数えて5本の紅葉があるのだが、一番美しい紅葉がお幸ちゃまの御庭の紅葉。

12152

しかも、建物の配置やらナンやらの関係で、こう、明暗がバチッと分かれる時間帯がある。

12151

大きくなります

ジツはワタシ、こういうコントラストの効いたお写真が嫌いではない。
あくまでも、写真としてどう、とかいうよりも、ワタシの好みの話なのだが。

にしても、キレイでしょ!お幸ちゃまの紅葉…。

しかし、これだけきれいに紅葉するにはワケがある…。
これってつまり、寒暖の差があって、例年より比較的寒いっちゅ~ことよね。

そして、気になるソウルの気温…。

今日は体感温度-16℃だって…。

あかん…。
朝から市場へ行って海苔だの蛸の干物だの胡麻油だの買おうと思っていたのだが…そんな寒かったら凍死してしまう。。。

この乾物市場、最寄りの地下鉄を降りて9時の方角に徒歩3分らしいのだが、その同じ駅の1時の方向には、徒歩5分で皮モノ市場があるのだ。
命の危険にさらされるよりも、タヌキのマフラーでも買っといた方がいんぢゃないかという気がして来る今日この頃…think
いや、イタチのマフラーでもいんだけどsmile
でも、ネズミのマフラーはちょっと抵抗あるにゃ~coldsweats01

そういえば、とあるおトモダチは幼いころ、猟をするお父さまからすんばらしいテンのマフラーをプレゼントされたそうだ。
それが五体満足加工だったらしく、小学生には衝撃が強すぎたそうだが…。

| | Comments (0)

Sunday, December 12, 2010

寒さ対策、有効なアンダーウェアは?

12121

お幸ちゃまのもみじももう一息。
今日は一入寒さが身にしみた気がする。

寒いと、神経痛を起こす筋がもんのすご~く冷たくなっている気がする。
神経に沿って、キンキンに冷えた鉄板が入っているような、そんなカンジ。

日本のこんななまっちょろい寒さでこんなこと言ってて、厳冬期のソウルやパリで大丈夫か?ワタシ…。

いやがおうにも不安が盛りあがってしまう…。(←日本語、なんかヘンcoldsweats01

そこで、暖かインナーを探してみた。
ユニ○ロのヒートテックは去年のお試しで全く有効的でないことが判明したので、今年はまずアウトドア系で攻めてみた。

12122

厳寒地でもイケるらしい厚手のウール素材のインナー。
このメーカーには、他にもジオラインという発熱素材系のインナーもある。

どちらも注文してみたのだが、大誤算はサイズ。
ユニ○ロサイズで注文したら、ワタシには大きすぎて、全て女王さま行きになってしまった…。

それにしても、今日は本当に腰から下が冷え冷えだった。
なので、ユニ○ロで買った毛糸のパンツを履いてみたらば!

あったかいのだ、これが…。

しかし、毛糸のパンツはいたところは暖かくなったが、そうすると、膝がもの凄く冷えている気がして来る。
いかん、膝をカバーするものも必要だわ…。

やっぱり、アレかしら…。
毛糸のパンツが延長されたようなレギンスが必要かしら…。

なんたってワタシが行こうとしているところは、最低気温-20℃とかになることもあるらしいトコロなのだ。

さて、ココで問題です。
-20℃って、どんなかんじ?

ここから問題なんだな、これが…coldsweats01

| | Comments (5)

Saturday, December 11, 2010

ペックの練りモノを食べてみた!

ワタシは、練り製品はあんまし食べなくっていい。
おでん屋さんに行っても、ハンペンとかごぼう天とか、そういうのは注文しないヒトだったりする。

お肉系の練りモノというのは、ますます食べない。
別に、幼い頃聞いたハムやらソーセージやらには、ウサギ肉だとかナニ肉だとか、ワケの分からない肉が混ざっていると聞いたのを鵜呑みにしているワケではないが、なんかこう、イマいち食指が動かないのよね…。

なので、ニッポンのハム屋さんの商品には全く興味がないのだが、しかし、あれだ。
天下のPECKのモノとなったら、話は別だ。

12111

生ハムやパンチェッタはイロイロ便利に使えそう。
普通はまず手を出さない練り練り系のものですら、なんとなく食べてみよっかな。。。な気にさせるから、恐るべし!PECKのブランド力!

…たとえ生産は日本国内であったとしても…。

ということで、本日のお昼ごはん。

12112

くるみと松の実を入れて焼いたパンに、ピスタチオの入った練り練りと卵焼き、ベビーリーフと玉ねぎスライスをオリーブオイル・バルサミコ・塩でさっと和えたものを挟んで完成!

バターは健康のために敢えて入れずに作ってみた。
決して面倒くさかったとか、そういう理由ではないのだ。

…ということでcoldsweats01

そして、これだけいっぱい入っていると、練り練りの味がそう印象に残ることも無く、美味しいサンドウィッチということで、食事を終えたのだった。

でも、やっぱり自分から進んで練り練りは買わないな~。
特に、PECKのは高いし、さsmile

| | Comments (0)

Friday, December 10, 2010

お幸ちゃまのもみじ

お幸ちゃまのお庭のもみじが、赤から緑のグラデーションを保ったままで結構長らく見ごろを続けている。

12101

やっぱり、お幸ちゃまが紅葉番をしておいでだからかしら…って、あら?

12102

そうでございますよね。
昨日は寒くて風も強うございましたが、今日はうらうらいいお日和ですもんね。

12103

のたり、のたりかな…な、そんな昼下がりでございますものね。

でも、お幸ちゃま。
お気付きかどうかはわかりませんが、お写真の機械が新しくなりましたの。
ワケの分からない機能がいっぱいついてて、今まであった機能が何処行ったか分かんなくなってて、ちょっと困ってるんでございますが、お写真にお付き合いしていただけませんでしょうか…。

12104

そんなカンジでお願いします!

「SAKURAKO~!」

あ、女王さまがお呼び。
きっとまた、フリーセルでつまっていらっしゃるんだわ…。

というコトで、お幸ちゃま、申し訳ありませんがお写真はあとでお願いします。。。

というコトで、お幸ちゃま。
気を取り直して…

12105

…はいただけないのでございますね。。。

| | Comments (2)

Thursday, December 09, 2010

なんちゃってかるぐくす?

韓国にも、日本で言うところの“うどん”のようなモノがあって、ナニが違うってそれはスープで茹でていただくものなんだそうな。

そのスープは牛骨とか鳥とか鰯とか、いくつかヴァリエーションがあるらしいが、鰯のスープがOKなら、アジのアラでとったスープもOKよね!

ということで、近頃、この想像の翼をはばたかせて作る、まだ食べたことのない韓国風?うどんにはまっている。

Photo

出汁にニンニクを刻んで入れて沸かし、そこへ軽く茹でたうどんを投入してちょこっと煮込む。
韓国のうどんは日本のうどんよりも細い目そうなので、細い目の乾麵を使用。

塩味を見て、若干醤油で味を補うカンジ。
うどんは洗わない場合、結構塩分が残ってたりするので、ここんところは慎重に。

うどんを茹でている間、あり合わせの野菜で野菜炒め。
今日は小松菜・えのき・きゅうりしか冷蔵庫になかったのだが、これにニンジンとかシイタケとか入れたりする。

お野菜には、すりおろしたニンニクとネギで作ったニンニクネギ醤油(そのまんまやんcoldsweats01)とごま油で軽く味をつける。

それをおどんぶりに盛って、今日はそこへキムチをプラスしてみた。

なんとなくうどんには倦んでいるけど、ラーメンでは重たいし…という時にもオススメ。
青モノがたくさん採れるのもいい。
きゅうりの始末に困った時にも重宝?(笑)

しかし、なんといってもワタシは未だこの韓国風うどんというものを食べたことがないので、これが本当に韓国風うどんと言えるのかどうかは…coldsweats01

だって、韓国いったらお肉食べるのに忙しいんだもん…coldsweats01

| | Comments (0)

Tuesday, December 07, 2010

ウソつきな写真メニュー

この間のことなのだが、おうどん屋さんへ行った。

1261

ちょっとゴーセイに、天ぷら鍋焼きうどんにしてみた。

……。

1262

なんか、メニューに載ってるお写真とえらく違うんですけど…。

「天ぷらがのってるんですから、トリニクなんて入ってませんよ~。」

鶏肉をお召し上がりにならない女王さまにワタシはそんなことを申し上げたのだが…。

だって、良識的なトッピングの量ぢゃないよね、ここまでくると…coldsweats01

| | Comments (6)

Sunday, December 05, 2010

近頃のワタシ的流行りモノ…それは魔性の☓☓☓

先日ちょっと遠出して紅葉を見に行ったら、お幸ちゃまの御庭の紅葉の方がずっと綺麗だった…。


125

ということで、お幸ちゃまのお庭の紅葉。

その遠出先、紅葉はよろしくなかったが、天然のヒラタケが売ってあって、お持ち帰り決定。
今年はヒラタケを良く食べた。
いや~、ヒラタケは美味しいね~。

そのヒラタケ以上に今ハマっているもの。

1252

佐田岬半島の中辺にある瀬戸というところでは、美味しいサツマイモが獲れるんだそうで、そのサツマイモを使ったチップス。
甘すぎず、お芋の味もよく分かって、ついつい食べ過ぎて胸やけしてしまう。
それでも、また買いに行かねば!と思ってしまう魔性の薩摩芋チップス。
1袋100g200円と、お手頃なのかお高いのか良く分からない値段なのだが、今日もまた、お幸ちゃまと一緒にその佐田岬半島の中くらいまで買いに行ってしまった。

ところで、ちょっとびっくりした熨斗。

1251

世が世なら、お茶壺道中で東海道を練り歩いていたはずの上林のお茶だというのに、このちょ~ECOな熨斗は…coldsweats01

歳暮とか中元とかのご挨拶って、確かに前時代的な儀礼の名残ではあるけど、さ。
熨斗っていうのも、一般には本来の意味なんてとうの昔に喪失して、別にあっても無くてもど~でもいいものになっちゃってるものではあるけど、さ。

こうなってしまうのも…どうよ?

とか思ってしまうのだが。。。coldsweats01

| | Comments (0)

Friday, December 03, 2010

御歳暮シーズン到来

歳暮の御挨拶の季節になった。
最近は、選べるカタログギフトになって届いたりもする。
しかし、よ。
分厚いフルカラー印刷の御大層なご本の中から選べる商品はたった一つで、その後その本は分別ごみとして廃棄される以外あんまし使い道がないなんて、ECOに著しく反する販売形態だと思うのだが…。
しかも、最初のご本に次のお品物と、配送業者も2回そのお宅へ配達が必要なモンで、CO2排出量もその分余計に増えるし、さ。
世の中、ホントに「選べるギフトっていいよね!」と思ってるヒトって、いったいどの位いるのかしら…。

っていうか、これってカタログ代だの2回分の送料代だの事務手続き代だのにかなりコストをとられて、もの凄~く損してる気になるのは、ワタシだけ?
それならいっそ、金券にしていただいたほうが楽しいゾ、と。
なんたって、エコポイントはすべてデパートの商品券に換えたヒトだもんね、ワタシってcatface

と、斯様な事を考えることもあれば、自分では絶対に買わないものをいただいて、ちょっと嬉しいこともある。

123

この即席お吸い物、以前にも紹介したが、けっこう使える。
お汁作るのメンド~臭いなぁ~という時に、お湯を注いでハイ!出来上がりhappy01
それでいて結構美味しい。

美味しいのには、ワケがある。

これ1コでも、結構なお値段なのだ(笑)
ええ、9個入って御歳暮になるくらいのお値段だからして、美味しいワと思っても、自分では先ず買おうとは思わないお品物。

こういうものをいただくと、とっても嬉しい。

というワケで、ワタシに御歳暮だのお中元だの送る時は、自分ではなかなか買えないような、ちょっとひねりの効いた食べ物を送っておいたら間違いありませんので、ヨロシクデスcatface

いえ、別に催促しているワケでは…smile

| | Comments (4)

Wednesday, December 01, 2010

見てはならなかったモノ…。

そこは、M山の御城下にあるちょっと小粋な蕎麦屋さん。

ナニが小粋って、黒龍酒造のお酒を置いているのも小粋だが、冷蔵庫の中にペリエが冷えているのも小粋。

そしてナニよりこのお店、十割蕎麦が美味しいのだ。

二八蕎麦が美味しいお店はホドホドあるが、十割蕎麦が美味しいお店というのは貴重だ。
今日もその十割蕎麦の“かまあげ”をいただく。

121

つけ汁は、地鳥卵を溶いて青ネギがたっぷり。
その青ネギの香りに負けず自己主張する蕎麦に、やっぱりここいらで十割はココやね…と、感慨を深くする。

御機嫌で会計を済ませてお店の外へ出ると、女王さまがこうのたまった。

「一つ気に入らんモノを見たぞよ~。」

「ナニを御覧になりました?」

「御蕎麦を載せて来る御膳、あれをお客さんが使ったお手拭きで拭いておったぞえ。。。
あれは、後でもう一度拭きなおすのであろうか…。
しかし、そのまま棚にしまっておったのぢゃ。。。」

それは…。

ちょっと、考えさせて下さいcoldsweats01

| | Comments (3)

« November 2010 | Main | January 2011 »