« 文明のお犬、お幸ちゃま。 | Main | 不思議の国、ちうごく~単身公主相親記~ »

Saturday, September 25, 2010

中国における“難忘的他者”~単身公主相親記~

日本におけるナショナリズムの形成に“忘れ得ぬ他者”としての中国の存在を指摘したのは三谷博だが、今まだNation buildingの途次にある某隣国において、その地位に日本があることは明らかである。

このあたりの詳しいコトは、『明治維新とナショナリズム』(山川出版社 1997年)をご参照いただくということで、あれだ。

今見ているジミー・リンのドラマ。
お時間のある方は、3分少々動画にお付き合いください。

オープニングで見てとれるように、基本コメディ。
7年間付き合っていたそこそこエリートの彼氏にふられた全てにおいて平平凡凡な28歳のおねぇさんが、お見合いを重ねながら真実の愛を探り当てるというお話。

ここで、砂絵を描いているヒトって、今JA共済のコマーシャルで砂絵を描いてるヒトぢゃないかと思うんだけど…?

で、その彼氏をとった会社の同僚というのがいて、これがもう、もんのすごいあからさまに嫌がらせを仕掛けて来るのだが、今、その主人公のおねぇさんは、地味に粘り強く、時にキープ君に自ら名乗りを上げた自称騎士の助けを借りながら、赤いガイシャ(赤旗ではないと思う)に乗った王子様の助け船にも乗っかりながら、一生懸命頑張っているところ。

ジミー・リンに眼ん玉出るほど高額な出演料を払わんといかんので、ヒロインは自局のアナウンサーで間に合わせるというナンとも…thinksweat02な作りのドラマなのだが、そのヒロイン役の女の子がちっとも可愛くない…。
大根でも、せめて泣く姿が可愛かったら胸がキュン…ともなろうものだが、泣き顔が良くないんだな、彼女。

モチロン、演技もとんでもない。
そんな彼女に7年も付き合った彼氏がいるという設定からしてナンか胡散臭いのに、その彼女を気に入る王子さまだの騎士だのが気前よく登場するってところがさらにウソくさい。
それくらい、主役の女子はキャラクター的に魅力が無いのだが、ちうごくではあ~いうのが流行りなのかしら…。

主演女優はハシにもボウにもかからないが、その親友役の2人は秀逸。
才色兼備でオトコを翻弄するかっこいいおねぇさんに、武侠ドラマから抜け出て来たような暴力少女。
特に陳彦妃演じる八妹は、出て来るたんびに思わず“かわい~lovely”とづぶやいてしまうようなかいらしさ。

で、あり得ない設定で、あり得ない生活を送り、あり得ないストーリーが展開と言う、前世紀日本で一世を風靡したトレンディドラマ的ドラマが展開して行くのだが、アレだ。

そのドラマに時おり出て来る“日本”がある。

ある時は、「あれは日本で最高のブランドのジーンズよ!」とうそぶいて、イジワル女をギャフンと言わせてみたり、ある時は日本のソシアルダンス競技会で入賞したことを自慢させてみたり、主人公のジミーちゃんに持たせてる携帯がシャープだったり、と、“日本”ブランドは、決して避難や排除の対象ではなく、むしろある種の権威を伴なって登場して来るのだ。

それを見ていると、お隣の国とこの国との関係も、まだ未来はあるかも?な気がして来なくないコトもなくはない…。

将来コクチ記念日と呼ばれるかもしれない9月23日にそんなコトを考えてみたワタシって、若しかして将来ヒコクミンとか呼ばれたりするかもとかあったら…イヤだにゃ~think

とかいいつつ、取り敢えずはデフォルトされたお見合い風景の妙?をお楽しみくださいcatface

|

« 文明のお犬、お幸ちゃま。 | Main | 不思議の国、ちうごく~単身公主相親記~ »

爛漫日記/観賞編」カテゴリの記事

~ドラマ編~」カテゴリの記事

Comments

があこさんに始めから終わりまで(何かのテーマソングか?)解説&評論してほしいわ。
なるほどアナウンサーですか。今でいうツンデレですな。
ところで、高島・中野・皆藤なら誰がベスト?

coldsweats01

Posted by: 踊る人形 | Saturday, September 25, 2010 at 23:51

解説は出来んけど、評論?なら幾らでもしまっせ~smile
主に、女の子についてとか、女の子についてとか、女の子についてとか…catface

彤彤はねぇ~、ホントにもう、悲しいくらいにワタシの好みぢゃないんですのweep
特に泣く芝居がゼンゼン出来てない。
セリフも棒読み。
あんなんでええんやったら、ワタシだって金鷹賞最優秀主演女優賞を狙えるわい!
と言ってみたくなるくらいに良くないよ、あのヒト。。。

後半はだんだん演技が出来るようになって来たという話なので、もうちょっとはましになるかも…に期待したいと思います。。。think

で、高島・中野・皆藤って…?coldsweats01
深津絵里ちゃんなら知ってるよcoldsweats01

Posted by: SAKURAKO | Sunday, September 26, 2010 at 01:03

高島……彩
中野……美奈子
皆藤……愛子

いずれも女子人気アナです。高島で行ってみるか?

彤彤ていうの?ニュース原稿と大してセリフと変わらんかも?まぁまぁ、嫉妬を覚えるほどのモンじゃなくてよかった。

winkbleahcatface

Posted by: 踊る人形 | Sunday, September 26, 2010 at 06:07

記事の出だしががアカデミックhappy01
オープニングのイラストが一話ごとに違うのはすごいなぁ。あれは見ごたえあるわ。dog

小志、例の彼女と食事しているところが可愛すぎる。相手役は辛いわ。coldsweats02

Posted by: 踊る人形 | Sunday, September 26, 2010 at 06:19

編集しましたpencil

オープニングの砂絵はイイと思います。
でもね~coldsweats01

彤彤の吹き替え、ヘンね。
外国人の新人女優使っても一緒だったのに、ねsmile

小志はイロイロとカワイイよ~catface
もっとレフ板を~~~ってトコロも、画像がよろしくないもんで、イロイロ見えないしcoldsweats01
DVDで見るのがちょっとコワいけどcoldsweats01

でも、16集のあれは…責任者出せsign01だわね。
あまりに品が無いっていうか、あれが“ギャグ”になるっちゅ~トコロで、カルチャーショックだわshock
乐彤彤、女として終わってるし…think

Posted by: SAKURAKO | Monday, September 27, 2010 at 20:53

ドラマの動画、あちこちにすごい勢いでアップされてるなぁ。
PPTVには予告編のみで、サイトに行ってみると酷6につながり日本からは見えないらしい。pig
youtubeでは例の美国の協力な迷が細切れアップの最中でございます。英語でいいから
字幕付けてくれたらもっと感謝♪
heart02
新浪ブログの写真に「自殺.JPG」と名前を付けていた私っとどう?さっき模様替えしといた。car


Posted by: 踊る人形 | Wednesday, September 29, 2010 at 05:09

もしかして、ショッピングなさっている所頭(トコロカシラ)?happy01随所に
カルチャーショックな部分が散りばめられているね。
途中で『放羊的星星』の文字のデコレーションが現れるし。局が違うんじゃないの?coldsweats01
八妹が主役になればどうなの?「絶世双驕」的ストーリー。前作でシェークスピアが専門
のお嬢様風な人に似た人も出てくるし、キャリア志向な女性もいる。
食い気に走っている方も……選り取りみどりな中で、あのメガネを……。gawk
お坊ちゃまったら~。footdash

Posted by: 踊る人形 | Wednesday, September 29, 2010 at 05:31

>新浪ブログの写真に…
それはちょっと…coldsweats01

にしても、どうもあの国のドラマ事情は良く分かりません…think

お買物シーン、ちうごくのみなさんは“可笑しい”という反応しかないんだけど…。
確かにお買物してるシーンは可笑しいんだけど、でも、あれは、女としてありえんやろ~shock
そんな脚本を用意するヤツの品性を疑ってしまったワpout

放羊を彷彿とさせるモノはあちこちにいっぱい…coldsweats01
もう、陳導ったら…sweat02

Posted by: SAKURAKO | Wednesday, September 29, 2010 at 23:15

例の方の動画を使って過疎ブログに記事を書きました。
参照記事としてURLを付けさせて頂きました。
ご報告まで。
wink

http://iblo.jp/odorun/index.php?type=1&entryId=41

Posted by: 踊る人形 | Saturday, October 02, 2010 at 21:27

コメント入れて来ました~^^
何時も御紹介いただき、どうもありがとうございます~。

しかし、ねぇさん、マメですなぁheart04

Posted by: SAKURAKO | Sunday, October 03, 2010 at 00:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 文明のお犬、お幸ちゃま。 | Main | 不思議の国、ちうごく~単身公主相親記~ »