« May 2010 | Main | July 2010 »

June 2010

Wednesday, June 30, 2010

はじめてのガレット、はじめての火鍋

おマチへ出る用事があったので、ついでに眼医者さんへ行ったら…なんで火曜日休診やねん…weep

仕方がないので、ちょこっと用事を済ませてタイ料理のお店へ行ったら…ラスト・オーダー1:30に10分遅刻weep

諦めて、クレープ屋さんへ行くことに…。

6291

まずは、ベーコンとチーズのガレット。
そういえば、このお店でガレットを注文するのははじめてだったのだ。

ガレットと言えば、日本国内だったらエディアールが専門。
パリではティ・ブレーズが専門(笑)。

なので、あんまし日本的(?)なガレットは食べたことが無かったというか、これが日本のガレットか!…というか。。。
そば粉のクレープをお口の中にキズが出来るほどパリッパリに焼いたりはしないのねcoldsweats01

ワタシの作るクレープみたいな焼き加減だわcoldsweats01

とか言いつつ、フランス人みたいにガレットの後は当然デザートのクレープ。

6292

やっぱりワタシの焼いたクレープみたいな焼き加減のクレープだった。

それよりも、ムカシはココ、フランス産のバターを使っていたはずなのに、暫く来てなかったら、いつの間にか普通の国産バターになってるし…think

しかも、塩バターキャラメルのクレープなのに、アイスとか載ってるし…。
クレープの中には、カスタードクリーム入ってるし…。

塩バターって、クレープに塩降りかかってるしcoldsweats01

キャラメル香料にむせかえりそう…。

なんというか…パリで一番美味しい?らしいクレープ屋さんでも、“なんか違うのよね…”と首をひねったものだが、ココはも一つ大きく首をねじってしまいたい衝動に…。

ムカシはシンプルクレープをそれなりに美味しいと思ったんだけどな~。

そして、夜はなんちゃってちうごく語教室のオトモダチと火鍋。

6293

火鍋の中でも重慶発祥の麻辣スープとお澄ましの鴛鴦火鍋。

居酒屋さんで、重慶出身の小姐に特別にお願いしたスペシャルメニュー。
唐辛子と山椒の量も、日本人でも大丈夫そうなくらいの半分ヴァージョン。
詳しくは→コチラ

それでも、ソコソコ辛い。
けど、慣れたらゼンゼン問題なし。

Dsc08706

それを、塩と胡麻油に生ニンニクを刻んで入れたタレに薬味のネギと香菜を入れたものにつけて食べると、幾分辛みが和らいで、ますます食欲増進。

モチロン、生のニンニクだからそれなりあれだ。
けど、慣れたらゼンゼン問題なし。
みんな一緒に食べるので、気を遣うこともなしsmile

しかし、帰ってお幸ちゃまにご挨拶したら…。

お口クンクンのあと、お顔を思いっきりブンブン!と振られてしまった…。

えっと。。。coldsweats01

| | Comments (3)

Monday, June 28, 2010

北京へ行ったら、ナニをする?

ジミーちゃんのコンサートに合せて北京へ行く気マンマンのワタシ。

一緒に行こう!とお誘いしているオトモダチと、ガイドブックを広げてお旅行計画を妄想してみた。

北京ダックは大董烤鴨店で食べて、厲家菜で西太后のレシピで食べて、涮羊肉はココが良いらしいの!

食べることしか言わないワタシに対し、カノジョたちは京劇俳優のメイクで変身写真を撮るというオソロしい企画モノで大はしゃぎ。

しかし、変身には780元からかかるらしい…。

ワタシの場合、780元出して食べることはナンとも思わないが、780元出して変身は…しなくてイイかなcoldsweats01

しかし、アレだ。
公式ブログにComeing soonの公告が出て早2ヶ月…。
早く日程決めてくれないと、ワタシ困るんです。。。

せっかく一緒に行く友達が増えて、美味しいモノがイロイロ食べられそう(やっぱり中華は人数勝負だし)なのに、夏休み中ならともかく、秋以降だったらうまいこと日本の連休に引っかかるようにコンサートの日取り置いてくれないと、一緒に行けなくなっちゃう。。。weep

それでなくても、何時決まるの?ってワタシが責められているのだ。。。

早く決めれsign01

| | Comments (2)

Saturday, June 26, 2010

今年もマンゴーの季節到来!

今年もまた、国産マンゴーの季節がやって来た。
宮崎県産品応援のため、ここはどかんbombと“太陽のたまご”でも買って見たいところが…。

高スギやろ…think

しかし、マンゴーがお好きなおばぁさまには、美味しいマンゴーを召しあがっていただきたいではないか。

ということで、どっかにお買い得な国産マンゴーは落ちてないかしら…と探してお取り寄せしてみたのがこちら。

6261

宮古島の塩風に当たって美味しくなったマンゴーなのだそうで…。

6262

ちゃんと「宮古島産認定マンゴー」というシール付き。
このシールがどの位権威のあるものであるのかは不明…coldsweats01

6263

おばぁさまにとっては、100回目の夏。
今年もしっかりマンゴーを召しあがってくださいねhappy01

| | Comments (2)

Friday, June 25, 2010

徒然なるままに…

いや、ホントはちっとも徒然ぢゃないんだけど、つい、美味しいモノ日記をたて続けに更新してしまった…。

そのムカシ、ある日突然カンペキに昇天してウンともスンとも言わなくなったパソコンにしかデータが入っていないと諦めていた、そのムカシムカシに行った香港旅行のデータが、ナンと疎開していたらしく、その疎開先のファイルから7000年ぶりくらいに発掘された。

625

欣圖軒の翡翠の箸置きも出て来た。

香港、また行きたいな~。
一番美味しかったのは、なんだかんだ言っても欣圖軒だった気がするな~。

これはナンだ???

624

えっと…coldsweats01
最近、石拾いが趣味になっちゃって。。。
サンプルストーンなるものにテを出してしまいました。

女王さまに見せたら、「コウに付いておったのかぇ?」のオコトバ…。
ダニにしか見えなかったらしいデスcoldsweats01

| | Comments (0)

Thursday, June 24, 2010

スクープ!お幸ちゃまの真実!

6221

世間の皆さまには、いっつもキトキトのお刺身ご飯だの、銘柄牛のお肉まんまだの食べていらっしゃるかのイメージで定着しているお幸ちゃまだが、先日も、河豚のウグイスのところの骨を喉に立ててナミダ目になっていらっしゃたりもしたが、しかし実は、お幸ちゃまのお食事は、基本質素でいらっしゃる。

普段は“あるもの”で済ますことになるので、冷蔵庫の中で古くなったかぼちゃの煮物だとか、インゲンの煮物だとか、イカと大根と里芋の煮物とか、そんなものにご飯、なんてことも良くある。

タイガイは、イヤイヤながらもシブシブ召しあがっていらっしゃる。
ワタシの前では。

が、どうやらそうでもないこともあるらしい。

今日のご飯は、人間さまが美味しくいただいたノルウェー産の塩サバの頭部分をほぐしてご飯と一緒に…の予定だったのだが、ナキが入った。

「こんなご飯、コウは食べん。
昨日もヒトの顔見て“とうちゃん、これなんぞ”いう顔して、寝床から下りもせんし、お手もせんかった。
ナンかほかに入れてやるもんないんか?」

えっと…。
ワタシの前でそんな態度を取ったコトはござんせんのですが…。

でもまぁ、お幸ちゃまがお魚(トレトレキチキチの料亭直送冷凍便以外)嫌いでカボチャも大嫌いでいらっしゃるのは、花園では周知の事実ではあるのだが…。

でも、ねぇ。

とは思うものの、仕方なく2キロ398円で買って来て、1回分150gづつくらいにして冷凍庫に備蓄してある鶏肉をプラス。

なんというか、今朝ワタシは見てしまったのだ。
夕べお幸ちゃまが食べ残したご飯を、朝スズメが啄ばみに来てやね、米粒くわえて飛び去るところを…。
お幸ちゃまのお茶碗は、お幸ちゃまのお口の届くところにあるはずにもかかわらず、スズメが悠々と、ご飯を盗んでいくのだ。

…あかんやろthink

ということで、今日はなんとか全部召しあがっていただけるお幸ちゃまのご飯になった。

しかし、カンペキ人を選んでいらっしゃるワ、お幸ちゃま。。。

6222


| | Comments (3)

Monday, June 21, 2010

〈番外〉花畑牧場生キャラメルアイスクリーム

「アイス食べる?」

そう言って進めていただいた袋の中には、ハーゲンのアイスに混じってこんなアイスが…。

622

食べたコトはないけど、超絶有名な花畑牧場の生キャラメルがアイスになったらしい。
これは食べてみなければ!!!

で、食べてみる。

ナンというか…はちみつがしっかりと効いたキャラメルである。
ヴァニーユはそこはかとなく粒がある。
生クリームは雪印の生クリームっぽい、ぼってりした味がする。
なんとなく、オウチで作るアイスクリームっぽくって、空気含有量が多いカンジで、高度なテクニックが感じられないお味coldsweats01

キャラメル系は、やっぱりハーゲンのドルチェ・デ・レセが食べたいデス。

キャラメルの入り方が、ダルメシアンの柄みたくまだらなのも、そのせいか今一つアイスとの一体感がイマイチなのも、ドルチェ・デ・レデへの追慕を募らせる。

悔しいが、やっぱりハーゲンダッツって美味しいのよthink

| | Comments (0)

Saturday, June 19, 2010

あれこれ。

昨日は、女王さまがブルーベリーを盗られまいと張った網に鳥さんが引っ掛かり、恐ろしいことになっていた。。。
カワイソウで見てられないのだが、それ以上にワタシは鳥が怖いのだ…。

なので、レスキューが到着までの間の約2時間、天岩戸にこもってしまった…。


そして、今日は今日とてとうとうお幸ちゃまが、そのぶっといアンヨで御自らラズベリーの繁みへと分け入り、枝になったラズベリーを見つけて“これ取って!”とおねだりするようになってしまった。
前回までは、ちっとはなれたところにオスワリして待っていたのに…。

自分でパックンしないところがまったくおぼっちゃまなんだから…。


女王さまのダイヤのプチネックレスが行方不明。
鑑定書はあるのに本体がないのだ。
本体が無いのに鑑定書があってもナンのヤクにも立たんやん…。

見つけてワタシのモノにしてしまおうと屋探しするのだが見つからず…weep
代わりに、知らなかった銀色のぶっといチェーンを見つける。

「この間から、それに付けるペンダントトップが要ると言うておるぞよ~!」

…そう言えば、ワタシがやッすいピアスに夢中になっている時に女王さまがそんなことを仰せになっていたような気もするが…。

ナンでしたら、ワタシがヴァンドーム広場で調達して来て差し上げますんで、カード会社に電話しといてくださいsmile

| | Comments (0)

Friday, June 18, 2010

ペリエを箱買い

30181


花園では、ペリエを箱買いします。
しかも、2箱買ったら送料がタダになるので、2箱まとめて買っておきます。
並行輸入品ということで、日本語のシールは貼られていませんが、ちゃんと泡は出ます(笑)

750mlが12本入って1780円。
そこいらの輸入食品屋さんに比べても破格の安値です。
でも、ホントにちゃんと泡は出るんですよcoldsweats01

このペリエ、お水代わりに飲んだり、梅シロップやら梅酒やら梅酢やらを割ったりと、イロイロ使えます。
天ぷらを揚げる時、衣を水ではなくこのペリエで作ると、とってもサクッと美味しく揚がりますhappy02

で、アレです。
何時も買ってるそのお店、ANAのマイレージが100円に付3マイル貯まるんですcatface
うふふ…heart04

| | Comments (2)

Wednesday, June 16, 2010

コラーゲンを美味しく採ってお肌とぅるんとぅるん!の法則

3日前のフカヒレ。

6151

マンダリンオリエンタル東京のセンスで、如意羊羊コースに付いて来た。

2日前のフカヒレ。

6152

赤坂離宮の羽田空港出張所で、フカヒレの姿煮入りつゆそば。

どちらも臭みが残っていて、赤坂離宮の方はレトルトパウチに入ってたの?みたいな気もしたものだが、アレだ。
今日、ワタシを見て、女王さまがのたまわれた。

「おマチで遊んで来たせいか、今日はナニやらお肌がツヤツヤしておるのう…」

わかりますぅ~happy02
なんかこう、自分でもお肌がshineとぅるんとぅるん!shineになってる気がいたしますの~happy02

いや、確かに、食べてる時に思った。
これって…そんなに美味しいわけぢゃないけど、全部コラーゲンなのよね…think
そう思って、最後のヒト筋までも残さず食べたさcatface

その成果が、本日早速目に見える形で顕れていて、しかもそれが、ワタシだけの勝手な思い込みではなく、第三者が見てもそうである、と。

フカヒレ食べてshineとぅるんとぅるん!shine

一石二鳥とは、まさにこのことsign01
なるほど、西太后のお肌がとぅるんとぅるんだった背景には、こんなヒミツがあったのね…。

しかし、どうせだったら、臭いとかなんとか、文句言わないで、美味しくフカヒレがいただきたいわんsign01

ちなみに、ワタシの人生最高フカヒレスープはこれ。

6153

香港のインターコンチの欣圖軒で食べたフカヒレ。
この時まだコムスメだったワタシは、姿になってるのはよ~食べんかったが、そのパルマの生ハムでスープとったらこんな味になるんやろね…と思わせる金華ハムのスープに先ず感動し、そして春雨なんだか葛切りなんだか…なくらいのフカヒレの太さに感動し、とにかく、それ以来何処でフカヒレ食べてもその味を思い出して比べてしまうという、ワタシの中で既に伝説化してしまったフカヒレスープ。

やん、香港行きたい病が…bomb

| | Comments (3)

Monday, June 14, 2010

ちょっと力尽きた3日目?~おマチで食べませう③~

さすがに毎日すき放題食べていると、3日目には胃も疲れてくる・・・。

ということで、朝食は軽めに済ませようと、日本橋三越のフォートナム&メイソンへ。

着くまでは、アフタヌーンティセット2500円を食べる気マンマンだったのだが、考えてもみて?
ケーキが2個にスコーン2個、そしてサンドウィッチが6切れ付いているのよ。
如何に朝昼兼用といえど、フォートナム&メイソンのケーキは2個いらんやろ・・・coldsweats01

ということで、メニューをしげしげ眺めてみる。

ランチのローストビーフだのスモークサーモンだのも、イマイチ食指が動かない。。。
やっぱりココは、おとなしくスコーンセット1260円だわね。

お好みの紅茶にスコーン2個付きなのだが、アッサムを注文すると、紅茶だけでも1260円、スコーン2個420円付きでも1260円と、ナニやらお得感倍増。
ということで、アッサムのスコーンセット。

6141

ポットサービスで、中にティーバックが入ってるとかぢゃなくって、指し湯も付いて来るところが、ちゃんとした紅茶屋さんらしくていい。
茶葉は、ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコーではなくスバーブを使っているらしいカンジ。
なのでやっぱりまろやかさとコクには欠けるが、やっぱりそこはフォートナム&メイソン、それなりに美味しい紅茶。

このフォートナム&メイソン、並行輸入の安売りショップが無くなり、その値段を知っていたらとても正規代理店では買えず、代行輸入でまとめ買いとかしていたのだが、ここ数年は、パリに行った時にエディアールでまとめ買いして来ていたので、ずいぶんとご無沙汰している。

そして今、朝食用に大量購入しておいたスバーブクラスのアッサムは既に底を尽き、TGFOPよりももっともっとゴールデンチップがいっぱい入っているようなアッサムで、女王さまは毎朝トーストを召し上がっていらっしゃる・・・。
もともと、茶葉のランクとかに頓着なさるお方ではなく、ただ、美味しいかそうでないか、で生きていらっしゃる女王さまなもんで、このまま放置しておくと、何処で飲むお茶も“ここの紅茶は美味しくないぞぇ~!”になってしまう・・・。
いや、実は既にもうそうなっていらっしゃるのだが、それがますます酷くなってしまう・・・think

次にパリへ行くまでに、一回フォートナム&メイソンを代行輸入してもらおう・・・。
今ユーロ安いしcatface

お近くの方で、フォートナム&メイソンのお紅茶お入用の方がございましたら、まとめて代行輸入発注しますので、ご連絡くださいねんhappy01

そんなことを考えつつ、まったりとした時間を過ごして日本橋三越観光。
いや~、やっぱり日本橋三越は客層が違うんですわよ。
なので、昨日マンダリンオリエンタルへご飯食べに行くのに、ドレスコード“スマートエレガント”を目指して一生懸命着けていったアクセサリー類をそのままジーンスに合わせていても、日本橋三越だと、“カジュアルにお使いいただくにはいいくらいですよね。もちっといいのもウチにはありますが、如何ですか?”なカンジ。

お付き合いできまっせぇ~んcoldsweats01

で、銀座三越へ移動。
いや~、やっぱ、こんくらいの方が落ち着くわ~smile
しかし、改装中の激安バーゲンを期待していたのに、品物が少なすぎて…coldsweats01

結局松屋でしこたまお菓子を買い込み、やっぱりトーキョーでお菓子を買おうと思ったら新宿伊勢丹ね・・・と思いつつ、そのまま空港へ。

この時そろそろワタシはガス欠寸前。
いかな昨日までに食べまくったとはいえ、さすがにスコーン2個とお紅茶だけで5時も過ぎると動けんくなりそうです。。。

ということで、到着するまではパスタでも・・・と思っていたのだが、ここで魔が差してしまう・・・。

昨日のフカヒレがあまりに悲しかったので、リベンジ!とばかりに赤坂離宮のフカヒレの姿煮入り汁そばなんぞ食べてしまった・・・。

6142

結論。
やっぱり、フカヒレは香港へ行かんとね・・・。

そしてデザート。

さて、ココで問題です!
ワタシのデザートは、いったいなんだったでしょう?












答えはコレ。


6143

振り返ってみれば、ちょっとバランスは悪いけどちゃんと三食食べてる気がする・・・coldsweats01

| | Comments (6)

Sunday, June 13, 2010

またしても飽食の一日~おマチで食べませう②~

朝、ちょっとゆっくりコーヒーが飲みたかったので、一番手っ取り早く朝食がとれるホテルのブッフェへ。

Dsc08260

今回のお泊まりはホテルモントレ半蔵門。
このモントレ系列の朝食は京都でも体験済みだったのだが、トーキョーだとちっとは違うかと思ったのが大間違い…think

コーヒーが激マズだった。。。weep

今日も朝からお勉強会。

「どうしてこんなとこにいるんですか!
また、美味しいものでも食べに来たんでしょう。
そうぢゃないと来るわけない!」

…これがワタシの評価なんでしょうか…coldsweats01

そうのたまったかれこれ…200年くらいムカシからワタシのことを知ってるK氏に向かってワタシが吐いた言葉は。。。

「ど~してそんなカッコしてるんですか~!
ネクタイしてるトコなんて、初めてみましたよ!
ケラケラケラhappy02

だったので、まぁ、おあいこ?
もっともワタシの場合、過去にも1回彼がスーツを着ているトコロに遭遇したことがあったらしく、おんなじようなコト言っておんなじようにケラケラ笑ったらしいので、勝った?catface(違)

しかし、アレだ。
お勉強会なので、お昼の時間はそんなにない。
なので、会場へ行く道すがら見つけたケーキ屋さんへ。

おマチのケーキ屋さんですもの~。
美味しいパンくらい、置いてあるわよ~happy01

ということで、本日のお昼。
シュー・ア・ラ・クレーム189円は、10年前のシュークリームみたいなお味だったが、パン・オ・ショコラ210円とマンゴーのムース472円は美味しかった。

お店はこちら。

Dsc08311

この状況にありえんくらい優雅なランチ?の後は、マンダリンオリエンタルのセンスで如意羊羊コース。
そーとー楽しみにしていたふかひれのスープ煮3人前。

Dsc08277

これが、予想外にイケてなかった…。
スープもイマイチならふかひれの戻し方もダメ。臭い。
なので、付いてなかった赤酢をリクエストしてちと、ごまかす。

選べるお魚料理の生アワビの煮込み。

Dsc08286

これも、想像を絶するイケてなさ…。
なんでアワビがこんなにイケてないんやろう。。。
輸入モンの巨大アワビなんやろうか…。
それとも、やっぱり、生アワビというところで、干しアワビとは全く違ったモノになってしまうのかしら。。。

あれだ。
やっぱりマンダリンオリエンタルで中華というからには、香港レベルのお料理を期待してしまうのは、そりゃ当然でしょう。
でも、イマイチそこまでは行ってへんのよ。
他の料理はまあまあ良かったんだけど、フカヒレとアワビがよろしくないのって、かなり致命的だと思うのよ。

しか~しsign01
デザートのマンゴープリンは評価しよう!

Dsc08305

香港のマンゴープリンは、インターコンチでもペニンシュラでもフォーシーズンズでもリッツカールトンでも食べたが、このマンダリンオリエンタル東京のマンゴープリンが一番量が多かった!
しかも、使ってあるマンゴーがいい!
これは満足!

マンゴーがお好きなおばぁさまに、召しあがっていただきたい…。

そんなことを考えつつ、楽しいおしゃべりに夜は更けて…。

食べるために行き、食べるために寝る。
明日はナニを食べようかしらんcatface

| | Comments (2)

があこ、危うし!ワタシも危うし…~おマチで食べませう①~

機嫌良くおマチに着いたワタシがすること、それはお昼ご飯。
しかし、そんなに時間もないので、手っ取り早くお手軽に…ということで、渋谷に着くや、東急のいわゆるデパ地下を目指す!

行きついた先は、サイゴン
ベトナム料理屋さんが出してるお持ち帰り用ベトナム料理のイートインコーナー。

Dsc08175

焼き豚のフォーと蒸し春巻き・揚げ春巻きがセットになって945円。
蒸し春巻きと揚げ春巻きが冷えてたのはちとがっくし…だったが、フォーは熱々。

お値段とクォリティーを考えると、けっこういいかな、と。


お昼ご飯が済んだら晩ご飯!
今度は銀座に移動して、北京ダックの老舗の銀座店へ。

本店はファーストフード屋さんみたいなエリアとかもあって、それほど高級感は無いらしいが、さすがは銀座というべきか。
店内は多分中国へ行ってもあんましないやろな~なカンジの、外国人が考える古き良き中国なカンジ。

そこで、ダックをいただくのだ。

Photo

たいへん!
があこちゃんが、食べられちゃう!!!

「まだ小さいから、もう少し太らせてからでないと、3枚しか肉とれないよ」

があこちゃん、危機一髪?

Photo_2

全聚徳は、噂にたがわず、北京ダックだけを食べるのが正解なお店であった^^;
6800円コースにしたのだが、やっぱり北京ダック1羽丸ごと食べた方が、満足感はあったかしら、と思わなくもない。
ダックは美味しいデス。

詳しくはそのうち…って、どのうち?

そして、育ち盛りのワタシにカンペイ!

| | Comments (2)

Friday, June 11, 2010

明太子サラダのカッペリーニ

611

暑さ到来!
と来たら、やっぱりパスタも冷製仕立てで。

明太子は基本冷凍保存なので、冷たいパスタにも重宝します。

新ニンニクをすりおろして明太子・オリーブオイル・七色ペッパーを混ぜ混ぜ、そこへお水で〆たカッペリーニを入れて混ぜ混ぜ。
朝獲れきゅうりと新玉ねぎ、それにみょうがを天盛りにして、10年熟成バルサミコをかけてほんのりアクセント。

野菜を先に軽~くドレッシングで和えておけば、夏のヨソユキパスタにもなるわね。
酸味はトマトで足すのもOK!

ということで、食卓もそろそろ夏仕様。。。

| | Comments (0)

Thursday, June 10, 2010

式場で思ったこと

本日、親戚のおじぃちゃまのお葬式でした。
なんというか、お葬式って、ナニするわけでもないのに、ものすんごい疲れるモノですね…。

式場のおにいさんの笑顔が印象的でした。

ええ、ホントに。
それでええんかい!というくらいに。

こんな時にしか顔を合せることのない親戚の皆さんに、350年くらいムカシの思い出話をしていただき、感無量crying

「ウチのムスメに、“もうちょっとホッペがなかったら可愛いいのに、ね”って言ったのよ~」

…記憶にございません。。。think

かつての自分の所業に目がテンになるも、しかし、それはワタシではありません!と思っているワタシがいたりして…coldsweats01

| | Comments (6)

Wednesday, June 09, 2010

スタジオパークからさようなら…

今でこそジミー・リンみたくお顔で歌ってるような歌(ひでっsweat01)も聞くようになったが、本来ワタシは“ワーグナーが歌えてナンボ”なヒトだったのだ。

だったハズのに…。
何故…?

いや、とにかく、いわゆるアイドル路線には全くもって興味がなかったのだ。
かいらしいお顔でニッコリ笑いながら舞台の上でクルクル回ってるような、そんなのよりも、少々歌ってる顔がオソロしかろうが、悪魔だろうが、とにかく聴かせてくれるお歌でないと、CDは買えんと思ってたさ。

そんなワタシが、ナマで聞いてナミダを流さんばかりに喜んだのが、安全地帯の玉置浩二。
ザンネンながら、デーモン閣下はナマで聞いたことがないのだ、これがcoldsweats01

安全地帯のコンサートは、友達が大ファンだったので、ワタシの分もチケットを取ってくれて、着いて行ったのだが、そりゃ~衝撃だったさ。
演奏の善し悪しなんて、そんなことは幼いコムスメにはまず理解不能だが、その伸びのある声に完全ノックアウト状態だったさ。

以来、玉置浩二はワタシの中で伝説になっていたのだ。


で、N○Kがお昼にやってるトーク番組の本日のゲストが、7年ぶりだかに完全復活をした安全地帯ということで、新曲も入れてちょろんとヒットメドレーなんか歌っていた。

ワタシが、涙に暮れつつそれを聞いたことは、云うまでもない。

楽器としての玉置浩二は終わった…。

さみしいけど、やっぱり全盛期のような声の伸び、その艶というわけにはいかない。
そこを揺らしたり転調したりして誤魔化してるもんで、ますますムカシは…的な感傷を催してしまう。

まぁ、既にワタシの中で伝説になってしまっているヒトなので、そこはそれ、ムカシの想い出がヘルベルト・フォン・カラヤンの指揮で歌ったルネ・コロ的な七色の光に包まれた美しい記憶にまで昇華されてしまっている気がしないでもないが、しかし、50と言ったらニンゲンと言う楽器的にはやっぱり黄昏てるわよね。。。

そんなこんなで、ナミダをぬぐい、美しい思い出に、微笑んでぇさっよぉっなぁら~noteした本日の昼下がり…。

しかし、それを言うなら、なんでワタシはジミー・リンが聞けるんやろ…。
玉置浩二とジミー・リンの間には、楽器としての最盛期云々いうより先に、ストラディバリと“はじめてのヴァイオリン”的違いがあるような気がするのだが…。

やっぱり、アレかしら。
ワタシもまるくなったってコト?catface

| | Comments (4)

Tuesday, June 08, 2010

スマートエレガント、壁にぶち当たってはらほろひれはれ…

週末、お久しぶりheartのおマチ。
お久しぶりheartのオトモダチとご馳走を食べるのだcatface
しかも、二晩連チャンで中華smilesweat01

で、アレだ。
やっぱ、ギンザとかニホンバシで中華ということになると、アカツカで中華を食べるようなワケにはいくまい…。
いや、ギンザはまだいいのだ。
ドレスコードとか書いてないし。
でも、ニホンバシの某中華屋さんにはナマイキにもあるのよ、これが。
しかも、スマートエレガントとか書いていやがる。

なんぢゃ、そりゃ。

タカが中華屋ぢゃないの!
しかも、スマートエレガントって、ナニ?それ…。

香港の外資系のホテルで中華を食べた時のコト、夜はドレスアップって書いてあったもんで、おもいっきし…ってホドでもないけど、それなりにかなりドレスアップして行ったらば、かなり浮きまくったわよ。
ええ、一度ならず二度までも!

なのに、敢えて、スマートエレガントと書くか?

よかろう!
受けて立とうぢゃないの!
そのかわり、ごめんなさいsweat01とか言わないでよangry

と思って、おヨーフクを試着したらば、だ。。。

お腹一杯ご飯を食べんといかんのに、この、ナントカカントカやっとこホックが引っかかるようなスカートなんか、穿いて行けるかいpout

なんでワンピースがこんなにムチムチムッチンsign01になってるわけannoy

ううう…何時の間にこんなに育ってしまったワタシ…Photo


| | Comments (2)

Monday, June 07, 2010

イタリアーノ想い出ジェラードと木苺

ワタシの記念すべき第1回目の海外旅行は、イタリア。
ナニブンにもコムスメが行くのだから、イタリアで食べてみたいモノNo.1といえば、ジェラード。
それはもう、ものすごい期待して行ったさ。

今となっては、あんまし美味しくなかったフィレンツェでのピスタチオのジェラードの想い出しかないケド…coldsweats01

そ~いえば、イタリアでもフランボワーズは高かった…。
1パックけっこうたくさん入ってはいたけど、7~800円くらいしたような記憶がある。
その頃日本ではほとんどまだ見掛けなかったもんで、嬉しくってサヴォナローラが火あぶりになった記念のブロンズの敷石?の上で、記念撮影したっけ…。

あんまし甘くはなかったけど…coldsweats01

そんなことを思い出しながら。。。

たま~に行くお隣の城下町に、近頃新しい産直市みたいなトコロが出来たのだが、まぁ~ココが大盛況!
その一角にお約束のジェラード屋さんがあった。

ここいらのフルーツを使って作った一日限定30色のイチゴ。
…限定と来たら、食べてみにゃcatface

あとは…と物色していたら、「ご試食も出来ますよ!」と声をかけていただいたので、「ぢゃ、栗ちょっといいですか?」
う~ん・・・ビミョ~coldsweats01

結局、定番イチゴ&ミルク。

671

イチゴは、イチゴに砂糖水を混ぜてミキサーにかけ、固めたカンジ。
酸味がけっこうあるが、それが良い方に出てるかな。
ミルクは、どこで食べても無難よね。

これで300円は、お安くは、ない…気もするけど。

そして、帰宅後木苺を収獲。
この木苺が、支柱もナンにもナシの伸び放題になってるもので、何処でどの位熟れているやら…なのだが、取り敢えず蚊と戦いつつも今期の初なり。

672

ちょっと潰れた完熟木苺を、お幸ちゃまに差し上げたら、そっちのいっぱい持ってるのもよこせ!状態になってしまわれた…。
そう言えば、そのムカシワタシと一緒に野イチゴ摘みに出かけたチャチャ女は、試しに野イチゴを食べさせたらえらく気に入ってしまい、ワタシが採ろうと手を伸ばす前に、野イチゴの繁みに飛び込んで行って、キレイなのからバクバク食べて行ったよね…。

いや~、木苺農園が、お幸ちゃまのリードの最大到達地点から1メートル位離れたところでよかった。。。

しかし、やっぱり木苺って、そんなに生で食べなくても良い気が…なので、洗って冷凍庫に放り込んでおく。
たまったらジャムにしよう。

でも、アレだ。
絶対に園芸品種の木苺よりも野イチゴの方が美味しいのだ。

しかし、野イチゴにはキケンがいっぱい…。
ある日、野イチゴの中に白いクネクネする小さな虫さんを発見して以来、なんかこう、腰がひけちゃっているワタシ…。


なんか今日は、色んなコトをいっぱい思い出したような気がする。

| | Comments (2)

Sunday, June 06, 2010

感動と絶望のはざまで~龍馬伝~

見ようと思って見たコトはないが、たまたま視界に入って来た時、あまりに『土佐勤王党史』史観をデフォルメしていて気分が悪くなり、5分以上見続けられなかった『龍馬伝』。
久坂玄瑞があまりにイケてなくって、これまた5分以上見続けられなかった『龍馬伝』。
今日も、お昼の再放送だかで見るとはなしに視界に入ってきた『龍馬伝』。
そのダンダラは、新選組の皆さんですかlovelyで、ちょっと目が釘付けになる。

場面は岡田以蔵が得体の知れないダンダラ三人組に襲われ、剣を交えるも不覚を取って逃走する、というところ。
講武所風の月代もまぶしいワカモノ(推定オキタ?)が、突いたsign01
しかも、3本続けて。

それを、以蔵がかわすのだが、ちゃんと刀で相手の刀を殺しているのだ。
ええ、日本剣道形三本目の要領でsign01

ちょっと、カンドーしたhappy02

殺陣って、一種のお遊戯みたいなところがあるから、突きなんて動きの小さな技(笑)はあんまり好まれんと思っていたのだが、三本が一本に見えるなんて、そんなこもと無かったが、しかし、ありゃ突く方も受ける方もムツかしいよ!

あまりにカンドーしたもので、今日は何時もより長い目に10分ほど見てしまった『龍馬伝』。

山内容堂登場でshock
武市半平太と容堂ったら、2つくらいしか年の差がないハズなのだが、そんなことはまったく気にしちゃないのね…というか、そのジジィ誰やannoyと怒りすら覚えてしまった『龍馬伝』。
いや、それは、怒りを通り過ぎて、既に絶望だったかもしれない。。。

誰か、ちゃんと監修したれや…think

それにしても、このドラマはどうしてこんなに茶色な画面なんでしょう。。。
セピアがかって雰囲気が…というよりも、暗いんですけど。。。

| | Comments (0)

Saturday, June 05, 2010

本葛仕立てのあんかけ焼きそば

花園のお昼ご飯は、あるモノで…が基本である。
本日も、冷蔵庫の中にあるモノで焼きそば。

白菜やら青梗菜やらの類がないので、それをレタスで代用するのは良しとしよう。
その外の具材は、蓮根・いただきモノの破竹・ネギ・豚肉・いただきモノのイカゲソ・しめじ。
なんとか格好はつくカンジ?

が、如何せん!
ここで片栗粉が無いことに気付く。
しか~し!
お買物に行く時間はナシ。

weep

泣きながら、製菓用にも使える純度100パーセントの吉野の本葛であん。。。

そりゃ~、美味しかったさ。
きめ細やかな、舌にまとわりつくような、滑らかな舌触りのあんかけ焼きそばになったさ。

お写真はありませんが、その分想像の翼をバタバタとはばたかせて、そのお味を描いてみてください。
ほらほら…、今、あなたのお口の中はよだれの洪水状態に…catface

| | Comments (2)

またしてもミスミス…なユーロ。。。

内閣総理大臣の辞職表明で、円売りが進むだろうから、その前にユーロを買っておいたら、宮崎へちびっとばっかし寄付できるくらいお小遣いが稼げるかも…。

と、そのタイミングを計っていたワタシ。。。

ヨーロッパの市場が開くくらいの時間帯がけっこー安値だったりするので、その辺りに狙いを定め、為替の動向に注視!
案の定、ユーロ下がってる下がってる!
どこで買うべか?
この勢いなら、109円台で買えるんちゃうか?
ありゃ!
こりゃユーロ買いが入っちゃったよ。。。
う~ん、今日は最安では買えんな…。

ニュースでは続投の意思が強いというとったし、明日の最安値を狙おう!

ということにした次の日、最安値を付ける時間を待つことなく辞任しやがった!!!

思ったほど円売りが進行しなかったとはいえ、110円そこそこで買っておいたら、宮崎へ寄付するくらいのお小遣いになったはずだったのに…。

というワケで、ワタシはあんな退陣劇を演じたあの内閣総理大臣に恨みを抱いている…。

な~にが「国民が聞く耳を持たなくなった」よ。

アホか!
それこそが「民意を失っている」っちゅ~ことなんぢゃないのannoy
聞く耳を持たんといかんのは、国民じゃなくて為政者ぢゃ!
有史以来、聞く耳のある君主は称えられ、聞く耳のない君主には“殷鑑遠からず”というステキshineな言葉がプレゼントされて来たのだ。

ええワタシ、これまで某元首相に比べてこのヒトのスーツがどうとか言ったことはありましたが、宮崎訪問の時でも「日本語が不自由なの?」と思いつつナニも言わず、暖かく見守っていてあげましたわよ。
なんたってワタシは、ノンポリをモットーにしているのだ。
なので、イロイロと考えることがあっても“見ざる・聞かざる・言わざる”を基本姿勢として堅持してえっと…coldsweats01なのだが、今回ばかりはカンベンならんannoy

紛らわしく親指立てたりしやがって…。

annoyannoyannoyワタシの獲らぬタヌキの皮算用的遺失利益をどうしてくれるんぢゃ~annoyannoyannoysign01

ということで、ワタシは珍しく慷慨している。
ワタシのお小遣い…weep

| | Comments (0)

Tuesday, June 01, 2010

肩のコらないハイグレード?ダイヤモンドピアス

最近気が付いたのだが…。

大きなピアスって、着けてたら肩がコるのだ。

それだけぢゃない。

お高いピアスって、着けてたら肩がコるのだ。

ということで、この2つは極めて実用性に乏しいということが、この8カ月程のピアス生活で明らかになった。

そして、アレだ。
ケッコーお気に入りだったホワイトトパーズの5ミリラウンドのピアス。
気が付くと、けっこうしてるヒトが多い。

あ!ホワイトトパーズだ!

そう思ってみると言うことは、ワタシがしててもみんなそう思って見ると言うことだ。
無色透明だからと言って、誰もそれがダイヤモンドだとは思わないのだ。
そうなのだ…。

あう…。

で、最近お気に入りにしているのがこのピアス。

611_2ワタシ的にはメメチコダイヤが欲しかったのだ。
普段着けてて肩がコらないくらいのお値段で、でも、キラリと光ってるダイヤのピアス。

なので、ブライダル用にも使えるハイグレードダイヤモンドを使用して製造直売特価でネット販売しているというお店に注文してみた。

そこはだいたい両耳で0.2カラットupくらいからのピアスしか置いてなかったので、もっとちっちゃいのが欲しいと、リクエストしてみた。

両耳合わせて0.15カラットで注文したのだが、お店のご好意で0.17カラットになってしまった…。

もちっと小さくてもよかったのに…。
その分、お値段が小さかった方が良かったのに…。

そう思ってしまったことはナイショだが、ジツはこのピアス、中央宝石研究所の鑑書かと見紛うばかりに立派な、ワケの分かんらんところの鑑書が付いている。

そんなもん、なくってもよかったのに…。
その分、お値段がかわいい方が良かったのに…。

だって、ねぇ。
所詮鑑別書なんて、あっても無くてもおんなじようなモノだし…。

しかし、一応VSup、Fカラーup、Excellent、H&Cという所見になっているこのピアス。
ジツはこれ、かなりお安いんぢゃなかろうかと、ワタシ的にはそう思っているのだ。

いや、ホントにこのダイヤモンドがそんだけのグレードのものかなんて分からないと言えば分からないものなのだが、見た目にそれなりにきれいに見えるからいっか~smile

ということで、最近は大きさより質に拘って価格対効果を追求しています。

というか、ここにナントなく究め尽くしたような満足感があるので、しばらくはピアス買うのはお休みな予感…think

え゛?
究め尽くしたんぢゃなくって、“使い尽くした”ちゃうんかい!ですって?

…御慧眼、恐れ入ります。。。coldsweats01

| | Comments (3)

かけ足のお出かけでしたので…。

食べるために行き、食べるために寝る。

これがワタシのお泊まりでお出かけするときのモットーなのだが、諸般の事象によりそんなことも言っちゃられないこともある。

くっすん…。

1日目の晩ごはん。

5311

ホテル近くのお好み焼き屋さん、からテイクアウト。
五右エ門スペシャル1000円+容器代50円。

このお好み焼き屋さん、鉄板焼きもイロイロあって、大将がなかなか面白くって好きなのだが、如何せん。
飛び込みでの入店成功率が15%くらいweep
なので、きっちり予定が立つときに早い目に予約して行かないと、カウンターで好き放題は出来ないのだ…。

で、奥のテのお持ち帰りだったりする。。。

6月中にも一回…と思っているのだが。。。
みなさ~ん!阿知須牛食べに行きませんか~smile

2日目の朝ごはん。

5312

スーパーホテルの朝食。
いつもは納豆をおみそ汁にぶち込むのだが、ワタシが朝食会場へ出向いた時には既に納豆が売り切れていたモヨウ…。

他にも朝からアジフライとかあったが、さすがに朝からアジフライは…coldsweats01
以前は朝からさんまの塩焼きってのもあった。
このスーパーホテル、ジツは結構頑張っている。
と、思う。

2日目のお昼ごはん。

5313

この日はナニやら“カイギ”っちゅ~ものがあって、朝、その会場へ行くとお弁当代として500円を徴収されるのだが、あれだ。
この冷凍フライと出来合い食品のオンパレード…weep
結局食べられたのは、ちょっと新鮮ぢゃないカンジだったけどそれでもいいから鯖の味噌煮、こんにゃく、しそわかめ、ご飯、以上。
なカンジ。
おかずがないんだから、ご飯は半分くらい。
いや、冷凍フライでも、まだカラリと揚げといてくれたらまだしも、さすがに油が滴ってるようなのは…weep

せめて、ほか弁のシャケ弁くらいにしてもらえないかしら…think

2日目のおやつ。

5314

5時40分過ぎの新幹線の中で、お土産にいただいたもみじ饅頭のおやつ。
だって、お腹が空いてたんだもん。
いいぢゃん、2コ食べたって…coldsweats01

3日目の晩ごはん。

5315

7時過ぎに港のカレー屋さんでベジダブルセット1850円。
キブン的にはほうれん草とチーズのカレーが食べたかったのだが、それだけではちょっと物足りないかな…で、それが入っている野菜カレー3種とサモサのセット、ラッシー付。
ナンも野菜の具入りナンにしたのだ。

そこいらに数軒あるお店なのだが、調理場はすべてインド人。
ココのカレーは結構食べやすくって、重宝している。
今回はひよこ豆のカレーもよかったが、特に野菜カレーが美味しかった。
冷凍のミックスベジダブルとか使ってないのがいい。

が、ほうれん草は冷凍かしら…なカンジで、味付けは悪くないと思うのだが、ほうれん草自体の味がイマイチなカンジ。

しかし、あれだ。
ナニより宜しくなかったのは、まだ半分も食べ進まないうちにお腹がいっぱいになってしまったこと。
しまった…。
もみじ饅頭が、お腹の中で水分を吸って膨れてしまったに違いない…weep
しかも、もう一つワタシは過ちを犯してしまった。

野菜ナンぢゃなかったら…。
玉ねぎの入ってないナンにしとけば、持って帰ってお幸ちゃまのお土産になったのに…。

次はそこまで考えて注文しよう!

| | Comments (2)

« May 2010 | Main | July 2010 »