« 毒を喰らわば…~そらまめリゾット~ | Main | 650円の爽快~一天張~ »

Tuesday, May 25, 2010

鍋の具材革命進行中

某国の内閣総理大臣が、某県の美味しいお肉産業を「やり過ぎといわれるくらい」ぶっ潰すと宣言してしまった記念すべき日の花園の晩ご飯は、ここいらで生産された豚肉のしゃぶしゃぶだった。

感無量…。

で、最近そのしゃぶしゃぶに入れる具材が、劇的な変化の過程にある。
以前なら、三つ葉・せり・白菜・白ネギ・玉ねぎ・レタス・椎茸・えのき・豆腐・シラタキor葛切りと、まぁこんなところだったのだが、本日の具材はこちら。

5251

レタスは最早定番だが、外に山芋・えんどう・蓮根・独活なんか入れて見た。
前回は筍も入れたが、これもよかった。
山芋は、シャクシャクの食感が残っているうちにいただくも良し、もっちりモチモチになってからいただくも良し。
独活の風味が豚肉の甘味に出会うと、これがまた見事なコラボレーション。
えんどうも悪くない。
そして、この蓮根ときたら、ちょっと薄い目に切ってシャクシャクでいただくのがワタシ好みなのだが、もう、お鍋に蓮根は欠かせないよね!ってくらいのお気に入り。

何故突然にこんなチャレンヂャーになってしまったのか?
それは、北京で涮羊肉と思って、ちうごくのお鍋をイロイロ研究?したから。

もう、なんというか、さすがというか、思いもしなかったものをお鍋に入れているのだ。
お鍋に蓮根を入れるなんて、いったい誰がかんがえるのよぉ~sign01

他にも昆布を具材として入れると言うので、出汁を取った後の昆布をそのまま放置しておいて食べてみたが、これはちょっとイマイチやった…coldsweats01

で、タレもちょっと麻辣な胡麻だれ。

5252

玉ねぎ醤油を作るついでに、にんにく・玉ねぎ・砂糖・酢・一味・木の芽・練りゴマ・すりゴマをまとめてミキサーにかけて完成。

なかなか美味しいぢゃないの…catface

しかし、北京の涮羊肉のタレは、もっといろんなものが入って複雑なお味らしい…。
炭火でグツグツに沸いたお湯の中に羊肉をさっとくぐらせ、香菜の効いたお店自慢の胡麻だれで…。

涮羊肉がワタシを呼んでいるわ!!!

|

« 毒を喰らわば…~そらまめリゾット~ | Main | 650円の爽快~一天張~ »

飽食日記/おうちでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おうちで和食編~」カテゴリの記事

Comments

ほーうまそうhappy02私の中国語はバッシングで悲しい、、で日本語で、おしなべて酒のつまみにしか興味はないのですが、涮羊肉は好き というより香菜大好きなので涮羊肉も好き、香菜なかったらいらん(゚ー゚;
夏いったらやってなくて羊の餃子しかなくて羊の餃子はかんべんしてえ 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。という感じ
やっぱ火鍋ですheart04
东直门の鬼街というとこに連れてってもらったけど
やすくてうまかったでしゅう。 happy01
火鍋が有名になるまえに何かも分からずに台湾で食べたけど、ようするに何でもぶっこむのかよお、と感じました。 

Posted by: gen-san | Wednesday, May 26, 2010 at 08:38

涮羊肉、もう頭の中で妄想がグルグルで、オソロしく美味しいものを想像しておりますcatface
香菜も大好きでございます。
うふheart04
羊の餃子は…ワタシもちょっとcoldsweats01

台湾のお鍋はご家庭のお鍋を紹介されてるモノを見たことあるんですが、ホントにまぁ、お鍋の中が賑やかで…coldsweats01
おでんとお鍋が一緒になってるような印象を受けました。
鍋って、ホント面白いですねhappy02

Posted by: SAKURAKO | Thursday, May 27, 2010 at 10:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 毒を喰らわば…~そらまめリゾット~ | Main | 650円の爽快~一天張~ »