« 鍋の具材革命進行中 | Main | この国で、今いったい何が起こっているのか »

Thursday, May 27, 2010

650円の爽快~一天張~

坦々麺が食べたいsign01
の衝動止み難く、本日入荷予定のフォートナム&メイソンのスコーンを買いに行くついでに、ちと足を延ばす。

5271

この一天張というお店、まさしく坦々麺の一天張りがウリなのだが、坦々麺のヴァリエーション展開が意外にあってビックリした(笑)

しかし、はじめてのお店なので、まずは基本の赤坦々麺650円を注文。

5272

目の前にお鉢が置かれた瞬間、ラー油の芳しい香りが鼻腔をくすぐる。

これよこれ!
この、唐辛子やら山椒やら陳皮やら…、とにかくイロイロな香りが複雑に絡み合ったコックリラー油!
坦々麺にはこの香りがなきゃhappy02

あんまり辛すぎると食べにくいワタシ仕様な坦々麺で、山椒・唐辛子共にちゃんと自己主張するも、辛すぎることなく、麻辣のバランスも良く、食べてて楽しくなる坦々麺。
麺はちょっと好みではないが、肉みそは作り置きの冷たいのをそのままのっけているみたいだが、そんなことはどーでもよろしい気分にさせるから、素敵だshine

胡麻の香りと後味の良いチキンスープで、食べた後に残るのは爽快感ばかり。

いや~、650円でこんなに満足したのは久しぶり。
嬉しくなっちゃうhappy02

ラー油はお店の自家製なのだとか。
まっとうな中華屋さんなら、当然ラー油も手作りよね~goodとも言ってられないこの御時勢に、マコトに天晴な心意気happy02
ワタシはこんなお店が大好きだ。

次は、汁なし坦々麺を食べに行くゾsign01
と、心に誓ってスコーンを買いに行った。

…ココいらは、フォートナム&メイソンのお店はあってもスコーンは一月に何回かしか販売が無いのだ。
それでもムカシは毎日あったのだが、「この辺りには、紅茶を飲むという文化があまりないので、スコーンもなかなか人気が出ないんです…。」と、おねいさんが呟いていた。。。

そんなお土地柄なのに、あのラー油…。
佩服佩服sign01

え?
関係ない?

そんなコトないって。
食文化が未熟なところって、ナンに対しても関心が少ないというか、お口が育ってないというか、良いモノだから、美味しいから、こだわりの逸品だからといって、必ずしも評価されるとは限らないのだ。
香り高いラー油よりも、常習性のある化学調味料たっぷりのドロドロとんこつラーメンの方が美味しいと言われちゃったら、おしまいなのだ…think

|

« 鍋の具材革命進行中 | Main | この国で、今いったい何が起こっているのか »

飽食日記/おそとでゴチソウ!」カテゴリの記事

~おそとでラーメン・ちゃんぽん編~」カテゴリの記事

Comments

おたかい坦々麺wobbly
山盛りの坦々麺と瓶ビールを頂いて180円位で
ございました。happy01
北京のお話です。happy02
明日、又お伺いいたします。晚安!

Posted by: gen-san | Thursday, May 27, 2010 at 23:01

おお、北京お安い!
でも、お給料もお安いんですよね、北京だと…。
そのビールは、やっぱりぬるいビールだったんでしょうか…。

Posted by: SAKURAKO | Friday, May 28, 2010 at 15:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 鍋の具材革命進行中 | Main | この国で、今いったい何が起こっているのか »