« March 2010 | Main | May 2010 »

April 2010

Friday, April 30, 2010

カテゴリーをいじってみましてん…。

ココログって、カテゴリーの並べ替えが不自由なんですが、某所で裏技!がある事を教えてもらって、ちょっといじってみました。

少しは見やすくなったかしら…。

カテゴリーいじっても、中味が書き散らかしで、書きかけの旅行記とかいっぱいで、えっと…coldsweats01

ココログって、記事の再編集もひと手間かかってめんどくさいのよね…think

ではでは、今後ともよろしくお願いいたしやすhappy01

| | Comments (0)

Thursday, April 29, 2010

羅蒙の責任者、出て来~い!!!

責任者出て来~い!!!

って言った時に出て来るヒトですかね、CEOって。
Chief Executive Officerのコトらしいですから、ね。

で、羅蒙のCEOの樊開鏘というヒトが、今後の羅蒙の展開戦略について語っている記事が、ちうごくファッションブランドネットというところに載ってござって、そんなかにジミー・リンについてお話してるところがございます。

2010426153122220_2

記者: 羅蒙は昨年末アジアのビッグアイドル林志穎とコマーシャル契約しましたが、どういう理由で彼を選んだのですか?彼とその前のアンディ・ラウ、濮存昕とは、何処が違うんでしょう?

樊開鏘: 林志穎さんは、ずっとファッショナブルなイメージを提示し続けて来ました。彼は優秀な人物で、芸能人であるだけでなく、プロのレーサーでもあり、さらに企業家でもあります。ある意味彼は、仕事が分かっているだけではなく、生活も分かっているのです。
 彼の持つ健康的でファッショナブルなイメージを、多くの芸能人は持っていません。ですから我々は彼を選びました。
 さらに林志穎は芸能界においてもやはりスーパーアイドルスターです。彼と、我々が売り出す“ファッショナブル・スーツ”のイメージは非常に一致しているので、我々が宣伝し普及させようとしている“ファッショナブル・スーツ”にとって、彼は大きな助けとなってくれるでしょう。

2010426152252495

 彼と、以前のアンディ・ラウや濮存昕とでは、大きな違いがあります。アンディ・ラウと濮存昕は、中国人男性の儒雅や正直、成功を多く表現していました。しかし林志穎は、中国服飾業界のファッション性と若さ、そして活力を演繹します。これは、羅蒙が2010年に打ちだす“全面的なファッション化・若年化”というブランドの戦略目標と非常に符合するところで、羅蒙が売り出す“ファッショナブル・スーツ”の概念とも一致するのです。
≫≫≫罗蒙CEO樊开锵:为中国传统西服寻找下一个驱动力

それで、ネクタイの上にチョーネクタイ付けさすんかい!annoy

2010426153144510

↑がその、メディア発表の時の画像ですが、ちっちゃくて分かりにくいかもしれませんが、樊開鏘さんと一緒にお行儀よく座っているジミーちゃんの首元には、例のあんまりなネクタイが。
2_2

ナンで2人とも、そんなににこやかに笑っていられるのでしょう…。
これが、中国服飾業界の目指すファッショナブルでヤングなイメージを演繹する演出なのでしょうか…。
日本人のワタシには、全くもって理解できないセンスなのですが…。
ちなみに、→のお写真は、クリックすると大きくなります。。。

やっぱりここは、あれでしょう。。。

責任者出て来~い!!!

…って、その責任者が羅蒙総裁の樊開鏘さんっちゅ~こと?

ほんまにそれでええと思とんのか???annoy

いくら勝手に服着させたら、ヨコシマのセーターにチェックのハンチングbearingをヘーキで合せて来るような、中華圏一、いや、アジア一っちゅ~か、これよりひどいんは、世界規模で探してもそうそうおらんやろ…的にオソロしい、ファッションセンスしか持ち合わせてないよ~なヤツとはいえ、35歳も過ぎたアイドルcoldsweats01にこんなカッコさせやがって…crying

そのワケの分からんコメディアン仕様のファッショナブルより、台湾のこんなコテコテのセンスの方が、ワタシ的には好感が持てるというものです…。

98e0758a9b7074fafd1f10d0

なんぢゃこりゃ~heart01heart01heart01っていうくらい、カワイイわんcatface


| | Comments (4)

コムスメたちの集い

集合は7時。

Cimg2298

珍しく、カクテル?なんぞ飲もうとしたのが悪かった…。
ブルーベリーソーダといえば、紫色の液体がやってくると思いませんか???
で、それがわらけるくらい甘くて、一口でギブアップ。
ごめんなさい! ○○○(←覚えてないけど、とにかく芋でしたcoldsweats01)をお湯割りで!

お通しは湯葉、のはずが、「こりゃ湯葉ちゃうやろ!」と、暴れそうになるコムスメたち…。
でも、コムスメたちは、それ以上にお腹がすいていたのだ…。

Cimg2301


Cimg2303


Cimg2304


Cimg2305


Cimg2309


Cimg2311


Cimg2313


Cimg2315


Cimg2319


Cimg2321


Cimg2322


Cimg2324


Cimg2326


Cimg2327


まぁ~、よう食べたわね、というカンジだが、育ち盛りのコムスメが5人寄ったらこんなモンやろ。
豚角煮チャンジャ丼っちゅ~ヤツが、ジツは3人前だったことは…伏せておいた方が美しいかも。。。

勿論、デザートも食べなくっちゃね!

Cimg2328


Cimg2333


Cimg2337


ジツはもう一つ、あっさりシャーベットというのもあった。
モチロン、これ、1人で全部食べたわけぢゃないのよん。

よく飲んで(いや、ワタシは結局お湯割り一杯だったんだけど…)、よく食べて、1人5000円に届かん位で11時過ぎまで遊んでもらった。
やっぱり、クチバシがレモンイエローのコムスメたちの集いは、こうぢゃなくっちゃ、ねhappy01

| | Comments (0)

Tuesday, April 27, 2010

歯医者さん後おやつ

すっかり忘れていたのだが、今日は歯医者さんの日だった…。
予約は3:30、気が付いたのが1:50。
問題は…歯医者さんまで1時間半くらいかかるっちゅ~ことやね。。。

しかし、前回は時間を間違えて30分遅れたのだ。。。
その前は。。。予約は取ったモノの、忙しくなって行けなくなって、それから一年が過ぎたのだ…。

今回すっぽかしたら…OUTやろ。。。

ということで、歯医者さん前のココロの準備をする暇もなく、歯医者さんに急行。
今回は5分前に到着、いぇ~いgood

で、きょ~ふの時間の後、せっかくだからお茶しようと思ったのだ。。。

歯医者さん後おやつ

菓子夢のセゾンプレート、ドリンク付850円。
3種類のミニケーキにマカロンと焼菓子が載っている。
アイスカフェラテは…コーヒーの味がしなかった…think

というよりナニより、ワタシのお口の中が歯医者さん味なモンで、ナニ食べてるんだか…coldsweats01

にしても、この有無を言わさずで残りものを売りつけられたケータイだが、カメラがあまりにショボすぎ…。
ケーキもやる気ないカンジだったが、それ以上にど~なりゃ…な具合に写ってしまって、ちょっと気の毒…coldsweats01

もうそろそろ変えてもバチはあたらんやろ…くらいなキブンなのだが…。

| | Comments (0)

Sunday, April 25, 2010

ワタシ、本気です!

424

北京で困らないように、中国語の参考書を買った!
ピンインのふってあるこんなお勉強用の本を買ったのは、200年ぶりくらいのことではなかろうか…。

持ち歩きに便利なガイドブックも買った!

カンペキだわ!

あとは、ジミーちゃんが北京公演の日程を発表してくれさえすれば…。

| | Comments (2)

Saturday, April 24, 2010

ありえん!!!

〈その1〉

歯医者さんに行くため、ここいらのおマチへ出た。
景気付け(意味不明)に蕎麦でも食べよう!と、蕎麦屋さんに行った。

4231

……。
ええ、ココのお店も、定休日だったとか、営業時間が終わってたとか、来てみたら閉まってたなんて経験は、2度や3度ぢゃございませんが、こんなコトは初めてざます!!!

〈その2〉

歯医者さんへ行って、それからここいらのおマチを歩いていたら、ここいらのガッコーでおベンキョしているちうごくのみなさんとおぼしき人たちが、玉樹で被災したみなさんのために募金活動をしていた。
つい、ナンにも聞かずに募金してしまった…Photo

ワタシは、募金したお金がワケの分からない使われ方をするのがものごっついイヤなので、訪問販売みたいな募金とか、街頭募金とかの類には、あんまし…というか基本的に参加しない。
参加する場合は、どういう名称で何処を通じてどういうふうに寄付するのかをしつこく聞いて、納得してからはじめて募金するという、性悪説支持者だったハズなのだが…。

いかん…。
なんかに毒されている…。
願わくば、ワタシのお小遣いが募金活動をした学生諸君の打ち上げコンパ費用となることなく、途中で黒い霧の発生に遭って目減りすることもなく、ちゃんと玉樹のみなさんのために使ってもらえますように…。

〈その3〉

で、近頃のネット掲示板では、今回は誰がどの位寄付をするか、ということがそろそろ話題になり始めていて、前回の四川の時の有名人の寄付金額がだ~~~っと並べられてたりする。

そのなかで見つけた信じられない数字。

張芸謀……10万元

巨匠…coldsweats01
それぢゃぁ、香港籍を取っても「香港に家なんか、高くて買えないっしょ!」と言ってる胡軍とおんなじ金額ぢゃ~ございませんか…。

ちなみに、ジャッキー・チェンは1000万元だそうで。
はじめてこのヒトを、スゴいヒトだと思いました…。

え?ジミーちゃん?
ジミーちゃんは100万元さ。
周董は50万元だったけど。

| | Comments (2)

Thursday, April 22, 2010

勇気をください。。。

お昼を外で食べよう!ということになって、あれこれ考えた挙句、ちょっと遠いけどヴィオロン・ダングルまで行ってしまったcoldsweats01

Dsc06522_2

お腹の具合としては、↑の野菜のマリネにデザート・コーヒーで十分なカンジ。
しかし、いかなここいらフレンチとはいえ、そんなお昼のランチコースはござんせんのcoldsweats01

Aコース 前菜・メイン・デザート・コーヒー  2300円
Bコース 前菜①・前菜②・メイン・デザート・コーヒー  3000円
Cコース 前菜・メイン魚・メイン肉・デザート・コーヒー  3000円

で、カルトで注文したら、前菜が1000円、メインは1500円なのだ。

こうやってメニューを眺めると、2500円が2300円になるよりも、3500円が3000円になる方が、お得なような気がしない?
一番お得なのは、4000円が3000円のCコースには違いないのだが、さすがにメインコースを2種類食べるだけの余裕は…ないし…。

ご馳走してくれるっていうパパは、さっさとCコースに決定。
Aコースだと、途中時間を持て余してしまうし…。

ということで、ワタシは結局というか、やっぱりというか、Bコースにしたのだが…。

やっぱり全部食べきらんかった…。
前菜2品終わった時点で、もうかなりパッツンパッツン…。

この間のトスカーナ事件以来、なんかこう、食欲が減退してまだもとに戻らないのだ…。

ル・サンクで、隣りの席のアメリカ人男性に白い目で見られながらも、両手に余るほどの皿数が出て来たグルメコースをペロリと平らげ、チーズもデザートもプティフールのワゴンサーヴィスもきっちりこなして、しかも翌日のANAは、今まで黙っていたけどマイレージなのにビジネスクラスなんかに乗せてもらっちゃったりしたもんで、調子に乗ってそこでも一皿一皿運ばれて来る晩ご飯をきっちり平らげ、コーヒータイムのサダハル・アオキのマカロンまで食べて、ついでのコウヤクにウワサのうどんサービスまでおねだりしたこのワタシが、今、たかが前菜2皿にメインにデザートで、晩ご飯が入らないのだ…。

恐るべし、とろけるチーズ…coldsweats01

若しもワタシに、2300円のAコースにしときます…と言える勇気があったら…。
食べすぎで今こんなに苦しい思いをしなくて済むのに…。

やっぱ、天性の“いやしんぼう”なんがいかんのやろか。。。

神さま、お願いします!
ワタシに3つ目の胃袋…ぢゃなくって、こういう時にAコース2300円を選択する勇気をください。。。

詳しい食事内容は、こちらから。


| | Comments (0)

Tuesday, April 20, 2010

にゃめくじにょろにょろにゃにぃにゅにぇにょ!!!

産地…というよりも、畑直送の新鮮キャベツ。

やらかい春キャベツは、ポトフにしても美味しいのよね。
直ぐに炊けるし!

ゴロゴロ届いたキャベツを前に、そんなことを考えようものなら、あなたはオソロしいダシの効いたポトフを食べることになるだろう…。

420

めくりめくっていくとキャベツの中には、こいつが忍んでいるのだから…。

もう、一枚一枚点検して行かないことには、コワくてどーにもこーにも…weep

美味しんだけど、ね。

なので、最近大量消費を目的としたキャベツの使い方と言えば、専ら焼き肉。
サンチュの替りに茹でたキャベツでお肉を巻き巻きして食べるのだ。

去年、ボドナムチプでその食べ方に出会って以来、最早定番!
一緒にシソなんぞ巻いたりするとますます美味しくて、それを塩で食べちゃったりしていると、いくらでもお肉が食べられて、気が付けば胃がタイヘンなことに…think

今日、ハーゲンダッツのアイスクリームが40パーセントOFFという、アンビリバボーな事件があったもんで、しっかりオトナガイして来たというのに、食べようという気も起らないなんて…。

ワタシもヤキがまわったものだわ…coldsweats01

| | Comments (2)

Monday, April 19, 2010

仔ブタのしっぽ! ふりふり♪

4190

お気に入りのキュールキュールで、前々から気になってた仔ブタのしっぽを購入。
パッションマンゴー味。

4191

やん、なんてぷりちぃ!Photo

もし、このギモ―ヴが、こんなに可愛らしい形に可愛らしい名前をしてなかったら、絶対買わんかったと思う。
それほどに、ワタシを“さよならピエール!”宣言に導いた、ブリュッセルのピエール・マルコリーニで買ったチョコでコーティングされたギモ―ヴは衝撃的だった…。

一個食べてもう十分…というか、その一辺2.3センチくらいの一個を完食するのもあまりに辛くて、5個入りだか6個入りだかの残りは、全部一緒に行った空さんに押しつけちゃったcoldsweats01

あれ以来、何処で見ても決してギモ―ヴなんぞ食べたいとは思わんかったが、だって、こんなにぷりちぃ!なんですもん!

で、お味だが、パッションフルーツの酸味が結構効いていて、マンゴーの果肉味もたっぷり。
すこぶる甘いけどイヤじゃない。
2001年の易武正山のプーアル茶と合せたのだが、お口の中でホロホロ溶けて、やん、なんか美味しい!

他にカシスとフランボワーズ味があるのだ。
次はそっちも買ってみよう!

| | Comments (0)

Sunday, April 18, 2010

マイルを貯めてパリで食べよう!2011催行決定!

というコトで、日程が決まりました。

しかし!
コート問題は相変らず未解決です。

35万円の90パーセント引きなら買えますが、350万円の80パーセント引きは、どう考えたって要りません。
ええ! 要らないんですとも!!!pout

しかし、最近暖冬化傾向にあった日本で、そんなに寒くないところを転々としていたワタシは、真冬のパリで生きていけるコートをマジでもっていないのデス。
そのムカシ、ワタシがバブリーだった頃に某所で半額以下coldsweats01で買ったカシミアのコートはありますが、ジャン・フランコ・フェレなんぞというイタリアの服屋さんのものだったりするせいか、コートのくせに裏地が付いていないのデス!!!

これだから、温いところの服屋さんのコートは…bearing
でも、日本で着るにはイイくらいなんですけど…。

何とかしなければ…think

他にも暖かくって軽いセーターとか、パンツとか調達しておかないと…。

それより、腰やろ…coldsweats01

ということで、美味しいパリ情報募集中デスsmile
今回も、食べるために行き、食べるために寝るお旅行になりそうな予感…pig

| | Comments (2)

Saturday, April 17, 2010

凍頂烏龍で普洱茶???

基本、中国茶は台湾か香港へ行った時にオトナ買いして来るワタシだが、台湾福茶さんトコとはもうかれこれ…catface年来のお付き合いだったりする。
台湾福茶と言う店名からモロ分かりのように、台湾茶の専門店なのだが、そこの店長さんというのが製茶の時期には台湾へお茶を作りに行かんといかんようなヒトで、またそこで普通に台湾へ行ってお茶屋さんをのぞいてたんぢゃ絶対買えないようなお茶を発掘して来て販売してくれるのだ。
もう、知る人ぞ知る、マニア垂涎のお茶屋さんなのだ(笑)

で、その店長さんが、またしてもなんぢゃそりゃ~!!!なお茶を紹介してくれた。
≫≫≫台湾産プーアル茶(凍頂プーアル茶)2009年

世界に100枚しかない、凍頂烏龍で作った普洱茶だなんて…。
あかん、想像出来ない!
これは買って飲むしかない!

しかし、このお茶は世界で100枚しかないのだ!
そのうち台湾福茶での販売は40枚、ワタシが今すぐ飲む用とコレクション用に2枚買うのは…欲張り?

と、はじめはケンキョにエンリョなんぞというモノをしてみたのだが、2010年版も作ってくれるように交渉中とあらば、やっぱりコレクション用が必要だわ!

というコトで、2枚目を追加注文しちゃったいcatface

未知なるお茶って、なんかドキドキしちゃう…。

そう言えば、そろそろ20年を越えた硯のカタチした普洱茶があるんだけど、あれどうなったかしら…。
普洱茶は5年毎に味が変わると言われているらしいのよね。。。
そろそろ9年の餅茶もあるんだけど、どうなってるかしら。。。

こんな湿気の多いトコロだから、ちゃんと元気に生きててくれているか、ちょ~ぜつ心配^^;

…そんなワタシが、世界に100枚しかないうちの2枚買ってもよかったっけか???think

| | Comments (2)

こんな季節のカルボナーラ

今日から女王さまがおマチへお出かけになった。
なので、早速女王さまにはあんまし召しあがっていただきたくないけど、ワタシ的にはとっても食べたいものを作って食べた。

じゃじゃ~ん!

4171

冷蔵庫の中で長期熟成を続けるパルミジャーノ・レッジャーノをスリスリし、これまた冷蔵庫の中で熟成…というか、腐りかけてそうな生クリームと、こればっかりはまだ賞味期限内の卵黄を混ぜ混ぜして、ここいらではベーコンと言ったらコレ!な城川自然牧場のブロックベーコンを炒める。
パスタはディチェコのリングイーネ・ピッコレ。
それをイタリアの塩で茹で、混ぜ混ぜしたボールに加え、ベーコンも加え、仕上げにエディアールのイロイロスパイスミックスをミルで挽いてたっぷりと。
シンプルだけど、この造り方が一番失敗もなく美味しいような気がする。

4172

黒胡椒もいいけど、こっち↑もちょい軽めの華やぎがあって、しかもピリッとした辛みが印象的で、こんな季節にはいいような気がする。

…と言っても、昨日までは冬だったのだが。
今日はうらうらといいお天気で、眠くなって仕方がないワcoldsweats01

ところで、ワタシには忘れられないカルボナーラがある。
それは初めて行った海外旅行、初めてのローマ、お店の名前はしっかり忘れてしまったが、その時の情景は、隣ででっぷりしたおじさんがモッツァレラを食べていたことまで覚えている。
モチロン、初めて食べたあんまりな美味しさのカルボナーラと共に…。

そう、ワタシの人生最低カルボナーラは、ローマの某店のカルボナーラ。
これがモソモソで、色んな意味でまぁ食べにくいったら。。。think

こんなにカンタンに美味しく出来るものを、どうしてわざわざこんなに不味いモノにして食べなきゃいかんのか!と、思ったものだったわん。

あれが本場の味、っていうやつなのかしら…think

| | Comments (0)

Friday, April 16, 2010

後遺症

オトツイのトスカーナの休日以来、なんだか食欲減退…。
今日もこんなくらいしか食べたくない。

416

やった!
このままいったら、ワタシ、きっと体重が減るわ!!!Photo

| | Comments (2)

永遠にアイドルするってタイヘン…^^;

フツウ、アイドルがトシを重ねていくと、それに従ってファン層の平均年齢も上がっていって、いいオトナになった頃にはファンの間にもそれなりにオトナの分別が出来てるもんだが…。

30歳を過ぎても、10代…というか、小・中学生ののファンを量産し続けている某永遠のアイドル、イロイロとタイヘンね(笑)

NHKの歌謡番組みたいなんで上手にお歌が歌えなかったら、たちまち“今、カゼをひいているらしい”というウワサが伝染病のように広がり、ちょっとつまんなさそうにしてたら、「今、シアワセしゃないんぢゃないの?」と、あれこれ詮索され、慈善活動中のお写真に、腕にちょろんと擦り傷が出来てるらしいのが写ってようものなら、翌日には全治3カ月くらいのオオゴトが起こったような騒動に発展してしまうのだ。


歌がヘタクソなんは、いっぺん聞いたら分かるやろ…coldsweats01
イイ歳したオトナがいっつもアホみたいに笑ろうとるほうが問題やろ…。
擦り傷ったってああた、おねぇちゃんがちょっと触っただけでも出来そうなくらいのもんやん…。

それより、中国内では伝統ある服飾メーカーだっちゅ~服屋さんの広告塔が、そんなあられもないファッションセンス晒して露出してもええんかい!


と、こんな具合に、おんなじ10代でも永遠の18歳だと、もう少し違った見方が出来るモノだが、思い詰めるお年頃のおぜうさんたちはそういうワケにはいかないらしい。
何時もなら何処にいるんだか消息不明なモンで如何ともしがたいけど、今はたまたまドラマを撮ってるもんで、そこへ行けばなんとかなるやろ、ちゅうことで、そのエラい辺鄙なトコロで撮ってるらしいドラマの撮影現場まで、遠路はるばる…ガッコサボって出かけて行ったりして、そこでもまたああだったこうだったと…。

なんというか…。
どっかの俳優さんみたいに、それなりにお金持ってるオバさんが海を渡って大挙して押しかけていくってんなら、幾らでもお金落としていってくれ!で済むかもしれないけど、相手はまだコドモなのだ。
なので、いくらアイドルとはいえ、いいオトナの分別からしたら、そりゃちょっとイカンやろ…。

ちゅ~ことで、公式ブログで緊急声明(?)が発表されることに…。

何時も応援ありがとう!
ボクは元気です。
病気なんかしてません。
なので、時間とお金を無駄遣いしてこんなところまで来ちゃダメよ!

アイドルとファンの関係がなんかオカシイ…。
まるで生活指導のセンセーと女子生徒…coldsweats01
まだ女学生でないところがミソねsmile
しかもこのコたちって、“邪魔なだけやし来るな!”と言われてるのも解んないコたちなのよね…。

で、あれだ。
そのブログの更新が、朝の3:56だっていうので、またしても“こんな時間まで寝てないなんて~!!!”ということで、騒がれるのだ。

コドモぢゃないんだから…coldsweats01

なんにしても、永遠にアイドルするってタイヘンなコトなんだわ…coldsweats01

時々があこが、14歳くらいのいたいけなオンナのコが出来ないちうごく語を一生懸命使ってる風を装ってそのブログにコメントを入れたりしているが…よく見たら周りは正真正銘の14歳ばっかりって、…よく考えたらオソロしいことダワ…think

| | Comments (0)

Thursday, April 15, 2010

天変地異

お天気おかしい…。
4月も半ばだというのに、なんでこんなに寒いの?

牡丹もせっかく咲いているのに、花が風と寒で痛んであんまし美しくない。
桜なんて、気温が上がらないもんで散るに散れず、そのまま枯れたようになってしまって、カワイソウなもんだ。
散るからこその桜だというのに…。

中国でもまた地震があったらしい。
中国の災害は、日本でニュースになる前にジミーちゃんちの掲示板に募金のお知らせが載るのだ。

そのムカシ、韓国のオトモダチが言っていた。
韓国では未だに儒教的な考えが強く残っていて、天変地異が起こったりした際には大統領に徳がないからだと言われるらしい。

地球規模での異常気象に地震に火山の噴火にテロ、儒教的に言えば、世界は徳なき為政者にあふれてるってことかしら…。


そんな世界を横目で眺めつつ、今日のワタシは昨日摂りすぎたカロリーのせいで食欲げんなり…。
まぁ、こんな日もなくっちゃ、ねcoldsweats01

| | Comments (0)

Wednesday, April 14, 2010

摂って悔い無し!なカロリー、そうでないカロリー

そんなにそんなことはないと思うのだが、ワタシがあのお店へ行きたい!と意気込んで出かけていくと、定休日であったりすることが、はた目から見たら多いらしい…。

そんなコトないと思うのだが…。

で、あれだ。
ここいらでは珍しく点心の美味しいお店があると言うので、おばぁさまに会いに行ったついでに寄ってみたら、定休日だった…crying
仕方がないので、そこからそんなに遠くない蕎麦屋さんへ行こうとしたら…そこも定休日だった…crying

仕方がないので、その近くの駐車場に車がいっぱい停まっているお店に入って見た。

Cimg2157

お昼のランチコース、2人用と1人用を3人で食べた。

Cimg2161


Cimg2163


Cimg2164


Cimg2165


Cimg2169


Cimg2171


Cimg2172


Cimg2175


人間、一生のうちに摂れるカロリーやら塩分やら糖分やらというのには、キャパシティというものがある。
そのキャパシティの範囲内で、如何に美味しいモノをたくさん食べることが出来るのか、というトコロが、人生の楽しみを大きく分けて来ると思うのだが、あれだ。

今日の料理は、食べてる途中で、なんだか、コップの水が溢れてしまうんぢゃないかと心配になるような…coldsweats01

チーズの量がハンパなく多いのだ。
それはもう、ワタシがここんちのコンサルタントだったら、真っ先にチーズの量を半分に減らさせて原価率を下げることを提言するくらいに…(笑)
ホント言えば、チーズの量半分でいいから、もっと上質なチーズ使って欲しいところだけど、さ。

それよりも頭を抱えてしまうのがデザート。
お皿の上にお絵かきして遊ぶ暇があったら、その増粘多糖剤たっぷりなテカテカ植物性油脂クリームは止めて~!なカンジ。

でも、もの凄く繁盛しているのだ。
やっぱり、窯焼きピザがあり得んほど具だくさんで、デザートがかいらしいんがウケとるんやろうか…。

いや、一般受けはしやすい店といえばそうなのかもしれないが、なんというか、かりそめの恋はすまじというか、どうせなら、即行病院送りになっても悔い無し!くらいのモノ食べて病院送りになりたいワcoldsweats01

といいつつ、しっかり全部食べちゃったけど、さ。
いや、クリームはよー食べんけど、さ。

で、あまりに悲しかったので、食後10メートル離れたケーキ屋さんへ直行。

そこは、ここいらで一番お気に入りのケーキ屋さんなのだが、ここいらには珍しく、ケーキがとっても“ぷりちぃ”なのだ!

Cimg2180

ショーケースの中にも、“ぷりちぃ”なケーキがいっぱい!
“お月見らぱん”なんて、季節外れだけどネーミングもビジュアルもあまりに可愛いくって、なんでも許す!なカンジにさせてしまう。

Dsc06377

バースデーケーキもセンスがいい。

Cimg2183_2

テントウ虫がかわゆすぎ!

ジェラール・ミュロ風もある。

Cimg2186

ここのケーキって、これでカロリー摂るなら悔い無し!って気になって、つい、オトナガイしてしまうのよね…。
今日もやってしまったわよ。

こりゃ、明日はお粥の日にしなくっちゃ…。

| | Comments (6)

Tuesday, April 13, 2010

お幸ちゃまなのに…。

お幸ちゃまのお日課。
朝は、夜のお座しからお出ましになって、昼のお座しでまったり…。

4131

で、ワタシとお幸ちゃまで朝食のパンをハンブンコ…なわけだが、アレだ。。。

最近は、焼き立てでもミミは基本ぺッ!として、白いやらかいところがもう無いのを確認してからイヤそうに召しあがっていらっしゃったのに…。

今朝のパンは、ミミもお口から出すことなく、全部うれしそうに召しあがってくださった。

「だから、わらわが言うたであろう!
今日のパンは美味しかったぞよ!」

何故?
我が家で最も原価の高い、マカダミアナッツ入り食パンだったから?

でも、お幸ちゃまはそのマカデミアナッツがあまり御所望ぢゃなさそうだったので、そこは全部ワタシが食べてさしあげて置いたのだ…。

あ!

「女王さま、今日からバターがフツウのカルピスバターではなく、カルピス発酵バターに変わりました!!!」

もしかして、そのせい?

4132

基本、オシゴトもしないでひねもすのたりがお日課のお幸ちゃまなのに…。
ホントにバターが変わったからミミまでお口からペッ!なされず召しあがったのんでございますか?

ナマイキ過ぎやろ!!!

| | Comments (2)

Monday, April 12, 2010

お久しぶりぶりタイマンゴー

久しぶりにタイマンゴー。

Dsc06328

ナンドクマイ種という品種で、タイ語で「花の雫」を意味するらしい。
去年はタイマンゴーのお顔を拝まずに済んでしまったので、2年ぶりのタイマンゴー。

というか、マンゴー自体すご~く久しぶりcoldsweats01

Dsc06357

ペリカンマンゴーよりも大分大ぶりなので、けっこう食べでがある。
香りが強く、繊維質は少なめ。

マンゴーって、やっぱり美味しい…。

マンゴーといえば、マンゴーの季節にマンゴー食べに台湾行きたいにゃ~。
最近、時々耳にするニュースに、ここいらの松山空港からジミーちゃんち近くの松山空港へ飛行機を飛ばすっちゅ~のがあるのだが、ゆくゆくは定期便にしたいっちゅ~意向もあるらしいのだが、アレよ。

台湾の羽田空港みたいなとこと、一地方都市のしがない空港結んでも、台湾からの観光客誘致は難しかろうに…。

いや、ワタシはいいけど、さ。
ジミーちゃんのハイテク御殿見学とかツアーに入れてくれたら、関空発着だと豪華ホテル二泊付き29800円!のところが、78900円かかろうと……行くか???think

| | Comments (0)

Friday, April 09, 2010

筑紫楼のふかひれ姿煮つゆめん

6月、某イベントに参加するため、トーキョーさ行くことにした。
1日目は渋谷近辺でお昼を食べなきゃいけない。
どこがいいかしら…。

で、思い出したのが、恵比寿の筑紫楼。
いっぺん行ってみたかったのよね!

ふかひれラーメンといえば、そのムカシ、東京駅で食べたけど、あんまし感心しなかったのよね…。
麺がべしゃっとなって、半分くらいで飽きちゃったのよね…。

あそこも結構有名なお店だったんぢゃないかしら…。


ということで、食べ物アーカイヴからお写真を引っ張り出して来る。

Dscn3429

そうそう、こんなカンジのふかひれラーメンだったわ!
スープも、そんなに感動するほど美味しい!ってカンジでもなかったけど?

Dscn3426

店内もなんとなく無機質…。
でも、調理場にいる人が、ラーメン屋さんのオヤジっぽい格好ぢゃなく、ちゃんとコックさんの格好をしていたのよね、そう言えば…。
そんでから、どうやらこのふかひれラーメンは2600円からしたらしい…。

おっと、お店の外観もお写真あるぢゃない!

Dscn3434

頂上麺 筑紫楼ふかひれ麺専門店

Photo_2筑紫楼の出店やったんかい…。

これで、筑紫楼でふかひれラーメンのセンは消えたわね…。
結局、ドコでご飯食べようかしら…。

マンダリンオリエンタルのセンスでやってるらしい飲茶食べ放題ランチってのがホントはすんごい気になるんだけど、土日はイベントに行かなあかんから、さ…。

どぉすべぇ…。

ちなみに、どうやら筑紫楼の出店では、ふかひれ姿煮ラーメンと一緒にマンゴープリンも食べたらしい…。

Dscn3432

まったくもって、印象に残っていないマンゴープリン…coldsweats01

| | Comments (0)

Thursday, April 08, 2010

花園的端午飾りと本日のジミーちゃん、どっちがどっち?

481

「緋縅のカブトがかすんでしまうぞよ…」

そんなナキゴトが聞こえて来た気がしないでもないが、オトコのコのお節句ですもん、賑やかな方が楽しいワンsmile

玄関の飾り床に置いてみたのだが、来た人はみんな、見て見ぬふりをするのか、誰もカブトを褒めてくれないのが女王さまのご不満であるらしい。

え?
があこ、ぢゃま?

ナニがダイナシって?

Continue reading "花園的端午飾りと本日のジミーちゃん、どっちがどっち?"

| | Comments (6)

Wednesday, April 07, 2010

効果抜群!晩白柚

今年は晩柑類がちっとも美味しくない。
酸が強いのだ。
この、酸っぱいモノ好きのワタシが根を上げるほど、口がしびれるほど酸っぱいのだ。

Dsc06338

このワタシの頭ほどある晩白柚も、本来ならば得も言われぬ甘い香りが漂い始めたら食べ頃で、そりゃ~美味しいモノのハズなんだそうだが、これがちっとも甘い香りにならない。

業を煮やして食べてみたところ、甘味がないわけではないが、酸味の方が強く、香りも少ない。

しかし、きっとこれって、お安いモノぢゃないはずよね…。

ということで、欲との二人連れで一生懸命食べた。
そしたら翌日、素晴らしい効果shineが顕れた。
最近食べすぎで、お腹の中に貯まっていたものが、きれいさっぱり洗い流されたカンジ。

そろそろ、セーターでイロイロ隠せなくなる季節ですもん、“ちっとは気を使わなくっちゃ大作戦”その①は大成功!だったわsmile

| | Comments (0)

Tuesday, April 06, 2010

花ざかりの花園だけど…

花園は今、花盛り。

461

牡丹だって咲いている。

462

こんだけ花木が育つということは…。
そう、だって立派に育っているのだ…。

なので、ちょろんと石垣の草ひきをしたら、なんか…腰が…ヤバし…shock

仕方がないので、ジミーちゃん関連の情報屋さん巡りで痛みを散らす。

ロモンという服屋さんが、アンディ・ラウの次に公告モデルに起用したのがジミー・リン。
その広告用パンフレットがそろそろ巷に流れ始めた。

恐ろしくライトを当てて、しかも白トビぎみに仕上げてあるお写真の数々…。
このパンフ、どっかでパチってこれないかしら。。。

460

一瞬、ボーイッシュな女の子(推定年齢16歳)かと思っちゃったcoldsweats01

でも、三つあみも芸者ルックもおっそろしく似合わなかったのよね、このヒト…think

| | Comments (0)

Monday, April 05, 2010

ここいらフレンチ、侮りがたし…。

お久しぶりぶりで、美味しいモノ日記を更新しました。

≫≫≫コンスタンさんに捧げるオマージュ?[2010.4.5]【Le Violon d'Ingres/愛媛県 宇和島市】

ヴィ・ザ・ヴィの直後だけに、行くまでは多少なりとも不安を感じていましたが、ここいらのフレンチ事情とコストパフォーマンスを考えたら、やっぱり力瘤作って応援せずにはおけないお店です。

この他にも食べ物の話題がいっぱいあるのですが、なかなか…coldsweats01

| | Comments (0)

Friday, April 02, 2010

おひとりさまのムコ選び?

コンサートのために10本以上ドラマを断ったっちゅ~ジミー・リンの、お久しぶりぶりのドラマの撮影が始まったそうですhappy02
タイトルは《単身公主相親記》、日本語に直すとしたら、『おひとりさまのムコ選び』みたいな感じでしょうか?
湖南衛視っちゅ~ところのマンゴー劇っちゅ~ヤツで、大陸では高視聴率を取ってるドラマ枠で10月から放送だそうです。

B0e526eed00cc91162d09ff7

でも、ファンの皆さんは、あんまし気に入らないらしいデス。
何故かは…よく分かりまセンcoldsweats01
大陸の現代劇は、不倫モノか断背モノ(覚えた!)しか見たコトないモンで…catface

しかし、これからドラマ一本取ってたら、CDは…???
まぁ、前回の《擋不住我》同様自己資金でCD出すなら、納得いくまで時間もかけられるわよね。
コンサートは…やっぱり撮影終了後よね。

なんでも、コンサートには、張芸謀の下で北京オリンピックやら《トゥーランドット》やらで視覚デザインを担当したスタッフをバックスクリーンの動画効果に起用してるんだとかで、そっちのスケジュールとも調製せんならんらしい。
趣味のお歌の会に、オリンピックの技術班ですかPhoto
《トゥーランドット》台中公演に際しては、何時か一緒にオシゴトしたいデス、と、巨匠にも特製花かごをプレゼントしといたそうです。
≫≫≫林志穎開唱掀懐旧風 訂花籃張芸謀希望合作http://ent.qq.com/a/20100401/000279.htm#p=1

さすがは台湾を代表するハイテク企業の大老闆で、ソフト大王の異名を持ち、財テクの達人としても名高いジミーちゃん。
趣味で芸能活動するにも、スケールがでかいですわね。

…そう、芸能活動は趣味と言われても仕方ないくらいなもんなもんで、引退の噂の絶えないところが悩みの種…think

| | Comments (4)

女王さま京都随行記その②~世間知らずなコムスメだったワタシ~

2日目は、女王さまのお買い物のお供。

先ずは高島屋。
そしてめんどくさくなったお昼は、高島屋のレストラン街でウナギ茶漬け。

Cimg1935

このウナギ茶漬けを食べながら、ネギもワサビも付いていない、お出汁の代わりにそこいらで作った昔ながらの番茶をかけて食べる<あけまや>のウナギ茶漬けを思い出す。
初めは、“薬味が付いてないのね~”なんて思ったものだが、はっきり言って、薬味無くていいし。
お出汁かけるよりも、お茶掛けた方が美味しいし。

ということで、<あけまや>のウナギ茶漬けを再評価しながら食事を済ませたのだった…。

美味しくない訳ぢゃないのよ。
ふんわり蒸してから焼いてあって、かば焼きのタレは肝吸いみたいに化学調味料の味が強いこともないし…。

この時、隣の席に話している言葉からして台湾から来たと思われるカップルが座ったのだが、エラい勢いでお買い物して来たようだった。
パリでもそんな御一行様がいらっしゃたが、台湾は今、景気が良いらしい…。

二人の会話を盗み聞きしていたわけではなく、自然と聞こえて来たのだが、アレだ。
ガタイの立派な男のコが、ワタシとおんなじうなぎ茶漬けを注文していたのだが、最後もてあまし気味になったらしく、うな重を食べた女のコに、「これ、食べてみぃひんか?」と聞いていた。
女の子はモチロン、「もう十分!」と言っていた。

その隣で、ワタシはペロリとキレイに全部平らげていた…。

台湾の人って、小食なん?

若しかしたら今頃、“日本の女のコは大飯喰らいだ!”という間違ったウワサが、台湾で人口に膾炙しているかもしれない…。

その後、高島屋で五月人形とカブトを見る。
今回女王さまの目的の一つが、カブトを買うこと。
ワタシはかわいい桃太郎人形の方がいいと思うのだが、女王さまはそれではダメらしい…。

さすがに高島屋の五月人形売場のお人形やらカブトやらは、付いてるお値段もとっても立派だった。
でも、お品物は“これやったら無理してでも欲しい!”っちゅ~カンジのものではなかった。

ということで、そこからタクシーに乗って、東山三条の田中人形へ。


「値切るの忘れたぞよ~!!!」

お買い物の際、なんだかんだいって値切るのは、女王さまの御趣味の一つなのだが、気が付けば御優待ハガキを見せただけで、言い値でお買い物が決まっていた…。

お求めになったのは、このカブト。

Cimg1937

一水さんという甲冑師のものなのだそうな。
「一水と言えば京都でも東京でも名の通った甲冑師ですから!」
なのだそうだ。

さっぱり分からないが、高島屋に比べるとシロウト目にもモノが違うのに、お値段は高島屋よりもずっとお求めやすいのだ。
それはもう、女王さまですら値切ることを忘れてしまうくらいに…。

ということで、どうやら御満足なさったらしい女王さまをホテルへ送り届けて、やっとこここでワタシのお買い物を!
ということで、大丸へ。

ジツはワタシには、大きな野望があったのだ!
来年のパリのために、1枚コートが欲しいなぁ~と、そんなカンジだったのだ。
今まであちこちでもらったデパート商品券やらカード会社のギフト券やらを重たいほど…といってもキモチの問題かもしれないが、とにかく握りしめ、目指すは毛皮売場!

今の時期ですもん、90パーセントOFFくらいでエエモンが落ちてるかも知れないぢゃない!

で、あれだ。
90パーセントOFFはなかったが、80パーセントOFFならあった。
リバーシブルになる、ゴールデンセーブルのとっても素敵なコートだった。

でも、80パーセントOFFだろうがなんだろうが、モトが360万もしとったら、どうにもこうにも、笑うしかないやろ…coldsweats01

所詮ワタシって、毛皮の値段も知らないコムスメだったのね…。

結局、その重たいほどのギフト券やらでピアスを買ってスゴスゴと退散することに…。
そのピアスがこちら。

402

大粒の紅珊瑚!
…を思わせる、ベネツィアングラスのピアス5,250円也。
ホテルに帰って女王さまに報告したら、思いっきり笑われちまってい。
ええねん、所詮ワタシはコムスメやしthink

どうしても食べたかった虎屋饅頭も食べたし!

Cimg1945

この寒い季節限定の酒饅頭、ヤマザキのあんまん…とまではいかないが、かなりの大きさ。
温められて出て来るのだが、割るとお酒の香りがほんわり立ち上る。

生地は気泡多い目で、なんかパサパサしてるんちゃうやろか…という感じだが、これがそんなことないのだ…。
適度にふんわりで重たすぎない皮だから、結構大きくても案外ペロリと平らげてしまえる。
アンコもモチロン美味しゅうございますわよ。
だって、とらやですもんsmile

この虎屋饅頭、ジツはとっても冒険だったのだ。
なんたって、時間は5時過ぎ、7時からは今回のメインイベントであるヴィ・ザ・ヴィでのお食事が控えている…。
でも、虎屋饅頭は3月までなのだ…。
今日がその、最後の1日なのだ…。

結果、どっちもちゃんと食べられたさsmile
パンが1個半しか食べられなかったが、それはそれで諦めが付く範囲でしょう。

ということで、胃袋の限界に挑戦!
京都で喰い倒れ2010春の陣、残すはあと1日catface

| | Comments (0)

祇園の天麩羅屋さんでヒトあばれ?

祗園にある有名な天麩羅屋さん、<天ぷら 八坂圓堂>

一度行ってみたかったので、お昼のお得なランチコースに行ってみた。
そーとー期待して、5000円の葵コースにしてみた。

いくらお昼のお値打ちコースとは言え、海老と穴子がよくなかったら、やっぱり印象よろしくないのよ、圓堂さん…。

ワタシはどちらかというと、海老は塩で食べるのが好みなのだが、この海老は塩ではちとキツイ…。
臭みがあって、冷凍ブラックタイガーを天ぷらにした時のような食感(でもサイズはそれほど大きくない)。
車海老と書いてあるけど、車海老のような甘味はナシ。
穴子もふわっと感がなく、プリップリッとしてそこはかとなくアンモニア臭が漂う。

その他の野菜とか鱒とかアマゴとかは印象悪くないだけに、かなりザンネン。

それと、油はもちっと丁寧に切って欲しい。
カラッと揚がってはいるのだが、油きりが十分ぢゃないので、かなり油っこい天ぷらになってしまってこれまたザンネン…。

せっかくのお値打ちランチコース、もちっと工夫すればもっと良くなるのに…。
別に、どうしても海老を出さんならんことないのに…。

も一回、鍋の上で振ってから上げただけで大分違うのに…。

量的には、羽田空港で食べる天ぷらに比べるとかなり満足できるのだが、も一回行くかと聞かれると、次は別のお店を開拓したくなるカンジ。

もっとも、もっとお高いコースだと活車海老の天麩羅が出て来るらしいので、それだと印象はかなり違うかも。
でも、そうなるとお値段的な魅力が…(笑)

| | Comments (4)

Thursday, April 01, 2010

初めてのグルヌイユ

Cimg1966

「どちらかというと、変ったものをいただきたい方なんですけど…」

そう言ってお任せにしたら、今まで選んでまで食べようと思わなかったもんで、食べたことのなかったものが出て来た。

この、ナンともミドリ色の一皿。
梅雨を先取りしたかのような、カエルとデンデンムシだったりした。

だって、メニューにカエルってあっても、別にどーしてもカエル食べんならんことないやん!

ということで、カエルは鳥肉に似ているという噂は本当だった…。

知らなかったのだが、両生類というのは扱いとしては魚介類の範疇なのだそうだ。
でも、オマールとグルヌイユ、どっちを食べる?と聞かれたら、やっぱりオマールと即答するやろthink

| | Comments (2)

« March 2010 | Main | May 2010 »